メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「黒打包丁」検索結果。

黒打包丁の商品検索結果全257件中1~60件目

送料無料
鍛造連 黒打 土佐型包丁 青1 165mm

ゼブランド

8,580

鍛造連 黒打 土佐型包丁 青1 165mm

商品名黒打 土佐型包丁 青1 165mmブランド鍛造連JAN4953089310125商品仕様サイズ:約3.5×31×1.8cm 本体重量:110g 素材・材質:鋼/安来鋼・青1号鋼、柄/クルミ 原産国:日本 刃の長さ:165mm 刃:両刃 ※ お一人様3個まで※ 他ネットショップでも併売しているため、ご注文後に在庫切れとなる場合がございます。予めご了承ください。※ 品薄または希少等の理由により、参考価格よりも高い価格で販売されている場合があります。ご注文の際には必ず販売価格をご確認ください。※ 沖縄県の場合、別途送料をご負担いただきます。予めご了承のうえご注文ください。※ 離島・一部地域の場合、別途追加送料のご負担をお願いする場合がございます。※ お使いのモニタにより写真の色が実際の商品の色と異なる場合や、イメージに差異が生じることがあります。あらかじめご了承ください。※ 商品の詳細(カラー・数量・サイズ 等)については、ページ内の商品説明欄をご確認のうえ、ご注文ください。※ モバイル版・スマホ版ページでは、お使いの端末によっては一部の情報が表示されないことがあります。すべての記載情報をご確認するには、PC版ページをご覧ください。鍛造連黒打 土佐型包丁 青1 165mm三徳包丁●刃の部分が舟行に比べて直線的になっている。舟行と菜切とを足して2で割ったような、包丁。直線的な刃が野菜や刺身を切るのにちょうど良く、さらに初心者の方でも砥石で研ぎやすい形状となっている●「両刃」なので、研ぐときは裏面も表面も両方から研ぐ●良い鋼(青鋼1号)は、材質もよく切れ味も長持ち

藤次郎 黒打槌目 柳刃 210mm F-1080

Amazon

10,569

藤次郎 黒打槌目 柳刃 210mm F-1080

現代社会において効率化や合理化が進む中で、全ての工程において手作業による製造が行われる匠な世界。手打ち鍛造和包丁の製造現場もまさにその伝統を受け継ぐ職場です。1丁1丁全ての工程で職人の技術が注ぎ込まれていきます。素材の鍛練から刃付け、柄入れに至るまで、全て手作業により作り上げていきます。まさに包丁に魂を注ぎ込む神聖な作業なのです。 一般的な刺身包丁で、家庭用や貝など刺身にするのに用います。 昭和の時代、家庭の厨房には必ずあった黒く鈍い光を放つ和包丁。お母さんが毎食使っていた懐かしい和包丁を思い出して下さい。切れ味に優れ、サビは発生しても手入れが簡単、そして何よりも重さや握り心地など長年積み重ねられたノウハウが1丁1丁に刻み込まれています。現代社会でも受け入れられる、牛刀包丁と和包丁の融合を図った古くて新しい「和牛刀」日本の食文化の素性の良さを伝える素晴らしい調理器具、日本の和包丁をぜひ体験して下さい。 切れ味にも徹底的にこだわり、昔ながらの切れ味を実現するために、あえて高純度の炭素鋼を採用。刀身素材の持ち味を活かす軟鉄との手打ち鍛造を施し、刃先の密度を整え古き良き和包丁の切れ味をそのまま再現しております。手打ち鍛造の際の槌目模様と、焼き入れの際の素地の風合いをそのままに残した「黒打槌目仕上げ」は和包丁の武骨ながらも、反比例するような職人の魂のこもった手作業の味わいを感じさせると共に、通常の手打ち包丁に比べ、お手ごろの価格でご提供できるという利点もあります。, メーカー: 藤寅工業

送料無料
藤次郎 黒打槌目 出刃 120mm F-1072

Amazon

11,880

藤次郎 黒打槌目 出刃 120mm F-1072

現代社会において効率化や合理化が進む中で、全ての工程において手作業による製造が行われる匠な世界。手打ち鍛造和包丁の製造現場もまさにその伝統を受け継ぐ職場です。1丁1丁全ての工程で職人の技術が注ぎ込まれていきます。素材の鍛練から刃付け、柄入れに至るまで、全て手作業により作り上げていきます。まさに包丁に魂を注ぎ込む神聖な作業なのです。 小さな魚を捌く小型サイズの出刃です。 昭和の時代、家庭の厨房には必ずあった黒く鈍い光を放つ和包丁。お母さんが毎食使っていた懐かしい和包丁を思い出して下さい。切れ味に優れ、サビは発生しても手入れが簡単、そして何よりも重さや握り心地など長年積み重ねられたノウハウが1丁1丁に刻み込まれています。現代社会でも受け入れられる、牛刀包丁と和包丁の融合を図った古くて新しい「和牛刀」日本の食文化の素性の良さを伝える素晴らしい調理器具、日本の和包丁をぜひ体験して下さい。 切れ味にも徹底的にこだわり、昔ながらの切れ味を実現するために、あえて高純度の炭素鋼を採用。刀身素材の持ち味を活かす軟鉄との手打ち鍛造を施し、刃先の密度を整え古き良き和包丁の切れ味をそのまま再現しております。手打ち鍛造の際の槌目模様と、焼き入れの際の素地の風合いをそのままに残した「黒打槌目仕上げ」は和包丁の武骨ながらも、反比例するような職人の魂のこもった手作業の味わいを感じさせると共に、通常の手打ち包丁に比べ、お手ごろの価格でご提供できるという利点もあります。, メーカー: 藤寅工業

三条 辰守作 黒打槌目 出刃包丁135mm

Amazon

9,050

三条 辰守作 黒打槌目 出刃包丁135mm

【ここがポイント!】 ● 昔は刃物作りに欠かせなかった手法 『鋼付け』 ですが、近年の大量生産ではあらかじめ、プレスで鋼を鉄に組み合わせた材料『複合材』 が主流となっております。 ● その『鋼付け』 にこだわって作った包丁で、一本一本丁寧に叩き上げた包丁ですので、今の主流となっている包丁とはまったく異なり、また切れ味がまったく違います! ● 一本の棒から鋼を付けて鍛造した包丁には、今まで感じたことのない、鋼が硬く、引き締まり、『複合材』では出来ない包丁に仕上がります。切れ味はもちろん、切れ味の持続性も別格です。 ● 黒打槌目包丁は、ハンマーでわざと槌目模様に仕上げている為、磨き包丁の何倍もの手間と時間を掛けております。 【総火造り包丁のこだわり】 現在の包丁作りの主流である複合材での大量生産ではなく、日本古来の伝統的技術である鋼付けをした包丁を、1本1本鍛えることに よって、より良い刃物を造ることにこだわっている。 小さな鉄の塊から包丁という形を造り出す仕事はすごい魅力がある。 【メッセージ】 三条の鍛冶屋は一貫生産で作っています。 刃物は道具です。 毎日使うものですので価値は長切れするかしないか、その為に鋼を 丹念に鍛えて造っておりますので、是非使って下さい。 【商品仕様】 ■刃渡り (約)120mm ■鋼材質 SK材 ■桂材質 強化木 ■柄材質 朴 ■製造国 日 本 ■在庫状況 受注生産

三條 辰守作 黒打槌目 鯵切包丁135mm

Amazon

8,250

三條 辰守作 黒打槌目 鯵切包丁135mm

【ここがポイント!】 ● 昔は刃物作りに欠かせなかった手法 『鋼付け』 ですが、近年の大量生産ではあらかじめ、プレスで鋼を鉄に組み合わせた材料『複合材』 が主流となっております。 ● その『鋼付け』 にこだわって作った包丁で、一本一本丁寧に叩き上げた包丁ですので、今の主流となっている包丁とはまったく異なり、また切れ味がまったく違います! ● 一本の棒から鋼を付けて鍛造した包丁には、今まで感じたことのない、鋼が硬く、引き締まり、『複合材』では出来ない包丁に仕上がります。切れ味はもちろん、切れ味の持続性も別格です。 ● 黒打槌目包丁は、ハンマーでわざと槌目模様に仕上げている為、磨き包丁の何倍もの手間と時間を掛けております。 【総火造り包丁のこだわり】 現在の包丁作りの主流である複合材での大量生産ではなく、 日本古来の伝統的技術である鋼付けをした包丁を、1本1本鍛える ことに よって、より良い刃物を造ることにこだわっている。 小さな鉄の塊から包丁という形を造り出す仕事はすごい魅力がある。 【メッセージ】 三条の鍛冶屋は一貫生産で作っています。 刃物は道具です。 毎日使うものですので価値は長切れするかしないか、その為に鋼を 丹念に鍛えて造っておりますので、是非使って下さい。 【商品仕様】 ■刃渡り (約)135mm ■鋼材質 SK材 ■桂材質 PC ■柄材質 朴 ■製造国 日 本 ■在庫状況 受注生産

送料無料
【ふるさと納税】信州打ち刃物・手造りそば切り包丁(黒打包丁重さ900g、刃渡り320mm、右利き用)依頼者のお名前を刻印

長野県信濃町

200,000

【ふるさと納税】信州打ち刃物・手造りそば切り包丁(黒打包丁重さ900g、刃渡り320mm、右利き用)依頼者のお名前を刻印

信州の北部、信濃町古間で約450年の間、変わらず鍛冶職人が丹精込めて鍛え上げた刃物「信州打ち刃物」です。その切れ味と使い良さを感じてください。 信州打ち刃物は、経済産業大臣指定の伝統工芸品に指定されています。 ・ふるさと納税よくある質問はこちら ・寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。あらかじめご了承ください。「ふるさと納税」寄付金は、下記の事業を推進する資金として活用してまいります。 寄付を希望される皆さまの想いでお選びください。 (1) 豊かな自然環境を生かした活力あるまちづくり (2) 健康で安心して暮らせるまちづくりへの取組み (3) 快適で安全な生活を守るまちづくりへの取組み (4) 未来を担う子どもたちの教育と文化・スポーツを通じたひとづくりへの取組み (5) 医療の充実を目指しての取組み (6) 森の中で、心も体も元気になる癒しのまちづくりへの取組み (7) 町長におまかせ 特徴のご希望がなければ、町政全般に活用いたします。 入金確認後、注文内容確認画面の【注文者情報】に記載の住所にお送りいたします。 発送の時期は、寄附確認後30日以内を目途に、お礼の特産品とは別にお送りいたします。

送料無料
黒打菜切包丁 兼義作 ほうちょう 165mm 送料無料

リビングート 楽天市場店

5,400

黒打菜切包丁 兼義作 ほうちょう 165mm 送料無料

サイズ刃渡り:16.5cm箱寸法:約 32.5×7.2×2.8(cm)重量:約120g内容量1本材質複合材(青紙2号・軟鉄)、朴の木カラー備考日本製商品区分包丁カテゴリから探す◆画像をクリックすると拡大して表示されます。耐摩耗性に優れ長切れが自慢。兼義作の和包丁は、刀身に複合材を使用しています。複合材とは地金となる軟鉄を加熱して鍛錬し、刃金鋼(青紙)を接着して出来た材料のことを言います。<br>刃金鋼の青紙は耐摩耗性に優れ長切れするのが自慢です。野菜から餅切りにも使える丈夫な包丁の切れ味を是非お試しください。 朴木は柔らかく手に馴染みやすい。口金には水を吸うと締る性質を持った水牛角を使用。錆びに敏感な和包丁は水分を良く拭き取って乾燥させる事が錆び防止への第一歩。持ち手部分は朴(ホウ)の木でできています。柔らかい材質で手に馴染みやすく、度重なる使用で腐ってしまっても交換がしやすいのが特徴です。●鋼を中心に、両側から軟鉄で挟んだ造りで黒皮のまま使うので錆びにくいのが特徴です。●野菜から餅切りにも使える丈夫な菜切包丁です。特に白菜やキャベツ等の野菜をさばく時に便利です。関連キーワード:

送料無料
藤次郎(Tojiro) 黒打そば切包丁(蕎麦切包丁) 240mm F-739

DIYツールストア 楽天市場店

25,235

藤次郎(Tojiro) 黒打そば切包丁(蕎麦切包丁) 240mm F-739

藤次郎(Tojiro)(0256)63-7151 藤次郎(Tojiro) 黒打そば切包丁(蕎麦切包丁) 240mm (F-739)日本の心を映し出すそば切の傑作 和包丁の高級素材、白紙鋼と軟鉄を丹念に本鍛造した日本伝統のそば切包丁です。焼き入れの際の焼き色がそのまま残る黒打ち仕上げの武骨な刀身が、こだわりの蕎麦打ちをじっくりとサポートしていきます。 黒い刀身に対比するかのような光る切れ味は、麺一本一本に躍動感あふれる命を吹き込んでいきます。一本一本手作業で紐巻を施し、こだわりの握りをサポート。 自分仕様に合わせて革や組み紐などを捲く方の為に紐捲き無しでもご用意しています。. 丹念に仕上げられた芸術的な刃付け 切れ味にこだわり、本当のプロにも納得いただける刃付けを施しております。業務用包丁では刃付けの工程だけでも5工程以上あり、非常に手がかかっています。業務用では耐久性が重視されますが、その中でも「藤次郎」は切れ味を追求し、刃付けや刀身の構造の研究にこだわってきました。まさにそのこだわりの集大成ともいえる切れ味は様々な業種のプロの皆様からご愛用いただいております。 藤次郎(Tojiro) 黒打そば切包丁(蕎麦切包丁) 240mm (F-739)の特徴 藤次郎白紙鋼鍛造そば切シリーズ家庭での蕎麦打ちに最適な小型サイズです 藤次郎(Tojiro) 黒打そば切包丁(蕎麦切包丁) 240mm (F-739)の仕様 サイズ 240mm 原産国 日本 商品名: 黒打そば切包丁(蕎麦切包丁)カテゴリー: アウトドア・日用品・清掃 アウトドア・日用品 包丁 麺切包丁

送料無料
【あす楽】【送料無料】ZAKURI 両刃 黒打 舟行 包丁 青一 165mm #531-008【戸梶通国 鍛冶屋 ザクリ 和式 #241725 庖丁 ナイフ 青鋼 土佐打刃物 土佐刃物 高知 刃物...

堺の刃物屋さん こかじ

6,800

【あす楽】【送料無料】ZAKURI 両刃 黒打 舟行 包丁 青一 165mm #531-008【戸梶通国 鍛冶屋 ザクリ 和式 #241725 庖丁 ナイフ 青鋼 土佐打刃物 土佐刃物 高知 刃物...

■ZAKURI(ザクリ)ザクリは高知県土佐山田地域が発祥の土佐打刃物の協同組合、土佐刃物流通センターの有志が集ってできた鍛冶屋集団です。ザクリは、伝統工芸や手作りの道具を未来へつなぐため、打刃物の伝統をいかに重ねていくかを考えています。他産地の打刃物には無い土佐鍛冶ならではの無骨な見た目と切れ味を是非味わっていただきたいと思います。■仕様/スペック刃渡り:165mm全長:308mm刃幅:46mm刃厚(峰):3.1mm重さ:110g刃材:青一(両刃)■土佐打刃物とは土佐刃物の歴史は鎌倉時代後期、徳治元年(1306年)大和国より移り住んだ刀鍛冶五郎左衛門吉光派に始まります。その後、室町末期まで繁栄し、戦国乱世に武具刀剣等を製造していました。1590年、土佐一国を統一した長宗我部元親が記させた「長宗我部地検帳」には399軒の鍛冶屋が存在していたと記録されています。江戸時代初期(1621年)、農林業用打刃物の需要が一気に拡大し、刃物生産技術が著しく発展、量産体制および品質が向上し、土佐打刃物が確立されました。土佐打刃物は現在の土佐山田町の刀鍛冶から習い、鎌、鉈、のこぎり、鍬など農山林具としての道具を中心に発達し、今でも全国有数の刃物産地として認められています。■黒打仕上げ(くろうち)包丁製造工程において鍛造及び熱処理を行う際、炭化により焼き、ハンマーで鍛えることで、黒色の酸化皮膜がブレード表面に出来上がります。これが黒打と呼ばれる伝統的黒肌仕上げです。多くの和包丁はその後、表面をバフで磨き、光沢と艶のある肌にするのですが、邑田氏の包丁は鍛え抜かれた黒肌をそのまま活かし、趣と奥深さを作り出しています。そのブレードは匠の風合いを持つだけでなく、酸化皮膜をあえて残すことで実用的な耐錆効果を出しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク