メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「銅製やかん」検索結果。

銅製やかんの商品検索結果全20件中1~20件目

アサヒ 食楽工房 ケトル2.4L CNE307 銅製やかん

セントラルマーケット

7,560

アサヒ 食楽工房 ケトル2.4L CNE307 銅製やかん

違いを実感。職人さんが丹精こめて作った最高の品質。 鉄の5倍、ステンレスの25倍もの熱伝導率の良さを誇ります。 また、銅には微量金属作用(銅イオン作用)という、 水に混ざるだけで驚異的な殺菌作用を発揮する性質があります。 この銅イオンの働きが微生物の発生を防ぎ、 銅食器を衛生的に保ちます。 ■銅製の調理器具で、無理なく銅を摂取 正常な血液をつくり健康を維持していくためには、毎日の食生活の中で銅を摂取する必要があります。 摂取の目安は、大人で一日平均2~5mgです。 銅はさまざまな食品に含まれていますが、毎日すべて摂取することは意外に難しいものです。 そこで、銅素材の調理器具や食器を使うことで、必要な銅を無理なく自然に摂取することができ、必要量を摂取すれば自然に排出されます。 ■緑青は無毒です。安心してお使いください。 これまで緑青は毒だと誤解されてきましたが、これは日本だけの話で欧米では皆無。昭和59年、日本でもようやく厚生省の研究によって 「緑青は無毒だ」と証明されました。 そもそも緑青とは、銅の表面にできるサビの一種。水に非常に溶けにくい化合物なので、人体に吸収されにくく、万が一体内に入ってもす べて排出されます。 ※銅製品は銀製品と同じで時間が経つと少しずつ酸化して変色してきます。そのときは、付属の磨き剤で磨いて下さい。 ※緑青の発生や、メッキがとれる原因となりますので、調理後は内容物を保管しないでください。 ■詳細 ブランド アサヒ 商品名 2.4L ケトル 品番 CNE307 サイズ(約) φ180×210×H165mm 重量 700g 材質 銅(本体) 容量 2,400cc 生産国 日本 【ご注意】 ・パソコンの環境状況により、実際のお色と異なる場合がございますので予めご了承ください。 ・パッケージ...

【送料無料】 手作り銅製 燗チロリ(かんちろり) (中 1合)

職人の匠

31,320

【送料無料】 手作り銅製 燗チロリ(かんちろり) (中 1合)

◎手作り銅製の 燗チロリです。 燗チロリは、お燗風呂(鍋やヤカンなどの熱湯、もしくは氷水に浸す)で使用します。 普通のチロリと違い、注ぎ口が取り付けているため、そのまま盃に注いで使え、また蓋があるため保温効果も普通のチロリより良くなります。 (注)注ぎ口の部分は手作業で1枚の銅版を四角に折りげた上で本体に取り付けております。そのため折り曲げた一角と注ぎ口の一部は技術的にどうしてもブロンズが乗らず、地金の色が見えている部分が一部あります。 【容 量】180cc  【サイズ】高さ 蓋を乗せる部分まで 約11センチ 取っ手まで約18センチ 重さ 約310グラム(1合いれるとプラス約180g重くなり500gとずっしりします。) 蓋の外径 約8センチ 上面 外径 約9センチ 内径 約7.5センチ 底 口径 約5.5センチ【素材】銅(1.0mm) 外面 ブロンズ仕様   内側 錫引き仕様 【外 箱】 紙箱 大正14年、浅草の銅壺屋「銅銀(どうぎん)」の長男として生まれ、昭和20年から本格的に家業に励み、父銀次郎(ぎんじろう)氏とともに銅壺製作を行い60年。 現在は、銅壺や火鉢の落としのほか、やかん・急須・鍋などを製作。また江戸時代より継承された煮色仕上げの銅製品を製作できる唯一の職人。 ○江戸の伝統工芸協同組合(東京都公認平成元年10月2日認可) 江戸からの伝統的な技巧の保存・継承を目的として設立された団体。外務省の依頼で、海外での見本市で製作実演も多々。日本文化の海外での紹介に貢献。 予約待ちのお詫び ありがとうございます! 現在、完売で予約待ちとなりました。 6/28夕方 関西地区での毎日放送「ちちんぷい」での「星野さんの卵焼き器」が...

【送料無料】 手作り銅製 燗チロリ(かんちろり) (大 1.5合)

職人の匠

35,640

【送料無料】 手作り銅製 燗チロリ(かんちろり) (大 1.5合)

◎手作り銅製の 燗チロリです。 燗チロリは、お燗風呂(鍋やヤカンなどの熱湯、もしくは氷水に浸す)で使用します。 普通のチロリと違い、注ぎ口が取り付けているため、そのまま盃に注いで使え、また蓋があるため保温効果も普通のチロリより良くなります。 (注)注ぎ口の部分は手作業で1枚の銅版を四角に折りげた上で本体に取り付けております。そのため折り曲げた一角と注ぎ口の一部は技術的にどうしてもブロンズが乗らず、地金の色が見えている部分が一部あります。 【容 量】270cc 【素材】銅(1.0mm) 外面 ブロンズ仕様   内側 錫引き仕様 【外 箱】 紙箱 大正14年、浅草の銅壺屋「銅銀(どうぎん)」の長男として生まれ、昭和20年から本格的に家業に励み、父銀次郎(ぎんじろう)氏とともに銅壺製作を行い60年。 現在は、銅壺や火鉢の落としのほか、やかん・急須・鍋などを製作。また江戸時代より継承された煮色仕上げの銅製品を製作できる唯一の職人。 ○江戸の伝統工芸協同組合(東京都公認平成元年10月2日認可) 江戸からの伝統的な技巧の保存・継承を目的として設立された団体。外務省の依頼で、海外での見本市で製作実演も多々。日本文化の海外での紹介に貢献。 予約待ちのお詫び ありがとうございます! 現在、完売で予約待ちとなりました。 6/28夕方 関西地区での毎日放送「ちちんぷい」での「星野さんの卵焼き器」が 放送された直後から、注文が 星野さんのお店と当店に殺到、 これからのご注文については、予約待ちとなります。納品については、1ヶ月程度かかる予定です。ネットで星野さんの商品を販売しているのは当店のみ です。発注の早い順番に発送しております。是非、予約注文をお願いいたします。

こちらの関連商品はいかがですか?

木曽さわらの厚口飯台  寿司桶・飯切 36cm

Amazon

5,880

木曽さわらの厚口飯台 寿司桶・飯切 36cm

さわらは桶類に適した素材 昔から、飯台にはさわらが使われてきました その理由は・・・ 1.木目が緻密で乾燥による収縮が少ない為、耐久性に優れ、箍(タガ)が外れにくい。 2.他の材木に比べ軽い為、飯台にすると軽くて扱いやすい。 3.適度な油分が含まれているので、水切れが良く、水周りに強い。酢飯の酸にも強い。 4.木曽さわら独特のやわらかな芳香は、酢飯の風味を損なわない。 木曽地方のさわら材の赤身の柾目材を厳選しています。 木材には赤身(芯材)と呼ばれる成熟した部分と、白太(辺材)と呼ばれる未熟な部分があります。 赤身は耐水性・耐久性が高く利用価値が高いのですが、白太は成熟度が低い為、柔らかくカビが生えやすいなどの問題があります。 価格の安い飯台やおひつは、この白太を使ったものが多いので注意が必要です。 桶類は昔から最終の表面加工はカンナ仕上げが当然でした。 カンナ仕上げは、木材の特徴を最大限に生かし、耐水性と耐久性を高め、木製品の寿命を延ばすには欠かせない製造技法です。 が、手間がかかり、技術の伝承も現在ではままならない為、ペーパーやすりによる機械仕上げされた商品が増えています。 弊社では、「50年使える木製品」を念頭に物づくりを行っておりますので、桶類についてもカンナ仕上げにこだわっています。

木曽さわらの厚口飯台  寿司桶・飯切 33cm

Amazon

4,980

木曽さわらの厚口飯台 寿司桶・飯切 33cm

さわらは桶類に適した素材 昔から、飯台にはさわらが使われてきました その理由は・・・ 1.木目が緻密で乾燥による収縮が少ない為、耐久性に優れ、箍(タガ)が外れにくい。 2.他の材木に比べ軽い為、飯台にすると軽くて扱いやすい。 3.適度な油分が含まれているので、水切れが良く、水周りに強い。酢飯の酸にも強い。 4.木曽さわら独特のやわらかな芳香は、酢飯の風味を損なわない。 木曽地方のさわら材の赤身の柾目材を厳選しています。 木材には赤身(芯材)と呼ばれる成熟した部分と、白太(辺材)と呼ばれる未熟な部分があります。 赤身は耐水性・耐久性が高く利用価値が高いのですが、白太は成熟度が低い為、柔らかくカビが生えやすいなどの問題があります。 価格の安い飯台やおひつは、この白太を使ったものが多いので注意が必要です。 桶類は昔から最終の表面加工はカンナ仕上げが当然でした。 カンナ仕上げは、木材の特徴を最大限に生かし、耐水性と耐久性を高め、木製品の寿命を延ばすには欠かせない製造技法です。 が、手間がかかり、技術の伝承も現在ではままならない為、ペーパーやすりによる機械仕上げされた商品が増えています。 弊社では、「50年使える木製品」を念頭に物づくりを行っておりますので、桶類についてもカンナ仕上げにこだわっています。

送料無料
木曽さわらの厚口飯台  寿司桶・飯切 48cm

Amazon

13,800

木曽さわらの厚口飯台 寿司桶・飯切 48cm

さわらは桶類に適した素材 昔から、飯台にはさわらが使われてきました その理由は・・・ 1.木目が緻密で乾燥による収縮が少ない為、耐久性に優れ、箍(タガ)が外れにくい。 2.他の材木に比べ軽い為、飯台にすると軽くて扱いやすい。 3.適度な油分が含まれているので、水切れが良く、水周りに強い。酢飯の酸にも強い。 4.木曽さわら独特のやわらかな芳香は、酢飯の風味を損なわない。 木曽地方のさわら材の赤身の柾目材を厳選しています。 木材には赤身(芯材)と呼ばれる成熟した部分と、白太(辺材)と呼ばれる未熟な部分があります。 赤身は耐水性・耐久性が高く利用価値が高いのですが、白太は成熟度が低い為、柔らかくカビが生えやすいなどの問題があります。 価格の安い飯台やおひつは、この白太を使ったものが多いので注意が必要です。 桶類は昔から最終の表面加工はカンナ仕上げが当然でした。 カンナ仕上げは、木材の特徴を最大限に生かし、耐水性と耐久性を高め、木製品の寿命を延ばすには欠かせない製造技法です。 が、手間がかかり、技術の伝承も現在ではままならない為、ペーパーやすりによる機械仕上げされた商品が増えています。 弊社では、「50年使える木製品」を念頭に物づくりを行っておりますので、桶類についてもカンナ仕上げにこだわっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク