メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「赤絵食器」検索結果。

赤絵食器の商品検索結果全2,016件中1~60件目

源右衛門窯 赤絵梅地紋湯呑

有田焼 伊万里焼 唐津焼の店 貴陶

9,720

源右衛門窯 赤絵梅地紋湯呑

径約7.0cm 高さ約7.5cm 化粧箱温故知新そして優しさを備えた器 柿右衛門窯、今右衛門窯とならべて有田の三右衛門の一つといわれている源右衛門窯は、日本はもちろんのこと世界でもその名を知られる存在です。ローマ法王が来日した際の晩餐会では、ティファニーとのコラボレーションによる器が使用されました。このように日本の外交シーン等での調度品や献上品としても選ばれています。伝統と気品、ぬくもりとおおらかさを兼ね備えた器は国内外で高く評価されています。 今も生きる窯の職人技 作陶に対するこだわりは土もみに始まり、カンナ、ろくろ成形、下絵付け、窯焚き、そして上絵付けという一連の作業は、手間を惜しまぬ昔ながらの職人の技によって代々受け継がれてきました。源右衛門窯の作品はそれぞれの職人が受け持つ手技が隅々まで生きている器とも言えます。 炎を知り尽くした窯焚き師の技 今では有田焼きもガス窯が主流となりましたが、現在も源右衛門窯では昔ながらの薪の窯が現役で活躍しています。薪はおもに赤松が使われます。 陶器とは違い灰を被っては商品にならない磁器は、サヤと呼ばれる焼成用のケースに入れられ焼成されます。そのサヤを置く位置や高さで器の焼き上がりが微妙に違ってきます。炎を知り尽くした職人のカンが要求される技術です。火入れから焚き終りまでの二日間は不眠不休の作業となります。そしてゆっくりと窯が冷まされた後、ようやく器の窯出しになります。 源右衛門窯作品につきましては、現在製作されている物も含めて基本的には全てご注文頂けます。 当店取扱の源右衛門窯作品の一覧はコチラです→ 商品ページに掲載されていない作品をご所望のお客様、是非、お気軽に ec@takatoh.comまでお問い合わせ下さいませ。 ・飯碗・丼・麺鉢・湯呑(単品)・組湯呑・湯呑揃・急須、ポット・碗皿...

楽天イーグルス応援
九谷焼 ペアスープカップ 山帰来 ap4-0422

器茶房 彩庵

7,560

九谷焼 ペアスープカップ 山帰来 ap4-0422

化粧箱入 径12×高さ5cm ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ その他の和皿はこちらから⇒世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし...

楽天イーグルス応援
送料無料
赤絵平八龍小茶碗

Amazon

8,800

赤絵平八龍小茶碗

京焼き清水焼の代表作。 五爪の龍、平八龍ご飯茶碗の、小茶碗です。平八の赤い龍は珍しいです。 約直径10センチ、ダイエットや少食のかたにぴったりのサイズです。 古の昔、五条の平八が始めたことで有名なこの平八龍の絵付け、 京都では五爪の龍として、出世の縁起を担いで代々男の人に使わせているご家庭も多いです。 正面の龍の絵付け。京都独特、平八独特の龍です。 中国の陶磁器のように精緻に描くと言うよりむしろ豪快に筆の勢いを活かした速筆で描かれています。 龍につきものの長く炎が伸びる火炎宝珠、雲や雷の菱文も龍の肢体の隙間にびっしり描かれています。 力強い龍の体。鱗一枚一枚まで手描きです。 昭和の京都、男は龍、女は網でたべるものとされ、特に平八の龍は出世の縁起物。 割れてもこのお茶碗をいまでも買い足して代々使っておられるご家庭が多いです。 内側は真っ白。芳山さんのご飯茶碗はどれも驚くほど軽いです。 京都の出世の縁起物の茶碗、平八五爪龍。 五本爪の龍といえば、ご存知のように「皇帝」のみが所持できた最高位の龍です。 ◆商品番号 3708 平八龍小茶碗 赤 芳山 ■食器洗浄機 電子レンジ OK ◆寸法 直径10.5cm×高さ5cm 重さ100g 化粧箱付 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。

源右衛門窯 赤絵梅花丸紋濃飯碗

有田焼 伊万里焼 唐津焼の店 貴陶

7,560

源右衛門窯 赤絵梅花丸紋濃飯碗

径約11.1cm 高さ約6.2cm 化粧箱温故知新そして優しさを備えた器 柿右衛門窯、今右衛門窯とならべて有田の三右衛門の一つといわれている源右衛門窯は、日本はもちろんのこと世界でもその名を知られる存在です。ローマ法王が来日した際の晩餐会では、ティファニーとのコラボレーションによる器が使用されました。このように日本の外交シーン等での調度品や献上品としても選ばれています。伝統と気品、ぬくもりとおおらかさを兼ね備えた器は国内外で高く評価されています。 今も生きる窯の職人技 作陶に対するこだわりは土もみに始まり、カンナ、ろくろ成形、下絵付け、窯焚き、そして上絵付けという一連の作業は、手間を惜しまぬ昔ながらの職人の技によって代々受け継がれてきました。源右衛門窯の作品はそれぞれの職人が受け持つ手技が隅々まで生きている器とも言えます。 炎を知り尽くした窯焚き師の技 今では有田焼きもガス窯が主流となりましたが、現在も源右衛門窯では昔ながらの薪の窯が現役で活躍しています。薪はおもに赤松が使われます。 陶器とは違い灰を被っては商品にならない磁器は、サヤと呼ばれる焼成用のケースに入れられ焼成されます。そのサヤを置く位置や高さで器の焼き上がりが微妙に違ってきます。炎を知り尽くした職人のカンが要求される技術です。火入れから焚き終りまでの二日間は不眠不休の作業となります。そしてゆっくりと窯が冷まされた後、ようやく器の窯出しになります。 源右衛門窯作品につきましては、現在製作されている物も含めて基本的には全てご注文頂けます。 当店取扱の源右衛門窯作品の一覧はコチラです→ 商品ページに掲載されていない作品をご所望のお客様、是非、お気軽に ec@takatoh.comまでお問い合わせ下さいませ。 ・飯碗・丼・麺鉢・湯呑(単品)・組湯呑・湯呑揃・急須、ポット・碗皿...

楽天イーグルス応援
スポンサーリンク
スポンサーリンク