メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「絵小皿」検索結果。

絵小皿の商品検索結果全163件中1~60件目

送料無料
【ふるさと納税】源右衛門窯 染錦イズニク手絵変り 小皿 6枚

佐賀県有田町

300,000

【ふるさと納税】源右衛門窯 染錦イズニク手絵変り 小皿 6枚

商品説明 容量 6枚セット(径11.5cm×10.0cm) ・ふるさと納税よくある質問はこちら ・寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。あらかじめご了承ください。色鮮やかなトルコ青や落ち着いた珊瑚赤が織りなす唐草や草花文様のイズニク手。 細密を極めた独特の様式美を、源右衛門窯の感性で表現しました。 食卓に彩りを加える器として、またアクセサリ-入れとしてお使いいただけます。 提供:源右衛門窯 260余年前より有田に窯を築き、現代も往古のままの手技(てわざ)と、古伊万里のこころを受け継ぐ。 各分野の専門陶工たちが集い、ひたすらに機能美を追求する窯元。 ※商品在庫がない場合、入金を確認しました後に制作開始となります。そのため、発送に2ヶ月ほどお時間を頂くことがございます。ご了承ください。 ===================== 源右衛門窯について 宝暦3(1753)年創業と伝わる源右衛門窯が、現在の地に築窯したのは明治初年の頃。古伊万里の伝統技法を継承する民窯として、その歴史を積み重ねてきました。 明治から昭和初期にかけては、おもに高級料亭向けに会席料理の器を手がけ、日本の食文化が多彩で豊かになった昭和30年代からは、家庭用の食器作りに力を注いできました。 その流れは途絶えることなく今日に至り、食卓を彩る器制作に取り組みながら、多様化する現代のライフスタイルに向けて、磁器の持つ新たな可能性を日々発信しています。 【注文内容確認画面の「注文者情報」を寄附者の住民票情報とみなします】 ・必ず氏名・住所が住民票情報と一致するかご確認ください。 ・受領書は住民票の住所に送られます。 ・返礼品を住民票と異なる住所に送付したい場合、注文内容確認画面の「送付先」に返礼品の送付先をご入力ください...

豆皿 セット( 径 14cm ) 吉田屋絵変り( 和食器 小皿 )

和座 和風空間創造工房

3,780

豆皿 セット( 径 14cm ) 吉田屋絵変り( 和食器 小皿 )

こんな時にお薦めです 記念品/引き出物/結婚祝い/誕生日プレゼント/金婚御祝い/退職記念/開店祝/内祝い/快気祝い/父の日/母の日/敬老の日/結婚記念日などの贈り物に最適【無料】のし ラッピング ギフトカード 配送日指定店舗内移動ナビ トップページ >>皿一覧>> 小皿・豆皿一覧 手の平サイズの小さな小皿。食卓に必ずと言っていいほど欠かせない食器です。小さな器をキャンパスに色とりどりに彩色する華やかなデザインからシンプルを極めるものまで多種多様なバリエーションがあり、毎日の食卓をデコレートする器としては、とても使い勝手の良い作品が揃っています。伝統的な画風の作品を洋風なお料理で、またモダンなデザインの作品を和食と合わせて、テーブルの上で様々なアクセントとしてご活用頂けましたら幸いです。大切なお客様をお迎えした時に、小さなお皿の中で古き良き日本の伝統を感じて頂くこともちょっとしたおもてなしの心だと思います。 「他産地との共同生産」元来、九谷焼の焼成温度は他産地(有田焼・美濃焼)などに比べると低温での焼成となっており業務用の器などのように使用頻度が通常よりも多くなる場合には耐久性という点でやや弱い部分がありました。ご家庭においても使いやすく強度の高い器を九谷焼ならではのデザインで生産するという実用性の高い食器を安定的に生産するために誕生したのがデザイン九谷です。業務用食器等で実用性、デザイン性の高い食器を長年製造している岐阜県の陶磁器メーカーの協力により提供頂いた器に九谷焼の加飾技術にてデザイン(絵付・転写等)した汎用性の高い普段使いに最適な作品です。 作品のお取り扱い方法 磁器の器ですので、特別なお手入れの必要はございません、絵付の美しさ保持の為、食器洗浄機でのご使用はご遠慮下さい...

送料無料
豆皿 セット( 径 約14cm ) 時代絵( 和食器 小皿 )

和座 和風空間創造工房

9,720

豆皿 セット( 径 約14cm ) 時代絵( 和食器 小皿 )

こんな時にお薦めです 記念品/引き出物/結婚祝い/誕生日プレゼント/金婚御祝い/退職記念/開店祝/内祝い/快気祝い/父の日/母の日/敬老の日/結婚記念日などの贈り物に最適【無料】のし ラッピング ギフトカード 配送日指定店舗内移動ナビ トップページ >>皿一覧>> 小皿・豆皿一覧 手の平サイズの小さな小皿。食卓に必ずと言っていいほど欠かせない食器です。小さな器をキャンパスに色とりどりに彩色する華やかなデザインからシンプルを極めるものまで多種多様なバリエーションがあり、毎日の食卓をデコレートする器としては、とても使い勝手の良い作品が揃っています。伝統的な画風の作品を洋風なお料理で、またモダンなデザインの作品を和食と合わせて、テーブルの上で様々なアクセントとしてご活用頂けましたら幸いです。大切なお客様をお迎えした時に、小さなお皿の中で古き良き日本の伝統を感じて頂くこともちょっとしたおもてなしの心だと思います。 「他産地との共同生産」元来、九谷焼の焼成温度は他産地(有田焼・美濃焼)などに比べると低温での焼成となっており業務用の器などのように使用頻度が通常よりも多くなる場合には耐久性という点でやや弱い部分がありました。ご家庭においても使いやすく強度の高い器を九谷焼ならではのデザインで生産するという実用性の高い食器を安定的に生産するために誕生したのがデザイン九谷です。業務用食器等で実用性、デザイン性の高い食器を長年製造している岐阜県の陶磁器メーカーの協力により提供頂いた器に九谷焼の加飾技術にてデザイン(絵付・転写等)した汎用性の高い普段使いに最適な作品です。 作品のお取り扱い方法 磁器の器ですので、特別なお手入れの必要はございません、絵付の美しさ保持の為、食器洗浄機でのご使用はご遠慮下さい...

和食器 波佐見焼 椿 小皿 プチディッシュ プレート お醤油 漬物皿 内絵 陶器 食器 うつわ おうち

白いごはん器のお店ライスボール

1,170

和食器 波佐見焼 椿 小皿 プチディッシュ プレート お醤油 漬物皿 内絵 陶器 食器 うつわ おうち

お買い物の際に必ずお読み下さいませ。ご了承の上、お買い求めいただきますようお願いいたします。 ※破損以外のご返品・ご交換はお受けできませんので予めご了承下さいませ。 素材 磁器 生産国 日本製 サイズ 112×95×16mm 備考 電子レンジ:○ 食器洗浄機:○ 関連キーワード 和食器 和皿 和風 食器 陶器 磁器 皿 プレート お祝い 祝う 祝い 正月 お正月 誕生日 記念日 パーティー 新生活 引越し さんま皿 サンマ皿 秋刀魚皿 焼き魚 秋 前菜皿 焼物皿 長い皿 お皿 突出皿 長盛皿 オードブル レストラン風 カフェ風 ロング ロングトレー 楕円皿 楕円プレート オーバル皿 オーバルプレート 美濃焼 梱包 簡易梱包 ギフトラッピング・熨斗承ります。 (有料です。こちらのページよりお選び下さい。)使いやすい食器をお品揃えしています。 お子様からご年配の方まで安心して使用できます。 薄さと軽さを活かしたすっきりとしたフォルムが特徴的。 普段使いからおもてなしまで幅広くお使いいただけます。 食卓で一番よく使われる器だからこそ お気に入りの食器を揃えたいですね。 安心安全の日本製です! 【サイズ(約)】 112×95×16mm 【素材】 陶磁器 【原産国】 日本製 【その他】 ○ 食器洗浄機OK ○ オーブンOK ○ 電子レンジOK ※個箱無し簡易梱包 【お取り寄せ商品】 ご注文後発注いたします。 お届け日ご指定のお約束はできかねます。 他の商品とまとめて発送となります。 欠品の場合はメールでご連絡させていただきます。 【ギフトラッピング・熨斗】 有料サービスとなります。ご希望の際は商品と一緒にご購入下さい。 ご購入ページはこちら。

中皿 小皿 中鉢 小鉢 九谷焼 7号 皿揃 絵変わり 草花 ap4-0126

器茶房 彩庵

7,560

中皿 小皿 中鉢 小鉢 九谷焼 7号 皿揃 絵変わり 草花 ap4-0126

化粧箱入 前幅17cm 奥行12.5cm その他の九谷焼はこちらから⇒ その他の和皿はこちらから⇒世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし、所々に金彩を加えてあります...

中皿 小皿 中鉢 小鉢 九谷焼 3.3号 皿揃 絵変わり ap4-0117

器茶房 彩庵

5,940

中皿 小皿 中鉢 小鉢 九谷焼 3.3号 皿揃 絵変わり ap4-0117

化粧箱入 径10cm その他の九谷焼はこちらから⇒ その他の和皿はこちらから⇒世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし、所々に金彩を加えてあります...

伝統工芸 九谷焼【食器・小皿】4.3号皿揃・花鳥絵変り〈化粧箱入り〉国産品【鳥】

鳥の巣箱

5,180

伝統工芸 九谷焼【食器・小皿】4.3号皿揃・花鳥絵変り〈化粧箱入り〉国産品【鳥】

使うほどに愛着がます 日々の暮らしに寄り添う「九谷焼」 伝統工芸 九谷焼【食器・小皿】 4.3号皿揃・花鳥絵変り サイズ:約径13.2cm 〈化粧箱入り〉 MADE IN JAPAN《日本製》 父の日・母の日・敬老の日・お誕生日のプレゼント他、ご結婚祝い・ 新築祝いなどの各種贈り物として、伝統工芸「九谷焼」ならではの独 特な魅力は、深く思い出に残るギフトとしてとても人気があります。 海外へのお土産や、記念品としてもお勧めです。 ■九谷焼とは 九谷焼は江戸時代初期、現在の石川県山中町九谷で初めて焼かれた ことから、その名がつけられました。 1873年のウィーン万国博覧会などの博覧会に出品されるなど、 九谷焼は国際的にも有名な、石川県で作られる焼き物です。 その最大の特徴は、華やかで美しい上絵付け色絵装飾にあります。 この「上絵付け」は、本焼した陶磁器の釉薬の上に文様を描き更に 窯で焼きます。このとき使用される絵の具が「九谷の五彩」と呼ば れる五色(赤・黄・緑・紫・紺青)で、色絵・五彩手と青手の二つ の種類があります。 九谷焼は、加賀百万石の伝統文化と歴史ロマンが凝縮した、まさに 日本が誇る芸術品の一つといえるでしょう。伝統工芸 九谷焼 《伝統》 変わることなく受け継がれてきた伝統美 《技法》 多用な美を生み出す 九谷の手仕事 数百年の時を経ても価値ある独特の美意識を備えた九谷焼。 赤、緑、黄、紫、紺青の五彩を巧にあやつり描く絵柄は、花鳥風月や山水人物、幾何学 模様など、繊細さと力強さを兼ね備えた見事な筆使いで表現されています。 匠の手から生まれるジャパンクタニの美は、世界中の人々を魅了してやみません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク