メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「竹ざる」検索結果。

竹ざるの商品検索結果全125件中1~60件目

梅干しの土用干し約6kg用干物や干し大根用にも使える干しかごえびら(竹編み平かご)大

虎斑竹専門店 竹虎

9,504

梅干しの土用干し約6kg用干物や干し大根用にも使える干しかごえびら(竹編み平かご)大

えびら(竹編み平かご)小国産竹ざる(60センチ)二重竹ざる(ふたえばら)60cm 匠の横編竹ざる65cm 丸ざる 角竹ざる 深竹丸ざる50センチ 箕(手箕)片口当縁米ざる(大)■えびら(竹編み平かご)大■サイズ:約W90×H6×D60センチ■重さ:約2.4kg■素材:竹、高知県産杉材■原産国:日本製・国産※約6キロ程度の梅を干すことができます。木枠部分には木目のへこみがある場合があります。また、木質の柔らかな杉材を使用していますので若干のキズなどがある場合もございます。ご使用には差し支えございませんのでご了承のほど何卒宜しくお願いします。 ざるの部分へは金属類は使用しておりません。縁部分については国産竹ざるは銅線を巻いており、えびらは、縁の木枠を止めるためにネジで留めております。 耐久年数につきましては、自然素材の竹を使用し、薬剤処理等しておりませんのでご使用頻度や保管方法、お手入れ次第で、長くご愛用頂けます。なお、毛羽立ちが出てきた場合にはハサミで毛羽立ちを切って頂きますようお願いいたします。 国産竹ざる、えびらは全て丈夫な作りとなっており、耐久性に違いはございません。 国産竹ざる60センチサイズでは3枚くらいになります。えびら大でしたら1枚で約6キロくらいの梅を干して頂けますので2枚ございましたら十分余裕を持って干して頂けます。また、えびら小でしたら1枚で約3キロ干すことができます。 干し野菜をご存知ですか?野菜は天日干しすると、旨味と栄養がギュッと凝縮されて更に美味しくなるのです。作り方は野菜を切って、竹ざるやえびらで干すだけでとってもお手軽。ベランダや軒下などのちょっとしたスペースで作る事ができるのでマンションにお住まいの方でも、また一人暮らしの方でも気軽に作ることが出来るのです。 水分量の少なくなった乾燥野菜は...

送料無料
【送料無料】篠竹底編み足付ざる(大)【smtb-KD】

虎斑竹専門店 竹虎

12,960

【送料無料】篠竹底編み足付ざる(大)【smtb-KD】

篠竹底編み足付ざる淡竹茶碗籠足付き台所籠(大)茶碗籠(角)高足真竹かご楕円洗濯籠(大)根曲竹脱衣かご虎竹ランドリーバスケット白竹ランドリーバスケット ■篠竹底編み足付ざる(大) ■サイズ:約直径42×H11センチ■重さ:約415g ■素材:篠竹(スズ竹)■原産国:日本製・国産丈夫でしなやかさが特徴の篠竹を使った干しざるです。底の四隅が足のように立っていて笊の底は浮き上がった状態になっています。抜群の通気性にあわせ衛生的な作りですので野菜の保存籠や茶碗籠としてはもちろんですが、脱衣籠としてもお使いいただきたい万能の竹ざるです。 笹の一種である篠竹はボールペン程度の太さしかない細い竹なのです。この竹を昔ながらの刃物を使いヒネ作りと呼ばれる竹ヒゴ取りをしていきます。そして、細く丈夫な篠竹のヒゴを熟練職人さんが手だけでなく、足まで使い黙々と編み込んでいきます。 代々使われてきた道具類にも竹への愛情を垣間見る思いです。 底編み部分は、しっかりした網代編みで作られます。内側に水気に強い竹表皮部分を使いますが底足となる四隅の部分には反対に外側に竹表皮が出るように工夫されています。 篠竹は寒冷地に育つ非常に丈夫でしなやかな特徴をもった竹素材です。晩秋に伐採される篠竹は全てその年に生えた新竹。柔らかな新竹を使って編み上げる篠竹底編み足付ざるは自然そのままの素朴な風合いを残しながらも手作りの温もりを感じます。※篠竹底編み足付ざるは、細く丈夫な自然そのままの竹ヒゴを編み上げています。竹のシミや毛羽立ちなどがある場合もございますので何卒よろしくお願いいたします。 篠竹底編み足付きざる(大)は、黒染めした篠竹をアクセントに編み込みました。素朴な竹ざるに職人の遊び心が光るデザインです。 しっかりと堅牢に巻かれた縁巻き。 この無骨な感じも魅力のひとつです。...

スポンサーリンク
スポンサーリンク