メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「鋼ナイフ」検索結果。

鋼ナイフの商品検索結果全18,997件中1~60件目

PAUL キッチンバサミ キッチン雑貨 > 調理器具 > 調理小物

e-goods

3,780

PAUL キッチンバサミ キッチン雑貨 > 調理器具 > 調理小物

PAUL キッチンバサミ 125年を超える歴史を持つ、 ドイツのはさみ専門メーカーPAUL(ポール)。 熟練の技術で 用途に合わせ、様々なカタチのはさみを 生産しています。 なかでも、 キッチンバサミはオールラウンダーな 定番人気アイテム。 これ1本で お料理の時間がぐっと楽になりますよ。 セパレート式なので取り外し簡単で お手入れ楽々。 いつでも清潔に使えるのは嬉しいですね。 様々な食材のカットが可能。 オールラウンダーなPAULキッチンバサミ。 防錆ステンレス鋼で作られており、とても硬い刃が特長のPAULキッチンバサミ。野菜はもちろん、昆布や海苔、お肉まで、様々な食材をカット出来る優れものです。お料理の時間短縮&洗い物も減って一石二鳥! ギザギザと波打ったハンドルの中央部は、瓶を開けたりナッツを砕くのにお使いいただけます。セパレート式で、刃を大きく開くと着脱が可能。お手入れ簡単でいつでも清潔にお使い頂けます。 固いものを砕いたり、フタを開けるのに便利! 美しい刃に、おしゃれなロゴが刻まれています。 セパレート式。刃を最大限まで開くと本体が分かれますので、ご使用時はお気を付けください。 工具不要で簡単着脱。 ブラック オレンジ ブルー イエロー / キッチン雑貨 調理器具 調理小物 / 家具 インテリア

刀工江戸造包丁/菜切型 藤原照康 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

21,600

刀工江戸造包丁/菜切型 藤原照康 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

日本刀造りの技を活かした包丁の名品。三層構造が決め手。先祖伝来の日本刀造りの伝統技を今に受け継ぐ名工の4代目、藤原照康さんの造る包丁にはプロの愛用者が多くいます。理由はよく切れることにあります。日本料理は切れ味が肝腎。切り口が料理の見栄えを左右する世界で、藤原さんの包丁は欠かせません。気持ちいいくらいに切れるので、一般家庭で使うのも快適です。三十数工程の作業すべてに日本古来の伝統技法を駆使。日本刀では「折れず」「曲がらず」「よく切れる」という要求を満たすため、硬い鋼を芯にして軟らかい鉄を加えるという鍛造が用いられますが、これを藤原さんは包丁造りにも応用。特殊鋼をステンレスで包み込むように接合し、刃先の部分だけ鋼が表出する独自の構造で仕上げています。ゆえに、切れ味がよくて錆びにくく、メンテナンスが楽な包丁となるのです。一つになったその刀身はひたすら打ち鍛え、また熱して打つことを繰り返す。けがき、裁ち、ならし、整形、鍔の溶接、刻印、焼きなまし、泥塗り、焼き入れと続き、さらには刃つけ、研磨などもすべて手作業で進めていきます。どれも一瞬たりとも気は抜けない作業ですが、「自分が納得し、満足したものでなければ市場に出してはいけないと思う。ものづくりとはそういうこと」と藤原さんは語ります。そうして出来上がるのが、ご紹介する「刀工江戸造包丁」。菜切型で、野菜を切るのに最適です。よく切れるため、食材の繊維を壊さず、驚くほどサクサクと調理できます。包丁の茎(なかご)が柄の中までしっかり入った状態で固定されているので抜群の安定感です。

手作り万能ペティナイフ 畑山充吉 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

LightUp

15,660

手作り万能ペティナイフ 畑山充吉 家庭用品 【ライトアップショッピングクラブ】

切れ味爽快。信州打刃物の名品。持った時のバランスも絶妙鍛造包丁の絶品とくれば、信州打刃物。その始まりは今から約450年前に遡ります。川中島の合戦の時、この地方を往来した刀鍛冶から、郷人が技を伝授されたのが起源といいます。今なおその技を受け継ぎ、昔ながらの製造法で包丁を打っているのが畑山充吉さんです。職人の修業は最低10年とよくいわれますが、鍛冶仕事は10年やっても才能がない人にはできません。包丁の格好はできても、切れないのでは話になりません。叩きながら鉄の声を聞く必要があります。「刃物を鍛えるためには、赤く熱する時にあまり高温にせず、短時間に手早く仕事をこなさなくてはいけません。熱し過ぎは鋼が脱炭して切れにくくなるんです」と畑山さん。ガンガン打つたびに飛び散る火の粉で、腕には無数の火傷の痕ができています。刃の厚みや長さは、文字通り経験に培われた勘だけが頼りです。畑山さんは包丁全体のバランスを重視します。刃先から根元まで均一な方が作りやすいですが、バランスを考慮してあえて根元を厚くするなど、使い勝手にも優れています。柄は紫檀製で、しっかりと打ち込まれた刃はびくともしません。一本一本納得するまで作っているという包丁には「充吉作」と刻まれており、畑山さんの自信のほどがうかがえる逸品です。

【ベルメゾン】切れ味が長く続きやすい包丁 エバーカット

ベルメゾンネット

15,984

【ベルメゾン】切れ味が長く続きやすい包丁 エバーカット

包丁こそ耐久性が要。この包丁はフランスの老舗カトラリーメーカーが研がずとも切れ味が持続する包丁を作ろうと研究を重ねた結果、できた物。硬度があるので切削工具などに使われる炭化チタンと、包丁の要である鋼を融合させることで、強度と切れ味といった両方を兼ね備えることを実現しました。研がなくても約25年間切れ味を持続、クールな顔したタフガイ、と呼びたくなります。「包丁の研ぎ方がわからない、研ぐのが面倒」という方に向けて長い年月を掛けて研究、開発されました。硬い鉱物をカットするドリルなどに使われる炭化チタンで強度を出し、包丁の要である鋼にレーザーで融解。とても特殊かつ、革新的なこの技術こそが切れ味の変わらない包丁を実現させました。強化された刃をダイアモンド・ホイールで何度も研ぐことにより、鋭利な切れ味と研ぎを必要としない耐久性にも成功。また、ひとつ一つに個別のシリアルナンバーが記載されており、一定の条件のもと本国フランスでのリペアも可能。まさに一生涯の保証付きです。オールブラックの先鋭的なデザインと、人工工学に基づいた握りやすい持ち手にも愛着がわく逸品。

スポンサーリンク
スポンサーリンク