メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「砥部焼作家」検索結果。

砥部焼作家の商品検索結果全3件中1~3件目

砥部焼【ソバ猪口】ギフト対応 陶房遊 そば猪口 蕎麦猪口 湯飲み カップ コップ フリーカップ デザートカップ 小鉢 カフェ 和食器 おしゃれ かわいい うつわ キッチン雑貨

illumi

1,396

砥部焼【ソバ猪口】ギフト対応 陶房遊 そば猪口 蕎麦猪口 湯飲み カップ コップ フリーカップ デザートカップ 小鉢 カフェ 和食器 おしゃれ かわいい うつわ キッチン雑貨

ソバ猪口(砥部焼 陶房遊) スペック&サイズ サイズ 径8.7cm×高さ6.8cm 容量:約130ml ブランド 陶房遊 産地 砥部 電子レンジ 直火 オーブン 食洗機 ○ × ○ ○藍色のシンプルな絵付けで、様々なものに合わせやすいそばちょこです。 そばちょこ以外にも、フリーカップや小鉢としてもお使いいただけると思います。 繰り返す模様をベースに絵付けをほどこしたシリーズで、どことなくレトロな雰囲気を感じます。 デザインは、ボーダードットと駒とびがんなの2種類からお選びいただけます。 ボーダードット 駒とびがんな ご確認ください こちらの商品は作家がひとつひとつ手作りで仕上げた為、素材の特性ならびに制作方法により個体差がございます。表面の色は均一ではなく、鉄粉や釉薬の流れや溜まりが分かる部分もあります。 スペック&サイズ サイズ 径8.7cm×高さ6.8cm 容量:約130ml ブランド 陶房遊 産地 砥部 電子レンジ 直火 オーブン 食洗機 ○ × ○ ○ ※以前の物とは違いがある場合がございます。追加でご購入をお考えの方はご注意下さい。 ※色・サイズ・風合い・形などそれぞれ違いがあることをご理解いただいた上でご購入ください。 ※磁器使いについて、注意することなど詳しい内容は磁器のお取り扱い方法をご参考ください。 ↑クリックすると画像が拡大されます 陶房遊さんのカップ ソバ猪口 トロフィーカップ

砥部焼【丸皿7寸】ギフト対応 陶房遊 ディッシュ 中皿 22cm 盛皿 リム皿 カフェ 和食器 おしゃれ かわいい うつわ キッチン雑貨

illumi

2,584

砥部焼【丸皿7寸】ギフト対応 陶房遊 ディッシュ 中皿 22cm 盛皿 リム皿 カフェ 和食器 おしゃれ かわいい うつわ キッチン雑貨

丸皿7寸(砥部焼 陶房遊) スペック&サイズ サイズ 径22.5cm×高さ3.1cm ブランド 陶房遊 産地 砥部 電子レンジ 直火 オーブン 食洗機 ○ × ○ ○藍色のシンプルな絵付けで、様々なものに合わせやすい丸皿です。 サイズは7寸で、メインのお料理を乗せるのにぴったり。多少汁気があっても大丈夫です。 繰り返す模様をベースに絵付けをほどこしたシリーズで、どことなくレトロな雰囲気を感じます。 デザインは、Blue Leafと花市松の2種類からお選びいただけます。 Blue Leaf 花市松 ご確認ください こちらの商品は作家がひとつひとつ手作りで仕上げた為、素材の特性ならびに制作方法により個体差がございます。表面の色は均一ではなく、鉄粉や釉薬の流れや溜まりが分かる部分もあります。 スペック&サイズ サイズ 径22.5cm×高さ3.1cm ブランド 陶房遊 産地 砥部 電子レンジ 直火 オーブン 食洗機 ○ × ○ ○ ※以前の物とは違いがある場合がございます。追加でご購入をお考えの方はご注意下さい。 ※色・サイズ・風合い・形などそれぞれ違いがあることをご理解いただいた上でご購入ください。 ※磁器使いについて、注意することなど詳しい内容は磁器のお取り扱い方法をご参考ください。 ↑クリックすると画像が拡大されます 陶房遊さんの丸皿シリーズ サイズ違いで5寸と7寸をご用意しております。 丸皿5寸 丸皿7寸

こちらの関連商品はいかがですか?

【砥部焼 スギウラ工房】はりあわせ楕円皿(ダミストライプ)

砥部焼の和食器 【砥部工房 唐草】

8,424

【砥部焼 スギウラ工房】はりあわせ楕円皿(ダミストライプ)

はりあわせ楕円皿(ダミストライプ) 3種類の絵柄の組み合わせが素敵。メインに大皿料理に大活躍。 スギウラ工房すぎうらこうぼう 杉浦綾さんが得意とする「貼り合わせ」という手法の29cmサイズの大きめ楕円皿。まるでパッチワークのような作品です。ふちはまっすぐではなく手仕事らしい曲線が生かされています。深みある形ですので、汁気のあるお料理を盛ってもこぼれにくく使いやすい。きちんとした円ではなく手づくり感ある形。絵柄は柔らかいタッチで大人っぽいキュートさが魅力。「ダミストライプ・白水玉・ドット」とパーツごとに紋様を変えて貼り合わせの特徴を生かしています。裏から見たところ。作る際の工程上、裏側は少し釉薬(ゆうやく)が削れている部分がある場合がございます。底には「aya」のサイン。 1枚1枚形に違いがあるためぴったりと重ならない場合もありますが、2枚重ねると6.5cmぐらいの高さです。これくらいの大きさ。はがきと比べて。【サイズにつきまして】ひとつひとつお皿の大きさ・高さに違いがあります。特に高さにつきましては2cmの差がある場合がございます。(数枚お買い求めの際は、出来る限りサイズを合わせさせていただきます)。 カレーを盛っても良く似合います♪いつものパスタもお洒落に♪炒め物やマリネなどの大皿料理の際にも大活躍。白磁に藍色の染付で、爽やかな雰囲気もあるお皿なのでサラダを盛っても似合います。和食から洋食まで、幅広い料理に♪絵柄違いの「はりあわせ楕円皿(白水玉)」。絵柄違いでコーディネートしても素敵です♪3枚の土板を張り合わせて作られています。貼り合わせた部分に段差ができ、手づくりらしい楽しさを感じます。藍色の濃淡だけで、表現された紋様は手描きらしい味わいがあります♪ 手描きですので、ひとつひとつ手描きらしい違いがあります。 ...

【砥部焼 スギウラ工房】はりあわせ楕円皿(白水玉)

砥部焼の和食器 【砥部工房 唐草】

8,424

【砥部焼 スギウラ工房】はりあわせ楕円皿(白水玉)

はりあわせ楕円皿(白水玉) キュートな絵付けが魅力の手づくりらしい楕円皿。メインに大皿料理に大活躍。 スギウラ工房すぎうらこうぼう 杉浦綾さんが得意とする「貼り合わせ」という手法の29cmサイズの大きめ楕円皿。まるでパッチワークのような作品です。ふちはまっすぐではなく手仕事らしい曲線が生かされています。深みある形ですので、汁気のあるお料理を盛ってもこぼれにくく使いやすい。きちんとした円ではなく手づくり感ある形。絵柄は柔らかいタッチで大人っぽいキュートさが魅力。「白水玉・雲・ドット」とパーツごとに紋様を変えて貼り合わせの特徴を生かしています。裏から見たところ。作る際の工程上、裏側は少し釉薬(ゆうやく)が削れている部分がある場合がございます。底には「aya」のサイン。 1枚1枚形に違いがあるためぴったりと重ならない場合もありますが、2枚重ねると6.5cmぐらいの高さです。これくらいの大きさ。はがきと比べて。【サイズにつきまして】ひとつひとつお皿の大きさ・高さに違いがあります。特に高さにつきましては2cmの差がある場合がございます。(数枚お買い求めの際は、出来る限りサイズを合わせさせていただきます)。 カレーを盛っても良く似合います♪いつものオムライスもお洒落に♪炒め物やマリネなどの大皿料理の際にも大活躍。白磁に藍色の染付で、爽やかな雰囲気もあるお皿なのでサラダを盛っても似合います。和食から洋食まで、幅広い料理に♪絵柄違いの「はりあわせ楕円皿(ダミストライプ)」。絵柄違いでコーディネートしても素敵です♪3枚の土板を張り合わせて作られています。貼り合わせた部分に段差ができ、手づくりらしい楽しさを感じます。藍色の濃淡だけで、表現された紋様は手描きらしい味わいがあります♪ 手描きですので、ひとつひとつ手描きらしい違いがあります。 ...

九谷焼 2.5号角豆皿揃 線文/文吉窯 白い器 そメや 和食器 九谷焼 角皿 小皿 豆皿 セット 人気 お祝い

使う・贈る 九谷焼専門店 陶らいふ

4,860

九谷焼 2.5号角豆皿揃 線文/文吉窯 白い器 そメや 和食器 九谷焼 角皿 小皿 豆皿 セット 人気 お祝い

【九谷焼】2.5号角豆皿揃 線文/文吉窯【九谷焼】2.5号角豆皿揃 線文/文吉窯 商品説明 九谷の名工で陶祖 斉田道開の弟子であった東文吉が、明治期に開窯した「文吉窯」。 現在の四代目文吉窯においても、九谷焼独自の技法で手造り手描きの心のこもった「うつわ」づくりに専心しています。 文吉窯が近年立ち上げたこちらの「そメや」のブランドは、 ●九谷焼の原石「花坂陶石」を用いた磁器のぬくもり。 ●希少な「藍九谷」の技法で手がけられた味わい。 ●美しくモダンな造形。 が魅力のうつわです。 日常的に使いやすい価格とデザインの「そメや」のシンプルな普段使いのうつわ。 焼き物に対するしたたかなこだわりを是非お楽しみください。 ※九谷焼磁器本来のぬくもりにこだわり「花坂陶石」を使用しています。花坂陶石は鉄分を多く含む磁器原料のため、焼成後に全体に鉄粉(黒い点)が見られますが、天然原料ならではの味わいとしてご了承ください。 商品詳細情報 商品サイズ 辺7.5×1.5cm 箱の種類 紙箱 作家 文吉窯 文吉窯 (Bunkichigama) 九谷焼 世界に誇るジャパンクタニ伝統が生み出した五彩の美ジャパン・クタニとして、世界中から評価され、その名を馳せる九谷焼。約360年の歴史と伝統の技が、現代にも継承され、あまたの人々に長く愛され続けています。豪放華麗な色絵装飾を中心とした、独特な風格を誇る石川県金沢の伝統工芸。鮮やかに日常生活を彩ります。九谷焼の作品の魅力は、五彩(赤・緑・黄・紫・紺青)を基調とした、その独自の色彩が重なりあって生まれる重厚感にあります。北国ならではの力強い素地に、優美な色絵装飾を施し、作品を作り上げられています。手にとった時に感じる、和絵具のなめらかな質感もきっと楽しんでいただけることでしょう。独自な個性を放ちながら...

【花結晶 角豆皿 緑】京焼/清水焼/陶あん/陶器/食器/花結晶/皿/豆皿

京焼 陶あん 楽天市場店

1,080

【花結晶 角豆皿 緑】京焼/清水焼/陶あん/陶器/食器/花結晶/皿/豆皿

商品情報 花結晶 角豆皿 キラキラした結晶が、食卓を優雅に上品に演出してくれます。花結晶とは、釉薬が溶けて冷却する過程で結晶がでる釉薬です。その中でも、花結晶はとりわけ結晶が大きくなり、またいろいろな形状がでます。2つとして同じものができない、いろいろな結晶の楽しさを感じていただければ幸いです。※ 花結晶の模様はひとつひとつすべて違うため、写真のものとお届けするものは結晶の模様に違いがあります。また、すべて手作りですので、形・大きさについても、写真のものと多少異なる場合があります。モニターの発色の具合によっては実際のものと色が異なる場合があります。なお、店頭においても同時販売しておりますので、注文と同時に完売になった際には、ご了承ください。 サイズ 直径約8.7cm 高約2.5cm 材質 陶磁器(京焼、清水焼) 
 

 

 

 

 

 

 

 
【花結晶 角豆皿 緑】京焼/清水焼/陶あん/陶器/食器/花結晶/皿/豆皿 花咲く器 上品な緑が美しいお皿です。ちょっとしたお料理やデザート、また、醤油皿としてもお使い頂ける、重宝するお皿です。 2

送料無料
【ふるさと納税】越中瀬戸焼5人の作家の「各々皿」セット 【お皿・焼き物・陶芸品】

富山県立山町

80,000

【ふるさと納税】越中瀬戸焼5人の作家の「各々皿」セット 【お皿・焼き物・陶芸品】

内容越中瀬戸焼「かなくれ会」の作家5人による小皿5枚セット事業者名株式会社たてやまご注意事項※画像はイメージです。※5人の作家様の作品が揃い次第の発送になりますので、早い時で2週間前後、遅い時は発注から~1ヶ月程お時間をいただいております。・ふるさと納税よくある質問はこちら ・寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。あらかじめご了承ください。富山県伝統工芸品の第1号として指定された越中瀬戸焼。立山町新瀬戸地域の里山で採れる良質な粘土「白土」は、特に鉄分が少ない上に粒子が細かく、耐火度が高い性質のため、薄くて軽い高品質の陶器を作り出すことができます。 純朴さのなかにも繊細さを兼ね備えており、シンプルで力強い器となっているために使いやすく、普段使いの食器としても人気が高く、多くのファンに愛されています。 今回、ご用意した「各々皿」は、陶工5名による小皿のセットとなっております。※4つの窯元の陶工5名により「かなくれ会」が発足され、その伝統を受け継いでいます。 寄附金の用途について 国立公園立山の環境整備・立山の玄関口立山駅前ロータリーの無電柱化 ・登山者の安全を守るために登山道や標識等の整備 ・立山の生態系を壊さないために外来植物の侵入防止と除去等環境保護「米百俵基金」財源明治初期、困窮する長岡藩に届けられた米百俵。当時の指導者は当座しのぎではなく、人づくりのため学校設立資金にしました。立山町も未来の人材を育成します。就学支援補助の財源として米百俵基金を設置。伝統・文化を後世に伝える古来、女人禁制だった立山。登拝できない女性の極楽往生への願いを救う「布橋灌頂会」。今も三年に一度あの世とこの世をつなぐ布橋を女性のみが渡る儀式を行なっています。富山地方鉄道立山線の利用促進と駅舎、沿線景観・環境整備地鉄立山線は、通勤...

九谷焼 4号角取皿 いちご/川合孝知 和食器 九谷焼 茶碗 人気 ギフト/九谷焼 贈り物 結婚祝い/内祝い/お祝い/

使う・贈る 九谷焼専門店 陶らいふ

2,160

九谷焼 4号角取皿 いちご/川合孝知 和食器 九谷焼 茶碗 人気 ギフト/九谷焼 贈り物 結婚祝い/内祝い/お祝い/

【九谷焼】4号角取皿 いちご/川合孝知【九谷焼】4号角取皿 いちご/川合孝知 商品説明 九谷焼の若手人気作家の川合孝知の作品。「楽しむ器をつくりたい」という想いで、一つひとつを手描きで仕上げています。 食べたくなるような可愛いいちごが描かれた取皿です。 見ていて楽しい、使って楽しい器です。 商品詳細情報 商品サイズ 辺12.8×高さ2.3cm 箱の種類 紙箱 作家 川合孝知 川合 孝知(Kawai Takatomo) 1971年 昭和46年 静岡県生まれ 1994年 日本大学生産工学部数理工学科卒業 1998年 石川県立九谷焼技術研修所卒業 上出長右衛門窯にて絵付の仕事に従事 2006年 九谷焼技術者自立支援工房にて制作を開始 2009年 能美市に工房を開窯 2012年 通商産業大臣認定 九谷焼伝統工芸士 九谷焼 世界に誇るジャパンクタニ伝統が生み出した五彩の美ジャパン・クタニとして、世界中から評価され、その名を馳せる九谷焼。約360年の歴史と伝統の技が、現代にも継承され、あまたの人々に長く愛され続けています。豪放華麗な色絵装飾を中心とした、独特な風格を誇る石川県金沢の伝統工芸。鮮やかに日常生活を彩ります。九谷焼の作品の魅力は、五彩(赤・緑・黄・紫・紺青)を基調とした、その独自の色彩が重なりあって生まれる重厚感にあります。北国ならではの力強い素地に、優美な色絵装飾を施し、作品を作り上げられています。手にとった時に感じる、和絵具のなめらかな質感もきっと楽しんでいただけることでしょう。独自な個性を放ちながら、生活に深く息づいていく伝統工芸品「九谷焼」。どうぞ末永くご愛用ください。 用途や贈る相手に合わせて、8種類のギフト包装紙からご選択いただけます。 熨斗のご要望があれば、お申し付けください。用途に合わせた熨斗をご用意いたします。...

岐阜県 多治見市 / 美濃焼窯元・蔵珍窯(ぞうほうがま)めで鯛「豆皿揃」5枚組〈紙箱入り〉〈日本製〉【魚類他】

鳥の巣箱

3,240

岐阜県 多治見市 / 美濃焼窯元・蔵珍窯(ぞうほうがま)めで鯛「豆皿揃」5枚組〈紙箱入り〉〈日本製〉【魚類他】

岐阜県神社庁御用窯 蔵珍窯の幻の紅赤シリーズ 《赤とめで鯛》 古代より鯛は神聖なものとして大切にされてきました。 日本人にとって、鯛は晴れの魚であり特別な魚です。 福をもたらす恵比寿様も釣り竿を肩に大きな鯛を抱えているように、昔から 祝い事には必ず鯛を用いてきました。 蔵珍窯ではこの赤い「鯛」を貴重な『千日摺りの赤』によって、器に表現し ました。 飛び跳ねる鯛は、にっこりとほほ笑みたくなるような元気な姿。 この器を使うことにより、毎日が幸福な気持ちでいっぱいになることを祈っ ています。 【蔵珍窯・小皿】 岐阜県 多治見市 / 美濃焼窯元・蔵珍窯 めで鯛「豆皿揃」5枚組 サイズ:約6×2cm 紙箱入り MADE IN JAPAN〈日本製〉 ※商品はすべて手作りのため、表示の色・絵柄・寸法等が 多少実物と異なる場合がございます。 予め、ご了承下さい。美濃焼窯元・蔵珍窯/四季の器 Z O H O G A M A 「蔵珍窯のある風景」 蔵珍窯の工房がある集楽窓は、ゆったりとした空間の中に、重厚感のある江戸時代の 建物、火と土の神様を祭った神社、涼しげなもみじに、凛とした椿、庭に潤いを与える 沢山の草花や、風趣あふれる苔…。 その風景は艶やかでもあり、雄健であり、崇高でもあり、蔵珍窯の作品と向き合う環境 は、四季を通じて独特な世界観を表現しています。 常に作陶の空間から自然とのつながりを大切にしている蔵珍窯の美学が すべての作品に自然なかたちで表現され、映し出されているようです。 ※撮影・鳥の巣箱(2013.11) 「鯛の赤」それは吉兆を表す高貴な色 《蔵珍窯の赤》 蔵珍窯の象徴となる赤い器。 蔵珍の赤は、大変貴重な弁柄から生まれます。 弁柄をゆっくりと丁寧に摺り続けること約三年(千日)。...

和食器 焼締箱皿 作家「荒木義隆」

うつわや悠々

54,000

和食器 焼締箱皿 作家「荒木義隆」

荒木義隆追悼特別展-出展作品-。 生涯、器を作り続けた陶芸家・荒木義隆さんの回顧展。 和食器を変えた器から、海を渡り作られたアジアの器まで。 うつわや悠々ウェブ未発表の作品を展示販売です。 ■素材 陶器 ■サイズ 縦約30.5cm 横約43.5cm 高さ約4cm ■手触り ざらっとしています。 ■重量 約3690g ※展覧会作品のため、お渡しが展覧会終了後の発送になる場合もございます。荒木義隆/Yoshitaka Araki (Japan,Kyoto 1942 - 2017) 昭和17年京都生まれ。 昭和38年京都五条坂 河島浩三氏に師事。 昭和41年京都山科にて独立。 昭和43年炭山工芸村設立に参加。 工房を宇治市炭山に移転。 昭和54年新宿京王百貨店にて初個展。 毎年 東京、神戸、広島等にて個展を開催。 昭和55年招請を受け技術指導のため中国各地へ。 昭和63年招請を受け技術指導のためベトナムへ。 ハノイ市、ホーチミン市、他。 ベトナムにて作陶 以降毎年歴訪。 平成 2年招請を受けラオスへ。 ビエンチャンにて作陶 以降毎年歴訪。 平成 2年作品集「うつわあそび」発行。 平成 4年ベトナム、ラオス行 5年の区切りとして。 ハノイ・ビエンチャン・京都展 玉川高島屋。 平成4年能登門前町に穴窯 門前小僧窯を築窯。 平成4年ハノイにて現代の安南陶器展。 平成7年ハノイにて第二回現代の安南陶器展。

スポンサーリンク
スポンサーリンク