メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「食器瀬戸焼」検索結果。

食器瀬戸焼の商品検索結果全4,235件中1~60件目

越前焼/窯元めぐり「越前おろしそば鉢」 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

10,800

越前焼/窯元めぐり「越前おろしそば鉢」 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

味わい深い三種三窯のそば鉢越前焼は、瀬戸・常滑・信楽・丹波・備前と並び、日本の「六古窯」に数えられ、素朴で力強い味わいが魅力です。作風は自由闊達で、窯元によってさまざまな個性を生み出しています。「越前焼/窯元めぐり『越前おろしそば鉢』」は、福井県の名産「越前おろしそば」用の鉢で、越前そばにおろしをかけたものを盛るため、深さや形状に特徴があります。手がけたのは越前焼を代表する、〈国成窯〉〈豊彩窯〉〈宗山窯〉の三窯。まずは、土味を活かし、灰釉を基調とした手作りのよさの中に使いやすさも重視した作品で知られる〈国成窯〉の刷毛目黒そば鉢。製作したのは前田義郎さん。マット系の黒い釉薬の上にサッと一筆。勢いのある図柄に味わいがあり、黒い色が新蕎麦を一段と引き立ててくれます。「新緑や枯葉など、季節感を持った自然の色合いを再現することに力を注いでいます」という〈豊彩窯〉の吉田豊一さんが製作したのは三角紋そば鉢。越前そばをイメージした石灰釉に、藁で三角紋を描いたデザインです。そして、いかにも越前焼らしいザラッとした手触りの伊羅保そば鉢は、〈宗山窯〉の宗倉克幸さんが製作しました。越前焼伝統の釉薬のひとつである伊羅保釉を使用した、越前焼を代表する色合いが趣深い仕上がりの器。どれも越前焼の懐の深さが感じられる名品揃いです。

【ベルメゾン】瀬戸焼 練りこみ 角長皿

ベルメゾンネット

2,700

【ベルメゾン】瀬戸焼 練りこみ 角長皿

器づくりの技法のひとつである、練りこみの技法を使用した器です。異なる色土を幾重にも重ね、その断面を切り取り、柄を出しています。その凄さは、手に取っていただければわかります。職人がひとつひとつ、丁寧につくる器は、食卓をステキに演出してくれるはず。確かな技術とモダンな柄行きがおもしろい、陶器の産地瀬戸・更紗窯の作家 長江哲夫さんの器をセレクトしました。この角長皿は、ぜひ一枚は持っておいてほしい、使えるお皿。魚を入れるお皿としても使えます。オードブルを何種か盛ったりするとふだんの料理がとたんにランクアップ。製造工程上、ひとつひとつ、柄行や風合いが異なる、手作業のぬくもりを感じる器です。【練りこみとは】何種類かの異なる色土を練り合わせて模様をつくる装飾の技法です。色土のパーツの組み合わせにより、様々な模様ができます。色土のパーツを貼り合わせて作品を作る場合には、それぞれの色土の柔らかさ、厚みを同じにしてつなぎ目に空気が入らないようにしっかりと接着しなければなりません。つなぎ目には亀裂が入りやすいので、じっくりと時間をかけて乾燥させます。このような技術と手間のかかる工程により、ひとつひとつ異なる表情の練りこみの器が出来上がります。

【ベルメゾン】瀬戸焼 練りこみ マルチカップ

ベルメゾンネット

2,160

【ベルメゾン】瀬戸焼 練りこみ マルチカップ

器づくりの技法のひとつである、練りこみの技法を使用した器です。異なる色土を幾重にも重ね、その断面を切り取り、柄を出しています。その凄さは、手に取っていただければわかります。職人がひとつひとつ、丁寧につくる器は、食卓をステキに演出してくれるはず。確かな技術とモダンな柄行きがおもしろい、陶器の産地瀬戸・更紗窯の作家 長江哲夫さんの器をセレクトしました。このマルチカップは、練りこみのおもしろさがわかる器です。この特殊な製造工程だから、内側まで柄が入ってとってもかわいい。何を入れても映えるんです。通常の湯呑みとして。同シリーズのラウンドプレートとあわせて、ティータイムに。アイスなどをいれても可愛らしい!お好みの柄を、ぜひ選んでください。製造工程上、ひとつひとつ、柄行や風合いが異なる、手作業のぬくもりを感じる器です。【練りこみとは】何種類かの異なる色土を練り合わせて模様をつくる装飾の技法です。色土のパーツの組み合わせにより、様々な模様ができます。色土のパーツを貼り合わせて作品を作る場合には、それぞれの色土の柔らかさ、厚みを同じにしてつなぎ目に空気が入らないようにしっかりと接着しなければなりません。つなぎ目には亀裂が入りやすいので、じっくりと時間をかけて乾燥させます。このような技術と手間のかかる工程により、ひとつひとつ異なる表情の練りこみの器が出来上がります。瀬戸焼 練りこみ ラウンドプレートはコチラ≫≫

【ベルメゾン】瀬戸焼 練りこみ オーバル皿

ベルメゾンネット

3,780

【ベルメゾン】瀬戸焼 練りこみ オーバル皿

器づくりの技法のひとつである、練りこみの技法を使用した器です。異なる色土を幾重にも重ね、その断面を切り取り、柄を出しています。その凄さは、手に取っていただければわかります。職人がひとつひとつ、丁寧につくる器は、食卓をステキに演出してくれるはず。確かな技術とモダンな柄行きがおもしろい、陶器の産地瀬戸・更紗窯の作家 長江哲夫さんの器をセレクトしました。このオーバル皿は、深さあるので汁気のあるものも盛ることができます。煮物などのほか、カレーやパスタにも使える便利なサイズ。おもてなしに使いたくなる、料理が映える器です。製造工程上、ひとつひとつ、柄行や風合いが異なる、手作業のぬくもりを感じる器です。【練りこみとは】何種類かの異なる色土を練り合わせて模様をつくる装飾の技法です。色土のパーツの組み合わせにより、様々な模様ができます。色土のパーツを貼り合わせて作品を作る場合には、それぞれの色土の柔らかさ、厚みを同じにしてつなぎ目に空気が入らないようにしっかりと接着しなければなりません。つなぎ目には亀裂が入りやすいので、じっくりと時間をかけて乾燥させます。このような技術と手間のかかる工程により、ひとつひとつ異なる表情の練りこみの器が出来上がります。

【ベルメゾン】瀬戸焼 練りこみ ラウンドプレート

ベルメゾンネット

1,944

【ベルメゾン】瀬戸焼 練りこみ ラウンドプレート

器づくりの技法のひとつである、練りこみの技法を使用した器です。異なる色土を幾重にも重ね、その断面を切り取り、柄を出しています。その凄さは、手に取っていただければわかります。職人がひとつひとつ、丁寧につくる器は、食卓をステキに演出してくれるはず。確かな技術とモダンな柄行きがおもしろい、陶器の産地瀬戸・更紗窯の作家 長江哲夫さんの器をセレクトしました。このラウンドプレートは、取り皿として、ケーキ皿として。なんでも便利に使えるサイズです。同じシリーズのマルチカップと組み合わせると、茶器セットにも。もてなしの器としてもおすすめです。好みで選べる柄をラインナップ。製造工程上、ひとつひとつ、柄行や風合いが異なる、手作業のぬくもりを感じる器です。【練りこみとは】何種類かの異なる色土を練り合わせて模様をつくる装飾の技法です。色土のパーツの組み合わせにより、様々な模様ができます。色土のパーツを貼り合わせて作品を作る場合には、それぞれの色土の柔らかさ、厚みを同じにしてつなぎ目に空気が入らないようにしっかりと接着しなければなりません。つなぎ目には亀裂が入りやすいので、じっくりと時間をかけて乾燥させます。このような技術と手間のかかる工程により、ひとつひとつ異なる表情の練りこみの器が出来上がります。瀬戸焼 練りこみ マルチカップはコチラ≫≫

【ベルメゾン】瀬戸焼 練りこみ スクエア鉢

ベルメゾンネット

5,400

【ベルメゾン】瀬戸焼 練りこみ スクエア鉢

器づくりの技法のひとつである、練りこみの技法を使用した器です。異なる色土を幾重にも重ね、その断面を切り取り、柄を出しています。その凄さは、手に取っていただければわかります。職人がひとつひとつ、丁寧につくる器は、食卓をステキに演出してくれるはず。確かな技術とモダンな柄行きがおもしろい、陶器の産地瀬戸・更紗窯の作家 長江哲夫さんの器をセレクトしました。このスクエア鉢は、立ち上がりがあるので汁気のあるものも盛ることができます。煮物などの和食のほか、ローストビーフなどを持ってもとっても素敵。おもてなしに使いたくなる、料理が映える器です。製造工程上、ひとつひとつ、柄行や風合いが異なる、手作業のぬくもりを感じる器です。【練りこみとは】何種類かの異なる色土を練り合わせて模様をつくる装飾の技法です。色土のパーツの組み合わせにより、様々な模様ができます。色土のパーツを貼り合わせて作品を作る場合には、それぞれの色土の柔らかさ、厚みを同じにしてつなぎ目に空気が入らないようにしっかりと接着しなければなりません。つなぎ目には亀裂が入りやすいので、じっくりと時間をかけて乾燥させます。このような技術と手間のかかる工程により、ひとつひとつ異なる表情の練りこみの器が出来上がります。

【瀬戸焼せともの】【鉢/取皿】菊型反4.8小鉢/黄瀬戸or御深井

うつわ魯庵

1,512

【瀬戸焼せともの】【鉢/取皿】菊型反4.8小鉢/黄瀬戸or御深井

【瀬戸焼せともの】【鉢/取皿】 サイズ:φ14.8×高さ4.6cm 手作り品につき多少の誤差、焼成温度等により釉薬の色ムラがございます。 お客様を招いてのパーティや冠婚葬祭、 もちろん普段使いにでも。 大変重宝致します。 いつもの食卓が高級料亭へ変ります。 作家 松原一茂 せともの/のことなら是非!うつわ魯庵までお任せ下さい。 いつもの食卓が高級料亭へ変わります。【せともの】【瀬戸焼せともの】【鉢/取皿】菊型反4.8小鉢/黄瀬戸or御深井 「美」と「食」を極致をご堪能頂ける至極の一品 やきものの町、愛知県瀬戸市、中でも赤津町は瀬戸市を代表する産地です。その赤津を代表する作家・松原一茂 一つ一つ丁寧に手作り・手描きをし、大量生産では真似の出来ない味わいを出しています。 そんな器が毎日の食事を楽しく賑やかなものにしてくれます。   他にもこのような作品があります。 (写真左) 御深井菊型反小付 (写真中央) 織部小紋八角盛鉢 (写真右) 織部春秋二段重/小     いつもの食卓が高級料亭に変ります。 「器は料理の着物」 美食家 北大路魯山人の言葉の通り、 ただ単に真っ白な器では何だか味気ない・・・ そうだ!この前買ったお気に入りの器でいただこう ゆったりとした至極の時間を過ごしませんか       釉薬について 織部焼とは・・・ 安土・桃山時代の大名茶人、古田織部の好みによって使われた釉薬である。当時は志野、鳴海、瀬戸(瀬戸黒、黒織部、織部黒)も含まれていた。それまでの技法に飽き足らず、色調・文様・形状に技巧を凝らし、「ひょうげたる物」として桃山時代に一大変革をもたらした。現在は黒織部、青織部、赤織部、絵織部を含めて織部と呼び、一般的には青織部のみを織部と称している。           美を極め、食を究めた鬼才、北大路魯山人...

スポンサーリンク
スポンサーリンク