メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「食器プレート」検索結果。

食器プレートの商品検索結果全11,447件中1~60件目

CEMENT PRODUCE DESIGN セメント プロデュース デザイン TREE PICKS ステンレス製ピック

Amazon

3,024

CEMENT PRODUCE DESIGN セメント プロデュース デザイン TREE PICKS ステンレス製ピック

東京都墨田区の町工場がバネ材をプレス加工する技術を活かして、 繊細なデザインのステンレス製のフードピックを作りました。 色とりどりの食材を枝にさすと、実がなった木のように盛りつけできます。 ケータリングやレストラン、ホームパーティなど様々なシーンで食事を彩ります。 またステンレス製なので、使い捨てることなく何度でもご使用頂けるエコなアイテムです。 枝の部分に色とりどりの食材を盛りつけると実がなった木のように、 幹の部分を使えば、一口でぱくっといただけるピンチョスに。 どちらもホームパーティーで大活躍な予感がします。 簡単なのにとってもお洒落なピンチョスは、華やかな見た目だけではなく、 手軽に作れて、手軽に食べれられるので、ゲストにもお子さまにも好評です。 そんなピンチョスをさらに素敵に演出してくれるツリーのカタチをしたピックです。 バネ材を加工する時に使用していた、プレス加工と呼ばれる、 対となった金型の間に素材をはさみ、機械によって強い力を加えることで、 素材を金型の形やバネの形状に成形する技術を活かし作りました。 ステンレス製で強度があり、洗って何度でもお使い頂ける環境に配慮したアイテムです。 気持ちがぱっと明るくなるような、ライトグリーンの紙パッケージはスマートですが、 展開するとピックスタンドをかねた機能的なパッケージになっています。 形がかわいいピックだから、カトラリーと一緒にしまっておくのがもったいない! そんな方には、ピックスタンドを使って魅せる収納にしてみてはいかがでしょう? 別売りのTREE PICK専用台座は、ピックを刺す穴があいています。 色とりどりの実をつけた木々の並木道のような演出も出来ます。 大皿の上に台座を置いて、ピックの木々を中心に、 食卓に小さな森があるような盛りつけに仕上げても◎

倉敷意匠 計画室 猫の陽刻 豆皿(飴釉)

Amazon

1,620

倉敷意匠 計画室 猫の陽刻 豆皿(飴釉)

古道具の店を見て回りながら感じるのは、とにかく日本には、小さなうつわの数量が、欧米と比べて圧倒的に多いということです。 西欧でナイフとフォークが一般的に使われるようになるのは十八世紀以降のことなのだそうで、それまでは大皿の上で切り分けられた料理を手でつかんで食べていました。 遠い昔より箸を使う日本とのうつわ事情の違いは、このことが一番大きな要素ではあるのでしょうが、そればかりではないような気もします。 日本では古来より、食事をするという行為の一部として、料理と器の取り合わせを意識し、実際に器が料理の味そのものも左右するスパイスとしての役割までを果たすことを、ことのほか強く感じていたと思うのです。 多くの人々の暮らしに、じゅうぶんな余裕があったわけではないと思われる江戸時代に、茶碗とか、そば猪口とか、小皿とか庶民の食生活に使われた雑器が、何千何万と地方の隅々にまで溢れていたことは確かで、料理を楽しむことと同じように、小さくも可憐なそれらを眺め、手に取り、味わう気持ちが心を慰めていただろうことが想像されるのです。 そんなわけで、いったいどれほどの種類があるのか想像もつかない江戸期の小皿ですが、単に絵付けのバリエーションだけでなく、皿そのものの形に工夫をこらしたものも多く見つかります。つまり、ボディ自体が魚であったり、千鳥であったり、瓜であったりするのです。 写真のふくら雀の豆皿は、愛知県の瀬戸地方や美濃地方で明治の初め頃まで作られていたかたちを写したものです。 羽毛を陽刻で表現した型ものですが、当時は、石膏の型ではなく素焼きの型を使用するため、技術的に大きなものを作ることができず、型ものと言えば必然的に小さくて可憐なデザインの小皿が生み出される結果となったようです。 ふくら雀は寒雀の異称で、寒さをしのぐために羽をふくらましている状態の雀の...

倉敷意匠 計画室 猫の陽刻 豆皿(灰釉)

Amazon

1,620

倉敷意匠 計画室 猫の陽刻 豆皿(灰釉)

古道具の店を見て回りながら感じるのは、とにかく日本には、小さなうつわの数量が、欧米と比べて圧倒的に多いということです。 西欧でナイフとフォークが一般的に使われるようになるのは十八世紀以降のことなのだそうで、それまでは大皿の上で切り分けられた料理を手でつかんで食べていました。 遠い昔より箸を使う日本とのうつわ事情の違いは、このことが一番大きな要素ではあるのでしょうが、そればかりではないような気もします。 日本では古来より、食事をするという行為の一部として、料理と器の取り合わせを意識し、実際に器が料理の味そのものも左右するスパイスとしての役割までを果たすことを、ことのほか強く感じていたと思うのです。 多くの人々の暮らしに、じゅうぶんな余裕があったわけではないと思われる江戸時代に、茶碗とか、そば猪口とか、小皿とか庶民の食生活に使われた雑器が、何千何万と地方の隅々にまで溢れていたことは確かで、料理を楽しむことと同じように、小さくも可憐なそれらを眺め、手に取り、味わう気持ちが心を慰めていただろうことが想像されるのです。 そんなわけで、いったいどれほどの種類があるのか想像もつかない江戸期の小皿ですが、単に絵付けのバリエーションだけでなく、皿そのものの形に工夫をこらしたものも多く見つかります。つまり、ボディ自体が魚であったり、千鳥であったり、瓜であったりするのです。 写真のふくら雀の豆皿は、愛知県の瀬戸地方や美濃地方で明治の初め頃まで作られていたかたちを写したものです。 羽毛を陽刻で表現した型ものですが、当時は、石膏の型ではなく素焼きの型を使用するため、技術的に大きなものを作ることができず、型ものと言えば必然的に小さくて可憐なデザインの小皿が生み出される結果となったようです。 ふくら雀は寒雀の異称で、寒さをしのぐために羽をふくらましている状態の雀の...

お食事マット テーブルマット ランチョンマット ランチプレート シリコン 離乳食 ベビー食器 幼児 赤ちゃん 子供 キッズ 滑り止め(青)

Amazon

1,841

お食事マット テーブルマット ランチョンマット ランチプレート シリコン 離乳食 ベビー食器 幼児 赤ちゃん 子供 キッズ 滑り止め(青)

赤ちゃんの食べ散らかしに困っているママのお助けアイテム⇒ひっくり返らないベビー食器の登場!仕様 ●素材:シリコン ●サイズ:26.9*19.8cm ●耐熱温度:-25℃~220℃ ●対象年齢:6ヶ月以上 ●重量:210g ●色:ブルー 特徴 ◆マルチ仕切りのデザイン/各種食品と果物を分けたバランスの良い食事の盛り付けに便利 ◆シリコン製食器は劣化しにくく/汚れを寄せ付けにくい/耐熱性・耐寒性に優れている/無味無臭で食品の味が影響されない ◆テーブルにしっかり引っ付く ◆シンプルの中に細心の配慮(離乳食から一般の食事まで様々な料理を盛る適切な高さと幅、スプーンですくいやすい形。全部のディテールが丁寧に作り込まれたシンプルなデザイン) ◆分量が分かりやすい二つの仕切り ◆丸ごと洗えて衛生的 ◆食洗器、乾燥機、電子レンジや冷蔵、冷凍がOK ◆食事を入れたまま重ねて運ぶ ◆引き出しや食器棚に重ねて収納 ◆FDA承認シリコン100%/BPA・フタル酸・PVC不使用/低アレルギー性/非腐食性注意事項①テーブルの表面に凸凹や穴が存在していれば吸着効果が期待できません。②シリコン製で多少匂いがあるので心配しないでください。③お湯の中に2時間ぐらい浸すのご利用をおすすめします。 ※商品の使用についてご不明な点がございましたらお早めにお問い合わせください。

送料無料
お食い初めケーキ 100日祝い お食い初め アイシングクッキー付きデコレーションケーキ (4号(12cm))

Amazon

4,212

お食い初めケーキ 100日祝い お食い初め アイシングクッキー付きデコレーションケーキ (4号(12cm))

お祝い膳.comオリジナル スペシャルオーダー! 100days お食い初めアニバーサリーケーキ パステルカラーのアイシングクッキーをあしらって赤ちゃんらしくスイートに仕上げました。 ミルク感たっぷりのコクのある北海道産の生クリームを、特殊な口金でフリル状に可愛く絞りました。 米粉でふんわりもっちり焼き上げたスポンジに、甘さをおさえた白桃と黄桃をサンド。 大人も子供も美味しく食べていただけるやさしい味わいです。 グルテンフリー【米粉使用】なので小さなお子様にも安心 小麦粉不使用 米粉で焼き上げたスポンジはもっちり、しっとり、お米の自然な甘みが感じられます。 ヘルシーで栄養バランスもよく、お子様にも美味しく食べていただけます。 ※赤ちゃんはまだ食べられません。●生クリーム4号ケーキ:生クリーム、乳等を主要原料とする食品(乳成分・大豆を含む)、液鶏卵、苺、砂糖、米粉、白桃シロップ漬け、黄桃シロップ漬け、粉末油脂(植物油脂、コーンシロップ)、マーガリン、砂糖混合異性化液糖、乳化剤、香料、膨脹剤、pH調整剤、安定剤(増粘多糖類)、酸味料、カロチン色素【アレルギー:乳・大豆・卵・もも】●アイシングクッキー:小麦粉、マーガリン、鶏卵、粉糖、食塩、粉末卵白、コーンシロップ、着色料(黄色4号・黄色5号・赤色3号・赤色40号・青色1号・青色2号)、増粘剤、香料【アレルギー:小麦・卵・乳・大豆】 解凍時間は冷蔵庫で約10時間です。儀式の前々日(2日前)のお届け日指定をおすすめ致します。 儀式日当日のお届け日指定は、お控えくださいませ。

倉敷意匠 計画室 ふくら雀の陽刻 豆皿(黄瀬戸)

Amazon

1,620

倉敷意匠 計画室 ふくら雀の陽刻 豆皿(黄瀬戸)

古道具の店を見て回りながら感じるのは、とにかく日本には、小さなうつわの数量が、欧米と比べて圧倒的に多いということです。 西欧でナイフとフォークが一般的に使われるようになるのは十八世紀以降のことなのだそうで、それまでは大皿の上で切り分けられた料理を手でつかんで食べていました。 遠い昔より箸を使う日本とのうつわ事情の違いは、このことが一番大きな要素ではあるのでしょうが、そればかりではないような気もします。 日本では古来より、食事をするという行為の一部として、料理と器の取り合わせを意識し、実際に器が料理の味そのものも左右するスパイスとしての役割までを果たすことを、ことのほか強く感じていたと思うのです。 多くの人々の暮らしに、じゅうぶんな余裕があったわけではないと思われる江戸時代に、茶碗とか、そば猪口とか、小皿とか庶民の食生活に使われた雑器が、何千何万と地方の隅々にまで溢れていたことは確かで、料理を楽しむことと同じように、小さくも可憐なそれらを眺め、手に取り、味わう気持ちが心を慰めていただろうことが想像されるのです。 そんなわけで、いったいどれほどの種類があるのか想像もつかない江戸期の小皿ですが、単に絵付けのバリエーションだけでなく、皿そのものの形に工夫をこらしたものも多く見つかります。つまり、ボディ自体が魚であったり、千鳥であったり、瓜であったりするのです。 写真のふくら雀の豆皿は、愛知県の瀬戸地方や美濃地方で明治の初め頃まで作られていたかたちを写したものです。 羽毛を陽刻で表現した型ものですが、当時は、石膏の型ではなく素焼きの型を使用するため、技術的に大きなものを作ることができず、型ものと言えば必然的に小さくて可憐なデザインの小皿が生み出される結果となったようです。 ふくら雀は寒雀の異称で、寒さをしのぐために羽をふくらましている状態の雀の...

送料無料
ミキモト インターナショナル マグカップ&プレートセット mikimoto-08

Amazon

16,200

ミキモト インターナショナル マグカップ&プレートセット mikimoto-08

MIKIMOTO History 1893年、創業者 御木本幸吉は、世界で初めて真珠の養殖に成功しました。 この偉業によって、それまで偶然の産物でしかなかった真珠は世界のすみずみにまで、その美しさを広めることになったのです。 以来、ミキモトは「世界中の女性を真珠で飾りたい」と願い続けた御木本幸吉の思いを受け継ぎ、一世紀以上の歳月を美のために捧げています。 世界で初めて真珠の養殖に成功 ミキモト創業者の御木本幸吉は1858年(安政5年)1月25日、志摩国鳥羽町に誕生しました。故郷・伊勢志摩の海で天然真珠を採るために乱獲され減少していたアコヤ貝の保護と増殖、さらに真珠の養殖を決意し、相次ぐ赤潮の被害や資金難を乗り越え、1893年(明治26年)7月11日に鳥羽の相島(おじま、現:ミキモト真珠島)にて、世界で初めて半円真珠の養殖に成功しました。 それまでの真珠は、天然の真珠母貝から採取されるケシと呼ばれる真珠が大部分であり、採取も不確かなものでしたが、幸吉は母貝であるアコヤ貝そのものの養殖から始め、人為的に真珠をつくり出せるようにしたのです。 その後、1905年(明治38年)には真円真珠の養殖に成功し、黒蝶真珠や白蝶真珠の養殖にも取り組みました。 ミキモトパールの名は世界へ 1899年(明治32年)には、銀座に日本で初めての真珠専門店「御木本真珠店」を開設し、日本における近代宝飾産業の礎を築きました。幸吉は早くから海外にも目を向け、真珠の魅力を多くの人々に伝えるために、1893年(明治26年)のシカゴでのコロンブス万国博覧会をはじめ、世界各国で開かれる博覧会へ養殖真珠を使った工芸品などを出品しました。また、1913年(大正2年)のロンドン支店開設を皮切りにニューヨーク、パリなど国際的に事業を展開。世界中にミキモトパールを供給し...

スポンサーリンク
スポンサーリンク