メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「金山焼」検索結果。

金山焼の商品検索結果全23件中1~23件目

送料無料
九谷焼 憩い揃 鉄仙花/金山窯 送料無料 和食器 湯呑 急須 茶器 セット ギフト 人気 ペア 贈り物 結婚祝い/還暦 古希 米寿 祝い/

使う・贈る 九谷焼専門店 陶らいふ

14,040

九谷焼 憩い揃 鉄仙花/金山窯 送料無料 和食器 湯呑 急須 茶器 セット ギフト 人気 ペア 贈り物 結婚祝い/還暦 古希 米寿 祝い/

【九谷焼】 憩い揃 鉄仙花/金山窯【九谷焼】 憩い揃 鉄仙花/金山窯 商品説明 上品さと重厚感漂う 至福の器 地色の上に粒と称する細かい点の盛り上げを並べ、鮫皮のように表現する粒打(ちぶうち)技法。粒の大きさ、色、間隔の均一さで緻密なデザインをお楽しみ頂けます。落ち着いた重厚感と品の良さが備わっています。 お祝いの贈り物などに大変おすすめです。 商品詳細情報 商品サイズ 湯呑:径7×高さ8cm急須:360ml 箱の種類 化粧箱 作家 金山窯 用途や贈る相手に合わせて、8種類のギフト包装紙からご選択いただけます。 熨斗のご要望があれば、お申し付けください。用途に合わせた熨斗をご用意いたします。 贈り物と共に、相手へメッセージを伝えるお手伝いをいたします。無記入でメッセージカードのみも同梱可能です。 ご希望の方には、商品の大きさに合わせて、各種紙袋をご用意しております。 陶らいふ ギフト 行事一覧(こちらの商品は以下のような 贈り物 用途に適しています) 【おすすめ】伝統工芸品 石川県 金沢 和食器 九谷焼の贈答で"想い"を届ける 結婚祝い / 内祝い / 結婚式(引き出物) / 父の日 / 母の日 / 敬老の日 / 出産祝い / 成人祝い / 新築祝い / 還暦祝い / 快気祝い / 入学祝い / 就職祝い / 退職祝い / 引越し祝い / 独立・開業祝い / 誕生日祝い / 還暦祝い / 古希祝い / 喜寿祝い / 傘寿祝い / 米寿祝い / 金婚式 銀婚式 祝い / お中元 / お歳暮 /など その他「陶器 ギフト」として、 お土産 / 記念品 / お祝い返し / 粗品 /などとしても 人気 があります。

【金山焼 ドレッシングボール】津軽 テーブルウェア 食器 片口 和食器 陶器 case7 ギフト■ あす楽

arekore by HOTCHPOTCH

3,024

【金山焼 ドレッシングボール】津軽 テーブルウェア 食器 片口 和食器 陶器 case7 ギフト■ あす楽

日本の卓越した世界に誇れる技術、人、モノを国内外へ発信していくことをコンセプトにしたHIDDEN JAPANESE ARTISANSより金山焼のテーブルウェアです。10世紀まで産地であった須恵器の強い影響を受けた津軽金山焼きは釉薬を一切使わずに、1300度の高温でじっくり焼き上げて固める「焼き締め」の手法で、深みのある独特な風合を備えた焼き物です。金山の大溜池の底に堆積していた良質の粘土を風雪に耐えてきた大量の赤松で焼き上げた焼き物はその日の天候や温度によって1つ1つ表情が異なります。深みのある独特の風合いをそなえた陶器で洋食・和食問わず、食卓に味わいを深い雰囲気を与えてくれます。 商品詳細 素材 陶器 サイズ W18cm × D11cm × H7cm 重さ 307g 生産地 日本(青森) 備考 電子レンジ・オーブン 使用不可 注意 手仕事のため、色むらやサイズに若干の個体差がございます。予めご了承お願い致します。 対応サービス【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_メッセ入力】 【あす楽】【MS】こんなギフトにおすすめ【引越し祝い】【新築祝い】【結婚祝い】【引き出物】【誕生日プレゼント】金山焼 ドレッシングボウル   SPEC 素材 陶器 サイズ W18cm × D11cm × H7.5cm 重さ 307g 備考 電子レンジオーブン 使用不可 注意 手仕事のため、色むらやサイズに若干の個体差がございます。予めご了承お願い致します。

送料無料
酒器 ぐい呑 盃 杯 徳利 九谷焼 晩酌揃 月見うさぎ k5-1184

器茶房 彩庵

12,960

酒器 ぐい呑 盃 杯 徳利 九谷焼 晩酌揃 月見うさぎ k5-1184

※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。 徳利:320ml 盃:径7×高3.5cm 化粧箱入世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし...

ぐい呑 酒器 杯 九谷焼 盃 吉田屋牡丹 k5-1135

器茶房 彩庵

3,240

ぐい呑 酒器 杯 九谷焼 盃 吉田屋牡丹 k5-1135

※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。 径7.5×高3cm 化粧箱入世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし、所々に金彩を加えてあります...

送料無料
ワイングラス 九谷焼 ペアワインカップ 花詰 k5-1123

器茶房 彩庵

15,120

ワイングラス 九谷焼 ペアワインカップ 花詰 k5-1123

化粧箱入 径7.2×高さ15cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。予めご了承くださいませ。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし...

きゅうす ティーポット ポット 茶器 九谷焼 ポット急須 鉄仙 ap4-0426

器茶房 彩庵

3,456

きゅうす ティーポット ポット 茶器 九谷焼 ポット急須 鉄仙 ap4-0426

紙箱入 容量 310cc 茶こし付 ※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし、所々に金彩を加えてあります...

きゅうす ティーポット 茶器 九谷焼 ポット急須 吉田屋風 ap4-0429

器茶房 彩庵

4,104

きゅうす ティーポット 茶器 九谷焼 ポット急須 吉田屋風 ap4-0429

紙箱入 容量 400cc 茶こし付 ※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし、所々に金彩を加えてあります...

送料無料
杯 盃 九谷焼 ぐい呑 麒麟 山近泰 桐箱紐通し

器茶房 彩庵

21,600

杯 盃 九谷焼 ぐい呑 麒麟 山近泰 桐箱紐通し

※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。 桐箱紐通し 径7.8×高さ6.7cm世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし、所々に金彩を加えてあります...

送料無料
盃 杯 ぐい呑 九谷焼 馬上杯 彩 糠川孝之 桐箱紐通し

器茶房 彩庵

17,280

盃 杯 ぐい呑 九谷焼 馬上杯 彩 糠川孝之 桐箱紐通し

※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。 桐箱紐通し 径6.6×高さ10cm世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし、所々に金彩を加えてあります...

送料無料
盃 杯 ぐい呑 九谷焼 馬上杯 赤絵花文 鈴木朋子 桐箱

器茶房 彩庵

27,000

盃 杯 ぐい呑 九谷焼 馬上杯 赤絵花文 鈴木朋子 桐箱

※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。 桐箱 径5.8×高さ8.2cm世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし、所々に金彩を加えてあります...

ぐい呑 杯 酒器セット 九谷焼 組盃 時代絵 k5-1161

器茶房 彩庵

6,480

ぐい呑 杯 酒器セット 九谷焼 組盃 時代絵 k5-1161

※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。 径6.2×高3.3cm 化粧箱入世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし、所々に金彩を加えてあります...

送料無料
ワイングラス 九谷焼 ペアワインカップ 金箔彩 k5-1132

器茶房 彩庵

28,080

ワイングラス 九谷焼 ペアワインカップ 金箔彩 k5-1132

化粧箱入 径7.2×高さ15cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。予めご了承くださいませ。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし...

中皿 小皿 中鉢 小鉢 九谷焼 7号 皿揃 絵変わり 草花 ap4-0126

器茶房 彩庵

7,560

中皿 小皿 中鉢 小鉢 九谷焼 7号 皿揃 絵変わり 草花 ap4-0126

化粧箱入 前幅17cm 奥行12.5cm その他の九谷焼はこちらから⇒ その他の和皿はこちらから⇒世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし、所々に金彩を加えてあります...

送料無料
盃 杯 ぐい呑 徳利 酒器 セット 九谷焼 酒器揃 古九谷風花鳥 ap4-0806

器茶房 彩庵

23,760

盃 杯 ぐい呑 徳利 酒器 セット 九谷焼 酒器揃 古九谷風花鳥 ap4-0806

※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。 木箱入 徳利(径8.5×高さ18.5cm・容量350cc) 盃(口径6×高さ4cm)世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き...

子供食器 九谷焼 子供プレート 動物さん大好き ap4-0611

器茶房 彩庵

5,400

子供食器 九谷焼 子供プレート 動物さん大好き ap4-0611

※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。 化粧箱入 径23×高さ3cm世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし、所々に金彩を加えてあります...

一服碗 湯呑 九谷焼 いっぷく碗 (山近秦) 像の図 ap4-0560

器茶房 彩庵

8,640

一服碗 湯呑 九谷焼 いっぷく碗 (山近秦) 像の図 ap4-0560

※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。 化粧箱入 径9.5cm 高さ7.5cm 容量240cc世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし...

きゅうす ティーポット 茶器 九谷焼 ポット急須 小鳥の発表会 川合孝知 ap4-0439

器茶房 彩庵

6,264

きゅうす ティーポット 茶器 九谷焼 ポット急須 小鳥の発表会 川合孝知 ap4-0439

化粧箱入 容量 460cc 茶こし付 ※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし、所々に金彩を加えてあります...

送料無料
九谷焼 ペアフリーカップ 鉄仙唐草 送料無料 和食器 フリーカップ ペア 人気 ギフト セット 贈り物 結婚祝い/内祝い/お祝い/

使う・贈る 九谷焼専門店 陶らいふ

10,260

九谷焼 ペアフリーカップ 鉄仙唐草 送料無料 和食器 フリーカップ ペア 人気 ギフト セット 贈り物 結婚祝い/内祝い/お祝い/

【九谷焼】ペアフリーカップ 鉄仙唐草【九谷焼】ペアフリーカップ 鉄仙唐草 商品説明 九谷焼を代表する絵柄である粒打技法の作品。落ち着いた重厚感と品の良さが備わっています。贈り物・ギフトにおすすめです。 商品詳細情報 商品サイズ 口径8×高さ11.3cm 容量310cc 箱の種類 化粧箱 作家 金山窯 九谷焼 世界に誇るジャパンクタニ伝統が生み出した五彩の美ジャパン・クタニとして、世界中から評価され、その名を馳せる九谷焼。約360年の歴史と伝統の技が、現代にも継承され、あまたの人々に長く愛され続けています。豪放華麗な色絵装飾を中心とした、独特な風格を誇る石川県金沢の伝統工芸。鮮やかに日常生活を彩ります。九谷焼の作品の魅力は、五彩(赤・緑・黄・紫・紺青)を基調とした、その独自の色彩が重なりあって生まれる重厚感にあります。北国ならではの力強い素地に、優美な色絵装飾を施し、作品を作り上げられています。手にとった時に感じる、和絵具のなめらかな質感もきっと楽しんでいただけることでしょう。独自な個性を放ちながら、生活に深く息づいていく伝統工芸品「九谷焼」。どうぞ末永くご愛用ください。 用途や贈る相手に合わせて、8種類のギフト包装紙からご選択いただけます。 熨斗のご要望があれば、お申し付けください。用途に合わせた熨斗をご用意いたします。 贈り物と共に、相手へメッセージを伝えるお手伝いをいたします。無記入でメッセージカードのみも同梱可能です。 ご希望の方には、商品の大きさに合わせて、各種紙袋をご用意しております。 陶らいふ ギフト 行事一覧(こちらの商品は以下のような 贈り物 用途に適しています) 【おすすめ】伝統工芸品 石川県 金沢 和食器 九谷焼の贈答で"想い"を届ける 結婚祝い / 内祝い / 結婚式(引き出物) / 父の日 / 母の日 /...

送料無料
九谷焼 ペアマグカップ 鉄仙唐草 送料無料 和食器 マグカップ ペア 人気 ギフト セット 贈り物 結婚祝い/内祝い/お祝い/

使う・贈る 九谷焼専門店 陶らいふ

10,260

九谷焼 ペアマグカップ 鉄仙唐草 送料無料 和食器 マグカップ ペア 人気 ギフト セット 贈り物 結婚祝い/内祝い/お祝い/

【九谷焼】ペアマグカップ 鉄仙唐草【九谷焼】ペアマグカップ 鉄仙唐草 商品説明 九谷焼を代表する絵柄である粒打技法の作品。落ち着いた重厚感と品の良さが備わっています。贈り物・ギフトにおすすめです。 商品詳細情報 商品サイズ 口径8.3×高さ8.5cm 容量250cc 箱の種類 化粧箱 作家 金山窯 九谷焼 世界に誇るジャパンクタニ伝統が生み出した五彩の美ジャパン・クタニとして、世界中から評価され、その名を馳せる九谷焼。約360年の歴史と伝統の技が、現代にも継承され、あまたの人々に長く愛され続けています。豪放華麗な色絵装飾を中心とした、独特な風格を誇る石川県金沢の伝統工芸。鮮やかに日常生活を彩ります。九谷焼の作品の魅力は、五彩(赤・緑・黄・紫・紺青)を基調とした、その独自の色彩が重なりあって生まれる重厚感にあります。北国ならではの力強い素地に、優美な色絵装飾を施し、作品を作り上げられています。手にとった時に感じる、和絵具のなめらかな質感もきっと楽しんでいただけることでしょう。独自な個性を放ちながら、生活に深く息づいていく伝統工芸品「九谷焼」。どうぞ末永くご愛用ください。 用途や贈る相手に合わせて、8種類のギフト包装紙からご選択いただけます。 熨斗のご要望があれば、お申し付けください。用途に合わせた熨斗をご用意いたします。 贈り物と共に、相手へメッセージを伝えるお手伝いをいたします。無記入でメッセージカードのみも同梱可能です。 ご希望の方には、商品の大きさに合わせて、各種紙袋をご用意しております。 陶らいふ ギフト 行事一覧(こちらの商品は以下のような 贈り物 用途に適しています) 【おすすめ】伝統工芸品 石川県 金沢 和食器 九谷焼の贈答で"想い"を届ける 結婚祝い / 内祝い / 結婚式(引き出物) / 父の日 / 母の日 /...

送料無料
ワイングラス 盃 ぐい呑 九谷焼 ペアワイン 二趣 龍山 送料無料 ap4-0814

器茶房 彩庵

64,800

ワイングラス 盃 ぐい呑 九谷焼 ペアワイン 二趣 龍山 送料無料 ap4-0814

※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。予めご了承くださいませ。 化粧箱入 口径7×高さ9.5cm・容量100cc世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
うるしけんこうグラス 星座(小) さそり座漆芸よした華正工房製(ビアカップ/酒器/焼酎カップ/和食器/ギフト/母の日/父の日/敬老の日/誕生日祝)銀蒔絵名入れ無料!532P14Aug16

漆芸 よした華正工房

11,340

うるしけんこうグラス 星座(小) さそり座漆芸よした華正工房製(ビアカップ/酒器/焼酎カップ/和食器/ギフト/母の日/父の日/敬老の日/誕生日祝)銀蒔絵名入れ無料!532P14Aug16

ギフト対応 職人蒔絵名入れ詳細はこちら ※側面名入れの場合、星座の描かれた面の反対側へ名入れをいたします。 ご好評につき送料無料とさせて頂きます サイズ 直径8.8cm×高さ8.9cm 重量 本体重量:86g 材質 木合素地(木粉と合成樹脂との成形品;木粉を50%以上使用),天然漆,銀 色 黒色(銀研ぎ出し蒔絵) 商品説明 職人からの直送なので、手が掛かっても価格がお手頃です。 [製造工程]銀梨子地加工技術・純国産の品質は維持しつつ、お客様にもっとお買い求めやすくできるよう木合素地を採用し製造致しました。 (1)素地成形工程:木粉(50%以上)+樹脂の材料で素地を成形(国産)。 (2)蒔絵工程:漆芸 よした華正工房による、内側銀梨子地研出加工。 銀河をイメージしました。 外側は夜空を表現した研ぎ出し蒔絵に、螺鈿を使った銀蒔絵で星座を描きました。 [ご使用方法] 漆器だからと言って特別気を遣う必要はありません。通常の食器同様、柔らかいスポンジと台所洗剤を使い洗って下さい。水に長時間浸して置くことと、電子レンジの使用は、お避け下さい。 ※食洗機のご使用はお避け下さい。「うるしけんこう酒器・フリーカップシリーズ」は 平成25年度石川ブランド製品に認定されました! 保冷性はガラスと比較して約1.5倍!保温性も陶磁器の約1.1倍! 冷たいものはより冷たく、温かいものはより温かくお召し上がりになれます! 酒器の名入れの詳細についてはこちら ・当商品は急なギフトにも喜んで対応させて頂きます! ・本州・四国・福岡県については12時までご注文下さいました場合、翌日配送可能です。 ※但し、お支払方法が「銀行振込」の場合は、ご入金確認後の発送となります。 ※「名入れ」ご指定された場合は発送までに2~3営業日要します。ご了承ください。 ・「のし」...

送料無料
うるしけんこうグラス 星座(小) てんびん座漆芸よした華正工房製(ビアカップ/酒器/焼酎カップ/和食器/ギフト/母の日/父の日/敬老の日/誕生日祝)名入れ無料!

漆芸 よした華正工房

11,340

うるしけんこうグラス 星座(小) てんびん座漆芸よした華正工房製(ビアカップ/酒器/焼酎カップ/和食器/ギフト/母の日/父の日/敬老の日/誕生日祝)名入れ無料!

ギフト対応 職人蒔絵名入れ詳細はこちら ※側面名入れの場合、星座の描かれた面の反対側へ名入れをいたします。 ご好評につき送料無料とさせて頂きます サイズ 直径8.8cm×高さ8.9cm 重量 本体重量:86g 材質 木合素地(木粉と合成樹脂との成形品;木粉を50%以上使用),天然漆,銀 色 黒色(銀研ぎ出し蒔絵) 商品説明 職人からの直送なので、手が掛かっても価格がお手頃です。 [製造工程]銀梨子地加工技術・純国産の品質は維持しつつ、お客様にもっとお買い求めやすくできるよう木合素地を採用し製造致しました。 (1)素地成形工程:木粉(50%以上)+樹脂の材料で素地を成形(国産)。 (2)蒔絵工程:漆芸 よした華正工房による、内側銀梨子地研出加工。 銀河をイメージしました。 外側は夜空を表現した研ぎ出し蒔絵に、螺鈿を使った銀蒔絵で星座を描きました。 [ご使用方法] 漆器だからと言って特別気を遣う必要はありません。通常の食器同様、柔らかいスポンジと台所洗剤を使い洗って下さい。水に長時間浸して置くことと、電子レンジの使用は、お避け下さい。 ※食洗機のご使用はお避け下さい。「うるしけんこう酒器・フリーカップシリーズ」は 平成25年度石川ブランド製品に認定されました! 保冷性はガラスと比較して約1.5倍!保温性も陶磁器の約1.1倍! 冷たいものはより冷たく、温かいものはより温かくお召し上がりになれます! 酒器の名入れの詳細についてはこちら ・当商品は急なギフトにも喜んで対応させて頂きます! ・本州・四国・福岡県については12時までご注文下さいました場合、翌日配送可能です。 ※但し、お支払方法が「銀行振込」の場合は、ご入金確認後の発送となります。 ※「名入れ」ご指定された場合は発送までに2~3営業日要します。ご了承ください。 ・「のし」...

大阪錫器 ぐい呑 さざれ【桐箱入】【名入れ不可】 【プレゼント/贈り物/贈答品/ギフト/お祝い/錫婚式/敬老の日/父の日/タンブラー/ジョッキ/コップ/杯】

風船唐綿

4,320

大阪錫器 ぐい呑 さざれ【桐箱入】【名入れ不可】 【プレゼント/贈り物/贈答品/ギフト/お祝い/錫婚式/敬老の日/父の日/タンブラー/ジョッキ/コップ/杯】

サイズ φ 4.5cm×H 5.0cm 容量: 55ml 本錫100%でできたぐい呑です。 錫は他の金属やガラス、陶器より非常に熱伝導性が高く 錫器はビールなどの冷たいものや、お酒の冠付けに優れています。 又錫から空気への熱伝達率は、ガラス等に比べ低く、保温性が良く 冷たさや温かさが持続し夏場でも器の結露がでません! 更に錫器は不純物を取り除く電解質効果とイオン効果でまろやかに美味しく本来のお酒の味を嗜めます♪ 大阪錫器製造の錫製品は職人が魂を込めてひとつひとつ創り上げた本錫100%の商品で、『金属缶規格基準』における試験結果が基準値以下と分析されている安全な器です。 試験成績書発行年月日 2003年05月14日 試験成績書発行番号 第203042040-001号 試験依頼先 (財)日本食品分析センター 2011年11月24日 毎日放送『ちちんぷいぷい』で紹介されました。 ♪本錫の器で至高の嗜みをお試しください!!! 特別な人への贈り物や大切な人とペアで素敵な時間を・・・♪ ※注意※ 手作りの為、色・形・サイズ等が写真と多少異なる場合がございます。予めご了承ください。【 大阪錫器 / ぐい呑 さざれ 】

父の日ギフトにおすすめ京焼 清水焼 銹粉引ぐい呑 木野窯

京焼清水焼専門店 松韻堂

3,780

父の日ギフトにおすすめ京焼 清水焼 銹粉引ぐい呑 木野窯

ギフト対応 清水焼の木野窯、木村宜正の銹粉引の酒盃です。凛とした井戸型に仕上げています。 土の持つ風合いを、そのまま感じる事が出来る酒器です。 ◆当店の京焼清水焼はご自分用だけでなく、 贈り物やお返し、プレゼントに大変喜んで頂いております。 【贈答用】母の日 父の日 敬老の日 バレンタイン ホワイトデー 誕生日プレゼント 【季節の贈答品】 御歳暮 御中元 暑中見舞 寒中見舞 【祝い事・お返し】 御礼 引出物 結婚祝 内祝 御祝 出産祝 新築祝い 【家族の御祝】節句祝 還暦祝 古希祝 喜寿祝 傘寿祝 米寿祝 卒寿祝 白寿祝 【外国への土産】外国の方へのお土産、プレゼント 【記念品】景品 記念品 開店記念 開業記念 配り物 他に人生の節目や、粗供養などにもご利用ください。楽天国際配送対象商品(海外配送)詳細はこちらです。 Rakuten International Shipping ItemDetails click here京焼清水焼の木野窯、木村宜正の銹粉引ぐい呑です。 萩焼のような枇杷肌。ぐい呑は朝鮮陶の井戸茶碗を彷彿とさせる風合い。凛とした井戸型に仕上げています。 土の持つ風合いを、そのまま感じる事が出来るぽってりした 大らかな酒器です。 鉄粉や長石釉のかいらぎ、濃淡、釉がけの指跡やかけむら、 僅かに残るロクロ目が器に変化を与えています。 枇杷色の粉引の質感が詫びた風情を醸しだしています。 京焼では珍しい粉引。 作家ものならではの手作りゆえの味わい。 確かな作者の力量を感じてみてください。 ◆商品番号 8282 銹粉引ぐい呑 木野窯 ■手洗い ◎ 食器洗浄機 × 電子レンジ × ■寸法 直径8.5cm 高さ4.5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 ■午後3時までのご注文で翌日到着可能です。■...

シャンパングラス S 金箔 /能作/錫製 ワイングラス/金銀/おしゃれ/シャンペン/プレゼント/祝い酒/酒器/グラス/パーティ/春/快気/長寿/父/母/親/記念日/喜寿/引き出物/披露宴/祝い/上品...

ココショク 日本の手仕事雑貨

9,180

シャンパングラス S 金箔 /能作/錫製 ワイングラス/金銀/おしゃれ/シャンペン/プレゼント/祝い酒/酒器/グラス/パーティ/春/快気/長寿/父/母/親/記念日/喜寿/引き出物/披露宴/祝い/上品...

シャンパングラス S 金箔 ■サイズ:高さ162 × 直径58(mm) ■箱サイズ:H65 × W170 × D70(mm) ■重さ:245g (箱重量含む:324g) ■容量:130cc ■マテリアル:本錫100%、金箔 ■製造:日本製 富山県高岡市 シャンパンが輝く金箔のグラス。 富山県高岡市の伝統産業である「鋳物」の加工技術で培われた鋳造技術をもとに、純錫(100%)を用いて製作しています。本シャンパングラスは、金沢の伝統である金箔とのコラボ商品です。石川県の箔職人が金箔をあしらっています。金箔の美しい輝きが、シャンパンを引き立てます。約130cc入ります。冷蔵庫で1-2分冷やして頂くと、一層美味しく頂けます。 ひとまわり大きなシャンパングラス Lもございます。 能作さんは大正5年より、富山県高岡市に400年もの間受け継がれてきた鋳造技術を用いて、仏具や花器、茶道具の製造を中心に始まった会社です。 そして近年では、創業当時よりじっくりと培われてきた高度な成形鋳造法、仏具製造に携わってきた者としての深い完成度へのこだわりには忠実なまま、数々の素晴らしいインテリア小物や建築金物を生み出しています。 「より能(よ)い鋳物を、より能(よ)く作る」 進化を続ける高岡銅器の受け継ぎ手の作品を、どうぞご覧ください。シャンパングラス S 金箔 (左) ■サイズ:高さ162 × 直径58(mm) ■重さ:245g ■容量:130cc ■マテリアル:錫100%、金箔 ■製造:富山県高岡市 富山県高岡の地で100年以上愛され続ける錫の鋳造技術 株式会社 能作 より能(よ)い鋳物を、より能(よ)く作る。そんな思いが込められた能作は、技術と素材を最大限に生かすデザインを探求し続け、富山県高岡の地で人に愛され 地域に誇れるものづくりを目指しています。 ...

送料無料
九谷焼 ぐい呑み 白粒鉄仙(ぐいのみ ぐい呑 おちょこ)(プレゼント ギフト 推薦品)

和座 和風空間創造工房

5,400

九谷焼 ぐい呑み 白粒鉄仙(ぐいのみ ぐい呑 おちょこ)(プレゼント ギフト 推薦品)

■作品のお取り扱いについてご注意下さい 【食器洗浄機】 絵柄の美しさ保持の為、食器洗浄機はご遠慮下さい 【電子レンジ】電子レンジではご使用になれません こんな時にお薦めです 記念品/結婚祝い/誕生日プレゼント/金婚御祝い/上場記念/開店祝/内祝い/快気祝い/父の日/母の日/敬老の日などの贈り物に最適 【無料】のし ラッピング ギフトカード 配送日指定 結婚記念日【磁器婚式(20周年)】【銀婚式(25周年)】【真珠婚式(30周年)】【珊瑚婚式(35周年)】【ルビー婚式(40周年)】【金婚式(50周年)】【ダイヤモンド式(60周年)】 ご長寿御祝い【古希(70歳)】【喜寿(77歳)】【傘寿(80歳)】【米寿(88歳)】【卒寿(90歳)】【白寿(99歳)】【退職祝い】店舗内移動ナビ トップページ >> ぐい呑・盃・酒器セット一覧 高精度な転写技術にて九谷焼の色彩を再現した汎用仕様の器です。極細な点描と器の内側に配された細字、実際に手仕事で行うと想像を超える時間を費やし非常に高価なものとなりますが今回、転写技術にて忠実に再現する事ができました。お酒は量が飲めれば楽しかった若かりし頃、それが30代になり味にこだわるようになり色々な銘柄を呑む事が楽しいと思えるようになる、30歳半ば、酒の器に興味がわき、まずぐい呑を集め始めた。ぐい呑というのは集めてみて知ったのだが、その形状は幾万種類、デザインも星の数だけある。「ぐい呑」という正しい規定があるわけではなく作品によっては盃と区別がつかない平たい形のものであったり、また湯呑かと思うような大きなものもある。あくまでもお酒を楽しむ人が自分にあった一番、都合の良い器、それが「ぐい呑」ではないでしょうか。だからこそコレクション性の高い器になったのかもしれませんね。 写真左...

スポンサーリンク
スポンサーリンク