メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「和食器大皿」検索結果。

和食器大皿の商品検索結果全1,066件中1~60件目

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/長角皿 hakuji/白磁|有田焼

ディノス

1,728

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/長角皿 hakuji/白磁|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/長角皿 sumi/墨ルリ|有田焼

ディノス

1,944

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/長角皿 sumi/墨ルリ|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/楕円皿(大)hakuji/白磁|有田焼

ディノス

5,940

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/楕円皿(大)hakuji/白磁|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/楕円皿(大)sumi/墨ルリ|有田焼

ディノス

6,480

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/楕円皿(大)sumi/墨ルリ|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/楕円皿(小)sumi/墨ルリ|有田焼

ディノス

2,376

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/楕円皿(小)sumi/墨ルリ|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/正方皿(特大)|有田焼

ディノス

5,400

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/正方皿(特大)|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/楕円皿(中)sumi/墨ルリ|有田焼

ディノス

3,780

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/楕円皿(中)sumi/墨ルリ|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/正方皿(大)|有田焼

ディノス

3,780

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/正方皿(大)|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

送料無料
大皿 椿(和食器 おしゃれ 食器 角皿)

和座 和風空間創造工房

7,020

大皿 椿(和食器 おしゃれ 食器 角皿)

こんな時にお薦めです 記念品/引き出物/結婚祝い/誕生日プレゼント/金婚御祝い/退職記念/開店祝/内祝い/快気祝い/父の日/母の日/敬老の日/結婚記念日などの贈り物に最適【無料】のし ラッピング ギフトカード 配送日指定店舗内移動ナビ トップページ >>大鉢 盛鉢 大皿一覧 和食を飾るのに欠かせない大切な器、大皿・盛皿。家族が集まる場、大切なおもてなしの席、そんな大切な食卓の真ん中にある器、それが盛皿だと思います。デザイン九谷の盛皿は特徴的な上絵(絵付)の醍醐味を堪能できる食器です。大皿をキャンパスに描きだされる色彩豊かなデザインは食卓を彩る絵画のようです。デザイン九谷の幅広いデザインよりお選び頂き、季節を通して和の雰囲気をお楽しみ頂ければ幸いです。使用頻度の高い器ですのでご結婚の御祝いの品や新築、お引越しのお祝い品、各種記念品としてもお薦めの作品となっております。 「他産地との共同生産」元来、九谷焼の焼成温度は他産地(有田焼・美濃焼)などに比べると低温での焼成となっており業務用の器などのように使用頻度が通常よりも多くなる場合には耐久性という点でやや弱い部分がありました。ご家庭においても使いやすく強度の高い器を九谷焼ならではのデザインで生産するという実用性の高い食器を安定的に生産するために誕生したのがデザイン九谷です。業務用食器等で実用性、デザイン性の高い食器を長年製造している岐阜県の陶磁器メーカーの協力により提供頂いた器に九谷焼の加飾技術にてデザイン(絵付・転写等)した汎用性の高い普段使いに最適な作品です。 作品のお取り扱い方法 磁器の器ですので、特別なお手入れの必要はございません、絵付の美しさ保持の為、食器洗浄機でのご使用はご遠慮下さい。絵付部分はできるだけ他の器に触れないように置いて頂きますと傷がつきにくく最良の状態...

スポンサーリンク
スポンサーリンク