メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「デザート小鉢」検索結果。

デザート小鉢の商品検索結果全6件中1~6件目

【ベルメゾン】ガラス釉飯椀 萩焼 天龍窯

ベルメゾンネット

1,512

【ベルメゾン】ガラス釉飯椀 萩焼 天龍窯

ぽてっと丸みを帯びたフォルムが可愛い飯椀。萩焼ならではの陶土の質感と白い釉薬はそのままに、中心に溜まった綺麗なガラス層が目を引きます。これは、色ガラスの粉末を釉薬にしたガラス釉。通常の釉薬と同じように貫入が入り、宝石のようにキラキラとした、綺麗な仕上がりです。飯椀は立ち上がりがあるため、より濃く中心にガラス釉が溜まっています。シンプルな立ち上がりで、扱いやすいサイズと形状です。ひとつひとつ、手作りで作られています。飯椀としてはもちろんですが、このガラス釉と白い釉薬の質感が、アイスなどのデザートもステキに演出してくれます。ギフトにもおすすめです。【萩焼】古くから「一楽二萩三唐津」と謳われるほど、茶人好みの器を焼いてきたことで知られる焼き物。萩焼の最大の特徴は原料に用いられる陶土とそれに混ぜる釉薬の具合によって生じる「貫入」といって、器の表面を覆うように掛けられた釉薬が焼成とともに溶け、温度が冷め固まるとことによってひび割れた状態になることです。さらに、使い込むことによってお茶やお酒などの色素が溜まり、色の変化が生じます。このように、年月をかけながら楽しむ色の変化は、「萩の七化け」と謳われています。また萩焼は、焼き締まりの少ない陶土を用いた、独特の柔らかな風合いがあります。手に持ったときの味わい深さや柔らかさも、萩焼の魅力のひとつです。【バイヤーおすすめコメント】食器の担当として、数々の焼き物を見てきましたが、萩焼のガラス釉のうつわは、私が大好きなうつわのひとつで、是非おすすめしたい食器です。私自身、萩焼は、渋いイメージを持っていましたが、一度旅行で萩を訪れた際、そこで販売されていたガラス釉のうつわが本当に綺麗で、ぜひベルメゾンのお客様にもお届けしたいと思いました。今回は萩焼の窯元様にお声掛けし、販売することができるようになりました...

こちらの関連商品はいかがですか?

【ベルメゾン】ガラス釉たわみ小鉢 萩焼 天龍窯

ベルメゾンネット

1,620

【ベルメゾン】ガラス釉たわみ小鉢 萩焼 天龍窯

ぽてっと丸みを帯びたフォルムが可愛いたわみ小鉢。萩焼ならではの陶土の質感と白い釉薬はそのままに、中心に溜まった綺麗なガラス層が目を引きます。これは、色ガラスの粉末を釉薬にしたガラス釉。通常の釉薬と同じように貫入が入り、宝石のようにキラキラとした、綺麗な仕上がりです。たわみ小鉢は、日常使いのうつわにぴったり。煮物やおひたしのほか、あんみつやアイス、羊羹などを入れても様になります。ソライロはすっきりと、モモイロはやさしく食べ物を彩ります。使いやすいサイズ感と高低差のついたたわみのフォルムは、手作りならでは。丁寧な手仕事が感じられます。ギフトにもおすすめ。【萩焼】古くから「一楽二萩三唐津」と謳われるほど、茶人好みの器を焼いてきたことで知られる焼き物。萩焼の最大の特徴は原料に用いられる陶土とそれに混ぜる釉薬の具合によって生じる「貫入」といって、器の表面を覆うように掛けられた釉薬が焼成とともに溶け、温度が冷め固まるとことによってひび割れた状態になることです。さらに、使い込むことによってお茶やお酒などの色素が溜まり、色の変化が生じます。このように、年月をかけながら楽しむ色の変化は、「萩の七化け」と謳われています。また萩焼は、焼き締まりの少ない陶土を用いた、独特の柔らかな風合いがあります。手に持ったときの味わい深さや柔らかさも、萩焼の魅力のひとつです。【バイヤーおすすめコメント】食器の担当として、数々の焼き物を見てきましたが、ガラス釉の萩焼は、私が是非おすすめしたい大好きなうつわのひとつです。私自身、萩焼は、渋いイメージを持っていましたが、一度萩を訪れた際、販売されていたガラス釉のうつわが本当に綺麗で、ぜひお客様にもお届けしたいと思いました。今回は萩焼の窯元様にお声掛けし、販売することができるようになりました。商品が届いた時も...

【ベルメゾン】瀬戸焼 練りこみ スクエア鉢 更紗窯

ベルメゾンネット

5,400

【ベルメゾン】瀬戸焼 練りこみ スクエア鉢 更紗窯

器づくりの技法のひとつである、練りこみの技法を使用した器です。異なる色土を幾重にも重ね、その断面を切り取り、柄を出しています。その凄さは、手に取っていただければわかります。職人がひとつひとつ、丁寧につくる器は、食卓をステキに演出してくれるはず。確かな技術とモダンな柄行きがおもしろい、陶器の産地瀬戸・更紗窯の作家 長江哲夫さんの器をセレクトしました。このスクエア鉢は、立ち上がりがあるので汁気のあるものも盛ることができます。煮物などの和食のほか、ローストビーフなどを持ってもとっても素敵。おもてなしに使いたくなる、料理が映える器です。製造工程上、ひとつひとつ、柄行や風合いが異なる、手作業のぬくもりを感じる器です。【練りこみとは】何種類かの異なる色土を練り合わせて模様をつくる装飾の技法です。色土のパーツの組み合わせにより、様々な模様ができます。色土のパーツを貼り合わせて作品を作る場合には、それぞれの色土の柔らかさ、厚みを同じにしてつなぎ目に空気が入らないようにしっかりと接着しなければなりません。つなぎ目には亀裂が入りやすいので、じっくりと時間をかけて乾燥させます。このような技術と手間のかかる工程により、ひとつひとつ異なる表情の練りこみの器が出来上がります。

【ベルメゾン】ガラス釉鉢 萩焼 天龍窯

ベルメゾンネット

3,240

【ベルメゾン】ガラス釉鉢 萩焼 天龍窯

中心にひろがるガラス釉が目を引く鉢。萩焼ならではの陶土の質感と白い釉薬はそのままに、中心に溜まった綺麗なガラス層。これは、色ガラスの粉末を釉薬にしたガラス釉。通常の釉薬と同じように貫入が入り、宝石のようにキラキラとした、綺麗な仕上がりです。この鉢は、日常使いのうつわにぴったり。お刺身などを盛りつけると、一気にいつもの料理がランクアップします。ソライロはすっきりと、モモイロはやさしく食べ物を彩ります。ひとつひとつ手作りでつくられているこのうつわ。ギフトにもおすすめです。【萩焼】古くから「一楽二萩三唐津」と謳われるほど、茶人好みの器を焼いてきたことで知られる焼き物。萩焼の最大の特徴は原料に用いられる陶土とそれに混ぜる釉薬の具合によって生じる「貫入」といって、器の表面を覆うように掛けられた釉薬が焼成とともに溶け、温度が冷め固まるとことによってひび割れた状態になることです。さらに、使い込むことによってお茶やお酒などの色素が溜まり、色の変化が生じます。このように、年月をかけながら楽しむ色の変化は、「萩の七化け」と謳われています。また萩焼は、焼き締まりの少ない陶土を用いた、独特の柔らかな風合いがあります。手に持ったときの味わい深さや柔らかさも、萩焼の魅力のひとつです。【バイヤーおすすめコメント】食器の担当として、数々の焼き物を見てきましたが、ガラス釉の萩焼は、私が是非おすすめしたい大好きなうつわのひとつです。私自身、萩焼は、渋いイメージを持っていましたが、一度、萩を訪れた際、販売されていたガラス釉のうつわが本当に綺麗で、ぜひお客様にもお届けしたいと思いました。今回は萩焼の窯元様にお声掛けし、販売することができるようになりました。商品が届いた時も、綺麗さのあまりじーっと見つめていたほどです。手に持ったときの感触もやわらかくぬくもりがあって...

【ベルメゾン】江戸硝子 そばちょことしても使えるマルチカップ 岩澤硝子

ベルメゾンネット

1,188

【ベルメゾン】江戸硝子 そばちょことしても使えるマルチカップ 岩澤硝子

国の伝統工芸品として指定を受けている江戸硝子。そんな江戸硝子の窯元、"岩澤硝子株式会社"から、涼しげなブルーの色合いが美しいマルチカップをご用意しました。手に持つとひんやりと冷たい質感は夏にぴったり。手づくりにこだわってつくられているこのうつわは、メーカーに眠っていた過去の商品を見つけ出して再度生産したもの。どこか懐かしさがありながらも、料理に色を添えるブルーと、キリッとした風情のあるモダンな印象のうつわは、不思議と料理に馴染みます。そばちょことしても涼しげな印象ですが、ゼリー、アイスなどのスイーツやわらびもちなども水菓子にもぴったり。漬物や、ディップソースなどを入れてもステキです。【岩澤硝子株式会社】大正6年より江東区猿江裏町にてガラス製造を開始。そののち、戦後新たに昭和26年5月に現在の墨田区立花にて創業。ソーダガラスの他、色ガラスや硬質ガラス(耐熱ガラス)、無鉛クリスタルガラス、リサイクルガラス、ガラスパウダーなども使用し、多色多品種に渡るガラスを製作。現在に至るまで手作りのガラスにこだわりつづけている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク