メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「湯呑 5 客セット」検索結果。

湯呑 5 客セットの商品検索結果全62件中1~60件目

ミキモト インターナショナル 遊炉(YUURO)湯呑 5客セット mikimoto-09

Amazon

8,640

ミキモト インターナショナル 遊炉(YUURO)湯呑 5客セット mikimoto-09

MIKIMOTO History 1893年、創業者 御木本幸吉は、世界で初めて真珠の養殖に成功しました。 この偉業によって、それまで偶然の産物でしかなかった真珠は世界のすみずみにまで、その美しさを広めることになったのです。 以来、ミキモトは「世界中の女性を真珠で飾りたい」と願い続けた御木本幸吉の思いを受け継ぎ、一世紀以上の歳月を美のために捧げています。 世界で初めて真珠の養殖に成功 ミキモト創業者の御木本幸吉は1858年(安政5年)1月25日、志摩国鳥羽町に誕生しました。故郷・伊勢志摩の海で天然真珠を採るために乱獲され減少していたアコヤ貝の保護と増殖、さらに真珠の養殖を決意し、相次ぐ赤潮の被害や資金難を乗り越え、1893年(明治26年)7月11日に鳥羽の相島(おじま、現:ミキモト真珠島)にて、世界で初めて半円真珠の養殖に成功しました。 それまでの真珠は、天然の真珠母貝から採取されるケシと呼ばれる真珠が大部分であり、採取も不確かなものでしたが、幸吉は母貝であるアコヤ貝そのものの養殖から始め、人為的に真珠をつくり出せるようにしたのです。 その後、1905年(明治38年)には真円真珠の養殖に成功し、黒蝶真珠や白蝶真珠の養殖にも取り組みました。 ミキモトパールの名は世界へ 1899年(明治32年)には、銀座に日本で初めての真珠専門店「御木本真珠店」を開設し、日本における近代宝飾産業の礎を築きました。幸吉は早くから海外にも目を向け、真珠の魅力を多くの人々に伝えるために、1893年(明治26年)のシカゴでのコロンブス万国博覧会をはじめ、世界各国で開かれる博覧会へ養殖真珠を使った工芸品などを出品しました。また、1913年(大正2年)のロンドン支店開設を皮切りにニューヨーク、パリなど国際的に事業を展開。世界中にミキモトパールを供給し...

送料無料
ヤマキイカイ 湯呑み 青 110cc 美風丸煎茶内絵桜 五客 湯呑 Y1591 5個セット

Amazon

2,700

ヤマキイカイ 湯呑み 青 110cc 美風丸煎茶内絵桜 五客 湯呑 Y1591 5個セット

業務用、来客用に便利な湯呑の5客セットです。 岐阜県・東美濃で生産される多種多様な焼物『美濃焼』。 長い歴史と伝統に支えられた美濃焼は、 食器類の生産が全国シェアの約60%を占めており、 日本の焼物の代表といっても過言ではありません。 日常生活の中で何気なく使われ、知らないうちに溶け込んでいる焼物。 それが『美濃焼』です。 美濃焼の歴史は古く、今から1300年以上前まで遡ります。 最初は朝鮮半島から須恵器の技術が伝えられました。 平安時代(10世紀)になると白瓷と言われる灰釉を施した 陶器が焼かれるようになりました。 この白瓷は須恵器を改良し、釉薬を使ったものです。 この頃から窯の数も多くなり、本格的な焼き物生産地となりました。 安土桃山時代から江戸時代初頭にかけて、茶の湯の流行と共に 茶人の好みを反映した焼き物が生産されました。 昭和初期には高級品需要も増え、益々の機械化と同時に技術も 著しく向上しました。 窯も炭窯から重油窯・シャトルのガス窯・ トンネル窯、ローラーハースキルンへと進化すると同時に、 歩留りの向上・製品の均一化・大量生産化に繋がっていきます。 幸い戦火にみまわれず、幾多の不況にもうち勝ってきた美濃焼は、 今となっては圧倒的に名実共に日本一の生産量を誇っています。 洋食器は国内生産の約51%、和食器は約58%、タイルは約41%です。 いわゆる日本で使用する食器類の過半数が美濃焼で占められています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク