メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「食器黒」検索結果。

食器黒の商品検索結果全16,400件中1~60件目

薩摩焼 昔黒千代香【吟松窯】【酒器 ギフト 焼酎 手土産 楽天 プレゼント ギフト あす楽】(ギフト お中元)

焼酎のひご屋

4,320

薩摩焼 昔黒千代香【吟松窯】【酒器 ギフト 焼酎 手土産 楽天 プレゼント ギフト あす楽】(ギフト お中元)

【検索キーワード】【あす楽_土曜営業】【あす楽_日曜営業】薩摩焼 昔黒千代香 【大きさ】 ●直径 13cm (注ぎ口を含むと16cm) ●容量 360ml(約2合) 幕末 薩摩藩で愛用されていた黒千代香を再現しました ●「黒千代香(くろじょか)」は、鹿児島県に昔から伝わる焼酎の燗付け器です。 黒千代香は横から見ると、そろばん玉のように上下対称の形をしていますが、これは、上半分が桜島で、下半分が錦江湾に映った部分だといわれいます。 まさに、薩摩に生まれた薩摩のための酒器です。 ●この黒千代香は、幕末の薩摩藩で使われていた黒千代香を出来るだけ忠実に再現しようとして出来た黒千代香です。 土は江戸時代に採掘されていた場所からとってきて、焼き方も昔にならって低温で焼き上げたこだわりの器です。 「持ち手」も昔のままにツルを巻いてつくり、「形」も丸みをおびた昔の形をしています 丸い形の中に凛とした姿が焼酎の味をまろやかに仕立ててくれそうです ●本商品は直火が出来ません。 窯の方のお話では、昔のように囲炉裏端に置いてじっくりと温めるのが理想だそうですが そうもいきません。 ガスでは火力が強いので、先ず黒千代香の底をよく拭いてから、焼き網を中間にはさんで 弱火で温めるようにして熱してください。40度くらいが適温だそうです。 また、予め お好みの分量をお湯(80〜90℃)で割った焼酎を黒千代香に入れてもお楽しみにれます。 黒千代香に入れた焼酎は冷めにくいので、粋な雰囲気を長く楽しめます。 直火は厳禁です 「薩摩焼 千代口」、「薩摩焼 ぐい呑み」とセットでギフト対応いたします ○本商品は、焼きの加減によっては微妙に色合いの異なる場合もございます。ご了承お願いいたします

BUNACOブナコ黒のうつわ盛鉢24cm

せともの屋みさ伝

6,480

BUNACOブナコ黒のうつわ盛鉢24cm

寸法:サイズ:直径240×高さ50mm 化粧箱入り ■BUNACOブナコとは・・・・ BUNACOは、日本一の蓄積量を誇る青森県のブナの木を有効利用するために開発された、当社独自のユニークな製法で、ひとつひとつ丁寧に手作りされている木工品です。 ■BUNACOの特性 ・割れ、狂い(ゆがみ)がなく、海外などの気候風土の異なる場所でも、安心して使える。 ・耐水性に優れたコーティング。 ・アルコール系中性洗剤で洗っても大丈夫なので、お手入れが簡単。 ・従来の技術ではできなかった形状も表現できる。 メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載しています 黒のうつわ 盛鉢24cm 寸法:直径240×高さ50mmBUNACOは、日本一の蓄積量を誇る青森県のブナの木を有効利用するために開発された当社独自のユニークな製法で、ひとつひとつ丁寧に手作りされている木工品です。 *************** BUNACOオリジナルの製法 **************** ・ブナの原木をかつらむきの原理で約1mmの厚さにスライスし、テープ状にカットにしたものを巻き重ねる・湯飲み茶碗などの道具を使い、押し出して成型する・BUNACO独自のユニークな製法により様々な形、デザインを作っていくことができる・すべての工程は熟練した職人による手作りで行われています。・50年以上の実績と技術の積み重ねにより上質な製品を作り続けています。・この無駄がでないエコロジカルな独自の製法は様々なデザイン、製品に対応できます。

柳宗理デザイン セラミック黒 ミルクピッチャー

Total table ware MIZUSAWA

2,138

柳宗理デザイン セラミック黒 ミルクピッチャー

※メーカーさんに在庫の確認をしてからの納期のお返事になります。 お返事はご注文の翌日になりますので、誠にご迷惑をお掛けしますが予めご了承くださいませ。 【商品詳細】 サイズ    80×66×H70mm 容 量    150mL ★自然なカーブから生まれる温かく飽 きのこないフォルムを実現するため、通常テーブルウェアにはあまり用いられない陶器と磁器の中間性質を持つ半磁器を素材としています。 ★半磁器は陶器より強度があり、磁器より軽量な素材です。 ★独特の柔らかい表情を持つマット釉は焼成温度幅が大変低く、温度管理に高い技術を必要とします。 ★電子レンジによる加熱には使用出来ますが、オーブンレンジや直火による加熱調理には使用出来ません。柳宗理について...... 1915年生まれ。 1938年に現東京芸術大学を卒業し1950年に 柳宗理デザイン研究所を開設。 以来東京オリンピック聖火コンテナや歩道橋、 車などから家具やキッチンアイテムに至るまで数々のデザインを手がける。 中でもバタフライスツールは世界の美術館に収蔵されている代表作となりました。 作品を手がける際には図面だけでなく必ず模型を作る柳宗理のこだわりが溢れたツールは世界中で愛され続けています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク