メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「清水焼作家」検索結果。

清水焼作家の商品検索結果全4件中1~4件目

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
天目酒盃 石雲

Amazon

7,800

送料無料

天目酒盃 石雲

京焼清水焼の石川石雲の天目盃です。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 ずんぐりとしたぐい飲みの形。 天目黒に茶褐色の滴が流れて窯変しています。 縁だけ茶味がかり、大小流れるように斑点が広がっています。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 石雲の天目の酒盃です。お茶の茶碗としてもどうぞ。 ◆商品番号 100007 天目盃 石雲 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■寸法 約 直径7cm×高さ5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 ●器の色について 撮影時の照明・パソコン・モニターの種類や設定の影響で掲載画像と実物では色の見え方が異なる場合もございます。予めご了承ください。 陶歴 石雲窯 石川 丘 昭和29年3月 京都市に生まれる 昭和51年3月 同志社大学商学部卒 昭和52年3月 京都府立陶工専修訓練校成形科終了 昭和53年3月 京都市工業試験場本科修了 昭和54年3月同 専科修了 昭和54年4月より石雲窯にて作陶 当石雲窯は創業以来、5代に渡って清水焼の製品を 作り続けて6代目「石川 丘」に至っております。 従来の当窯の技法に粉引や天目釉、均窯釉等の色釉の 作品、商品を加えて、各種展示会にも多数出展、 出品しております。

送料無料
松皮天目盃 陶あん

Amazon

5,400

送料無料

松皮天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの松皮天目盃です。 黒い肌に流れる白い薬の窯変。 松の木の皮に見えることからこの名前があります。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 朝顔に広がったぐい飲みの形。 星が夜空光るイメージで、斑紋が多数浮かび、まさに妖艶な色合いです。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 陶あんの天目の酒盃です。お茶の茶碗としてもどうぞ。 ◆商品番号 9265松皮天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■食器洗浄機 不可 電子レンジ 不可 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

送料無料
銹斑天目盃 陶あん

Amazon

5,400

送料無料

銹斑天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの天目盃 銹斑天目盃です。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 朝顔に広がったぐい飲みの形。 星が夜空光るイメージで、斑紋が多数浮かび、まさに妖艶な色合いです。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 陶あんの天目の酒盃です。お茶の茶碗としてもどうぞ。 ◆商品番号 9164銹斑天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■食器洗浄機 不可 電子レンジ 不可 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

送料無料
紫紺陽光天目盃 陶あん

Amazon

5,400

送料無料

紫紺陽光天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの紫紺陽光天目盃です。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 紫紺(しこん)とは、紺色がかった暗めの紫色のことです。紫草の根で染めていたこと から「紫根」と書かれていました。 七色の光が変化する、神秘的な器。見る角度によって表情を変える、鮮やかな光彩。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 800年のときを経ても、今もなお輝き続ける曜変天目茶碗。 京都の陶工が現代感覚の色使いを加えて新作を誕生させました。 ◆商品番号 9803紫紺陽光天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ4.5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさ、重さは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

送料無料
柿 抹茶茶碗 昇

Amazon

6,300

送料無料

柿 抹茶茶碗 昇

京焼清水焼茶道具窯元山岡昇作の柿の抹茶碗です。 日本画のような繊細な表現。 金彩を使った豪華な絵付けが、縁起物の柿の実を彩ります。 金の骨書き。 光沢のある色絵が、枯れた茶碗にみずみずしいです。 見込みの雰囲気です。グレーの色生地に赤い御本が出て、 茶慣れすることで化ける抹茶碗であると想像されます。 高台は思いっきり土見せを残して脇に大きな角の落款が入っています。 日本では柿は昔からお菓子の始まり。雪国では貴重な保存食として。 また中国では、柿と言う字が2つ並ぶと『柿柿』で、『柿柿』イコール『事事』。 鈴なりになった柿は事事如意(全てが思い通りに上手くいく)と喜ばれてきました。 ◆商品番号 7042 抹茶碗 柿 昇 ■手洗い ◎ 食器洗浄機 × 電子レンジ × ■寸法 直径12cm×高さ7.5cm 重さ240g 化粧箱付 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 山岡 善昇 昭和17年 三重県に生まれる 昭和34年 京都府陶工訓練校卒 同年 上山善次郎にて10年間修業 昭和44年 山岡陶画苑として独立 師匠より 善昇(昇)の号を受る 平成2年 国際花と緑の博覧会90政府苑に出品 京焼・清水焼展 入選3回 平成4年 92淡交ビエンナーレ茶道美術公募展入選 平成10年 京都色絵陶芸展にて京都市長賞を受賞

送料無料
深縹陽光天目盃 陶あん

Amazon

5,400

送料無料

深縹陽光天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの深縹陽光天目盃です。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 深縹とは藍染の中で使われる和の色。最も濃く深い色で、わずかに紫味を含んだ青色の ことです。 露草の花の青紫を連想させます。 七色の光が変化する、神秘的な器。見る角度によって表情を変える、鮮やかな光彩。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 800年のときを経ても、今もなお輝き続ける曜変天目茶碗。 京都の陶工が現代感覚の色使いを加えて新作を誕生させました。 ◆商品番号 9805深縹陽光天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ4.5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさ、重さは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

送料無料
黒燿虹彩天目盃 陶あん

Amazon

5,400

送料無料

黒燿虹彩天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの黒燿虹彩天目盃です。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 黒曜石に虹色の燿変。 七色の光が変化する、神秘的な器。見る角度によって表情を変える、鮮やかな光彩。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 800年のときを経ても、今もなお輝き続ける曜変天目茶碗。 京都の陶工が現代感覚の色使いを加えて新作を誕生させました。 ◆商品番号 9800 黒燿虹彩天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ4.5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさ、重さは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

送料無料
琥珀陽光天目盃 陶あん

Amazon

5,400

送料無料

琥珀陽光天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの琥珀陽光天目盃です。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 琥珀とは樹木の樹脂が何万年もの歳月をかけて化石化したものです。 古代ギリシャや正倉院御物の中に残されているなど、古代人は飾りだけでなく 神事に使った貴重な宝石です。 七色の光が変化する、神秘的な器。見る角度によって表情を変える、鮮やかな光彩。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 800年のときを経ても、今もなお輝き続ける曜変天目茶碗。 京都の陶工が現代感覚の色使いを加えて新作を誕生させました。 ◆商品番号 9801 琥珀陽光天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ4.5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさ、重さは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

送料無料
鯉幟抹茶茶碗 陶楽

Amazon

19,800

送料無料

鯉幟抹茶茶碗 陶楽

京焼き清水焼の茶道具窯元、浅見与し三作の鯉のぼりの抹茶碗です。 元気いっぱい天高く舞う 鯉のぼり。 正面に三匹の鯉のぼりが描かれています。 白、緑、赤、青と綺麗に色分けされています。 仲良く寄り添う真鯉(まごい)と緋鯉(ひごい)。 元気いっぱい空高く泳ぐ様はこれから成長する男の子の姿と重なります。 内側は白とねずみの濃淡。 折り返しにまで絵が描かれています。 高台脇には与し三の落款が入っています。 白い幕がけ、乾山風の銹び絵、つやをおさえた落ち着いた色合いが特徴です。 端午の節句に合わせて御自身でお使いになってもよし、 またお子様、お孫様のすこやかなご成長を願ってプレゼントにもおすすめです。 ◆商品番号 1426 抹茶碗 鯉のぼり 与し三 (特上) ■食器洗浄機 電子レンジ 不可 寸法 直径12.5cm 高さ8cm 重さ250g 木箱付 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 ■午後3時までのご注文で翌日到着可能です。■ ※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。 陶歴 吉峯窯 四代目 浅見 与し三 初代・与し三は大正元年父・与之助(二代五郎助の次男) より分家して五条坂にて開窯 昭和三十六年五条坂に生まれる 父(二代目)叔父(三代目)の許、作陶を修行し 平成四年四代目 襲名 平成七年大徳寺塔頭瑞峯院前田 昌道老師より 吉峯窯の窯名を賜る

送料無料
黒楽筒茶碗 松楽

Amazon

9,300

送料無料

黒楽筒茶碗 松楽

京都の楽焼窯元 佐々木松楽作の黒楽筒茶碗です。 抹茶碗の冬用、筒茶碗は冬茶碗とも呼び、その筒形をした底の深い茶碗の形状が 湯の熱を逃がしにくい為、茶道では寒中に使われます。 ねっとりとした黒釉の正面に、朱色の釉薬が掛け流し。 掌に優しい丸みを帯びた形状は手の姿。 たっぷりと楽釉がかかっていますが、胴周囲にはわずかに指跡があり、微妙な起伏となって廻っています。 細身の形状は胴半ばにわずかな締まりが見られます。 上部に向かって広がりを持つ伸びやかな姿は冬用の茶筅を初心者でも点てやすいかと思われます。 内側に抱き込まれ、なだらかな起伏を持つ静かな口縁。 黒楽筒茶碗の深い見込みです。 赤筒楽茶碗の高台です。高台はすっぽり黒釉に覆われています。 五徳の跡が景色になっています。 形状、寸法など、最も普遍的な採寸で仕上がっているので、 特に初めて冬茶碗を持ちたいと思われている方におすすめです。 ◆商品番号 5336 黒楽筒茶碗 松楽 寸法 直径9.5cm 高さ10.5cm 紙箱付 ■食器洗浄機 電子レンジ オーブン 不可 写真は一例です。お手元に届く物は写真のものとは異なります。 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 ■午後3時までのご注文で翌日到着可能です。■ ※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。 陶歴 楽焼窯元 三代松楽 当昭楽は祖父の代よりこの楽焼に従事し、 京都清水坂に築窯、茶道具専門に製造販売せし処、 昭和一九年亀岡矢田神社の畔に移住 出口王仁三郎師、 大徳寺元管長 小田雪窓師の 知遇を得て再び開窯、現在に至る 昨今茶道隆盛をきわめ、土と火と水と共に一〇〇年 斯道にまい進大方諸賢の知られる処ますますご愛顧の程を 楽焼 窯元 佐々木 松楽

野点茶碗 お福 与し三

Amazon

3,800

野点茶碗 お福 与し三

京焼き清水焼の茶道具窯元、与し三さんの百福こと、お福の野点茶碗です。 万福、千福などいろいろな表記がされますが、 京都のこちらのお福さんは百福と書いて「おふく」と読みます。 上品な愛らしいお顔はいつもにっこり。 正面裏側には百福の文字。 百個の福が来るように、作者の願いが込められています。 きめの細かい仁清土が固く焼き締まり、比較的しっかり釉薬がかかっています。 ロクロで土を引き上げたときの指筋がついてたり、茶碗らしい口造りの仕上げが見えます。 もちろんお福の相棒、火男(ひおとこ)もあります。 家庭円満、百の福が舞い込むように夫婦で仲良くお使い下さい。 ◆商品番号 173 お福 野点茶碗 与し三 ■食器洗浄機 電子レンジ 不可 ■寸法 直径9.5cm 高さ7cm 重さ180g 化粧箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 ■午後3時までのご注文で翌日到着可能です。■ ※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。 陶歴 吉峯窯 四代目 浅見 与し三 初代・与し三は大正元年父・与之助(二代五郎助の次男) より分家して五条坂にて開窯 昭和三十六年五条坂に生まれる 父(二代目)叔父(三代目)の許、作陶を修行し 平成四年四代目 襲名 平成七年大徳寺塔頭瑞峯院前田 昌道老師より 吉峯窯の窯名を賜る

スポンサーリンク
スポンサーリンク