メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ノリタケティーポット」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

Noritake(ノリタケ)/フランク・ロイド・ライト デザイン 20cm菱形プレート(お皿)ペアセット(2枚組)|洋食器

ディノス

6,480

Noritake(ノリタケ)/フランク・ロイド・ライト デザイン 20cm菱形プレート(お皿)ペアセット(2枚組)|洋食器

世界的な建築家フランク・ロイド・ライトがデザインくつろぎの一時をライトが彩る世界でお楽しみください。 この食器シリーズは、歴史的な建物である『帝国ホテル ライト館』(1923~1967)を設計した世界的な建築家フランク・ロイド・ライトがデザインし、当時館内で使用していたテーブルウェアを米国フランク・ロイド・ライト財団より許可を得て復刻したものです。鮮やかな色彩と幾何学模様が織りなすデザインをそのまま生かし、形状を現代風にアレンジしました。くつろぎの一時をライトが彩る世界でお楽しみください。~ノリタケのボーンチャイナ~素地中に牛の骨灰(ボーンアッシュ)を配合し、磁器としては低温の酸化炎で焼成するボーンチャイナは、18世紀末にイギリスで発明され、日本では昭和7年にノリタケが初めて完成させました。しっとりとした気品を感じさせるクリーミーな色、清純な透明性と光沢が特長です。ギフトボックス入りのため、贈り物にもおすすめです。 ■サイズ:直径20短径14高さ2cm/2枚■素材:磁器(ボーンチャイナ)■電子レンジ使用不可、食器洗浄機(ご家庭用)使用可■スリランカ製

壱鋳堂/南部鉄器 Hakeme 刷毛目 0.4L|ティーポット 急須

ディノス

7,344

壱鋳堂/南部鉄器 Hakeme 刷毛目 0.4L|ティーポット 急須

700年の歴史を誇る岩手の伝統工芸品『南部鉄器』は素朴で温か味のある質感を持ち、使うほどに風合いが増すのが特徴です。【ブランドコンセプト】##>壱鋳堂⇒壱鋳堂[イッチュウドウ]特集 ##>【デザイナープロフィール】中村義隆:都市や学校などのシンボルマークを手掛けるグラフィックデザイナーとして活躍する一方、自身がデザインしたティーポットがMoMA/ニューヨーク近代美術館のカフェでサービングポットに採用(2004年)されるなど、鋳鉄工芸業界において数多くのデザイン実績をもつ。【商品説明】安心感のあるフォルムで、よりくつろぎのあるお茶の時間が楽しめそう。内部は洗った後に水分を拭き残しやすい縁の部分までホーローで仕上げていますので錆の心配がありません。注ぎ口は尻漏れがしにくい作りなので、テーブルやクロスを汚しにくく普段使いにオススメ。(※直火での使用はできません。)南部鉄器のティーポットは日本的なデザインと重厚感が海外のお茶を愛する人たちの間で人気を呼び、年間数万個がヨーロッパや北米などに輸出され、今では日本以上にポピュラーな存在となっています。鉄器ティーポットは素材の持つ高い蓄熱性により保温力に優れ、内面は丁寧なホーロー引きで仕上げられています。【南部鉄器の起源】豊富な資源と北上川の水運の便に恵まれたこの地方では、古くから鋳物づくりが発達してきました。南部、伊達両藩では熱心に保護、推奨し、育成に努め、現在は盛岡と水沢の地域が盛んで、この二つの生産地の鋳物を南部鉄器と呼んでいます。 南部鉄器は繊細な鋳肌と重厚感のある味わいの着色が特徴で、みちのくの小京都「盛岡」の歴史と自然が長い時間をかけて育んだ、盛岡が誇る伝統工芸品と言えます。その歴史は古く、文化に造詣の深かった代々の南部藩主によって約400年前より保護育成され...

壱鋳堂/南部鉄器 Kurumi 胡桃 0.5L|ティーポット 急須

ディノス

8,100

壱鋳堂/南部鉄器 Kurumi 胡桃 0.5L|ティーポット 急須

700年の歴史を誇る岩手の伝統工芸品『南部鉄器』は素朴で温か味のある質感を持ち、使うほどに風合いが増すのが特徴です。【ブランドコンセプト】##>壱鋳堂⇒壱鋳堂[イッチュウドウ]特集 ##>【デザイナープロフィール】中村義隆:都市や学校などのシンボルマークを手掛けるグラフィックデザイナーとして活躍する一方、自身がデザインしたティーポットがMoMA/ニューヨーク近代美術館のカフェでサービングポットに採用(2004年)されるなど、鋳鉄工芸業界において数多くのデザイン実績をもつ。【商品説明】蓋と本体が一体となり、ほぼ球形を形作っています。蓋と本体の勘合部の内部構造に工夫が必要な制作が難しいティーポットです。浮き出した縦筋が形作っている領域毎に、交互に違う鋳肌(細目、粗めの鋳肌)が現れ、その交互の異なった質感が球面に独特のアクセントを加えます。球面の形状と特徴ある鉄肌の織りなす妙。エレガントな雰囲気を醸し出すティーポットです。南部鉄器のティーポットは日本的なデザインと重厚感が海外のお茶を愛する人たちの間で人気を呼び、年間数万個がヨーロッパや北米などに輸出され、今では日本以上にポピュラーな存在となっています。鉄器ティーポットは素材の持つ高い蓄熱性により保温力に優れ、内面は丁寧なホーロー引きで仕上げられています。【南部鉄器の起源】豊富な資源と北上川の水運の便に恵まれたこの地方では、古くから鋳物づくりが発達してきました。南部、伊達両藩では熱心に保護、推奨し、育成に努め、現在は盛岡と水沢の地域が盛んで、この二つの生産地の鋳物を南部鉄器と呼んでいます。 南部鉄器は繊細な鋳肌と重厚感のある味わいの着色が特徴で、みちのくの小京都「盛岡」の歴史と自然が長い時間をかけて育んだ、盛岡が誇る伝統工芸品と言えます。その歴史は古く...

壱鋳堂/南部鉄器 Shizuku 雫 0.65L|ティーポット 急須

ディノス

9,720

壱鋳堂/南部鉄器 Shizuku 雫 0.65L|ティーポット 急須

700年の歴史を誇る岩手の伝統工芸品『南部鉄器』は素朴で温か味のある質感を持ち、使うほどに風合いが増すのが特徴です。【ブランドコンセプト】##>壱鋳堂⇒壱鋳堂[イッチュウドウ]特集 ##>【デザイナープロフィール】中村義隆:都市や学校などのシンボルマークを手掛けるグラフィックデザイナーとして活躍する一方、自身がデザインしたティーポットがMoMA/ニューヨーク近代美術館のカフェでサービングポットに採用(2004年)されるなど、鋳鉄工芸業界において数多くのデザイン実績をもつ。【商品説明】水滴をモチーフにしたモダンな南部鉄のティーポットです。内部は洗った後に水分を拭き残しやすい縁の部分までホーローで仕上げていますので錆の心配がありません。注ぎ口は尻漏れがしにくい作りなので、テーブルやクロスを汚しにくく普段使いにとても便利です。(※直火での使用はできません。)南部鉄器のティーポットは日本的なデザインと重厚感が海外のお茶を愛する人たちの間で人気を呼び、年間数万個がヨーロッパや北米などに輸出され、今では日本以上にポピュラーな存在となっています。鉄器ティーポットは素材の持つ高い蓄熱性により保温力に優れ、内面は丁寧なホーロー引きで仕上げられています。【南部鉄器の起源】豊富な資源と北上川の水運の便に恵まれたこの地方では、古くから鋳物づくりが発達してきました。南部、伊達両藩では熱心に保護、推奨し、育成に努め、現在は盛岡と水沢の地域が盛んで、この二つの生産地の鋳物を南部鉄器と呼んでいます。 南部鉄器は繊細な鋳肌と重厚感のある味わいの着色が特徴で、みちのくの小京都「盛岡」の歴史と自然が長い時間をかけて育んだ、盛岡が誇る伝統工芸品と言えます。その歴史は古く、文化に造詣の深かった代々の南部藩主によって約400年前より保護育成され、今日まで受け継がれています。...

moz(モズ)/レジャー食器セット|カトラリーセット|エルク

ディノス

2,376

moz(モズ)/レジャー食器セット|カトラリーセット|エルク

mozのPicknickシリーズでおしゃれにレジャーを楽しみましょう。プラスチック製のお手軽食器セット。mozレジャーからカトラリーセットが新登場。お椀、お皿、カップ、フォーク、スプーンが各4セット入っており、収納できるメッシュバッグ付きです。お椀、お皿、カップは電子レンジに対応しております。スウェーデン産まれのmozから新たに誕生したレジャーシリーズ。シンプルで落ち着きのあるデザインがポイント。おしゃれにレジャーを楽しみたい親子に特におすすめです。Farg&Form(フェルグ アンド フォルム)社のアニマルコンセプトのギフト商品、「moz(モズ)」。アイテムの多くは「エルク(ヘラジカ)」が基本となっています。なんとなく不器用そうで人なつこそうな姿は、スウェーデン発の世界中で愛されるキャラクターになることでしょう。Anders Bylinアンダース・ビリンは大学で経済学を学びました。しかし、1996年Farg&Formを設立した時にキャリアを変更しました。彼はFarg&Formの有名な動物柄をデザインしました。動物とそのグラフィックなスタイルは大成功となりました。国際的にも有名になり、海外マーケットにも進出しています。 ■サイズ:[バッグ]約幅30×高さ28cm [皿]約Φ23×2.5cm [椀]Φ13.4×6.1cm [カップ]Φ7.9×6.7cm [スプーン]14.5×3.2×1.5cm [フォーク]14.6×2.5×1.5cm■素材:[バッグ]ポリエステル [皿・椀・カップ]ポリプロピレン [フォーク・スプーン]スチロール樹脂■重量:550g■食器類:日本製、ネットバッグ:中国製■皿、椀、カップは電子レンジ使用可能ですが、フォーク、スプーンはご利用にはなれません。■食洗機使用不可

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり多用鉢 hakuji/白磁|有田焼

ディノス

2,160

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり多用鉢 hakuji/白磁|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/多用鉢 sabi/錆|有田焼

ディノス

2,592

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/多用鉢 sabi/錆|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/丼 sabi/錆|有田焼

ディノス

3,024

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/丼 sabi/錆|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり鉢(大)sumi/墨ルリ|有田焼

ディノス

4,320

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり鉢(大)sumi/墨ルリ|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 独楽筋(朱/赤)|有田焼

ディノス

2,592

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 独楽筋(朱/赤)|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/蓋物(大)sabi/錆十草|有田焼

ディノス

3,888

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/蓋物(大)sabi/錆十草|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり鉢(大)hakuji/白磁|有田焼

ディノス

4,104

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり鉢(大)hakuji/白磁|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり鉢(小)hakuji/白磁|有田焼

ディノス

1,728

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり鉢(小)hakuji/白磁|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/盛鉢 sabi/錆(錆千段)|有田焼

ディノス

5,400

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/盛鉢 sabi/錆(錆千段)|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/片口(中)sumi/墨ルリ|有田焼

ディノス

3,240

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/片口(中)sumi/墨ルリ|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/片口(大)hakuji/白磁|有田焼

ディノス

5,940

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/片口(大)hakuji/白磁|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/片口(中)hakuji/白磁|有田焼

ディノス

3,024

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/片口(中)hakuji/白磁|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 独楽筋(呉須/青)|有田焼

ディノス

2,160

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 独楽筋(呉須/青)|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/丼 独楽筋|有田焼

ディノス

3,024

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/丼 独楽筋|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/丼 呉須錆線紋|有田焼

ディノス

3,024

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/丼 呉須錆線紋|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり多用鉢 sumi/墨ルリ|有田焼

ディノス

2,376

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/なぶり多用鉢 sumi/墨ルリ|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼

ディノス

2,808

ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)/垂れない醤油差し 呉須錆線紋|有田焼

現代のライフスタイルにマッチしたモダンデザインの和食器を熟練の技術を基に企画製造。200年の歴史と、有田町で最大規模の生産能力を誇る日本を代表する有田焼の窯元「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」【ブランドコンセプト】熟練職人が、手仕事で1つ1つ心を込めて作ります1つ1つを刷毛を使い釉薬を塗っていく。細い線、1本1本を細かく描きこんでいく。そんな気の遠くなるような作業を行えるのが有田の職人です。そして、1300度で3日間という高温かつ長時間焼成することにより、丈夫で耐久性に優れた器が完成します。有田焼の本物の技術を受け継いだ熟練の職人が手仕事で心を込めて作る器。それが「ARITA PORCELAIN LAB ##>」の器です。⇒ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)特集 ##>【メーカープロフィール】アリタポーセリンラボ株式会社(弥左エ門窯)文化年間創業(1804年)現在当主 弥左エ門七代目初代松本弥左エ門が、肥前有田皿山の上幸平で弥左エ門窯を開窯したのを機に、以来七代200年間、時代の返還とともに、そのかたちを少しずつ変えて有田の発展とともに歩んできました。開窯以来、主に海外向けの製品を作り続け、昭和初期には、東南アジアや北米、欧州向け輸出した当社の製品"ゴールドイマリ"が好評をそうし、国内外で美術品を作る窯として評価頂きました。このような長年培った技術を背景に、近年では日常食器はもちろん、インテリアや洗面ボールなどのサニタリーなど、様々な商品の企画・製造販売に携わり、各方面の方々に弥左エ門の製品をご使用頂いており、世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で日本を代表する焼物メーカーとして世界170ヶ国以上で紹介されています。【商品説明...

壱鋳堂/南部鉄器 Hakeme 刷毛目 1.0L(IH200V対応)|小鉄瓶 急須

ディノス

12,960

壱鋳堂/南部鉄器 Hakeme 刷毛目 1.0L(IH200V対応)|小鉄瓶 急須

壱鋳堂は2009年に誕生した日本の伝統工芸の新しいブランドです。【ブランドコンセプト】使いやすさを基準とした##>壱鋳堂⇒壱鋳堂[イッチュウドウ]特集 ##>【デザイナープロフィール】中村義隆:都市や学校などのシンボルマークを手掛けるグラフィックデザイナーとして活躍する一方、自身がデザインしたティーポットがMoMA/ニューヨーク近代美術館のカフェでサービングポットに採用(2004年)されるなど、鋳鉄工芸業界において数多くのデザイン実績をもつ。【商品説明】オーソドックスな形状、伝統的な鉄瓶の印象を受けますが、どこか今までの鉄瓶にない佇(たたず)まいがあります。それは左右と前後の高さが違う蓋のデザイン。これにより鉄瓶に豊かな膨らみを加味させ、立体感を与えていす。いままでの鉄瓶にない個性的なフォルムです。表面仕上げは伝統的な「天然漆焼付け」。黒色の上に、鉄さびとお茶を混ぜたものを上色として塗っています。(おはぐろと呼ばれる技法)全体に黒を基調とした中に茶系が混じった色合いです。約900度の炭火で焼くことにより、表面に四酸化鉄の皮膜を形成させて錆止めとする伝統技法です。沸かした湯には体に吸収されやすい二価鉄が豊富に含まれ、鉄分補給に効果的。南部鉄器は強磁性(磁石のくっつきが良い)ですので、なべ底の形状やサイズがIHクッキングヒーターのメーカー推奨のものであれば相性は抜群です。また、鉄器は板厚で強度もある為、短時間の急激な温度変化でも熱膨張しにくく安全にご使用頂けます。【南部鉄器の起源】豊富な資源と北上川の水運の便に恵まれたこの地方では、古くから鋳物づくりが発達してきました。南部、伊達両藩では熱心に保護、推奨し、育成に努め、現在は盛岡と水沢の地域が盛んで、この二つの生産地の鋳物を南部鉄器と呼んでいます。 南部鉄器は繊細な鋳肌と重厚感のある味わい...

eva solo(エバソロ)/デカンタ カラフェ

ディノス

9,180

eva solo(エバソロ)/デカンタ カラフェ

デカンタカラフェはワインの味を最大限に引き出せます。ワインカラフェに注がれたワインは、ろ過器の小さな穴を通りカラフェの内壁を伝いながら下へ流れていきます。これによりワインに酸素が効果的に優しくそして上手く混ざります。また、カラフェの大きな表面は、更に酸素との結合に貢献します。ブランドコンセプト全てを通して個性あふれるオーガニックで優しいフォルムを持ちながら、無駄を省いた機能性と手入れのしやすさまで考慮したディティール設計など、『優しいモダニズム』を感じさせる逸品を多く排出。現在デンマークを代表するクリエイターとして数々の国際エキジビションのデザイン賞を獲得しています。evasoloは、1939年にErik Magor氏が創設したEVA DENMARK社から、1997年に派生したブランドでしたが、2010年にEva solo社になりました。Eva soloのevaは、彼の愛娘「Eva」にちなんでつけられました。Eva denmark社の経験と若さを結合して、ユニークかつ優れたデザインプロダクツを生み出しています。それぞれのDesign productが、evasoloの世界の中心に位置しており、そのデザインとファンクションが素晴らしいコンビネーションをかもし出しています。evasoloのdesign productは、"the one and only"の製品です。Tools Designヘンリック・ホルベック&クラウス・イェンセン(Henrik Holbaek&Claus Jensen)の2人によるデザインユニットです。この2人はデザインのみならずエバ・ソロのネーミングやデザインコンセプト商品企画、グラフィックデザインまでトータルに手がけています。 ■サイズ:カラフェ/高さ約21×φ6.1cm 、ベース/高さ約5.1×φ16.9cm...

壱鋳堂/南部鉄器 Hakeme 刷毛目 0.6L|小鉄瓶 急須

ディノス

9,720

壱鋳堂/南部鉄器 Hakeme 刷毛目 0.6L|小鉄瓶 急須

南部鉄瓶の伝統的な風合いがありながら、現代の生活様式にもマッチする鉄瓶。【ブランドコンセプト】##>壱鋳堂⇒壱鋳堂[イッチュウドウ]特集 ##>【デザイナープロフィール】中村義隆:都市や学校などのシンボルマークを手掛けるグラフィックデザイナーとして活躍する一方、自身がデザインしたティーポットがMoMA/ニューヨーク近代美術館のカフェでサービングポットに採用(2004年)されるなど、鋳鉄工芸業界において数多くのデザイン実績をもつ。【商品説明】オーソドックスな形状、伝統的な鉄瓶の印象を受けますが、どこか今までの鉄瓶にない佇(たたず)まいがあります。それは左右と前後の高さが違う蓋のデザイン。これにより鉄瓶に豊かな膨らみを加味させ、立体感を与えていす。いままでの鉄瓶にない個性的なフォルムです。表面仕上げは伝統的な「天然漆焼付け」になっています。黒色の上に、鉄さびとお茶を混ぜたものを上色として塗っています。(おはぐろと呼ばれる技法)全体に黒を基調とした中に茶系が混じった色合いとなっています。約900度の炭火で焼くことにより、表面に四酸化鉄の皮膜を形成させて錆止めとする伝統技法です。沸かした湯には体に吸収されやすい二価鉄が豊富に含まれ、鉄分補給に効果的。明治の盛岡大火の時に火災で焼けた蔵から出てきた鉄瓶にいつまでも金気が出なかったため錆止めの技法として用いられるようになりました。【南部鉄器の起源】豊富な資源と北上川の水運の便に恵まれたこの地方では、古くから鋳物づくりが発達してきました。南部、伊達両藩では熱心に保護、推奨し、育成に努め、現在は盛岡と水沢の地域が盛んで、この二つの生産地の鋳物を南部鉄器と呼んでいます。 南部鉄器は繊細な鋳肌と重厚感のある味わいの着色が特徴で、みちのくの小京都「盛岡」の歴史と自然が長い時間をかけて育んだ...

壱鋳堂/南部鉄器 Rikka 六花|トリベット

ディノス

2,916

壱鋳堂/南部鉄器 Rikka 六花|トリベット

南部鉄器は700年の歴史を誇る岩手の伝統工芸、そして今日、こんな素敵なコンテンポラリーなデザインのトリベット(鍋敷き)が製作されています。【ブランドコンセプト】##>壱鋳堂⇒壱鋳堂[イッチュウドウ]特集 ##>【デザイナープロフィール】中村義隆:都市や学校などのシンボルマークを手掛けるグラフィックデザイナーとして活躍する一方、自身がデザインしたティーポットがMoMA/ニューヨーク近代美術館のカフェでサービングポットに採用(2004年)されるなど、鋳鉄工芸業界において数多くのデザイン実績をもつ。【商品説明】波紋をモチーフにしたトリベット・釜敷きです。雪の結晶にも見えるラインの美しいトリベット。色は全部で7色。トリベットとして以外にも壁掛けやインテリアのオブジェとしてもお楽しみいただけます。脚部分にゴムキャップが付いていますのでテーブルなどに傷をつけません。【南部鉄器の起源】豊富な資源と北上川の水運の便に恵まれたこの地方では、古くから鋳物づくりが発達してきました。南部、伊達両藩では熱心に保護、推奨し、育成に努め、現在は盛岡と水沢の地域が盛んで、この二つの生産地の鋳物を南部鉄器と呼んでいます。 南部鉄器は繊細な鋳肌と重厚感のある味わいの着色が特徴で、みちのくの小京都「盛岡」の歴史と自然が長い時間をかけて育んだ、盛岡が誇る伝統工芸品と言えます。その歴史は古く、文化に造詣の深かった代々の南部藩主によって約400年前より保護育成され、今日まで受け継がれています。【南部鉄器の特長】・職人の手によってじっくり丁寧に造られる鉄鋳物は、一つ一つ微妙に異なる繊細な表情と重厚な雰囲気を生み出し、素朴で手作りならではの温かさが存在します。 ・使う程に鉄独特の深い光沢とぬくもりが感じられる味わい深い素材は、鍋や鉄瓶などの生活日用品はもちろんのこと...

amabro(アマブロ)/MOOMIN×amabro SOMETSUKE 有田焼猪口1個

ディノス

2,160

amabro(アマブロ)/MOOMIN×amabro SOMETSUKE 有田焼猪口1個

1945年の刊行以来、北欧だけでなく世界中のファンを魅了する「ムーミン」とamabroがコラボレーションしたSOMETUKE(染付)シリーズ【商品説明】日本古来の吉祥モチーフをベースにしたそば猪口。下絵の柄とキャラクターが織り成す不思議なストーリーをお楽しみください。湯呑としてもおすすめです。200年前に国内で唯一許されていた伊万里港よりヨーロッパへ輸出されていたmaide in japanの食器達。北欧で産まれたムーミンを日本で製作することによりデザインを通して輪に繋がる??当時は、日本人が輸出用にヨッローパをイメージして製作していたが、北欧のムーミンをイメージして日本人が製作するとこうなるという商品にしたかった。【ブランドプロフィール】2006年 アーティスト村上周がプロデュースするブランドとして始動。コンセプトは表現の再構築。既に存在しているさまざまなジャンルの創造物を見つめ直し、amabroが考えるアートの視点から作品を企画し生産するプロジェクト。現在の生活に即したプロダクトとアートの橋渡しが出来るように、多方面とコラボレーションも精力的に展開。【ブランドコンセプト】日本人が四季を大切にするように、手作りで家族の心を潤すように、デザインとアートを生活の一部として接している文化があります。かたちは違えど、生活を豊かにするという共に通じる想いを私たちamabroは提案します。アートを日々の生活の中に。◆amabro/アマブロのすべての商品はこちらからご覧いただけます。◆amabro/アマブロの特集記事はこちら。【バイヤーコメント】「数あるムーミンのライセンス商品とは一味も二味も違うSOMETUKEシリーズ。私自身キャラクターライセンス商品開発にも関わりがあるから、わかるのですが、これだけ世界中でメジャーなキャラクターを和の伝統柄と...

amabro(アマブロ)/MOOMIN×amabro SOMETSUKE 有田焼猪口3個セット BOX付き

ディノス

6,480

amabro(アマブロ)/MOOMIN×amabro SOMETSUKE 有田焼猪口3個セット BOX付き

MOOMIN×amabroのコラボアイテム「SOMETSUKE-猪口-」の全3種のセット。セットでしか手に入れられないオリジナルスリーブ入りです【商品説明】「SOMETSUKE-猪口-」全3種のセットは、ギフトとしてはもちろんのこと、コレクターズアイテムとしてもお楽しみいただけます。そば猪口だけでなく湯呑としてもおすすめです。200年前に国内で唯一許されていた伊万里港よりヨーロッパへ輸出されていたmaide in japanの食器達。北欧で産まれたムーミンを日本で製作することによりデザインを通して輪に繋がる??当時は、日本人が輸出用にヨッローパをイメージして製作していたが、北欧のムーミンをイメージして日本人が製作するとこうなるという商品にしたかった。【ブランドプロフィール】2006年 アーティスト村上周がプロデュースするブランドとして始動。コンセプトは表現の再構築。既に存在しているさまざまなジャンルの創造物を見つめ直し、amabroが考えるアートの視点から作品を企画し生産するプロジェクト。現在の生活に即したプロダクトとアートの橋渡しが出来るように、多方面とコラボレーションも精力的に展開。【ブランドコンセプト】日本人が四季を大切にするように、手作りで家族の心を潤すように、デザインとアートを生活の一部として接している文化があります。かたちは違えど、生活を豊かにするという共に通じる想いを私たちamabroは提案します。アートを日々の生活の中に。◆amabro/アマブロのすべての商品はこちらからご覧いただけます。◆amabro/アマブロの特集記事はこちら。【バイヤーコメント】「数あるムーミンのライセンス商品とは一味も二味も違うSOMETUKEシリーズ。私自身キャラクターライセンス商品開発にも関わりがあるから、わかるのですが...

スポンサーリンク
スポンサーリンク