メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「織部焼向付」検索結果。

織部焼向付の商品検索結果全130件中1~60件目

【美濃焼/みのやき/せともの】【向付/足付】志野芦絵三つ足向付

うつわ魯庵

3,240

【美濃焼/みのやき/せともの】【向付/足付】志野芦絵三つ足向付

【美濃焼/みのやき/せともの】【向付/足付】プレゼント/ギフト/御祝/引出物/内祝い サイズ:φ13.5×高さ6.2cm 手作り品につき多少の誤差、焼成温度により釉薬の濃淡、色ムラなどございます。 贈り物、プレゼントとしても大変喜ばれます☆ 作家 水野輝幸 せともの/のことなら是非!うつわ魯庵までお任せ下さい。【せともの】【美濃焼/みのやき/せともの】【向付/足付】 プレゼント/ギフト/御祝/引出物/内祝志野芦絵三つ足向付 「美」と「食」を極致をご堪能頂ける至極の一品 美濃焼 作家・水野輝幸 一つ一つ丁寧に手作り・手描きをし、大量生産では真似の出来ない味わいを出しています。 そんな器が毎日の食事を楽しく賑やかなものにしてくれます。   他にもこんな作品があります。 (写真左) 中垣連次作 織部十草輪花小鉢 (写真中央) 水野輝幸作 鼠志野高台デザート (写真右) 森脇文直作 鼠志野丸小鉢     美食家 北大路魯山人の言葉の通り、 ただ単に真っ白な器では何だか味気ない・・・ そうだ! この前買ったお気に入りの器でいただこう ゆったりとした至極の時間を過ごしませんか       釉薬について 志野焼とは・・・ 安土・桃山時代に生まれ、主に茶道具を作る釉薬として親しまれた。美濃焼の一種で、美濃(岐阜県)にて白釉を使って焼かれた焼物。赤志野や鼠志野などいくつかの種類があり、同じく美濃焼の一種である瀬戸黒(せとぐろ)とともに重要無形文化財に指定されている。おだやかな温かさが特徴で、見る人の心に安らぎを与えてくれる。           美を極め、食を究めた鬼才、北大路魯山人 その真髄をご堪能になれる和食器えの最高峰をご案内します お客様を招いてのパーティや冠婚葬祭、 もちろん普段使いにでも。 大変重宝致します。       美濃焼 作家...

【瀬戸焼/せともの】【珍味/小付】赤土織部扇面珍味

うつわ魯庵

3,240

【瀬戸焼/せともの】【珍味/小付】赤土織部扇面珍味

【瀬戸焼/せともの】【珍味/小付】 サイズ:11×7.5×高さ6.3cm 手作り品につき多少の誤差はございます。 お客様を招いてのパーティや冠婚葬祭、 もちろん普段使いにでも、大変重宝致します。 また贈り物としても大変喜ばれます。 いつもの食卓が高級料亭へ変ります。 作家 三宅紀保 せともの/のことなら是非!うつわ魯庵までお任せ下さい。【せともの】【瀬戸焼/せともの】【珍味/小付】赤土織部扇面珍味 「美」と「食」を極致をご堪能頂ける至極の一品 やきものの町、愛知県瀬戸市、中でも赤津町は瀬戸市を代表する産地です。赤津の作家・三宅紀保 一つ一つ丁寧に手作り・手描きをし、大量生産では真似の出来ない味わいを出しています。 そんな器が毎日の食事を楽しく賑やかなものにしてくれます。   他にもこのような作品があります。 (写真左) 加藤綱助作 灰釉斑文片口向付 (写真中央) 水野輝幸作 灰釉鮑型足付向付 (写真右) 岩月竹光作 黄瀬戸草紋丸向付     いつもの食卓が高級料亭に変ります。 「器は料理の着物」 美食家 北大路魯山人の言葉の通り、 ただ単に真っ白な器での食事は何だか味気ない・・・ そうだ! この前買ったお気に入りの器に盛ってみよう ゆったりとした至極の時間を過ごしませんか       釉薬について 織部焼とは・・・ 安土・桃山時代の大名茶人、古田織部の好みによって使われた釉薬である。当時は志野、鳴海、瀬戸(瀬戸黒、黒織部、織部黒)も含まれていた。それまでの技法に飽き足らず、色調・文様・形状に技巧を凝らし、「ひょうげたる物」として桃山時代に一大変革をもたらした。現在は黒織部、青織部、赤織部、絵織部を含めて織部と呼び、一般的には青織部のみを織部と称している。           美を極め、食を究めた鬼才、北大路魯山人...

【盛鉢/すり鉢】【美濃焼(みのやき)】青十草片口すり鉢

うつわ魯庵

2,160

【盛鉢/すり鉢】【美濃焼(みのやき)】青十草片口すり鉢

【盛鉢/すり鉢】【美濃焼/みのやき】加藤明子作 サイズ:φ15.5×高さ7cm 手作り品につき多少の誤差はございます。 お客様を招いてのパーティや冠婚葬祭、 もちろん普段使いにでも。 大変重宝致します。 いつもの食卓が高級料亭へ変ります。 美濃焼/のことなら是非!うつわ魯庵までお任せ下さい。 いつもの食卓が高級料亭へ変わります。【美濃焼 みのやき】【美濃焼(みのやき)】【盛鉢/すり鉢/片口鉢】青十草片口すり鉢 「美」と「食」を極致をご堪能頂ける至極の一品 美濃焼(みのやき) 一つ一つ丁寧に手作り・手描きをし、大量生産では真似の出来ない味わいを出しています。 そんな器が毎日の食事を楽しく賑やかなものにしてくれます。   他にもこのような作品があります。 (写真左) 加藤綱助作 灰釉斑紋片口向付 (写真中央) 中垣連次作 志野鉄絵変型片口鉢 (写真右) 中垣連次作 織部カゴメたわみ鉢     いつもの食卓が高級料亭に変ります。 「器は料理の着物」 美食家 北大路魯山人の言葉の通り、 例えばスーパーやコンビニで買ったパック入りのお惣菜やお料理、パックのまま食べるのでは何だか味気ない・・・ そうだ!この前買ったお気に入りのうつわに盛ってみよう それだけで、いっそう美味しくいただけます。       釉薬について 織部焼とは・・・ 安土・桃山時代の大名茶人、古田織部の好みによって使われた釉薬である。当時は志野、鳴海、瀬戸(瀬戸黒、黒織部、織部黒)も含まれていた。それまでの技法に飽き足らず、色調・文様・形状に技巧を凝らし、「ひょうげたる物」として桃山時代に一大変革をもたらした。現在は黒織部、青織部、赤織部、絵織部を含めて織部と呼び、一般的には青織部のみを織部と称している。           食の真髄をご堪能になれる和食器の最高峰をご案内します...

送料無料
【黄瀬戸/織部】【瀬戸焼/せともの】【酒器/片口/注器】黄瀬戸片口注器

うつわ魯庵

10,800

【黄瀬戸/織部】【瀬戸焼/せともの】【酒器/片口/注器】黄瀬戸片口注器

【黄瀬戸/織部】【瀬戸焼/せともの】【酒器/片口/注器】ギフト/プレゼント/御祝/引出物/内祝い サイズ:13×8×高さ9.5cm 手作り品につき多少の誤差、色ムラはございます。 お客様を招いてのパーティや冠婚葬祭、 もちろん普段使いにでも、大変重宝致します。 また贈り物としても大変喜ばれます。 いつもの食卓が高級料亭へ変ります。 作家 岩月竹光 せともの/のことなら是非!うつわ魯庵までお任せ下さい。【せともの】【黄瀬戸/織部】【瀬戸焼/せともの】【酒器/片口/注器】黄瀬戸片口注器 「美」と「食」を極致をご堪能頂ける至極の一品 やきものの町、愛知県瀬戸市、中でも赤津町は瀬戸市を代表する産地です。その赤津を代表する作家・岩月竹光 一つ一つ丁寧に手作り・手描きをし、大量生産では真似の出来ない味わいを出しています。 そんな器が毎日の食事を楽しく賑やかなものにしてくれます。   他にもこのような作品があります。 (写真左) 黄瀬戸福紋向付 (写真中央) 黄瀬戸大根彫かぶと鉢 (写真右) 黄瀬戸草紋茶碗or湯呑     いつもの食卓が高級料亭に変ります。 「器は料理の着物」 美食家 北大路魯山人の言葉の通り、 ただ単に真っ白な器での食事は何だか味気ない・・・ そうだ! この前買ったお気に入りの器に盛ってみよう ゆったりとした至極の時間を過ごしませんか       釉薬について 黄瀬戸とは・・・ 古瀬戸灰釉の流れを汲み、原料は土と灰、長石、鉄と単純でありながら、少しの温度差でその色調を変える極めて難儀な釉薬である。焼成温度は約1190度位、黄色の地肌に胆礬(たんぱん)と呼ばれる緑釉を施し、黄地を一層引き立たせている。桃山時代の千利休の茶陶によって広く使われ、古田織部の時代に亘る。安土・桃山時代に生まれ、主に茶道具を作る釉薬として親しまれた。  ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク