メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「急須」検索結果。

急須の商品検索結果全7,094件中1~60件目

ミヤコ ステンレス製急須 大

ディノス

6,480

ミヤコ ステンレス製急須 大

色うつりやニオイがつきにくいステンレス製で、煎茶や紅茶、ハーブティー…味も香りもさまざまなお茶が、この急須ひとつで楽しめます。~お手入れ簡単で割れない、ステンレス製の急須~ ◆色うつりがしにくく、お手入れが簡単なステンレス製です。◆匂いがつきにくいので、煎茶や紅茶・ハーブティーなど、お茶の種類を変えて楽しむことができます。◆届いてすぐに使用できる、便利な茶こし付きです。◆水きれのいい注ぎ口で、ゆっくりと丁寧に注ぐことができます。~選べる2つのサイズ~◆人数や杯数に合わせて選べる2サイズをご用意しています。・小小は1 ~ 2杯分のお茶を入れるのに便利なコンパクトサイズ。・大1~4杯分のお茶をたっぷり入れることができます。~スタイリッシュなデザインがおしゃれな3色をご用意~ ◆日本の食卓にも、モダンなキッチンにも素敵になじみます。・かがみ ぴかぴかと美しい光沢が目を引く、ミラーステンレス。・ざらめ 深みのある輝きで、高級感のあるスモークタイプ。・くろいろ キッチンのトレンドカラーにもなっている、マットなブラック色。 ■色:(ア)かがみ、(イ)ざらめ、(ウ)くろいろ■サイズ:幅15.5奥行11.6高さ19.7cm 重量290g 容量0.7L■素材:本体・蓋・茶こし…18ー8ステンレス ハンドル・ツマミ…天然木■茶こし付き■日本製

ミヤコ ステンレス製急須 小

ディノス

5,400

ミヤコ ステンレス製急須 小

色うつりやニオイがつきにくいステンレス製で、煎茶や紅茶、ハーブティー…味も香りもさまざまなお茶が、この急須ひとつで楽しめます。~お手入れ簡単で割れない、ステンレス製の急須~ ◆色うつりがしにくく、お手入れが簡単なステンレス製です。◆匂いがつきにくいので、煎茶や紅茶・ハーブティーなど、お茶の種類を変えて楽しむことができます。◆届いてすぐに使用できる、便利な茶こし付きです。◆水きれのいい注ぎ口で、ゆっくりと丁寧に注ぐことができます。~選べる2つのサイズ~◆人数や杯数に合わせて選べる2サイズをご用意しています。・小小は1 ~ 2杯分のお茶を入れるのに便利なコンパクトサイズ。・大1~4杯分のお茶をたっぷり入れることができます。~スタイリッシュなデザインがおしゃれな3色をご用意~ ◆日本の食卓にも、モダンなキッチンにも素敵になじみます。・かがみ ぴかぴかと美しい光沢が目を引く、ミラーステンレス。・ざらめ 深みのある輝きで、高級感のあるスモークタイプ。・くろいろ キッチンのトレンドカラーにもなっている、マットなブラック色。 ■色:(ア)かがみ、(イ)ざらめ、(ウ)くろいろ■サイズ:幅15奥行11.8高さ9.3cm 重量190g 容量0.38L■素材:本体・蓋・茶こし…18ー8ステンレス ハンドル・ツマミ…天然木■茶こし付き■日本製

飾り急須 玉蜀黍

CTCオンラインShop 楽天市場店

2,160

飾り急須 玉蜀黍

飾り急須 玉蜀玉蜀黍をモチーフにした宜興紫砂風の飾り急須です 本商品は蓋の取ってに玉蜀黍(トウモロコシ)が乗って、胴部は南瓜のような畝が走る、ちょっと変わったデザインの茶壷です。店舗の装飾やインテリアに人気が有ります。 宜興は中国江蘇省にある陶器で有名な都市です。独特な味わいを持つ紫砂(しさ)という有名な茶器の産地です。この紫砂の茶壷でお茶を入れると、お茶の渋みなどが茶壷に吸収され、美味しくいただけると言われています。ただ最近では宜興の土は量が激減し、新しい本物の宜興紫砂茶壷はほとんど作られていないとのことです。そこで宜興に似せて作られた安価な工芸品が代用として人気が有ります。 【商品詳細】・サイズ 幅13.5cm×胴直径φ8.4cm×高さ6.9cm ・容量 150cc・重量 約125g・生産地 中国※実用品では無く宜興風に作られた飾り用茶壷です※実際に使用する際には内部を入念に洗浄して下さい飾り急須 玉蜀玉蜀黍をモチーフにした宜興紫砂風の飾り急須です 本商品は蓋の取ってに玉蜀黍(トウモロコシ)が乗って、胴部は南瓜のような畝が走る、ちょっと変わったデザインの茶壷です。店舗の装飾やインテリアに人気が有ります。

飾り急須 鳳凰

CTCオンラインShop 楽天市場店

2,160

飾り急須 鳳凰

飾り急須 鳳凰鳳凰をモチーフにした宜興紫砂風の飾り急須です 本商品は龍と並ぶ吉祥の瑞獣である鳳凰をモチーフにした宜興風の飾り急須です。注ぎ口部分が鳳凰の頭部、胴部には翼や尾羽根が再現されています。また蓋には雲紋が刻まれています。中華料理店や中国茶館など、店舗の装飾やインテリアに人気が有ります。 宜興は中国江蘇省にある陶器で有名な都市です。独特な味わいを持つ紫砂(しさ)という有名な茶器の産地です。この紫砂の茶壷でお茶を入れると、お茶の渋みなどが茶壷に吸収され、美味しくいただけると言われています。ただ最近では宜興の土は量が激減し、新しい本物の宜興紫砂茶壷はほとんど作られていないとのことです。そこで宜興に似せて作られた安価な工芸品が代用として人気が有ります。 【商品詳細】・サイズ 幅14cm×胴直径φ8.3cm×高さ8.3cm ・容量 150cc・重量 約145g・生産地 中国※実用品では無く宜興風に作られた飾り用茶壷です※実際に使用する際には内部を入念に洗浄して下さい飾り急須 鳳凰鳳凰をモチーフにした宜興紫砂風の飾り急須です 本商品は龍と並ぶ吉祥の瑞獣である鳳凰をモチーフにした宜興風の飾り急須です。注ぎ口部分が鳳凰の頭部、胴部には翼や尾羽根が再現されています。また蓋には雲紋が刻まれています。中華料理店や中国茶館など、店舗の装飾やインテリアに人気が有ります。

壱鋳堂/南部鉄器 Sekitei 石庭 0.7L|小鉄瓶 急須

ディノス

9,504

壱鋳堂/南部鉄器 Sekitei 石庭 0.7L|小鉄瓶 急須

壱鋳堂は2009年に誕生した日本の伝統工芸の新しいブランドです。【ブランドコンセプト】使いやすさを基準とした##>壱鋳堂⇒壱鋳堂[イッチュウドウ]特集 ##>【デザイナープロフィール】中村義隆:都市や学校などのシンボルマークを手掛けるグラフィックデザイナーとして活躍する一方、自身がデザインしたティーポットがMoMA/ニューヨーク近代美術館のカフェでサービングポットに採用(2004年)されるなど、鋳鉄工芸業界において数多くのデザイン実績をもつ。【商品説明】四角形状の鉄瓶です。またその形状に丸み加え、柔らかさも加味させています。四角形は制作が難しく、高い技術を要します。また蓋も中に収まるデザインで、こちらもあえて高い技術を要する仕様を選択しています。卓越したデザインの中に、そうしたハイレベルの技術が込められていると思いながらティーポットを眺めてみるのも楽しいものです。デザインと技術の融合した傑作のティーポットです。約900度の炭火で焼くことにより、表面に四酸化鉄の皮膜を形成させて錆止めとする伝統技法です。沸かした湯には体に吸収されやすい二価鉄が豊富に含まれ、鉄分補給に効果的。【南部鉄器の起源】豊富な資源と北上川の水運の便に恵まれたこの地方では、古くから鋳物づくりが発達してきました。南部、伊達両藩では熱心に保護、推奨し、育成に努め、現在は盛岡と水沢の地域が盛んで、この二つの生産地の鋳物を南部鉄器と呼んでいます。 南部鉄器は繊細な鋳肌と重厚感のある味わいの着色が特徴で、みちのくの小京都「盛岡」の歴史と自然が長い時間をかけて育んだ、盛岡が誇る伝統工芸品と言えます。その歴史は古く、文化に造詣の深かった代々の南部藩主によって約400年前より保護育成され、今日まで受け継がれています。【南部鉄器の特長】・職人の手によってじっくり丁寧に造られる鉄鋳物は...

壱鋳堂/南部鉄器 Kurumi 胡桃 0.5L プレミアムアイボリー|ティーポット 急須

ディノス

8,640

壱鋳堂/南部鉄器 Kurumi 胡桃 0.5L プレミアムアイボリー|ティーポット 急須

900年の歴史を誇る岩手の伝統工芸品『南部鉄器』は素朴で温か味のある質感を持ち、使うほどに風合いが増すのが特徴です。【ブランドコンセプト】##>壱鋳堂⇒壱鋳堂[イッチュウドウ]特集 ##>【デザイナープロフィール】中村義隆:都市や学校などのシンボルマークを手掛けるグラフィックデザイナーとして活躍する一方、自身がデザインしたティーポットがMoMA/ニューヨーク近代美術館のカフェでサービングポットに採用(2004年)されるなど、鋳鉄工芸業界において数多くのデザイン実績をもつ。【商品説明】蓋と本体が一体となり、ほぼ球形を形作っています。蓋と本体の勘合部の内部構造に工夫が必要な制作が難しいティーポットです。浮き出した縦筋が形作っている領域毎に、交互に違う鋳肌(細目、粗めの鋳肌)が現れ、その交互の異なった質感が球面に独特のアクセントを加えます。球面の形状と特徴ある鉄肌の織りなす妙。エレガントな雰囲気を醸し出すティーポットです。南部鉄器のティーポットは日本的なデザインと重厚感が海外のお茶を愛する人たちの間で人気を呼び、年間数万個がヨーロッパや北米などに輸出され、今では日本以上にポピュラーな存在となっています。鉄器ティーポットは素材の持つ高い蓄熱性により保温力に優れ、内面は丁寧なホーロー引きで仕上げられています。【南部鉄器の起源】豊富な資源と北上川の水運の便に恵まれたこの地方では、古くから鋳物づくりが発達してきました。南部、伊達両藩では熱心に保護、推奨し、育成に努め、現在は盛岡と水沢の地域が盛んで、この二つの生産地の鋳物を南部鉄器と呼んでいます。 南部鉄器は繊細な鋳肌と重厚感のある味わいの着色が特徴で、みちのくの小京都「盛岡」の歴史と自然が長い時間をかけて育んだ、盛岡が誇る伝統工芸品と言えます。その歴史は古く...

スポンサーリンク
スポンサーリンク