メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「銀彩」検索結果。

銀彩の商品検索結果全1,296件中1~60件目

九谷焼【茶器/湯呑み】湯呑・銀彩〈化粧箱入り〉国産品

鳥の巣箱 earth

3,210

九谷焼【茶器/湯呑み】湯呑・銀彩〈化粧箱入り〉国産品

使うほどに愛着がます 日々の暮らしに寄り添う「九谷焼」 伝統工芸 九谷焼【茶器/湯呑み】 湯呑・銀彩 碗サイズ:約径8.2×高10.5cm 〈化粧箱入り〉 MADE IN JAPAN《日本製》 父の日・母の日・敬老の日・お誕生日のプレゼント他、ご結婚祝い・ 新築祝いなどの各種贈り物として、伝統工芸「九谷焼」ならではの独 特な魅力は、深く思い出に残るギフトとしてとても人気があります。 海外へのお土産や、記念品としてもお勧めです。 ■九谷焼とは 九谷焼は江戸時代初期、現在の石川県山中町九谷で初めて焼かれた ことから、その名がつけられました。 1873年のウィーン万国博覧会などの博覧会に出品されるなど、 九谷焼は国際的にも有名な、石川県で作られる焼き物です。 その最大の特徴は、華やかで美しい上絵付け色絵装飾にあります。 この「上絵付け」は、本焼した陶磁器の釉薬の上に文様を描き更に 窯で焼きます。このとき使用される絵の具が「九谷の五彩」と呼ば れる五色(赤・黄・緑・紫・紺青)で、色絵・五彩手と青手の二つ の種類があります。 九谷焼は、加賀百万石の伝統文化と歴史ロマンが凝縮した、まさに 日本が誇る芸術品の一つといえるでしょう。伝統工芸 九谷焼 《伝統》 変わることなく受け継がれてきた伝統美 《技法》 多用な美を生み出す 九谷の手仕事 数百年の時を経ても価値ある独特の美意識を備えた九谷焼。 赤、緑、黄、紫、紺青の五彩を巧にあやつり描く絵柄は、花鳥風月や山水人物、幾何学 模様など、繊細さと力強さを兼ね備えた見事な筆使いで表現されています。 匠の手から生まれるジャパンクタニの美は、世界中の人々を魅了してやみません。

和食器 トルコブルー銀彩楕円鉢  荒木義隆

うつわや悠々

3,780

和食器 トルコブルー銀彩楕円鉢 荒木義隆

食卓を少しいつもと違う雰囲気に変えたい時に ぴったりの和食器。 土味とどこか異国を想わせる色彩が絶妙に溶け合った作品。 使いやすい大きさと飽きのこないデザイン。 有名陶芸家の展覧会でしか手に入らない作品。 ■陶器 ■サイズ 縦約14.5cm横約16.5cm 高さ約6cm ■重量 約300g ■手触り ざらっとしています。荒木義隆/Yoshitaka Araki (Japan,Kyoto 1942 - ) 昭和17年京都生まれ。 昭和38年京都五条坂 河島浩三氏に師事。 昭和41年京都山科にて独立。 昭和43年炭山工芸村設立に参加。 工房を宇治市炭山に移転。 昭和54年新宿京王百貨店にて初個展。 毎年 東京、神戸、広島等にて個展を開催。 昭和55年招請を受け技術指導のため中国各地へ。 昭和63年招請を受け技術指導のためベトナムへ。 ハノイ市、ホーチミン市、他。 ベトナムにて作陶 以降毎年歴訪。 平成 2年招請を受けラオスへ。 ビエンチャンにて作陶 以降毎年歴訪。 平成 2年作品集「うつわあそび」発行。 平成 4年ベトナム、ラオス行 5年の区切りとして。 ハノイ・ビエンチャン・京都展 玉川高島屋。 平成4年能登門前町に穴窯 門前小僧窯を築窯。 平成4年ハノイにて現代の安南陶器展。 平成7年ハノイにて第二回現代の安南陶器展。

色銀彩小鳥ぐい呑

日本橋ギャラリー紫苑

5,400

色銀彩小鳥ぐい呑

サイズ 径 約6cm 高さ 約4.8cm 付属品 木製共箱、しおり 商品の特徴 新品 日本製(石川県)手描き、手作りのため、一点一点微妙に違います。またやきものの特性上、わずかな歪みや釉斑などがございます。 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。 ※此方の作品は複数のご注文承ります。当店の在庫数を超えたご注文の場合は、産地より取寄せ後のお届けとなります。メールにてお問合せいただければ、納期は後日当店よりご連絡いたします。加賀百万石の雅を今に伝える九谷焼 加賀前田藩百万石の伝統文化を、五彩の色絵にたくした九谷焼。その豪放華麗な独自の風格をもつ作風は、創始記「古九谷」以来三百五十年の歳月を経た現在も脈々と生き、金彩を加えていっそう華やかな上絵として伝わっています。百万石の雅をそのまま磁器にうつして、力強く、また優しく。重厚さと繊細さが織りなす色絵の世界こそ、九谷焼ならではの風情です。まさに、日本の文化を代表するだけでなく、世界に誇るいわば暮らしの芸術品であります。その格調にみちた九谷焼をご家庭に、ご贈答に。手づくりのあたたかさが伝わる伝統工芸品の粋を末々までご愛用下さい。 日展作家 柴田博峰 作 色銀彩小鳥ぐい呑 博峰窯 柴田 博 陶歴 昭和58年 第6回伝統九谷焼工芸展入選 以降20回入選 平成元年 日展評議員元金沢美術大学学長・北出不二雄先生に師事 第45回石川県現代美術展入選 以降14回入選 第11回日本新工芸展入選 出品作外務省買上げ 以降14回入選 第21回日展初入選 以降9回入選 平成2年 第13回伝統九谷焼工芸展 優秀賞受賞 九谷焼資料館永久保存 平成10年 第21回伝統九谷焼工芸展 優秀賞受賞 ...

銀彩組湯呑(夫婦)

日本橋ギャラリー紫苑

4,536

銀彩組湯呑(夫婦)

サイズ 大 径 約 7.3cm 高さ 約 8.9cm小 径 約 6.8cm 高さ 約 8.5cm 付属品 化粧箱、しおり 原産地 日本製 (石川県) 商品の特徴 新品、手描き手描き、手作りのため、一点一点微妙に違います。またやきものの特性上、わずかな歪みや釉斑などがございますが、不良品ではございません。 数 量 ※こちらの商品は当店に在庫がない場合、問屋・産地メーカーより取り寄せ後のお届けとなります。納期はメールにてご連絡申し上げます。 ギフト対応 可(紙箱、のし、包装)二重梱包でお届け 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。加賀百万石の雅を今に伝える九谷焼 加賀前田藩百万石の伝統文化を、五彩の色絵にたくした九谷焼。その豪放華麗な独自の風格をもつ作風は、創始記「古九谷」以来三百五十年の歳月を経た現在も脈々と生き、金彩を加えていっそう華やかな上絵として伝わっています。百万石の雅をそのまま磁器にうつして、力強く、また優しく。重厚さと繊細さが織りなす色絵の世界こそ、九谷焼ならではの風情です。まさに、日本の文化を代表するだけでなく、世界に誇るいわば暮らしの芸術品であります。その格調にみちた九谷焼をご家庭に、ご贈答に。手づくりのあたたかさが伝わる伝統工芸品の粋を末々までご愛用下さい。 銀彩組湯呑 加賀百万石の雅を今に伝える「銀彩組湯呑」をぜひ、この機会にご愛蔵下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク