メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「茶道具茶碗」検索結果。

茶道具茶碗の商品検索結果全1,882件中421~480件目

送料無料
茶道具 送料無料 楽茶碗 椿 和楽茶道 抹茶椀 抹茶 茶器 茶椀 茶わん ちゃわん ギフト 千紀園

千年の香り 千紀園

30,888

送料無料

茶道具 送料無料 楽茶碗 椿 和楽茶道 抹茶椀 抹茶 茶器 茶椀 茶わん ちゃわん ギフト 千紀園

楽天国際配送対象商品(海外配送)詳細はこちらです。 Rakuten International Shipping ItemDetails click here茶道具 さどうぐ 茶道 さどう 道具 茶道道具 お茶道具 通販作家・作品名和楽・楽茶碗 椿詳細 作家について 楽焼窯元 和楽来歴当窯初代が、楽焼窯元「短冊家」を開きましたのは、今から遡ること約百八十年、江戸時代末期文政年間でございます。名を七左衛門と申し、京都祇園八坂神社鳥居前茶屋「短冊楼」の主でございました。当窯二代となる七兵衛は、楽焼の研鑽に努め、「楽焼の短冊家」として名を馳せると共に、その後現在まで続く当窯の礎を築きました。大正七年秋、東郷平八郎元師ご入洛の際、当工房にご来遊賜り、「和楽」なる直筆の号を拝領いたしました。当窯四代川嵜庄七はこの栄誉をたいそう喜び、屋号を「和楽」と改名させていただきました。その後は「楽焼窯元和楽」として今日まで親しんでいただいております。当窯七代(先代)川嵜康男は、昭和四十四年より五十年近くその責を務めました。この間には「眞和楽」印を用いてお茶碗制作に精進するだけでなく、楽焼お茶碗を普及させることにも努め、多くの方々に楽焼お茶碗を身近に使って頂けることになりました。平成二十八年からは、当窯八代にあたる川嵜基生が当主を努めております。京都では楽家に次いで歴史ある窯元として、これからも楽焼の伝統を守り続けて参ります。八代 当主箱桐箱寸法---商品番号103260[stc010-020-31-和楽-011]注意●商品の質感・色は、お客様のご使用のモニターやブラウザなどの環境により、実物と異なる場合がございます。ご了承ください。 ●在庫の状況により、発送までお時間をいただく場合がございます。お急ぎの場合は事前にお問い合わせください。 ●商品の在庫は...

ピンク縁織部野点茶碗・林山窯作【食品と同梱不可】

京都の和菓子 京みずは

1,350

ピンク縁織部野点茶碗・林山窯作【食品と同梱不可】

◆ピンク縁織部野点茶碗・林山窯作林 林山作 「ピンク縁織部野点茶碗」宇治の山奥 炭山に工房を構える 林山 作の抹茶の茶碗です。定番のピンクの釉薬に、口縁から織部を流し、春の野を表現したような、やわらかい表情に仕上がっています。縁にたれた緑が独特の複雑な味わいで、お抹茶の緑とよくあいますヨ。一見、ミスマッチにも思える色合いは茶道具としては配色に優れ、ピンク一色のものと同じくらい人気があります。もともとピンク色の器は希少性が高く、この器ぐらいしか見たことがありません。野点茶碗とは文字通り抹茶を屋外で点てる時の茶碗ですが、小さい子のお稽古に、ご家庭での常使いにも最適です。形状は抹茶が点てやすいように見込みが広くとってあり、また手の中で回しやすいように指がひっかかる筋が入っています。茶碗の各所の寸法や形状は安価でも理にかなった物となっていますので、正式なお茶会でも差し支え無く使えます。軽く丈夫なため、小鉢として日常の食卓でもお使いいただけますヨ。ぜひご自由にお使い下さいね。口縁から、緑色がかかり、ピンクの各層と混ざり合っています。このグラデーションが、この器の面白み、景色です。直径10cm 高さ6.5cm 重さ190g▼食洗器使用可 ▼電子レンジ使用可 ▼オーブン使用不可陶歴 林山窯/炭山清谷窯 林山陶苑 林 八郎江戸時代 初代八兵衛は九谷で名をはせたが、明治二十二年 祖父 定次郎が、京都にきて、陶技を磨き、林山と号し以来、五条坂にて作陶。 父 辰治朗の継承を経た後 昭和四十六年炭山に窯を移す。今迄の釉薬に新しい技法を研究し、窯変もの釉薬を特技としている。茶道具の使用について この作品は茶道具の器として作られております。品物の内側に色絵が描いてある場合は、絵の具が酸気に弱いことがありますので食器には使用しないで下さい...

山岡善昇の桜の抹茶碗(4)【食品と同梱不可】

京都の和菓子 京みずは

7,992

山岡善昇の桜の抹茶碗(4)【食品と同梱不可】

◆山岡善昇の桜の抹茶碗(4)「桜の抹茶茶碗」 山岡善昇 作茶道具を専門に焼かれている窯元、山岡善昇作の桜の抹茶茶碗です。絵付けが映えるようにきめの細かい上信楽土(通称:仁清土)を使っている為、他の茶道具の窯の茶碗より白味が美しい印象を受けます。●人気の絵付け山岡善昇作の抹茶茶碗はどれも人気があり、絵付けが精緻かつ繊細に細筆を使って描かれています。こちらの抹茶茶碗に絵付けされた、桜の花は京風の華奢な雰囲気。すらりと伸びた桜の花の周りに、金の粒々を散らし、一層派手やかで美しいです。総じて桜が長細く、それに同調するように枝葉も細いですね。お色も優しい色目で、全体的に優しい女性の雰囲気を感じさせてくれる抹茶の茶碗に仕上がっています。外側の反対面や内側は全く何も描かれておらず、シンプル故に正面の絵付けがよく引き立っています。茶碗の見込みの真ん中にあるあかね色した輪は還元焼成によって現れる景色の1つです。余談ですが、もう少し温度を上げるとその輪も上の方へ上がってきてやがて消滅してしまうんですよ。器を伏せてみました。高台脇には角印で昇の字が押印されています。サイズ 直径12cm 高さ8cm 重さ240g▼食洗器使用不可 ▼電子レンジ使用不可 ▼オーブン使用不可陶歴 山岡 善昇昭和17年 三重県に生まれる昭和34年 京都府陶工訓練校卒 同年 上山善次郎にて10年間修業昭和44年 山岡陶画苑として独立。師匠より 善昇(昇)の号を受る平成2年 国際花と緑の博覧会90政府苑に出品 京焼清水焼展 入選3回平成4年 92淡交ビエンナーレ茶道美術公募展入選平成10年 京都色絵陶芸展にて京都市長賞を受賞上絵陶芸展 知事賞 3回 入選 10回京都府工芸デザインコンクール 佳賞3回、奨励賞1回、入選5回茶道具の使用について...

スポンサーリンク
スポンサーリンク