メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「清水焼作家」検索結果。

清水焼作家の商品検索結果全7件中1~7件目

こちらの関連商品はいかがですか?

建盞(けんさん) 油滴 天目茶碗 建陽手作り 専用袋付き 直径8.5cm (8.9)

Amazon

6,000

建盞(けんさん) 油滴 天目茶碗 建陽手作り 専用袋付き 直径8.5cm (8.9)

中国建窯の盞。 実物画像です!職人手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 日本の鎌倉時代に当たる南宋から元代にかけてが最も盛んに焼かれた時代で、製品は天目(茶碗)が大部分を占めていたようです。 唐代に盛んだった団茶がすたれ、宋代になると新たに抹茶が流行するようになりましたが、このために従来の青磁茶碗に代わって抹茶 向きに工夫された天目が建窯で生 まれ、世の需要に応じて大量に生産されるようになりました。 天目茶碗の陶土は、鉄分を多く含み、高台を除く全面に艶のある黒釉が厚く掛かっています。 この釉面の変化によって多くの種類に分けられていて、釉面に散る斑文群が水に油の滴が浮いているように見える「油滴(ゆてき)天目」の名がつけられています。   ◆サイズ等: 直径8.5cm×高さ6cm×深さ4.6cm 素材 : 陶器 内容 : 専用袋入り 産地 : 中国建陽手作り       メーカー型番:JZYDD05   ※食器洗浄機 不可 電子レンジ 不可 。 ※できるだけ実際の商品に近づけるように努めておりますが、撮影条件やお客様がお使いのパソコンにより、色味や質感が実物とは異なって見える場合があります。あらかじめご了承下さい。

送料無料
黒楽筒茶碗 松楽

Amazon

9,300

送料無料

黒楽筒茶碗 松楽

京都の楽焼窯元 佐々木松楽作の黒楽筒茶碗です。 抹茶碗の冬用、筒茶碗は冬茶碗とも呼び、その筒形をした底の深い茶碗の形状が 湯の熱を逃がしにくい為、茶道では寒中に使われます。 ねっとりとした黒釉の正面に、朱色の釉薬が掛け流し。 掌に優しい丸みを帯びた形状は手の姿。 たっぷりと楽釉がかかっていますが、胴周囲にはわずかに指跡があり、微妙な起伏となって廻っています。 細身の形状は胴半ばにわずかな締まりが見られます。 上部に向かって広がりを持つ伸びやかな姿は冬用の茶筅を初心者でも点てやすいかと思われます。 内側に抱き込まれ、なだらかな起伏を持つ静かな口縁。 黒楽筒茶碗の深い見込みです。 赤筒楽茶碗の高台です。高台はすっぽり黒釉に覆われています。 五徳の跡が景色になっています。 形状、寸法など、最も普遍的な採寸で仕上がっているので、 特に初めて冬茶碗を持ちたいと思われている方におすすめです。 ◆商品番号 5336 黒楽筒茶碗 松楽 寸法 直径9.5cm 高さ10.5cm 紙箱付 ■食器洗浄機 電子レンジ オーブン 不可 写真は一例です。お手元に届く物は写真のものとは異なります。 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 ■午後3時までのご注文で翌日到着可能です。■ ※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。 陶歴 楽焼窯元 三代松楽 当昭楽は祖父の代よりこの楽焼に従事し、 京都清水坂に築窯、茶道具専門に製造販売せし処、 昭和一九年亀岡矢田神社の畔に移住 出口王仁三郎師、 大徳寺元管長 小田雪窓師の 知遇を得て再び開窯、現在に至る 昨今茶道隆盛をきわめ、土と火と水と共に一〇〇年 斯道にまい進大方諸賢の知られる処ますますご愛顧の程を 楽焼 窯元 佐々木 松楽

スポンサーリンク
スポンサーリンク