メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「コレール食器プーさん」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
【ふるさと納税】練上花弁鉢 矢絣

山梨県忍野村

130,000

【ふるさと納税】練上花弁鉢 矢絣

曾田雄亮は、工芸作品から環境造形まで陶の表現の広がりを追い続け富士山を目の前に眺められる自然豊かな忍野村の工房が忍野窯です。又、環境造形・工芸作品と並行して曾田雄亮監修/デザインの質の高い日常使いできる「練込」の陶器を長きにわたり制作しております。 「練込」とは2種類以上の色土を重ね合わせ断面に出来る模様を薄く切り、そのまま器に成形する技法を「練込」又は「練上手」といっております。 「練込」は、組み上げた模様を崩さないよう様に成形しなければならず、また、乾燥や焼成中に切れを起こし易くその為、成形には細心の注意が必要とされ、陶芸技法の中でも非常に手間がかかる、そして難解な仕事の一つといわれています。 色土の重ね合わせによって出来る色調の深みは絵付けなどでは出せない味わいを生み出すことができ、そこがこの技法の奥深い魅力となっております。 名称 練上花弁鉢 矢絣 サイズ 幅225×52 素材 信楽土、瀬戸土、五斗蒔土 商品説明 3色の色土で練込技法により花弁を型どり形成した花弁鉢です。 製造者 曾田雄亮忍野窯山梨県南都留郡忍野村忍草1672-2 提供元 (株)曾田雄亮研究所 提供可能期間 通年 発送可能期間 通年 ・ふるさと納税よくある質問はこちら ・寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。あらかじめご了承ください。練上花弁鉢 矢絣

送料無料
鉢 ■ 角田 武 貝灰釉 大鉢 桐箱入り(限定作品)和食器【お祝いの贈り物にも】【smtb-TK】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】

織部の器/千瓢

108,000

鉢 ■ 角田 武 貝灰釉 大鉢 桐箱入り(限定作品)和食器【お祝いの贈り物にも】【smtb-TK】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】

大空に現われるオーロラのような景色の器。 貝灰が焼成時に流れた景色は、大空に広がるのオーロラのようにも映ります。表面に所々みられる土から出る鉄分の跡も趣を醸し出し、裏側にみられる赤土と貝灰釉による景色も見逃せません。シンプルな造形に4100gの重厚さ、迫力いっぱいの神秘的な青白い空間は、大広間の置物として又、お庭での睡蓮鉢や花器など、使い方も色々です。角田 武氏の丹精込めて作った限定の逸品です。新築祝いなどの贈り物にもいかがでしょうか。 ■サイズ:口径/40cm 高さ/13.2cm、厚さ/1.0cm 重さ/4100g(桐箱入り)■贈り物としての桐箱も用意致しました。 ■窯元:土岐市/陶房 澄・角田 武作 包装紙は4柄よりお選び下さい。(無料) ラッピング無料。 包装紙(リボン)・熨斗・メッセージ・カード 陶房 澄/角田 武トップページをご覧下さい。 ▲左の画像をクリックすると拡大します。 ★「織部の器」千瓢より真心込めてお届けします。 ■褐色の土肌も魅力の大鉢。角田武氏の「タ」の刻印 陶房 澄/角田 武 百年後の想い 少年の時から作陶への想い。/角田 武プロフィール 小学高学年の頃、ふと目に留まった一冊の本は志野の茶碗でした。何かを作ったり、絵を描いたりすることは好きだったので、その茶碗を見た時の"衝撃"はとても強いものでした。この想いは高校を卒業するまで変わることはありませんでした。多治見の意匠研究所終了し、その後多治見の虎渓窯にて職人さんのロクロの技や裏技を学び、 そしてこの世界に入り30年近く経とうとしています。 今想うことは百年後に自分の創ったものが残っている、そんなモノを作りたい。 その為には何をしたらよいか?何がしたいのか?はっきりするところからしか出発できないと思います...

送料無料
祥瑞写扇面向付揃 昭阿弥

Amazon

75,000

祥瑞写扇面向付揃 昭阿弥

清水焼の窯元、高野昭阿弥の染付扇面向付揃です。 京焼きに昔から有るデザインで、オリジナルは中国から伝わった古染付です。 五客、1セットのお値段です。 古染付というのは中国染付の年代の中で古いという意味ではなく、日本から注文し、 できた染付類のなかで最も古い物のことです。 年代的には明末の天啓年代(1611-26年)周辺で、いずれも茶道具として作られたものです。 祥瑞と山水の模様が交互に。形は日本人好み、扇子を模しています。 扇子が開く姿は縁起物、扇は、末広といい、無限に発展する意味が込められています。 内側は山水、縁には七宝模様、外側は四君子になっています。 よく見る定番の形もこの昭阿弥作の開扇の向付はそのふくらみ大きく、縁も高く、 中にたくさんのせることができます。 すべて手描きで描かれています。高台裏まできっちり釉薬がかかっています。 静謐な磁器の白さと藍は日本人の美意識に訴えかける力があります。 向付の中身をぐっと引き立ててくれる縁起の良い開扇の器です。 ◆商品番号 2798 祥瑞写扇面向付揃 五客、1セットのお値段です。 ■寸法 縦17cm 横13.5cm 高さ3.5cm 重さ200g 木箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 高野昭阿弥 昭和5年創業の初代昭阿弥の許で仕事を覚える 平成5年2代目昭阿弥となる 主に磁器による抹茶、煎茶道具の染付、祥瑞、色絵、交趾などを作る 昭和55年初代と共に50周年記念展を催す 黄檗陶匠 工房は京都市東山京都市生まれ

スポンサーリンク
スポンサーリンク