メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「赤絵陶器」検索結果。

赤絵陶器の商品検索結果全3,971件中1~60件目

送料無料
源右衛門窯 赤絵梅紋朝杯

有田焼 伊万里焼 唐津焼の店 貴陶

12,960

源右衛門窯 赤絵梅紋朝杯

碗 径 約9.0cm 高 約7.0cm 皿 径 約16cm 高 約2.5cm 化粧箱温故知新そして優しさを備えた器 柿右衛門窯、今右衛門窯とならべて有田の三右衛門の一つといわれている源右衛門窯は、日本はもちろんのこと世界でもその名を知られる存在です。ローマ法王が来日した際の晩餐会では、ティファニーとのコラボレーションによる器が使用されました。このように日本の外交シーン等での調度品や献上品としても選ばれています。伝統と気品、ぬくもりとおおらかさを兼ね備えた器は国内外で高く評価されています。 今も生きる窯の職人技 作陶に対するこだわりは土もみに始まり、カンナ、ろくろ成形、下絵付け、窯焚き、そして上絵付けという一連の作業は、手間を惜しまぬ昔ながらの職人の技によって代々受け継がれてきました。源右衛門窯の作品はそれぞれの職人が受け持つ手技が隅々まで生きている器とも言えます。 炎を知り尽くした窯焚き師の技 今では有田焼きもガス窯が主流となりましたが、現在も源右衛門窯では昔ながらの薪の窯が現役で活躍しています。薪はおもに赤松が使われます。 陶器とは違い灰を被っては商品にならない磁器は、サヤと呼ばれる焼成用のケースに入れられ焼成されます。そのサヤを置く位置や高さで器の焼き上がりが微妙に違ってきます。炎を知り尽くした職人のカンが要求される技術です。火入れから焚き終りまでの二日間は不眠不休の作業となります。そしてゆっくりと窯が冷まされた後、ようやく器の窯出しになります。 源右衛門窯作品につきましては、現在製作されている物も含めて基本的には全てご注文頂けます。 当店取扱の源右衛門窯作品の一覧はコチラです→ 商品ページに掲載されていない作品をご所望のお客様、是非、お気軽に ec@takatoh.comまでお問い合わせ下さいませ。 ・飯碗・丼・麺鉢・湯呑...

源右衛門窯 赤絵梅地紋湯呑

有田焼 伊万里焼 唐津焼の店 貴陶

9,720

源右衛門窯 赤絵梅地紋湯呑

径約7.0cm 高さ約7.5cm 化粧箱温故知新そして優しさを備えた器 柿右衛門窯、今右衛門窯とならべて有田の三右衛門の一つといわれている源右衛門窯は、日本はもちろんのこと世界でもその名を知られる存在です。ローマ法王が来日した際の晩餐会では、ティファニーとのコラボレーションによる器が使用されました。このように日本の外交シーン等での調度品や献上品としても選ばれています。伝統と気品、ぬくもりとおおらかさを兼ね備えた器は国内外で高く評価されています。 今も生きる窯の職人技 作陶に対するこだわりは土もみに始まり、カンナ、ろくろ成形、下絵付け、窯焚き、そして上絵付けという一連の作業は、手間を惜しまぬ昔ながらの職人の技によって代々受け継がれてきました。源右衛門窯の作品はそれぞれの職人が受け持つ手技が隅々まで生きている器とも言えます。 炎を知り尽くした窯焚き師の技 今では有田焼きもガス窯が主流となりましたが、現在も源右衛門窯では昔ながらの薪の窯が現役で活躍しています。薪はおもに赤松が使われます。 陶器とは違い灰を被っては商品にならない磁器は、サヤと呼ばれる焼成用のケースに入れられ焼成されます。そのサヤを置く位置や高さで器の焼き上がりが微妙に違ってきます。炎を知り尽くした職人のカンが要求される技術です。火入れから焚き終りまでの二日間は不眠不休の作業となります。そしてゆっくりと窯が冷まされた後、ようやく器の窯出しになります。 源右衛門窯作品につきましては、現在製作されている物も含めて基本的には全てご注文頂けます。 当店取扱の源右衛門窯作品の一覧はコチラです→ 商品ページに掲載されていない作品をご所望のお客様、是非、お気軽に ec@takatoh.comまでお問い合わせ下さいませ。 ・飯碗・丼・麺鉢・湯呑(単品)・組湯呑・湯呑揃・急須、ポット・碗皿...

スポンサーリンク
スポンサーリンク