メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「陶峰」検索結果。

陶峰の商品検索結果全31件中1~31件目

送料無料
紫紺陽光天目盃 陶あん

Amazon

5,400

紫紺陽光天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの紫紺陽光天目盃です。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 紫紺(しこん)とは、紺色がかった暗めの紫色のことです。紫草の根で染めていたこと から「紫根」と書かれていました。 七色の光が変化する、神秘的な器。見る角度によって表情を変える、鮮やかな光彩。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 800年のときを経ても、今もなお輝き続ける曜変天目茶碗。 京都の陶工が現代感覚の色使いを加えて新作を誕生させました。 ◆商品番号 9803紫紺陽光天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ4.5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさ、重さは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

送料無料
赤霰天目盃 陶あん

Amazon

5,400

赤霰天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの天目盃 赤霰天目盃 です。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 朝顔に広がったぐい飲みの形。 星が夜空光るイメージで、斑紋が多数浮かび、まさに妖艶な色合いです。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 陶あんの天目の酒盃です。お茶の茶碗としてもどうぞ。 ◆商品番号 9160赤霰天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■食器洗浄機 不可 電子レンジ 不可 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

送料無料
白掛桜急須 陶あん

Amazon

27,000

白掛桜急須 陶あん

清水焼の陶あん窯の白掛桜急須です。 写真は複数で写っておりますが、お一つ、単品のお値段です。 日本の国の花、桜が描かれ、季節を問わずお使い頂けます。 京都ならではの絞り出しの急須は金網がついておりません。 陶あん窯ならではの華やかさと精緻な筆使いが桜の雰囲気をよリー層強く感じさせます。 見事に開いた花びらが人々を魅了します。 一筆一筆心を込めた筆使い。極彩色の草花はまるで日本画のようです。 内側には茶漉しの穴。 京都の急須には金網は付いておりません。 ゆっくりお茶の葉が開いてから、お茶を淹れて下さい。 陶あんの白掛桜のシリーズ。 独特の華やかさと細やかな筆使いで見事に開いた桜の花びらが食卓を魅了します。 ◆商品番号 9691 白掛桜急須 陶あん 写真は複数で写っておりますが、お一つ、単品のお値段です。 ■手洗い ◎ 食器洗浄機 × 電子レンジ × ■寸法 直径12cm 高さ8cm 容量280cc 化粧箱付 ※手作りですので形や色、大きさ、重さは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

送料無料
黄塗桜夫婦湯呑    陶あん

Amazon

21,600

黄塗桜夫婦湯呑 陶あん

清水焼窯元陶あんの黄塗り桜夫婦湯呑です。 黄塗りの素地にピンクのサクラ。 美しい対比の桜が、春の訪れを告げる湯呑みです。 陶あん窯ならではの華やかさと精緻な筆使いが桜の雰囲気をより一層強く感じさせます。 見事に開いた花びらが人々を魅了します。 土物といわれる貫入の入った柔らかい陶器のゆのみ。 色が冴えるように白い化粧の幕掛けしてから描いてあります。 大のサイズは薄青の桜、小のサイズは薄紅桜。 夫婦で桜の花の色を変えています。 お茶の色がきれいに見える内側の白。飲み口にも桜の絵があるのが嬉しいですね。 日本人が大好きな桜の花の絵柄、淡い色使いでたくさんの花びらを描きました。 黄塗りに桜の花が映えたいへん綺麗です。 満開に咲き誇る桜の花を器一杯に敷き詰めた桜。心がうきうきする春の湯呑みです。 ◆商品番号 7337 黄塗桜夫婦湯呑み 大一つ、小一つ、ペアのお値段です。 ■手洗い ◎ 食器洗浄機 × 電子レンジ × ■寸法 大 直径7.2cm 高さ9cm 重さ130g 小 直径7cm 高さ8.5cm 重さ130g 木箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 ■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■ ※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。

送料無料
紅唐油滴天目盃 陶あん

Amazon

8,640

紅唐油滴天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの紅唐油滴天目盃です。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 珍しい赤い油滴。 紅唐(こうとう)とは、紅唐桟の織物の色のような渋い赤色のことです。 七色の光が変化する、神秘的な器。見る角度によって表情を変える、鮮やかな光彩。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 800年のときを経ても、今もなお輝き続ける曜変天目茶碗。 京都の陶工が現代感覚の色使いを加えて新作を誕生させました。 ◆商品番号 9810 紅唐油滴天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ4.5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさ、重さは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
銹斑天目盃 陶あん

Amazon

5,400

銹斑天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの天目盃 銹斑天目盃です。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 朝顔に広がったぐい飲みの形。 星が夜空光るイメージで、斑紋が多数浮かび、まさに妖艶な色合いです。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 陶あんの天目の酒盃です。お茶の茶碗としてもどうぞ。 ◆商品番号 9164銹斑天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■食器洗浄機 不可 電子レンジ 不可 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

送料無料
萌黄油滴天目盃 陶あん

Amazon

8,640

萌黄油滴天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの萌黄油滴天目盃です。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 珍しい若草色の油滴。 萌黄とは、春先に萌え出る若葉のようなさえた黄緑色のことです。 平安時代から用いられた伝統ある色名で、新緑の若木の色です。 七色の光が変化する、神秘的な器。見る角度によって表情を変える、鮮やかな光彩。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 800年のときを経ても、今もなお輝き続ける曜変天目茶碗。 京都の陶工が現代感覚の色使いを加えて新作を誕生させました。 ◆商品番号 9813 萌黄油滴天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ4.5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさ、重さは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

スポンサーリンク
スポンサーリンク