メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「窯変天目茶碗」検索結果。

窯変天目茶碗の商品検索結果全54件中1~54件目

送料無料
窯変天目盃 陶あん

Amazon

10,800

窯変天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの窯変天目盃 です。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 朝顔に広がったぐい飲みの形。 星が夜空光るイメージで、斑紋が多数浮かび、まさに妖艶な色合いです。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 陶あんの天目の酒盃です。お茶の茶碗としてもどうぞ。 ◆商品番号 9355 窯変天目酒盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ4.5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

送料無料
紫紅窯変天目盃 陶あん

Amazon

10,800

紫紅窯変天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの紫紅窯変天目盃です。 写真は一例です。 窯の中で模様が変化します。お届けする物と色や形は微妙に異なります。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 窯の炎が器の表面を走ることで、産まれる窯変。 メタリックにグラデーションする神秘的な色合いです。 七色の光が変化する、神秘的な器。見る角度によって表情を変える、鮮やかな光彩。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 800年のときを経ても、今もなお輝き続ける曜変天目茶碗。 京都の陶工が現代感覚の色使いを加えて新作を誕生させました。 ◆商品番号 9814 紫紅窯変天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ4.5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさ、重さは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

波佐見焼 HAKU碗 寂天目(じゃくてんもく) Φ11.5×高さ6.5cm 磁器 抹茶碗 お茶碗 ご飯茶碗 飯碗 ボウル うつわ 和食器 おかず鉢 スープ 電子レンジ使用可 はさみ焼

産地直送の波佐見焼 みくら

1,836

波佐見焼 HAKU碗 寂天目(じゃくてんもく) Φ11.5×高さ6.5cm 磁器 抹茶碗 お茶碗 ご飯茶碗 飯碗 ボウル うつわ 和食器 おかず鉢 スープ 電子レンジ使用可 はさみ焼

商品詳細 サイズ(cm) Φ11.5×高さ6.5 素材 磁器 容量(ml)※満水の状態 250 重量(g) 230 生産地 波佐見 使用 レンジ使用◎/オーブン×/食器洗浄機使用× 備考 ※重さは一つ一つ個体差があるため、目安としてご参考にご覧ください。※一つ一つ手作業で行っているため、色ムラ・形が微妙に異なる場合がございます。 ※ご覧のモニターによって、若干色が異なる場合がございます。※色付きダンボール箱入りです。— HAKU碗 寂天目(じゃくてんもく) Φ11.5×高さ6.5cm — 日本では昔から「侘び寂び」という言葉がありますが、「寂び」は、古びて味わいのあることをいいます。寂天目(さびてんもく)色は、窯変に任せた多くの彩色が織りなす景色が、渋みと味わいを感じさせる色です。見た目は光沢があり、つるつるとした質感です。釉薬の垂れ具合にも独特の手触りと色があり、個体差があります。ぜんざいや月見団子、お抹茶などのうつわにどうぞ。磁器製なので、電子レンジでの使用もできます。「月白色」、「白練色」、「白銅色」、「象牙色」、「胡粉色」、「侘黒」、「白柚子」、「寂天目」、「碧」の9色展開。 全9色 ¥ 1,700 (税抜) ¥ 1,700 (税抜)¥ 1,700 (税抜) ¥ 1,700 (税抜) ¥ 1,700 (税抜) ¥ 1,700 (税抜) ¥ 1,700 (税抜)¥ 1,700 (税抜) ¥ 1,700 (税抜)

送料無料
窯変 曜変 天目 茶碗 抹茶碗 手作り 窯作 建盞 和食器 酒器 料亭

Amazon

6,588

窯変 曜変 天目 茶碗 抹茶碗 手作り 窯作 建盞 和食器 酒器 料亭

中国の伝統は手製で作ります 中国の皇帝の最も愛する陶器の茶道具 世界は非物質の遺産だ 元南宋期,日本では中国に留学僧,職人が多くて、当時の中国の天目茶碗、人気の日本国民や茶道界に愛されて。したがって、日本製陶名家「加藤四郎」は宋に日本に戻った後、尾張の瀬戸窯陶開いて、瀬戸窯の作品は、多くの模倣わが国の宋天目仕様の器具、後で「瀬戸天目。でも日本の政治は内乱につれて、多くの瀬戸の陶工が逃げ込ん美濃避難、美濃窯から興る。だから瀬戸と美濃の陶器、深い中国血渊源。 中国産、全て手作り、施釉局部が指紋、火に虫食い跡、空、墨時、泡,掛釉,格闘を始めるなどは所属し陶者の芸術表現形式で、区別手作り器物と普通のメカニズムの陶芸の重要なシンボルの一つ。 器型雄渾自然,感触は柔らかくて、器の形は穏やかで、含蓄深い、豪快なわがまま、微細にやさしい玉のように、自然の無華、氷裂テクスチャ(セミの羽紋)明らかに示し、簡素の風。 器のせい型の勝手に、まろやかになって、湿った玉のようで、自由に手配し、自家用、陣列やよう、コレクションなど。 どの建盞(けんさん)も神からの唯一無二の贈り物、建盞の魅力は世の中に全く同じものが存在しないこと 性能:厚みがあり硬い骨格、古拙で素朴、叩くと金属音がする特殊な胎土、一夜過ぎても鮮度を保つ、一夜過ぎてもお茶が変質しない、依然としてよい香りのまま 建盞で茶を味わうと、融合を感じ、お茶の特性を十分に味わえる優れた保温性と断熱性を有している もしもあなたは私達の製品が好きで、好評をください

送料無料
松皮天目盃 陶あん

Amazon

5,400

松皮天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの松皮天目盃です。 黒い肌に流れる白い薬の窯変。 松の木の皮に見えることからこの名前があります。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 朝顔に広がったぐい飲みの形。 星が夜空光るイメージで、斑紋が多数浮かび、まさに妖艶な色合いです。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 陶あんの天目の酒盃です。お茶の茶碗としてもどうぞ。 ◆商品番号 9265松皮天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■食器洗浄機 不可 電子レンジ 不可 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

送料無料
天目酒盃 石雲

Amazon

7,800

天目酒盃 石雲

京焼清水焼の石川石雲の天目盃です。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 ずんぐりとしたぐい飲みの形。 天目黒に茶褐色の滴が流れて窯変しています。 縁だけ茶味がかり、大小流れるように斑点が広がっています。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 石雲の天目の酒盃です。お茶の茶碗としてもどうぞ。 ◆商品番号 100008天目盃 石雲 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■寸法 約 直径7.5cm×高さ3.5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 ●器の色について 撮影時の照明・パソコン・モニターの種類や設定の影響で掲載画像と実物では色の見え方が異なる場合もございます。予めご了承ください。 陶歴 石雲窯 石川 丘 昭和29年3月 京都市に生まれる 昭和51年3月 同志社大学商学部卒 昭和52年3月 京都府立陶工専修訓練校成形科終了 昭和53年3月 京都市工業試験場本科修了 昭和54年3月同 専科修了 昭和54年4月より石雲窯にて作陶 当石雲窯は創業以来、5代に渡って清水焼の製品を 作り続けて6代目「石川 丘」に至っております。 従来の当窯の技法に粉引や天目釉、均窯釉等の色釉の 作品、商品を加えて、各種展示会にも多数出展、 出品しております。

天目黒赤平茶碗 林山

Amazon

1,500

天目黒赤平茶碗 林山

清水焼の窯元林山の天目釉平茶碗です。 すべて一個ずつ、手挽きのロクロで作られていますので、 色や形一つずつ微妙な味わいがあります。 天目というのは形で云う場合と釉薬で指す場合、 二種類あり、こちらは釉薬で天目と呼んでいる夏茶碗の形状です。 天目一種類では景色が面白みにかけるため、 内側に数カ所、 外側に数カ所、飴色の部分があります。 これは釉薬をかけたのち、指で引っ掻いて、 そこへ別の釉薬をかけ流したことで生まれる景色です。 べっこう釉なども同じ技法を用いています。 外側の景色です。 Too Shining.この窯元の持つ天目薬にはまばゆいばかりの光沢があります。 形状は本来は抹茶碗の夏茶碗ですが、色合いが良いので、 白いお豆腐を盛ったり、枝豆を載せたりと食器として使われます。 背が低く、口径と見込みが広い平茶碗は、夏茶碗とも呼びます。 またこの形状は重なりがいいのでまとめ買いされる料理屋さんも多いです。 きめが細かい信楽土を使っているので、割れにくいのもこの器の良い点です。 窯変もので勝負する窯元林山にはこのほかにも様々な平茶碗がありますので、 それらと取り合わせてお使い頂くのもまた一興です 高台は土みせになっており、釉薬を掛けてしまわず、 柔らかい土味をあえて魅せています。 茶道具としてお使い頂くだけでなく、漬け物鉢や取り鉢など。 お好みでお使い下さい。 ◆商品番号 1101 天目釉平茶碗 ■食器洗浄機 電子レンジ OK ■寸法 直径15cm 高さ6cm 重さ240g ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
金油滴天目茶碗 定一

Amazon

30,000

金油滴天目茶碗 定一

清水焼の天目釉を得意とされる窯元桶谷定一の油滴天目茶碗です。 金覆輪を思わせるように、金を縁に塗りましてた。 天目の中でも油滴天目は国宝にもなっており、その光彩が放つ怪しげな色合いは独特の魅力があります。 作るポイントは強還元で、ある一定の温度を長時間引っ張ることでこの紋が生まれます。 天目茶碗の魅力の1つがその独特の形状です。 高台は小さな輪高台で、ゆるやかなカーブを描いて立ち上がり、 胴から口にかけてわずかに絞り込んで反りかえる、いわゆるスッポン口が基本形です。 高火度、強還元焼成であるため、口縁から釉薬がはげ落ち、 それを嫌って覆輪(ふくりん)という金や銀の輪っかがはめられている物が多いです。 内側の油滴の様子です。 茶色味を帯びた生地に浮かぶ銀の油滴の粒が縮緬状に細かくでています。 油滴と一言に言っても呼び名がいくつも付いています。 高台の景色です。 天目茶碗の高台は極めて小さく、和物茶碗のような削り跡の揺らぎは許さず精巧を極めています。 土色から生地がとても細かく、硬質に焼きしまっているのがわかります。 油滴天目こそが人為と自然作用の織りなす陶芸の絶技であります。 ◆商品番号 27 金 油滴天目茶碗 寸法 直径13cm 高さ6.8cm 重さ270g 木箱付 ■食器洗浄機 電子レンジ オーブン不可 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。

送料無料
漆黒油滴天目盃 陶あん

Amazon

10,800

漆黒油滴天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの漆黒油滴天目盃です。 写真は一例です。 窯の中で模様が変化します。お届けする物と色や形は微妙に異なります。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 漆黒とは黒漆塗りの漆器のように、つややかな黒色の事です。 七色の光が変化する、神秘的な器。見る角度によって表情を変える、鮮やかな光彩。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 800年のときを経ても、今もなお輝き続ける曜変天目茶碗。 京都の陶工が現代感覚の色使いを加えて新作を誕生させました。 ◆商品番号 9815漆黒油滴天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ4.5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさ、重さは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

送料無料
紅唐油滴天目盃 陶あん

Amazon

8,640

紅唐油滴天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの紅唐油滴天目盃です。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 珍しい赤い油滴。 紅唐(こうとう)とは、紅唐桟の織物の色のような渋い赤色のことです。 七色の光が変化する、神秘的な器。見る角度によって表情を変える、鮮やかな光彩。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 800年のときを経ても、今もなお輝き続ける曜変天目茶碗。 京都の陶工が現代感覚の色使いを加えて新作を誕生させました。 ◆商品番号 9810 紅唐油滴天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ4.5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさ、重さは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

送料無料
萌黄油滴天目盃 陶あん

Amazon

8,640

萌黄油滴天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの萌黄油滴天目盃です。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 珍しい若草色の油滴。 萌黄とは、春先に萌え出る若葉のようなさえた黄緑色のことです。 平安時代から用いられた伝統ある色名で、新緑の若木の色です。 七色の光が変化する、神秘的な器。見る角度によって表情を変える、鮮やかな光彩。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 800年のときを経ても、今もなお輝き続ける曜変天目茶碗。 京都の陶工が現代感覚の色使いを加えて新作を誕生させました。 ◆商品番号 9813 萌黄油滴天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ4.5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさ、重さは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

送料無料
銹光油滴天目盃 陶あん

Amazon

10,800

銹光油滴天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの銹光油滴天目盃です。 写真は一例です。 窯の中で模様が変化します。お届けする物と色や形は微妙に異なります。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 銹光とは銹色のつややかな油滴の粒が光る様のことです。 七色の光が変化する、神秘的な器。見る角度によって表情を変える、鮮やかな光彩。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 800年のときを経ても、今もなお輝き続ける曜変天目茶碗。 京都の陶工が現代感覚の色使いを加えて新作を誕生させました。 ◆商品番号 9816銹光油滴天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ4.5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさ、重さは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

送料無料
油滴天目茶碗 覆輪銀塗仕上げ 定一

Amazon

27,000

油滴天目茶碗 覆輪銀塗仕上げ 定一

清水焼の天目釉を得意とされる窯元桶谷定一の油滴天目茶碗です。 覆輪は銀彩で塗り仕上げしたものです。 天目の中でも油滴天目は国宝にもなっており、その光彩が放つ怪しげな色合いは独特の魅力があります。 作るポイントは強還元で、ある一定の温度を長時間引っ張ることでこの紋が生まれます。 天目茶碗の魅力の1つがその独特の形状です。 高台は小さな輪高台で、ゆるやかなカーブを描いて立ち上がり、 胴から口にかけてわずかに絞り込んで反りかえる、いわゆるスッポン口が基本形です。 高火度、強還元焼成であるため、口縁から釉薬がはげ落ち、 それを嫌って覆輪(ふくりん)という金や銀の輪っかがはめられている物が多いです。 茶色味を帯びた生地に浮かぶ銀の油滴の粒が縮緬状に細かくでています。 油滴と一言に言っても呼び名がいくつも付いています。 天目茶碗の高台は極めて小さく、和物茶碗のような削り跡の揺らぎは許さず精巧を極めています。 土色から生地がとても細かく、硬質に焼きしまっているのがわかります。 油滴天目こそが人為と自然作用の織りなす陶芸の絶技であります。 ◆商品番号 9321 油滴天目茶碗 定一 覆輪銀塗仕上げ 寸法 直径13cm 高さ6.8cm 重さ270g 木箱付 覆輪は銀彩で塗り仕上げしたものです。 ■食器洗浄機 電子レンジ オーブン不可 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 桶谷 定一/定一窯 大正末期に東山区今熊野蛇ヶ谷の現在地で 父定一が開窯、帝文、日展に出品、各展で受賞。 天目釉を得意とした。父に製陶を習い、自身も日展、 各展に出品、受賞。二代を継ぎ美術陶芸品を作る。 なお、純出品作品には本名の銘を使う。 本名 桶谷 洋 昭和10年 京都東山の窯業地に生まれる 昭和30年 京都伏見高校陶磁器科卒業 日展陶芸家...

送料無料
建窑 天目 建盞 をつけ天目兎の毛 茶碗釉 カップ 手作り茶碗 曜の 窑变

Amazon

18,000

建窑 天目 建盞 をつけ天目兎の毛 茶碗釉 カップ 手作り茶碗 曜の 窑变

推薦の理由: 建窑産の「建盞(天目)」は、黒釉瓷の代表、中国宋八大名磁器のつで、宋御用茶器。産地で所属建築設置と称して「建燈」。茶界は「唯一お茶として誕生した茶器」。建盞上薬は独特で、は燃やして過程の中が違ってくる筋脉と色ので、完成品の施釉が兎の毛状、油滴状や曜が状、やさしい目をきらきらと透明で、美しい。 入宋以降、飲茶の風習が盛んで、最も流行したのは「闘茶」、これは1種の唐代の煮茶よりもっとこだわりのお茶の芸術。「闘茶」の法を重んじて茶質、水質や芸。を作るために最高の闘茶効果だけでなく、お茶、テクニックが必要な、しかも良質の茶杯。いわゆる馬には鞍が似合う」。「茶色い白、黒の盞。」この闘茶、墨と雪、一目瞭然。だから闘茶家たちも暗い釉茶杯(碗)に夢中になるのは建盞最適「闘茶」。 宋代には、盞の茶器として最も良い茶器になり、次の特徴を備えているからです: (いち)内外皆施釉暗い釉、外壁はいったい、露胎、鉄結晶自然の形成の模様を飾る、 (に採用が焼きので、口に沿って釉層が薄く、器内底ポリ釉を厚く、外壁施釉がち半を避けるためにくっついて底でかまに火を入れる発生窯、釉高温で流れやすいので、掛釉の現象、通称「釉の涙」、「釉滴珠」、 (さん)胎の色が黒くや灰黒、ブラックブラウン、これを鉄分含有量が高いとして、胎の骨が厚く硬く、たたくの金属音、通称「鉄胎」を含む、手触りは重々しくて、砥粒が多いので、胎の質が粗く、露胎で手触りもが太い、 (よんしよ)建窑を高温焼成、もし胎の土を細いは器物易変形、建窑黑瓷中の建盞胎の体は重々しくて、胎内に含まれて気孔に細かい、麦焦がしの保温、適闘茶の需要。

送料無料
銹斑天目盃 陶あん

Amazon

5,400

銹斑天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの天目盃 銹斑天目盃です。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 朝顔に広がったぐい飲みの形。 星が夜空光るイメージで、斑紋が多数浮かび、まさに妖艶な色合いです。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 陶あんの天目の酒盃です。お茶の茶碗としてもどうぞ。 ◆商品番号 9164銹斑天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■食器洗浄機 不可 電子レンジ 不可 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

送料無料
青輝天目盃 陶あん

Amazon

5,400

青輝天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの天目盃 青輝天目盃です。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 朝顔に広がったぐい飲みの形。 星が夜空光るイメージで、斑紋が多数浮かび、まさに妖艶な色合いです。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 陶あんの天目の酒盃です。お茶の茶碗としてもどうぞ。 ◆商品番号 9163青輝天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■食器洗浄機 不可 電子レンジ 不可 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

送料無料
黄瀧天目盃 陶あん

Amazon

5,400

黄瀧天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの天目盃 黄瀧天目盃です。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 朝顔に広がったぐい飲みの形。 星が夜空光るイメージで、斑紋が多数浮かび、まさに妖艶な色合いです。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 陶あんの天目の酒盃です。お茶の茶碗としてもどうぞ。 ◆商品番号 9161 黄瀧天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■食器洗浄機 不可 電子レンジ 不可 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

スポンサーリンク
スポンサーリンク