メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「リチャードジノリ ピノキオ」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
【送料無料】ティファニー FARMファーム ベビー食器セットお茶のふじい・藤井茶舗

お茶のふじい

32,400

【送料無料】ティファニー FARMファーム ベビー食器セットお茶のふじい・藤井茶舗

・箱に少々ヨゴレあります サイズ: Wハンドカップ 口径7.5cm 高さ6.6cm ソーサー 径16.7cm シリアルソーサー 径20.3cm TIFFANY&Co.テファニーの歴史 1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。 一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。 1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。 1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。 1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。 1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。 1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め...

送料無料
【送料無料】MIKIMOTO ミキモトインターナショナル ボーイズ 食器3点セットお茶のふじい・藤井茶舗

お茶のふじい

24,840

【送料無料】MIKIMOTO ミキモトインターナショナル ボーイズ 食器3点セットお茶のふじい・藤井茶舗

・箱に少々キズ、ヨゴレあります サイズ: カップ 口径 7.7cm 高さ 8.8cm シリアルボール 径14.1cm 高さ 3.4cm デザートプレート 径19.5cm 高さ cm MIKIMOTO History 1893年、創業者 御木本幸吉は、世界で初めて真珠の養殖に成功しました。 この偉業によって、それまで偶然の産物でしかなかった真珠は世界のすみずみにまで、その美しさを広めることになったのです。 以来、ミキモトは「世界中の女性を真珠で飾りたい」と願い続けた御木本幸吉の思いを受け継ぎ、一世紀以上の歳月を美のために捧げています。 世界で初めて真珠の養殖に成功 ミキモト創業者の御木本幸吉は1858年(安政5年)1月25日、志摩国鳥羽町に誕生しました。故郷・伊勢志摩の海で天然真珠を採るために乱獲され減少していたアコヤ貝の保護と増殖、さらに真珠の養殖を決意し、相次ぐ赤潮の被害や資金難を乗り越え、1893年(明治26年)7月11日に鳥羽の相島(おじま、現:ミキモト真珠島)にて、世界で初めて半円真珠の養殖に成功しました。 それまでの真珠は、天然の真珠母貝から採取されるケシと呼ばれる真珠が大部分であり、採取も不確かなものでしたが、幸吉は母貝であるアコヤ貝そのものの養殖から始め、人為的に真珠をつくり出せるようにしたのです。 その後、1905年(明治38年)には真円真珠の養殖に成功し、黒蝶真珠や白蝶真珠の養殖にも取り組みました ミキモトパールの名は世界へ 1899年(明治32年)には、銀座に日本で初めての真珠専門店「御木本真珠店」を開設し、日本における近代宝飾産業の礎を築きました。幸吉は早くから海外にも目を向け、真珠の魅力を多くの人々に伝えるために、1893年(明治26年)のシカゴでのコロンブス万国博覧会をはじめ...

送料無料
【送料無料】ミキモトMIKIMOTOベビー食器3点セットお茶のふじい・藤井茶舗

お茶のふじい

24,840

【送料無料】ミキモトMIKIMOTOベビー食器3点セットお茶のふじい・藤井茶舗

MIKIMOTO History 1893年、創業者 御木本幸吉は、世界で初めて真珠の養殖に成功しました。 この偉業によって、それまで偶然の産物でしかなかった真珠は世界のすみずみにまで、その美しさを広めることになったのです。 以来、ミキモトは「世界中の女性を真珠で飾りたい」と願い続けた御木本幸吉の思いを受け継ぎ、一世紀以上の歳月を美のために捧げています。 世界で初めて真珠の養殖に成功 ミキモト創業者の御木本幸吉は1858年(安政5年)1月25日、志摩国鳥羽町に誕生しました。故郷・伊勢志摩の海で天然真珠を採るために乱獲され減少していたアコヤ貝の保護と増殖、さらに真珠の養殖を決意し、相次ぐ赤潮の被害や資金難を乗り越え、1893年(明治26年)7月11日に鳥羽の相島(おじま、現:ミキモト真珠島)にて、世界で初めて半円真珠の養殖に成功しました。 それまでの真珠は、天然の真珠母貝から採取されるケシと呼ばれる真珠が大部分であり、採取も不確かなものでしたが、幸吉は母貝であるアコヤ貝そのものの養殖から始め、人為的に真珠をつくり出せるようにしたのです。 その後、1905年(明治38年)には真円真珠の養殖に成功し、黒蝶真珠や白蝶真珠の養殖にも取り組みました。 ミキモトパールの名は世界へ 1899年(明治32年)には、銀座に日本で初めての真珠専門店「御木本真珠店」を開設し、日本における近代宝飾産業の礎を築きました。幸吉は早くから海外にも目を向け、真珠の魅力を多くの人々に伝えるために、1893年(明治26年)のシカゴでのコロンブス万国博覧会をはじめ、世界各国で開かれる博覧会へ養殖真珠を使った工芸品などを出品しました。また、1913年(大正2年)のロンドン支店開設を皮切りにニューヨーク、パリなど国際的に事業を展開。世界中にミキモトパールを供給し...

送料無料
【送料無料】ティファニー ダンシングピッグズ3点セットお茶のふじい・藤井茶舗

お茶のふじい

32,400

【送料無料】ティファニー ダンシングピッグズ3点セットお茶のふじい・藤井茶舗

・箱付きサイズ:ダブルハンドマグ口径 7cm 高さ 7cm ボウル 直径17cm 高さ 4cm ディッシュ 直径21.5cm 高さ 1cm ティファニー 1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。 一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。 1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。 1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。 1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。 1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。 1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め...

送料無料
【送料無料】ティファニー キッズ食器 アニマルアルファベット 3点セット tiffany-98お茶のふじい・藤井茶舗

お茶のふじい

32,400

【送料無料】ティファニー キッズ食器 アニマルアルファベット 3点セット tiffany-98お茶のふじい・藤井茶舗

ティファニー 1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。 一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。 1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。 1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。 1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。 1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。 1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め)としてティファニーセッティングをデザイン。ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを6本の細い爪で支える立て爪のセッティングで、これは現在のエンゲージメントリングなどで主流...

送料無料
【送料無料】マイセンブルーオニオンカップ&ソーサーお茶のふじい・藤井茶舗

お茶のふじい

41,040

【送料無料】マイセンブルーオニオンカップ&ソーサーお茶のふじい・藤井茶舗

・箱付きサイズ:カップ 口径8.2cm 高さ 5.3cm デコレーションNo:00623ソーサー 直径15cm 高さ 2.2cm デコレーション/ペインターNo:AB613/145ご存知ドイツのマイセンは名実ともに西洋白磁の最高峰です。所有することに喜びを感じる逸品です。◆ マイセン(Meissen) [ドイツ製] ◆ 1709年、ヨーロッパで初めて白磁の製造に成功したのがマイセン窯です。それまで磁器は東洋から輸入されたものばかりで、王侯貴族のみが手にできる大変な貴重品でした。 当時のザクセン(今のドイツ)侯であったアウグストの命令により9年の歳月をかけて研究された結果、白い磁器が誕生し、以来マイセンはヨーロッパ最古の窯として、世界的な名声を得ています。 「青い双剣」と呼ばれる剣のマークは、その秘法が外にもれないようにするという意味があるそうです。 今でも絵付けは誇り高き職人たちによってすべて手描きで行われており、その伝統に培われた美しさは広く人々の憧れとなっています。 ◆ ブルーオニオン ◆ 1739年より続くマイセンを代表するシリーズです。中国の染め付け技術を応用してつくられています。 白磁にコバルト色で描かれた模様は実はオニオン(タマネギ)ではなく、ザクロやモモを図案化したものです。マイセンのマークである「青い双剣」が器の図柄の中に描かれているのも特徴のひとつ。あまりの人気に類似品が多く出回ったため、本物であることを示すために1885年から入れられています。

送料無料
【送料無料】ロイヤルコペンハーゲン ホワイト&ブルーパルメッテ ペアマグカップ copen-16お茶のふじい・藤井茶舗

お茶のふじい

19,440

【送料無料】ロイヤルコペンハーゲン ホワイト&ブルーパルメッテ ペアマグカップ copen-16お茶のふじい・藤井茶舗

北欧を代表する老舗ブランドロイヤルコペンハーゲンは、1775年にデンマーク王室の庇護を受けて創設されました。 製品の美しい絵柄、品質の高さ、そして優れた職人技術は世界的に有名です。 現在でもデンマークの王室では、ロイヤルコペンハーゲンの器を使用しています。 ロイヤルコペンハーゲン商品に印されたバッグスタンプの絵には、とても深い意味があります。 クラウン(王冠)の下の3本の波線は、デンマークの国の周りを囲む主な海峡を表現しています。 絵付けはすべて手描きで、製品の裏側にはロイヤルコペンハーゲンのマークと、アーティストのサイン、シェーブナンパーが入れられています。【Blue Palmette ブルーパルメッテ】 ブルーフルーテッドのモチーフを、スタイリッシュに変化させて生まれたブルーパルメッテ。 名前は、230年以上の歴史を持つブルーフルーテッドと、シュロ(パルメッテ)をイメージした、手描きのモチーフに由来します。 プレートなどの縁取り部分の地模様には、ロイヤル コペンハーゲンが長年にわたり継承し続けてきた三本波がデザインされています。 この三本波はジュリアン マリー皇太后(1729-96)によってデザインされた、ロイヤル コペンハーゲンのロゴの一部です。 3本の波は、デンマークの3つの海峡を表しています。 ブルーパルメッテのシェイプは、アジアの食文化からインスピレーションを受け2004年に誕生しました。 あらかじめ一人分ずつ取り分けられる西洋のスタイルと異なり、料理が盛り付けられた大皿をテーブルの中央に置き、そこから各々の小皿に取り分けられます。 シンプルで、機能的なテーブルウエアとして考案されたブルーパルメッテは、あらゆるスタイルのお料理にマッチし、使い方は無限に広がります。【White Palmette ホワイトパルメッテ】...

送料無料
【送料無料】マイセン/Meissen ティーカップ&ソーサー(ブルーオニオン)2客セット meissen-09お茶のふじい・藤井茶舗

お茶のふじい

73,440

【送料無料】マイセン/Meissen ティーカップ&ソーサー(ブルーオニオン)2客セット meissen-09お茶のふじい・藤井茶舗

ご存知ドイツのマイセンは名実ともに西洋白磁の最高峰です。所有することに喜びを感じる逸品です。日本の墨絵を思わせるような筆のタッチと藍色の濃淡で描かれた蘭はマイセンの熟練した職人達の心意気が感じられます。日本でも人気のシリーズです。◆ マイセン(Meissen) [ドイツ製] ◆ 1709年、ヨーロッパで初めて白磁の製造に成功したのがマイセン窯です。それまで磁器は東洋から輸入されたものばかりで、王侯貴族のみが手にできる大変な貴重品でした。 当時のザクセン(今のドイツ)侯であったアウグストの命令により9年の歳月をかけて研究された結果、白い磁器が誕生し、以来マイセンはヨーロッパ最古の窯として、世界的な名声を得ています。 「青い双剣」と呼ばれる剣のマークは、その秘法が外にもれないようにするという意味があるそうです。 今でも絵付けは誇り高き職人たちによってすべて手描きで行われており、その伝統に培われた美しさは広く人々の憧れとなっています。 ◆ ブルーオニオン ◆ 1739年より続くマイセンを代表するシリーズです。中国の染め付け技術を応用してつくられています。 白磁にコバルト色で描かれた模様は実はオニオン(タマネギ)ではなく、ザクロやモモを図案化したものです。マイセンのマークである「青い双剣」が器の図柄の中に描かれているのも特徴のひとつ。あまりの人気に類似品が多く出回ったため、本物であることを示すために1885年から入れられています。 中古品未使用。箱にはスリ傷、剥がれ箇所が若干あります サイズ(約):カップ口径8.7cm 高さ6.5cmソーサー径14cm 高さ3.5cm

キッチン雑貨のランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク