メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「萩焼窯元」検索結果。

萩焼窯元の商品検索結果全162件中1~60件目

【萩焼】 萩焼体験/抹茶茶碗

萩焼窯元 天龍窯

4,320

【萩焼】 萩焼体験/抹茶茶碗

◆時間外及び土日はメールの確認ができかねます。 (※くわしくはこちら) 萩焼 抹茶茶碗/ろくろ体験 ◆ 受付時間 :9:00〜16:00 ◆ 体験時間 :9:00〜12:00 / 13:00〜17:00 ◆ 定休日 :毎週水曜日 ◆ 送料  :別途かかります。(通常送料とも異なります⇒)  ◆ 所要時間 :1人 15〜20分 (平均) ※お一人ずつ交代で体験をしていただきます。 ◆ 予約 :ご予約優先 ◆ 制限人数 :5、6人程度     ※お一人ずつしか体験できません。 ※まずはご相談くださいませ。(0838-25-2649) ◆ 対象年齢 :小学高 中学年以上 ※思いのほか力を必要としますので、上記年齢以下のお子様にはお勧めできかねます。 ◆ 形状 :ぐい呑・盃で有れば、変形はご自由です。 ◆ 色合い :以下3色からしか選べません。 ※基本体験料で選択可 ※基本体験料で選択可 ※追加¥540-かかります ◆ 絵付け :不可。造られた作品に絵はつけられません。 ◆ 個包装   ⇒ 基 本 :簡易個装。割れないような状態で発送いたします。   ⇒ 木箱入 :別途料金がかかります。     ※箱料金は作品によって異なります。 ◆ 駐車場 :乗用車5台分 (大型バス1台分) ◆萩の取扱説明書 同カテゴリ商品 【 他 体験種類 】 ※米倉涼子さん、安住紳一郎アナウンサーが体験に来られました!! 〜 ぴったんこカン★カン(5月20日放映) 〜

萩焼 御本手小茶器揃【 陶器 】【 萩焼 】

萩焼窯元 天龍窯

4,320

萩焼 御本手小茶器揃【 陶器 】【 萩焼 】

御本手小茶器揃 商品番号 : RH3-2 サ イ ズ : 急須 / 約 φ10.5×H8(蓋含)cm(250ml) 湯呑 / 約 φ7×H8cm 商品案内 : 御本手の柔らかな色合いを、化粧土を使用して、全体に発色させた茶器揃。 番茶器などの揃いと違い小ぶりな湯飲みを二つ添えたセットなので、小休憩などにもお勧めです。 萩焼の急須は、基本、茶葉の風味や広がりを邪魔しないように、茶葉止め用の穴があいているだけで、茶漉しはついておりません。 商品規格 : : : : 【セット】 急須(茶漉し無し)×1、湯呑×2 【仕 様】 木箱入 【材 質】 陶器 【原 産】 日本(山口県萩市) 包 装 : 使用可能 / 見本は こちら から 熨 斗 : 使用可能 / 見本は こちら から 手 提 袋 : 使用可能 / 見本は こちら から 萩焼の特性と注意 ◆ 使い始めに器に入れた水分が染み出すことがあります。     ⇒ 器の使用・手入れ方法 ◆ 写真の「色合・形状・サイズ」と、多少の異なりがございます。 ※ 収縮の度合いや、手仕上げの具合で起こります。 ◆ 色変りをします。【萩の七化け】と云われています。 ※使い始めは乾燥しているので、一気に色が入ることがございます。 ⇒ 歴史と特徴 ※山口県萩市より発送です。 ご指定日がある場合には必ずご確認ください>>>

萩焼 波多野 善蔵 波多野指月窯 湯呑

Amazon

64,800

萩焼 波多野 善蔵 波多野指月窯 湯呑

<波多野善蔵> 唐津の出身で幼少のころより中里無庵の一家と親しく陶土とも身近にふれあい、その後唐津、伊万里で修行後萩焼窯元指月窯の養子となり萩焼名工の吉賀大眉からも指導を受けるようになります 制作当初は山口県展や日展に出品・入選を重ねていましたが1977年に日本伝統工芸展に初入選となり以降、同展を中心に出品、81年には日本工芸会賞を受賞など活躍を示し2002年には山口県指定無形文化財の認定を受けます。 伝統の萩焼の技法を用いた茶陶から現代的な雰囲気の花器類など幅広く製作し特に釉薬の発色に優れた井戸茶碗などに祐作を残しました。 <略歴> 師匠:波多野指月 吉賀大眉 昭和17年 唐津に生れ 昭和47年 山口県美術展知事賞 昭和48年 日展入選(3回) 昭和49年 現代工芸展入選(3回) 昭和50年 九州・山口陶磁展で第一席を受賞 昭和52年 日本伝統工芸展入選(以後25回) 昭和53年 日本工芸会山口支部展で支部長賞を受賞 昭和56年 日本伝統工芸展日本工芸会賞 昭和57年 山口県芸術文化振興奨励賞受賞 昭和61年 田部美術館茶の湯造形展優秀賞 平成 4年 山口県選奨を受ける 日本の陶芸今100選展出品 平成 9年 ぎゃらりい栗本にて個展 平成14年 山口県指定無形文化祭保持者認定 平成15年 ぎゃらりい栗本にて個展

萩焼 萩光山窯 夫婦湯呑

Amazon

8,640

萩焼 萩光山窯 夫婦湯呑

萩焼は、毛利氏が慶長9年(1604)に萩へ本拠を移した後、朝鮮半島から召致した李勺光ら陶工たちの技術に支えられて、萩城下東郊の松本(萩市椿東中之倉、家の現住地)に萩藩(長州藩)の御用窯として開かれました。17世紀前半は、李勺光の子である山村作之允(光政、出家して松庵)が、叔父の坂高麗左衛門(李敬、助八)とともに御用窯の作陶活動を率いていましたが、明暦3年(1657)に作之允の子の山村光俊は弟子たちとともに深川(現在の長門市深川湯本)に移住し、在地住人の坂倉九郎右衛門の協力を得て第二の御用窯(三之瀬焼物所、ただし経営は半官半民)を設けました。 一方、高麗左衛門の子の二代坂助八が主導する萩・松本の御用窯では、寛文3年(1663)に初代佐伯半六(実清)と初代三輪休雪(利定)を御雇細工人に加えられています。 この時期、萩焼は生産力の増強とともに質的な発展をみせ、19世紀の幕末にいたるまで侘び数寄の茶陶ばかりか煎茶具や細工物など多様な器種を生産しました。 明治維新以降は、日本社会の近代化とともに個人や企業経営の窯元が発達し、生産性を意識した多様な器種を製造しました。大正時代になると、御用窯以来の伝統的な素材と作陶技術を受け継いだ、侘び数寄の茶陶生産が再び主流となり、昭和に入ってもこの傾向は継続されますが、太平洋戦争前後からしだいに個人作家の表現としての作陶活動が盛んになり、現在は日本を代表する陶芸文化として知られています。 萩焼の歴史性と芸術性は、昭和45年(1970)に三輪休和(十代休雪、明治28年〈1895〉~昭和58年〈1983〉)が、また昭和58年(1983)には十一代三輪休雪(のちの壽雪、明治43年〈1910〉~平成24年〈2012〉)が重要無形文化財「萩焼」の保持者(いわゆる人間国宝)として認定されたほか、平成2年(1990...

スポンサーリンク
スポンサーリンク