メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「豆皿」検索結果。

豆皿の商品検索結果全1,917件中1~60件目

MAME 有田焼豆皿1枚[amabro/アマブロ]

ディノス

1,404

MAME 有田焼豆皿1枚[amabro/アマブロ]

日本の食文化には欠かせない豆皿。有田焼の産地とamabroの伝統×アートのコラボレーションによって生まれた現代の豆皿がここに 【商品説明】日本の食卓では当たり前のように存在している豆皿。小さなおかずを乗せたり、お茶菓子を乗せたり、醤油の受け皿として、多様なシーンで複数枚使われる万能小皿です。amabroの豆皿は、万能で使用シーンが多い豆皿をより楽しむためのデザインになっています。独特なオリジナル型のユニークなフォルムと伝統柄にオンプリントされた金彩が食卓のアクセントとなり、食事シーンを華やかに彩ります。家族で形違いを揃えたり、気分に合わせて使い分けても。そば猪口と同様に大変コレクターの多い豆皿に着目し。室町時代以降、狭い膳という規格で一人分の食事が用意されるという日本独特の食事形式は、大きすぎない器の需要を促しました。先人の残した小さくても偉大な器の世界を伝えたい想いで製作。【素材の特性】上絵の金はレンジ不可です。【ブランドプロフィール】2006年 アーティスト村上周がプロデュースするブランドとして始動。コンセプトは表現の再構築。既に存在しているさまざまなジャンルの創造物を見つめ直し、amabroが考えるアートの視点から作品を企画し生産するプロジェクト。現在の生活に即したプロダクトとアートの橋渡しが出来るように、多方面とコラボレーションも精力的に展開。【ブランドコンセプト】日本人が四季を大切にするように、手作りで家族の心を潤すように、デザインとアートを生活の一部として接している文化があります。かたちは違えど、生活を豊かにするという共に通じる想いを私たちamabroは提案します。アートを日々の生活の中に。◆amabro/アマブロのすべての商品はこちらからご覧いただけます。◆amabro/アマブロの特集記事はこちら。##>...

【砥部焼 スギウラ工房】丸紋の角豆皿

砥部焼の和食器 【砥部工房 唐草】

1,944

【砥部焼 スギウラ工房】丸紋の角豆皿

丸紋の角豆皿 和風の紋様がかわいい手のひらサイズの小さな角皿。 スギウラ工房すぎうらこうぼう 5種類の丸い絵柄がかわいらしい、1辺が8cmの角小皿。ふちが立ち上がっています。平らな部分は6cm×6cmくらい。角は丸みを帯びています。きちんとした正方形ではなく手仕事らしい曲線が生かされています。底には「aya」のサイン。 重なりもいいです。3枚重ねても4cmほどの高さ。はがきと比べて。 小さいけれど、存在感ある角皿。お茶のひとときにお菓子を盛っても楽しい♪お漬物などを盛っても。おつまみを少し盛っても様になります。藍色の濃淡だけで、表現された紋様。手描きらしい柔らかいタッチで大人っぽいキュートさが魅力。 手づくり・手描きですので、角皿ひとつひとつ若干の違いがあります。これくらいの大きさ。 商品の詳細につきまして 商品名 丸紋の角豆皿 商品番号 SU008 サイズ 約8.5cm×8.5cm×高さ1.8cm窯出し時期などによって多少の違いがございます 電子レンジ ○ 重さ・容量 90g前後 オーブン ○ 色・特徴 なめらかな白磁 藍色の染付け窯出し時期などによって多少の違いがございます 食洗機 ○ ●手作り品のため、ひとつひとつ、形・大きさ・絵付けの色合いなど微妙に異なります。 画像、表示サイズとまったく同じではございませんこと、何卒ご了承ください。●基本的に金彩以外はオーブンをお使いいただけますが、藍色以外の色絵付けは変色の可能性がございます。

倉敷意匠 kata kata 印判手豆皿 オラウータン

プロキッチン

1,080

倉敷意匠 kata kata 印判手豆皿 オラウータン

ギフト対応について 詳しくはこちらを ご覧下さい。 サイズ(目安) W11×D8×H1.5cm 材質 磁器 使用区分 電子レンジ ○、食洗機 ○、オーブン × 原産国 日本 スタッフのおすすめポイント 倉敷意匠と型染ユニットkata kataとのコラボレーションにより誕生した、可愛らしい印判皿シリーズに新しい仲間が登場です。こちらは、オラウータンをモチーフにした豆皿です。もこもことした毛のデザインやのっそりとした大きな体など、オラウータンの特徴をkata kataらしいタッチでデザインしています。豆皿の形状はオラウータンのシルエットに模られているため、小さくても食卓での存在感は抜群ですね。同じ商品なら重ねて収納できますのでまとめ買いも安心です。ちょっとした箸休めのお漬物を盛り付けたり、チョコレートやクッキー、アクセサリーなどのトレイとしても。 ■この商品について KATA KATA は松永武さんと高井知絵さんご夫婦による型染めユニットで、主に型染め、注染、プリントによるオリジナルの染布を制作しています。動物、昆虫、植物、風景・・・など日々の暮らしの中で感じるそれら全てに物語を想像しながら、会話が生まれるデザインを手掛けています。手にしたとき、目にしたとき、映像がふわーと浮かび上がるような温かな雰囲気とちょっとした遊び心が魅力です。 ■ご購入前にご確認ください(印判手皿についてのご注意) ●この商品は、印判手の印刷手法である「銅版転写法」という印刷による絵付けを一枚一枚手作業で印刷しております。 「銅版転写法」とは、呉須(ゴス)と呼ばれる顔料で和紙に印刷した転写紙から、絵柄を素焼き生地に写し取るものです。 その為、絵柄のカスレや切れ・にじみ・色抜け・色ムラといったものがなにかしら含まれております。 これらは印刷の不具合や不良品ではなく...

スポンサーリンク
スポンサーリンク