メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「青磁器」検索結果。

青磁器の商品検索結果全780件中1~60件目

波佐見焼 青磁 半酒器

THE COVER NIPPON

4,320

波佐見焼 青磁 半酒器

波佐見焼 青磁 半酒器 やわらかな彩色が心を落ち着かせる青磁の酒器セット 長崎県の波佐見焼・佐賀県の有田焼は、産地こそ違いますが、県境で隣接する同じ肥前窯産業地帯に存在します。波佐見も有田も同じ原料・磁器をつくり同じように技術が確立されてきましたが、波佐見は今も昔も変わらず歴史の中でも庶民の生活の雑器を生産する産地です。山の傾斜を利用した江戸期の窯跡で発見された最大のものでは、窯室を20ももつ大量生産を可能にしたものも発見されており、それは日本のみならず世界最大級のものといわれています。波佐見焼きは生活者に向けた、廉価で使いやすく生活になじむ器を作っています。 やわらかで涼しい青磁の彩色は、フォーマルでありながらもどこかスタイリッシュです。 釉薬の厚さ、濃度、釉薬を一定にかける技術、かけるときの速さ、焼成温度や時間まで、青磁の色合いを左右するすべてのことをきちんと管理することで、多くの気泡が外からの光を乱反射する美しい青磁が生まれます。 釉たまりで彩色のグラデーションが楽しめる青磁の酒器セットは、クールさと深い味わいを兼ねそなえています。 西海陶器 豊かさの本質とは、人の心の中にこそあるもの。それを、人々の生活の中に伝えることができないか、それができたら、今よりももっと心が豊かになるのではないかと考えています。物を創る人の思い、届ける人の思い、使う人の思い、思いのネットワークというものを創り、心のこもった物を提供したい。それが本当の意味での、豊かさの本質を創り出し全てにおいて人々が幸せを感じることができるのではないかと考えています。 「全ては、お客様の本当の幸せのために」 西海陶器では、有田・波佐見をはじめとした九州肥前地区の陶磁器製品元卸販売、加工業、輸出入業、日用品雑貨及びインテリア用品の販売を行っております...

波佐見焼 長角皿 焼魚 うず 《長崎県産》(モダンな有田焼としても流通)さんま

産地直送の波佐見焼 みくら

1,404

波佐見焼 長角皿 焼魚 うず 《長崎県産》(モダンな有田焼としても流通)さんま

前菜やオードブルを、おしゃれに演出してくれるお皿です。 お刺身や焼き魚やカラアゲ、肉団子などのめいめい盛りにも便利に使えるカタチです。 磁器のじょうぶな器です。 長崎県産 【商品仕様】 22.5×14.5×高さ2cm ダンボール箱入り 電子レンジにお使いいただけます。 食器洗浄機をお使いになれます。 長崎県の伝統産業である波佐見焼をつくる町の波佐見町は、佐賀県の有田と隣接する場所に位置する旧大村藩領でした。 今から約400年前になる江戸時代が始まるころに焼かれはじめ、大村藩の管理のもとに生産規模を増し続け、明治維新以後の民営独立化からの多彩な発展の基礎を地域に根づかせました。 初期には、大村藩から諸大名などの有力者への贈り物として、きわめて技術的に高度な青磁や細工ものを厳選して焼いていましたが、時代とともに産業化が進み、現代に続く人々の日々の暮らしのための器を手ごろな価格で生み出す流れを地域の連帯=原材料や工程の分業化によって実現してきました。 ・・・多様化する現代の食文化と暮らしの変化とともに 居住空間も、国際色豊かになった日本人の食文化も変化 が早くなってきました。波佐見焼は、時とともに変化する人々の生活スタイルや好みの変化に対応し て、機能やデザインを変化させています。 波佐見焼は、人々の暮らしのための器なのです。 ・・・「有田焼」として販売されてきた波佐見焼 一般的に家庭で使う食器で「有田焼」として販売されているもののなかには、波佐見で焼かれた商品が多いのは、明治時代に有田に開業した鉄道により、全国に向けて「有田焼」として出荷された流通の歴史にもとづく商慣習によるものです。 波佐見焼は、天草陶石と呼ぶ国産の鉱石を原料として、多くの熟練技能者の分業により、時代とともに使う人の好みにあわせてつくられる「暮らしの器」です...

【 有田焼き 盛り皿 シリーズ 】 青磁内山水丸皿(規格:9号皿) 【日本製/国産/陶器/業務用/厨房用品/割烹料理店/寿司屋/料亭/旅館/ホテル/外国人 観光客 おもてなし 用/皿/有田焼/お皿...

雑貨屋 ココウキ

8,721

【 有田焼き 盛り皿 シリーズ 】 青磁内山水丸皿(規格:9号皿) 【日本製/国産/陶器/業務用/厨房用品/割烹料理店/寿司屋/料亭/旅館/ホテル/外国人 観光客 おもてなし 用/皿/有田焼/お皿...

業務用で使用されている、こだわりの器。 特選食器シリーズ。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ◆この商品は、ご注文後お取り寄せ商品です◆ 発送予定日は「お届けまでの目安」画像をご確認ください。 盛皿シリーズ - 有田焼 - ●いろいろな業態のお店、様々なシーンに合わせられる、業務用 向けの豊富な品揃え。盛皿シリーズ! 安心の日本製品です。 ●日本ではよく知られている「有田焼き」のお皿シリーズです。 表面はガラスの様な滑らかさと硬質さがあり、耐久性が強く 吸収性が少ないので、食器としての使用に適しています。 ●透き通るような白磁の美しさ、繊細で華やかな絵付が特徴です。 ●世界でも人気の高いブランドです。外国の観光客へのおもてなし にも最適です。 ●焼き物の為、同じ商品でも色の濃さ、重さや寸法が多少違ってい ます。また釉薬の濃さや垂れ具合、貫入の入り方も、1個1個、微 妙に違っています。 簡単ですが 【 釉薬(ゆうやく)と貫入(かんにゅう)について 】 ・釉薬 土で形を作って素焼きをした後に塗るくすりが釉薬です (塗料みたいなもの)。釉薬をかけた後に本焼きをします。 高温で焼くと(1,000度以上)釉薬は溶けて器表面をコーティ ングしてくれます。そして、温度が下がっていくにつれ固まり ガラスのような表面に仕上がります。 ・貫入 上記釉薬の部分にできるヒビ、亀裂のようなもので、キズで はありません。素地と釉薬収縮率の差により、冷却時に出 来るものです(不具合品、不良品ではありません)。 ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク