メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「馬場商店波佐見」検索結果。

馬場商店波佐見の商品検索結果全110件中61~110件目

【ラッピング無料】[馬場商店/そば猪口 和文] 波佐見焼 器 小鉢 おちょこ そばちょく 磁器 そば カップ ギフト プレゼント 贈り物

気分転館

1,944

【ラッピング無料】[馬場商店/そば猪口 和文] 波佐見焼 器 小鉢 おちょこ そばちょく 磁器 そば カップ ギフト プレゼント 贈り物

江戸時代にそば猪口が大流行し、豊富なデザインが生み出されました。その中でも繰り返し描かれている文様を5種類厳選しました。「和文」赤と白のセットで紅白の贈り物に最適です。 ■蛸唐草文 唐草文様はつる草が絡み合って曲線を描く文様です。生命力が強く途切れることなくつるを延ばしていくことから「繁栄・長寿」などの意味があります。 ■菊弁文 菊の花は最も多く用いられている花文様です。「不老長寿の貴い花」という考えからきていると言われています。 ■氷裂文 釉薬の貫入が、氷の表面ががひび割れたように見えることから、「氷が裂けたような模様」という意味合いでつけられました。中国・南宋時代の柄とされています。 ■菊花文 菊の花は最も多く用いられている花文様です。「不老長寿の貴い花」という考えからきていると言われています。 ■龍目文 籠目文とは、文字通り竹などで編んだ籠を意匠化したものです。この籠目を模した連続文様は魔除けの効果があるといわれています。 蛸唐草文(赤) 蛸唐草文(白 菊弁文(赤) 菊弁文(白) 氷裂文(赤) 氷裂文(白) 菊花文(赤) 菊花文(白) 龍目文(赤) 龍目文(白) サイズ・容量 Φ8×h6.1cm、170cc 素材 磁器 メーカー 西山, 福崎上絵窯

BAR BAR バーバー 蕎麦猪口大事典 そば猪口 虹色 nij 蕎麦猪口 そばちょこ 波佐見焼 食器 器 和風 日本製 国産 おしゃれ 和モダン プレゼント ギフト ポップ かわいい 可愛い 磁器...

UNITED PARKS

1,620

BAR BAR バーバー 蕎麦猪口大事典 そば猪口 虹色 nij 蕎麦猪口 そばちょこ 波佐見焼 食器 器 和風 日本製 国産 おしゃれ 和モダン プレゼント ギフト ポップ かわいい 可愛い 磁器...

ブランド 馬場商店 商品名 蕎麦猪口大事典 そば猪口 虹色 ブランド説明 馬場商店の陶磁器は、長崎県波佐見町と佐賀県有田町で作られています。隣接する二つの県は、その昔「肥前国」と呼ばれた一つの国でした。 肥前国で焼かれていた磁器は“伊万里焼"や“肥前磁器"と呼ばれており、400年もの間、窯の火を絶やさずに守り続けてきた長い歴史の中で固有の伝統と技術を育んできました。 馬場商店は日本や産地の伝統と向き合い、技術の知識を高め、現代の文化との関わりを考えながら私たちのフィルターを通した「和」を提案しています。 「馬場商店」が「BARBAR(バーバー)」に新しく生まれ変わりました。 ものづくりの現場で培われてきた技術 時代を超えても変わらない魅力 自由で枠にとらわれないアイデア をコンセプトにキャッチーで愛嬌のあるロゴデザインになりました。 生産国 日本製 波佐見 製品説明 「蕎麦猪口(そばちょこ)」と呼ばれ、400年前から現代まで、その形をほぼ変えることなく親しまれている台形型の器の原点は、肥前国(佐賀県・長崎県)で生産され、伊万里港から全国に出荷していた伊万里焼といわれています。 そば猪口の本来の用途はそばを食べるものではなく、祝儀や会席の膳で、刺身、和え物、塩辛などを盛って出す小鉢(向付)でしたが、江戸時代に入り庶民の間ではそば屋が大流行。そば猪口は蕎麦のツユ入れの他、蕎麦前と呼ばれる食前酒の盃としても使用され、全国津々浦々に流通し、瞬く間に広がっていきました。 そして、流行や文化を反映した膨大な数のデザインが生みだされていったのです。 馬場商店の商品は、長崎県東彼杵郡波佐見町で作られています。 馬場商店は、波佐見焼の産地が得意とする多様な技法を活かし、小さな器の中に職人の技とカルチャーをつめこんで...

馬場商店 そば猪口 蕎麦猪口大事典 間取 mdr 波佐見焼 食器 器 蕎麦猪口 そばちょこ 和風 日本製 国産 おしゃれ 和モダン プレゼント ギフト 手書き 手描き 磁器 レンジ 食洗機 小鉢

Brooklyn museum

1,620

馬場商店 そば猪口 蕎麦猪口大事典 間取 mdr 波佐見焼 食器 器 蕎麦猪口 そばちょこ 和風 日本製 国産 おしゃれ 和モダン プレゼント ギフト 手書き 手描き 磁器 レンジ 食洗機 小鉢

▲その他の『馬場商店』のアイテム一覧を見るブランド 馬場商店 商品名 蕎麦猪口大事典 そば猪口 間取 ブランド説明 馬場商店の陶磁器は、長崎県波佐見町と佐賀県有田町で作られています。隣接する二つの県は、その昔「肥前国」と呼ばれた一つの国でした。 肥前国で焼かれていた磁器は“伊万里焼"や“肥前磁器"と呼ばれており、400年もの間、窯の火を絶やさずに守り続けてきた長い歴史の中で固有の伝統と技術を育んできました。 馬場商店は日本や産地の伝統と向き合い、技術の知識を高め、現代の文化との関わりを考えながら私たちのフィルターを通した「和」を提案しています。 生産国 日本製 波佐見 製品説明 「蕎麦猪口(そばちょこ)」と呼ばれ、400年前から現代まで、その形をほぼ変えることなく親しまれている台形型の器の原点は、肥前国(佐賀県・長崎県)で生産され、伊万里港から全国に出荷していた伊万里焼といわれています。 そば猪口の本来の用途はそばを食べるものではなく、祝儀や会席の膳で、刺身、和え物、塩辛などを盛って出す小鉢(向付)でしたが、江戸時代に入り庶民の間ではそば屋が大流行。そば猪口は蕎麦のツユ入れの他、蕎麦前と呼ばれる食前酒の盃としても使用され、全国津々浦々に流通し、瞬く間に広がっていきました。 そして、流行や文化を反映した膨大な数のデザインが生みだされていったのです。 馬場商店の商品は、長崎県東彼杵郡波佐見町で作られています。 馬場商店は、波佐見焼の産地が得意とする多様な技法を活かし、小さな器の中に職人の技とカルチャーをつめこんで、バラエティー豊かなそば猪口をお届けしています。 「間取」とは、丸や角型の区切った空間をつくり、その中に絵柄を配置する様式の一つです。その「間取」部分だけを切り取り、伝統工芸士が“ダミ"の技法で絵付けしています。...

【今月はマラソンと同時開催!毎月25日はペンギンの日、10%オフクーポンを配布しています!】馬場商店 藍駒(波佐見焼) そば猪口

雑貨のお店セレクト・ペンギン

918

【今月はマラソンと同時開催!毎月25日はペンギンの日、10%オフクーポンを配布しています!】馬場商店 藍駒(波佐見焼) そば猪口

サイズ(cm):直径7.5×高さ6.8cm 素材:磁器 生産:日本(長崎県波佐見町) ▼ご注意 手作りのため、多少の歪みや大きさの違いがあったり、絵柄の出方がそれぞれ少しずつ異なりますが商品の特性としてご了承ください。 関連商品:藍駒シリーズはこちら ▼再入荷情報 2009.01.272009.03.03 2009.04.012010.03.02 2010.07.222011.04.202012.02.202012.05.182012.06.262012.12.272013.02.182013.07.162013.09.062013.09.302014.04.082015.03.272015.06.172016.05.302016.08.292017.06.282018.05.22▲ 湯のみ茶碗として使ってもオシャレなそばチョコです。 渋い色味ですが、ちょっと北欧風な感じもしますので 洋食器との相性もよく、使いやすい器ですよ。 あんみつなどのデザートを入れても。 長崎県波佐見(はさみ)町、現在も大小たくさんの窯元があり、それらを販売する様々なお店が残る静かな焼き物の町です。 九州の焼き物というと有田焼を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、波佐見焼は有田焼と並んで地元を中心に人気のある伝統的な焼き物です。 その歴史は古く、今から400年も前に始まりました。 波佐見は長崎県の北東に位置する町で、佐賀県との県境「有田」と県をまたいでの隣町になります。 伊万里港や鉄道が発達し商品を有田から発送していたため、伊万里焼や有田焼として販売されることが多く、波佐見焼があまり知られていないのはその為です。 ▼ そのほかの藍駒シリーズはこちら

あす楽
[エントリーで全品更にポイント10倍]波佐見焼BARBAR(旧馬場商店/マルヒロ)いろは 菊文小皿size : φ10.5×H2.5cm【醤油皿薬味皿和食器】

住まいと暮らしのドアーズ

1,296

あす楽

[エントリーで全品更にポイント10倍]波佐見焼BARBAR(旧馬場商店/マルヒロ)いろは 菊文小皿size : φ10.5×H2.5cm【醤油皿薬味皿和食器】

商品詳細素材半磁器 サイズ φ10.5×h2.5cmメーカーマルヒロ波佐見焼の和食器ブランドとして展開してきた「馬場商店」は、"枠にとらわれず、自由でかっこよく、ワクワクするものづくりをしたい!"という思いから、ブランド名とロゴを「BARBAR」へ刷新しました。   いろは   江戸時代、長崎県波佐見町で作られていた庶民の磁器食器「くらわんか碗」。高価な磁器を庶民が使えるように、様々な工夫を凝らして安く提供していました。 グレーがかった白磁に簡略化した呉須の模様が特徴です。のびのびと描かれた絵付けは今日でも魅力的な文様として人気があります。その頃の文様をあしらい、くらわんか碗の親しみある素朴な風合を再現いたしました。 このシリーズは手書きで仕上げているため、ひとつひとつ柄の雰囲気や色合いが異なります。  いろは 小皿 size : φ10.5×h2.5cm 半磁器 漬物や薬味、醤油皿として、また小さなお菓子をのせるのにちょうど良い直径10.5cmの小皿。平丼や中皿と合わせてコーディネートできます。 麻の葉文   菊文 注意事項 電子レンジ・食洗機、使用可能です。 この商品は手書きの為、一つ一つ柄の風合いや色の濃さが異なります。 BARBAR いろはシリーズ  

山椒すりこぎ(中) すり棒 長さ約23cm

こだわりの和雑貨 和敬静寂

1,728

山椒すりこぎ(中) すり棒 長さ約23cm

※この商品はご注文をいただいてから、7営業日前後の発送となります。また、稀に商品の製造状況などにより、1~2ヶ月お時間をいただく場合もございます。正確なお届け日に関しては、お問合せください。 昔から使われている山椒すりこぎ棒。 天然素材独特のその無骨な形が自然と手に馴染んできます。 またすり鉢ですりおろした際に山椒の木が微量に削れて、程よい風味とともに薬用効果も引き出してくれると言われています。 長さ:23cm ラッピングをご希望のお客様は、ラッピング用品も同時にお買い求めください。 この商品は、以下のラッピングが可能です。 ◎和紙包装紙 50円ゆるぎない伝統を持つ有田焼と、その伝統を支えた波佐見焼。馬場商店ではその中でも、手仕事にこだわった「普段使いの器」を紹介しています。中でも多く扱う波佐見焼は、現在あまり名前が知られていない焼き物。それは伊万里港や、有田から陶器を発送していたために、伊万里焼や有田焼として取り扱われていたためです。日用雑器生産の歴史を持つ波佐見で生まれる器は、人の手のぬくもりがあふれ心地よい食卓を演出します。今まで陶器という物が、あまりに種類が多く、また日常の食器としては、価格と柄が非現実的なものを多く見てきました。そのため、陶器にあまり興味が涌かなかったのですが、今回「馬場商店」の器に出会い、そのぬくもりを感じる手触りとデザイン、日常に馴染む柄と使用感に、陶器の良さを感じる事が出来、当店のメインとして取り扱うこととなりました。毎日使う器だからこそ、日常に合ったものを使いたい。そんな思いに応える事が出来、私が自信をもってオススメ出来る器たちです。馬場商店 すり鉢茶器シリーズすり鉢急須煎茶すりこぎ(大)すりこぎ(小)

山椒すりこぎ(小) すり棒 長さ約17cm

こだわりの和雑貨 和敬静寂

734

山椒すりこぎ(小) すり棒 長さ約17cm

※この商品はご注文をいただいてから、7営業日前後の発送となります。また、稀に商品の製造状況などにより、1~2ヶ月お時間をいただく場合もございます。正確なお届け日に関しては、お問合せください。 昔から使われている山椒すりこぎ棒。 天然素材独特のその無骨な形が自然と手に馴染んできます。 またすり鉢ですりおろした際に山椒の木が微量に削れて、程よい風味とともに薬用効果も引き出してくれると言われています。 長さ:17cm ラッピングをご希望のお客様は、ラッピング用品も同時にお買い求めください。 この商品は、以下のラッピングが可能です。 ◎和紙包装紙 50円ゆるぎない伝統を持つ有田焼と、その伝統を支えた波佐見焼。馬場商店ではその中でも、手仕事にこだわった「普段使いの器」を紹介しています。中でも多く扱う波佐見焼は、現在あまり名前が知られていない焼き物。それは伊万里港や、有田から陶器を発送していたために、伊万里焼や有田焼として取り扱われていたためです。日用雑器生産の歴史を持つ波佐見で生まれる器は、人の手のぬくもりがあふれ心地よい食卓を演出します。今まで陶器という物が、あまりに種類が多く、また日常の食器としては、価格と柄が非現実的なものを多く見てきました。そのため、陶器にあまり興味が涌かなかったのですが、今回「馬場商店」の器に出会い、そのぬくもりを感じる手触りとデザイン、日常に馴染む柄と使用感に、陶器の良さを感じる事が出来、当店のメインとして取り扱うこととなりました。毎日使う器だからこそ、日常に合ったものを使いたい。そんな思いに応える事が出来、私が自信をもってオススメ出来る器たちです。馬場商店 すり鉢茶器シリーズすり鉢急須煎茶すりこぎ(大)すりこぎ(小)

スポンサーリンク
スポンサーリンク