メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「赤絵食器」検索結果。

赤絵食器の商品検索結果全1,816件中1~60件目

源右衛門窯 赤絵梅地紋マグカップ

有田焼 伊万里焼 唐津焼の店 貴陶

11,880

源右衛門窯 赤絵梅地紋マグカップ

源右衛門窯のマグカップ←クリック 数量 サイズ 1客 直径 約8cm 高さ 約8cm 色合い 手ざわり等 磁器 白の部分は少し青みがかった白でつやがあります 箱 化粧箱 バラ売り 1客売りです 関連商品 染付梅地紋マグカップ 赤絵梅花丸紋濃小マグカップ 電子レンジ ○ 食器洗浄機 △ その他 上絵付けをしておりますので研磨性の高いもので洗わないで下さい ○ 大丈夫です △ 非推奨、細かい事を気になさらなければ… × 不可、問題が生じます やきものは色の濃さや線描き、焼成時の収縮による多少の大きさの違いなどひとつひとつに違いがございます、手仕事の味わいとしてご了承下さいませ。 なお、こちらの作品は注文数などを制限しておりません 基本的にご注文をお受けしてから在庫確認致します。 在庫の無い場合は製作に2~3ヶ月のお時間を頂戴しておりますので、 在庫確認後にお待ち頂けるかお伺いさせていただきます。温故知新そして優しさを備えた器 柿右衛門窯、今右衛門窯とならべて有田の三右衛門の一つといわれている源右衛門窯は、日本はもちろんのこと世界でもその名を知られる存在です。ローマ法王が来日した際の晩餐会では、ティファニーとのコラボレーションによる器が使用されました。このように日本の外交シーン等での調度品や献上品としても選ばれています。伝統と気品、ぬくもりとおおらかさを兼ね備えた器は国内外で高く評価されています。 今も生きる窯の職人技 作陶に対するこだわりは土もみに始まり、カンナ、ろくろ成形、下絵付け、窯焚き、そして上絵付けという一連の作業は、手間を惜しまぬ昔ながらの職人の技によって代々受け継がれてきました。源右衛門窯の作品はそれぞれの職人が受け持つ手技が隅々まで生きている器とも言えます。 炎を知り尽くした窯焚き師の技...

源右衛門窯 赤絵梅紋マグカップ

有田焼 伊万里焼 唐津焼の店 貴陶

8,640

源右衛門窯 赤絵梅紋マグカップ

源右衛門窯のマグカップ←クリック 数量 サイズ 1客 直径 約8cm 高さ 約8cm 関連商品 赤絵梅地紋マグカップ 赤絵梅花丸紋濃小マグカップ 電子レンジ ○ 食器洗浄機 △ その他 上絵付けをしておりますので研磨性の高いもので洗わないで下さい ○ 大丈夫です △ 非推奨、細かい事を気になさらなければ… × 不可、問題が生じます やきものは色の濃さや線描き、焼成時の収縮による多少の大きさの違いなどひとつひとつに違いがございます、手仕事の味わいとしてご了承下さいませ。 なお、こちらの作品は注文数などを制限しておりません 基本的にご注文をお受けしてから在庫確認致します。 在庫の無い場合は製作に2~3ヶ月のお時間を頂戴しておりますので、 在庫確認後にお待ち頂けるかお伺いさせていただきます。温故知新そして優しさを備えた器 柿右衛門窯、今右衛門窯とならべて有田の三右衛門の一つといわれている源右衛門窯は、日本はもちろんのこと世界でもその名を知られる存在です。ローマ法王が来日した際の晩餐会では、ティファニーとのコラボレーションによる器が使用されました。このように日本の外交シーン等での調度品や献上品としても選ばれています。伝統と気品、ぬくもりとおおらかさを兼ね備えた器は国内外で高く評価されています。 今も生きる窯の職人技 作陶に対するこだわりは土もみに始まり、カンナ、ろくろ成形、下絵付け、窯焚き、そして上絵付けという一連の作業は、手間を惜しまぬ昔ながらの職人の技によって代々受け継がれてきました。源右衛門窯の作品はそれぞれの職人が受け持つ手技が隅々まで生きている器とも言えます。 炎を知り尽くした窯焚き師の技 今では有田焼きもガス窯が主流となりましたが、現在も源右衛門窯では昔ながらの薪の窯が現役で活躍しています。薪はおもに赤松が使われます。...

赤絵魚文盃

日本橋ギャラリー紫苑

1,620

赤絵魚文盃

全て手作りのため、一点一点微妙に違います。登り窯焼成ですので灰が付いたり、土物の特性上器面がざらついたり、化粧土が斑になったりするものがございますが、不良品ではございません。また、表面のヒビは貫入と言われ、胎土と上薬の収縮比率の違いにより入るもので傷ではありません。使い込むうち味わいとなり、愛着が湧くのでございます。 沖縄のやきものは民芸品に付、お箱はございません。 サイズ 径 約7cm 高さ 約4cm 箱 無し 付 属 しおり 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。沖縄陶芸界の第一人者だった故新垣栄三郎先生の三男新垣修窯のぐい呑です。鉄分の多い赤い胎土に白化粧土をうつわ全体に生掛けし、生乾きの状態で一気に魚文を釘で彫り上げています。さらに新垣窯の伝統である赤絵を施してあります。内側に魚文が施された盃形の酒呑で素晴らしい出来栄えの逸品です。 数量限定!ぜひこの機会にご入手下さい。 国画会会友 沖展会員 伝統工芸士 新垣 修 昭和29年 陶芸家・新垣栄三郎の三男として生まれる 昭和50年 第27回沖展奨励賞 昭和51年 第28回沖展奨励賞 第50回国展入選(以後毎回入選) 昭和54年 西部工芸展入選 昭和56年 西部工芸展入選 第23回日本民芸公募展最優秀賞 昭和58年 第35回沖展・沖展賞 沖展準会員に推挙される 昭和59年 第58回国展新人賞 第三回現代工芸九州会展入選 昭和60年 日本陶芸展入選 昭和61年 国画展・会友に推挙される 昭和62年 第九回現代沖縄陶芸展奨励賞 平成元年 第41回沖展準会員賞 平成 7年 第47回沖展準会員賞 沖展会員に推挙される 平成11年 通産省より伝統工芸士に認定される 現在、沖縄県にて作陶中

スポンサーリンク
スポンサーリンク