メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「陶峰」検索結果。

陶峰の商品検索結果全90件中61~90件目

送料無料
燿変紫光天目抹茶茶碗 鎌田幸二

Amazon

648,000

燿変紫光天目抹茶茶碗 鎌田幸二

京焼清水焼の名工、鎌田幸二先生の最高峰。 燿変紫光天目抹茶茶碗です。 一点物、お買い求め頂いた場合、写真の現物をお渡し致します。 真円に小さな油滴の粒。燿変紫光は 二度焼きすることで生まれる手間閑のかかった茶碗です。 縁だけ茶味がかり、大小流れるような銀油滴が綺麗に見こみ一杯広がっています。 見込みに抹茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな輪高台。脇にも控えめな幸二のサイン。 鎌田幸二先生の天目のなかで最も芸術性の高い燿変紫光天目の抹茶茶碗です。 ◆商品番号 9704 燿変紫光天目抹茶茶碗 鎌田幸二 一点物、お買い求め頂いた場合、写真の現物をお渡し致します。 ■寸法 約 直径13cm×高さ7cm 木箱付 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 鎌田幸二 1948年 京都に生まれる 1966年 京都府立桃山高等学校卒業 1967年 作陶を志し、五条坂清水正氏の指導を受ける 1971年 京都府立陶工訓練校専攻科終了 同校指導員(京都府技師)となる 五条坂共同登窯「鐘鋳窯」にて天目の研究を始める 1972年 第二回日本工芸会近畿支部展初入選 第二十回日本伝統芸展初入選 1976年 日本工芸会正会員に推さる 1977年 京都府立陶工訓練校指導員を辞し作陶に専念する 1978年 セントラル・ギャラリー(大阪)にて初個展 1979年 五条坂共同登窯休止の為、自宅にガス窯を築窯 1987年 第十六回日本工芸会近畿支部展にて京都府教育委員会委員長賞受賞 1988年 重要無形文化財「鉄釉陶器」伝承者養成研修会にて清水卯一氏の 薫陶を受ける(以降 「栩卯会」として研修会に参加 1994年 高島屋(京都店・岐阜店)にて「作陶二十五年記念展」 京都文化博物館「京都創作陶芸のながれ展」に出品 1997年...

送料無料
極薄練り込み煎茶碗 単品 和鳳

Amazon

8,800

極薄練り込み煎茶碗 単品 和鳳

清水焼・京焼の窯元 和鳳作、卵殻手。薄手のお茶呑み茶碗です。 写真は複数で写っておりますが、お一つ、単品のお値段です。 磁器の生地に呉須を練り込んでいますので、マーブルのように見えます。 光りが透けて見えるほど薄い汲出碗。 昔は良くあったこの形状、最近は作れる人がいなくなりました。 全体に紙のように薄いので、特に口に付けたときにお茶が美味しく感じられます。 非常に薄手ですので、洗わずに拭いておく程度でおしまい下さい。 色合いは一つずつ微妙にことなります。光が透き通るほど薄い、卵殻手のお茶呑み茶碗揃えです。 ◆商品番号 9339 練り込み煎茶碗 和鳳 単品 写真は複数で写っておりますが、お一つ、単品のお値段です。 ■手洗い ◎ 食器洗浄機 × 電子レンジ × ■寸法 直径8.5cm×高さ5cm 化粧箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 和鳳 昭和33年 京都に生まれる 昭和49年 京都府立陶工訓練校入校 昭和50年 府立陶工訓練校卒業 父、賀峰の元、割烹食器を中心に作陶を始める。 昭和52年 天皇、皇后両陛下の食器制作という栄誉を受ける。 平成6年 京焼・清水焼展出品入選 平成8年 二代目賀峰を継ぐ

スポンサーリンク
スポンサーリンク