メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「萬古焼」検索結果。

萬古焼の商品検索結果全3,855件中1~60件目

●5〜6人用● 日本製 萬古焼 IH対応土鍋 銀峯花三島 10号 200V電磁対応

キッチングッズ柳屋 楽天市場店

9,310

●5〜6人用● 日本製 萬古焼 IH対応土鍋 銀峯花三島 10号 200V電磁対応

商品名 萬古焼 IH対応土鍋 銀峯花三島 10号 商品説明 テレビなどでおなじみ土鍋の代表作が電磁調理器に対応しました!30年以上も不変のデザインは長年日本人に愛されている証拠です。主に5〜6人用です。美味しいお鍋を仲間や家族とお楽しみ下さい♪ 材質 耐熱陶器(萬古焼) 規格/サイズ 外径31x34cm 深さ9.5cm 高さ(蓋含む)16.5cm 容量:4.0L メーカー/販売元 銀峯陶器株式会社 / 日本製 備考 【対応熱源】ガス・炭火・カセットコンロ・100/200V電磁調理器 【使用人数目安】5〜6人  その他のサイズはこちらから!  IH対応土鍋はこちら! 萬古焼 土鍋 銀峯花三島 5号深型 (1人用) 萬古焼 土鍋 銀峯花三島 5.5号深型 (1人用) 萬古焼 土鍋 銀峯花三島 6号深型 (1人用) 萬古焼 土鍋 銀峯花三島 7号深型 (1〜2人用) 萬古焼 土鍋 銀峯花三島 8号深型 (2〜3人用) 萬古焼 土鍋 銀峯花三島 9号深型 (4〜5人用) 萬古焼 土鍋 銀峯花三島 10号深型 (5〜6人用) 萬古焼 IH対応土鍋 銀峯花三島 7号 (1〜2人用) 萬古焼 IH対応土鍋 銀峯花三島 8号 (2〜3人用) 萬古焼 IH対応土鍋 銀峯花三島 9号 (4〜5人用) 萬古焼 IH対応土鍋 銀峯花三島 10号 (5〜6人用)【日本製】萬古焼 IH対応土鍋 銀峯花三島 10号 ●「銀峯」シリーズの願い● 〜時代の「粋」、とこしえの「美」・・・人と器、一期一会の折にまごころを込めて〜 今日では「調理器具の造りがよく、飽きの来ないデザイン」が求められています。 「土鍋 銀峯花三島」のそのデザインは30年以上の長きにわたり、デザインを変えることなく様々な家庭で愛されてきました。 そのデザインは現代では少し古く地味な印象を持つかもし...

日本製 萬古焼 7合炊 ごはん鍋 三鈴窯 ご飯鍋

鉢マニア

3,360

日本製 萬古焼 7合炊 ごはん鍋 三鈴窯 ご飯鍋

商品詳細 商品番号 33-14-09-SL 商品名 日本製 萬古焼 7合炊 ごはん鍋 サイズ 7合炊 ○24cm 高さ20cm ご使用前に 土鍋を使う前には、土のにおいがついていて、水がしみこみやすい状態です。そのため、目止めというお手入れをします。目止めをすることで土鍋の土を引き締め、においや汚れがつくのを防ぎます。目止めにはおかゆを作る、野菜くずを煮る、小麦粉を煮るなどといった方法があります。頻繁にご飯やお粥を作っている場合は、既に目止めの効果があるかもしれませんが、久しぶりに土鍋を出したときは、お手入れのときに目止めをしておきましょう。しっかり膜をつけて、おかゆを炊いたあとは普通に水洗いします。 取扱注意 土鍋を使うときは、濡れたまま火にかけないようにします。温度変化に対応しきれず、割れてしまいます。揚げ物もしないでください。土鍋の中にご飯や料理を長い時間入れっぱなしにしないようにします。においや色が残ったり、カビや雑菌が繁殖することもあります。また、土鍋を洗うとき、長時間水や洗剤の中に漬けておかないようにします。無意識のうちに置きっぱなしにしてしまうこともあるかもしれませんが、洗剤や汚れを吸ってしまいます。土鍋の底には釉薬が塗られていないため、たわしやクレンザーを使ってこすると傷がつくことがあります。ひび割れの原因にもなるので、土鍋の底はスポンジを使って優しく水洗いしてくださいね。 ご使用後のお手入れ方法 熱に弱いので、熱くなった土鍋をいきなり水で洗うと割れることがあります。土鍋は一度冷ましてから洗います。乾かさないとカビの原因になってしまうので、布巾で拭いて風通しの良いところに収納します。弱火にかけて水分を飛ばす方法もありますが、土鍋によっては割れてしまうこともあります。しばらく使わないときはエアーキャップにくるんでテープな...

日本製 萬古焼 3合炊 ごはん鍋 三鈴窯 ご飯鍋

鉢マニア

1,890

日本製 萬古焼 3合炊 ごはん鍋 三鈴窯 ご飯鍋

商品詳細 商品番号 33-14-11-SL 商品名 日本製 萬古焼 3合炊 ごはん鍋 サイズ 3合炊 ○18cm 高さ15cm ご使用前に 土鍋を使う前には、土のにおいがついていて、水がしみこみやすい状態です。そのため、目止めというお手入れをします。目止めをすることで土鍋の土を引き締め、においや汚れがつくのを防ぎます。目止めにはおかゆを作る、野菜くずを煮る、小麦粉を煮るなどといった方法があります。頻繁にご飯やお粥を作っている場合は、既に目止めの効果があるかもしれませんが、久しぶりに土鍋を出したときは、お手入れのときに目止めをしておきましょう。しっかり膜をつけて、おかゆを炊いたあとは普通に水洗いします。 取扱注意 土鍋を使うときは、濡れたまま火にかけないようにします。温度変化に対応しきれず、割れてしまいます。揚げ物もしないでください。土鍋の中にご飯や料理を長い時間入れっぱなしにしないようにします。においや色が残ったり、カビや雑菌が繁殖することもあります。また、土鍋を洗うとき、長時間水や洗剤の中に漬けておかないようにします。無意識のうちに置きっぱなしにしてしまうこともあるかもしれませんが、洗剤や汚れを吸ってしまいます。土鍋の底には釉薬が塗られていないため、たわしやクレンザーを使ってこすると傷がつくことがあります。ひび割れの原因にもなるので、土鍋の底はスポンジを使って優しく水洗いしてくださいね。 ご使用後のお手入れ方法 熱に弱いので、熱くなった土鍋をいきなり水で洗うと割れることがあります。土鍋は一度冷ましてから洗います。乾かさないとカビの原因になってしまうので、布巾で拭いて風通しの良いところに収納します。弱火にかけて水分を飛ばす方法もありますが、土鍋によっては割れてしまうこともあります。しばらく使わないときはエアーキャップにくるんでテープな...

スポンサーリンク
スポンサーリンク