メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「窯変天目茶碗」検索結果。

窯変天目茶碗の商品検索結果全50件中1~50件目

送料無料
窯変天目盃 陶あん

Amazon

10,800

窯変天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの窯変天目盃 です。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 朝顔に広がったぐい飲みの形。 星が夜空光るイメージで、斑紋が多数浮かび、まさに妖艶な色合いです。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 陶あんの天目の酒盃です。お茶の茶碗としてもどうぞ。 ◆商品番号 9355 窯変天目酒盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ4.5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

送料無料
紫紅窯変天目盃 陶あん

Amazon

10,800

紫紅窯変天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの紫紅窯変天目盃です。 写真は一例です。 窯の中で模様が変化します。お届けする物と色や形は微妙に異なります。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 窯の炎が器の表面を走ることで、産まれる窯変。 メタリックにグラデーションする神秘的な色合いです。 七色の光が変化する、神秘的な器。見る角度によって表情を変える、鮮やかな光彩。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 800年のときを経ても、今もなお輝き続ける曜変天目茶碗。 京都の陶工が現代感覚の色使いを加えて新作を誕生させました。 ◆商品番号 9814 紫紅窯変天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ4.5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさ、重さは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

送料無料
窯変 曜変 天目 茶碗 抹茶碗 手作り 窯作 建盞 和食器 酒器 料亭

Amazon

6,588

窯変 曜変 天目 茶碗 抹茶碗 手作り 窯作 建盞 和食器 酒器 料亭

中国の伝統は手製で作ります 中国の皇帝の最も愛する陶器の茶道具 世界は非物質の遺産だ 元南宋期,日本では中国に留学僧,職人が多くて、当時の中国の天目茶碗、人気の日本国民や茶道界に愛されて。したがって、日本製陶名家「加藤四郎」は宋に日本に戻った後、尾張の瀬戸窯陶開いて、瀬戸窯の作品は、多くの模倣わが国の宋天目仕様の器具、後で「瀬戸天目。でも日本の政治は内乱につれて、多くの瀬戸の陶工が逃げ込ん美濃避難、美濃窯から興る。だから瀬戸と美濃の陶器、深い中国血渊源。 中国産、全て手作り、施釉局部が指紋、火に虫食い跡、空、墨時、泡,掛釉,格闘を始めるなどは所属し陶者の芸術表現形式で、区別手作り器物と普通のメカニズムの陶芸の重要なシンボルの一つ。 器型雄渾自然,感触は柔らかくて、器の形は穏やかで、含蓄深い、豪快なわがまま、微細にやさしい玉のように、自然の無華、氷裂テクスチャ(セミの羽紋)明らかに示し、簡素の風。 器のせい型の勝手に、まろやかになって、湿った玉のようで、自由に手配し、自家用、陣列やよう、コレクションなど。 どの建盞(けんさん)も神からの唯一無二の贈り物、建盞の魅力は世の中に全く同じものが存在しないこと 性能:厚みがあり硬い骨格、古拙で素朴、叩くと金属音がする特殊な胎土、一夜過ぎても鮮度を保つ、一夜過ぎてもお茶が変質しない、依然としてよい香りのまま 建盞で茶を味わうと、融合を感じ、お茶の特性を十分に味わえる優れた保温性と断熱性を有している もしもあなたは私達の製品が好きで、好評をください

送料無料
松皮天目盃 陶あん

Amazon

5,400

松皮天目盃 陶あん

京焼清水焼の陶あんの松皮天目盃です。 黒い肌に流れる白い薬の窯変。 松の木の皮に見えることからこの名前があります。 中国伝来の名品、天目茶碗をぐい飲みに写した作品です。 その油滴や燿変の素晴らしさに心が引き込まれそうです。 朝顔に広がったぐい飲みの形。 星が夜空光るイメージで、斑紋が多数浮かび、まさに妖艶な色合いです。 見込みに酒やお茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。 陶あんの天目の酒盃です。お茶の茶碗としてもどうぞ。 ◆商品番号 9265松皮天目盃 陶あん 写真は一例です。 手作りの為、お届けする物と色や形は微妙に異なります。 ■食器洗浄機 不可 電子レンジ 不可 ■寸法 約 直径8.5cm×高さ5cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 土渕陶あん 陶あん窯 当代の土渕陶あんは、創業から代三代目の当主です。 陶あん窯の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、確回たるデッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。 近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多 の賞賛を得ています。 大正十一年、初代 陶あんが開窯。 昭和五十四年、三代目が窯を継承。 昭和二十四年生まれ、京都市出身

送料無料
bch-26 志野 抹茶茶碗 贈り物 茶碗 薪窯 荒川 明作 【文部大臣奨励賞受賞】 木箱付きギフト 還暦祝い 定年 退職祝い 結婚祝い 誕生日 クリスマスプレゼント 金婚式のお祝いの贈り物に♪...

荒川明の陶芸ギャラリー

162,000

bch-26 志野 抹茶茶碗 贈り物 茶碗 薪窯 荒川 明作 【文部大臣奨励賞受賞】 木箱付きギフト 還暦祝い 定年 退職祝い 結婚祝い 誕生日 クリスマスプレゼント 金婚式のお祝いの贈り物に♪...

炎色は天下1品♪ 陶芸作家の手造りの 抹茶茶碗を買うならココ ♪ 焼締 志野焼き 鳴海織部 楽焼き 御本手 黒天目まで! 荒川明 のオリジナル抹茶茶碗147商品の品揃え。 ギフト、還暦祝い、定年、退職祝い、結婚祝い、誕生日、 ク リスマスプレゼント、金婚式のお祝いの贈り物に♪ 荒川 明の陶房は浜松の山奥の引佐町奥山にあり、 その名前のとうり山奥となります。 そこには古い時代に使かわれた薪窯を荒川明が独自に 工夫をして窯を作りました。 自然の炎色、自然釉、灰かぶりの美しさの中に大胆な 景色の出る焼き物で同じ作品は2度と出来ません。 サイズ サイズ12.5cm×11.5cm×高さ8cm 素材 陶器(木箱付き) 特長 志野釉の窯変とかいらぎのヒビ割れが大胆で素晴らしい 志野焼 抹茶茶碗 文部大臣奨励賞受賞の陶芸作家の確かな作陶技術と 使い心地の良さ! 焼成方法 薪窯焼成 ※モニーターによって多少色具合が違う場合があります。 陶芸作家の作品の値段はどうやって決めますか? 美術年鑑社の美術年鑑の本が出版がされており、毎年作家の評価額が発表されます。日本画、洋画、彫刻 工芸 書 古美術部門に分かれており、陶芸の場合は工芸の部門になります。 陶芸作家の評価は陶磁器(花瓶)21.2×21.2cmを基準とします。 荒川明の2013年の評価額が78万円となっております。 難易度、作品の焼き上がりが出にくい作品は+αになります。 お値段は評価額よりお安い金額を設定させて頂いております。 文部大臣奨励賞受賞 陶芸家 荒川 明作 焼締志野 抹茶茶碗 薪窯焼成 こんな見事な窯変があるだろうか?薪の炎により素晴らしい色相に変化 志野焼は、窯から出した時、窯と作品の温度差により、釉薬にヒビが入ります。(陶芸用語で貫入といいます。)...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
京焼 清水焼 油滴天目夫婦湯呑み 橋本大輔

京焼清水焼専門店 松韻堂

19,600

京焼 清水焼 油滴天目夫婦湯呑み 橋本大輔

ギフト対応 清水焼の天目釉を得意とされる橋本大輔の湯呑みです。中国伝来の天目茶碗を京焼の陶工が再現しました。その油滴や燿変の見事さは茶人でなくとも魅了される事でしょう。 ◆当店の京焼清水焼はご自分用だけでなく、 贈り物やお返し、プレゼントに大変喜んで頂いております。 【贈答用】母の日 父の日 敬老の日 バレンタイン ホワイトデー 誕生日プレゼント 【季節の贈答品】 御歳暮 御中元 暑中見舞 寒中見舞 【祝い事・お返し】 御礼 引出物 結婚祝 内祝 御祝 出産祝 新築祝い 【家族の御祝】節句祝 還暦祝 古希祝 喜寿祝 傘寿祝 米寿祝 卒寿祝 白寿祝 【外国への土産】外国の方へのお土産、プレゼント 【記念品】景品 記念品 開店記念 開業記念 配り物 他に人生の節目や、粗供養などにもご利用ください。楽天国際配送対象商品(海外配送)詳細はこちらです。 Rakuten International Shipping ItemDetails click here京焼清水焼の橋本大輔の油滴天目夫婦湯呑みです。 朝顔のように開いた飲み口。持ちやすい胴ひものはいった形。 天目黒に銀の滴。星が夜空光るイメージで、斑紋が多数浮かび、まさに妖艶な色合いです。 縁だけ茶味がかり、大小流れるような銀油滴が綺麗に見こみ一杯広がっています。 見込みにお茶や酒が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 お茶に限定せず、日本酒や焼酎、フリーカップとしてお使い下さい。 人気の橋本大輔の油滴天目の茶杯です。 ◆商品番号 9721 油滴天目夫婦湯呑 橋本大輔 ■寸法 大 直径7cm 高さ9cm 小 直径6.5cm 高さ8cm 化粧箱 ※手作りですので形や色、大きさ、重さは1つ1つ異なります。 陶歴 橋本 大輔 昭和47年 5月6日生まれ 平成14年...

送料無料
金油滴天目茶碗 定一

Amazon

30,000

金油滴天目茶碗 定一

清水焼の天目釉を得意とされる窯元桶谷定一の油滴天目茶碗です。 金覆輪を思わせるように、金を縁に塗りましてた。 天目の中でも油滴天目は国宝にもなっており、その光彩が放つ怪しげな色合いは独特の魅力があります。 作るポイントは強還元で、ある一定の温度を長時間引っ張ることでこの紋が生まれます。 天目茶碗の魅力の1つがその独特の形状です。 高台は小さな輪高台で、ゆるやかなカーブを描いて立ち上がり、 胴から口にかけてわずかに絞り込んで反りかえる、いわゆるスッポン口が基本形です。 高火度、強還元焼成であるため、口縁から釉薬がはげ落ち、 それを嫌って覆輪(ふくりん)という金や銀の輪っかがはめられている物が多いです。 内側の油滴の様子です。 茶色味を帯びた生地に浮かぶ銀の油滴の粒が縮緬状に細かくでています。 油滴と一言に言っても呼び名がいくつも付いています。 高台の景色です。 天目茶碗の高台は極めて小さく、和物茶碗のような削り跡の揺らぎは許さず精巧を極めています。 土色から生地がとても細かく、硬質に焼きしまっているのがわかります。 油滴天目こそが人為と自然作用の織りなす陶芸の絶技であります。 ◆商品番号 27 金 油滴天目茶碗 寸法 直径13cm 高さ6.8cm 重さ270g 木箱付 ■食器洗浄機 電子レンジ オーブン不可 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。

送料無料
京焼 清水焼 油滴フリーカップ 橋本大輔

京焼清水焼専門店 松韻堂

8,800

京焼 清水焼 油滴フリーカップ 橋本大輔

ギフト対応 清水焼の天目釉を得意とされる橋本大輔のカップです。中国伝来の天目茶碗を京焼の陶工が再現しました。その油滴や燿変の見事さは茶人でなくとも魅了される事でしょう。 ◆当店の京焼清水焼はご自分用だけでなく、 贈り物やお返し、プレゼントに大変喜んで頂いております。 【贈答用】母の日 父の日 敬老の日 バレンタイン ホワイトデー 誕生日プレゼント 【季節の贈答品】 御歳暮 御中元 暑中見舞 寒中見舞 【祝い事・お返し】 御礼 引出物 結婚祝 内祝 御祝 出産祝 新築祝い 【家族の御祝】節句祝 還暦祝 古希祝 喜寿祝 傘寿祝 米寿祝 卒寿祝 白寿祝 【外国への土産】外国の方へのお土産、プレゼント 【記念品】景品 記念品 開店記念 開業記念 配り物 他に人生の節目や、粗供養などにもご利用ください。楽天国際配送対象商品(海外配送)詳細はこちらです。 Rakuten International Shipping ItemDetails click here京焼清水焼の橋本大輔の油滴天目杯です。 朝顔のように開いた形状。 天目黒に銀の滴。星が夜空光るイメージで、斑紋が多数浮かび、まさに妖艶な色合いです。 縁だけ茶味がかり、大小流れるような銀油滴が綺麗に見こみ一杯広がっています。 見込みにお茶や酒が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな高台。中央に控えめな大輔の落款。 人気の橋本大輔の天目の杯です。 ◆商品番号 9250 油滴天目フリーカップ橋本大輔 ■食器洗浄機 不可 電子レンジ 不可 ■寸法 約 直径7.5cm×高さ12cm 化粧箱 ※手作りですので形や色、大きさ、重さは1つ1つ異なります。 陶歴 橋本 大輔 昭和47年 5月6日生まれ 平成14年 京都府立陶工高等技術専門校 陶磁器成形科終了...

送料無料
油滴天目茶碗 覆輪銀塗仕上げ 定一

Amazon

27,000

油滴天目茶碗 覆輪銀塗仕上げ 定一

清水焼の天目釉を得意とされる窯元桶谷定一の油滴天目茶碗です。 覆輪は銀彩で塗り仕上げしたものです。 天目の中でも油滴天目は国宝にもなっており、その光彩が放つ怪しげな色合いは独特の魅力があります。 作るポイントは強還元で、ある一定の温度を長時間引っ張ることでこの紋が生まれます。 天目茶碗の魅力の1つがその独特の形状です。 高台は小さな輪高台で、ゆるやかなカーブを描いて立ち上がり、 胴から口にかけてわずかに絞り込んで反りかえる、いわゆるスッポン口が基本形です。 高火度、強還元焼成であるため、口縁から釉薬がはげ落ち、 それを嫌って覆輪(ふくりん)という金や銀の輪っかがはめられている物が多いです。 茶色味を帯びた生地に浮かぶ銀の油滴の粒が縮緬状に細かくでています。 油滴と一言に言っても呼び名がいくつも付いています。 天目茶碗の高台は極めて小さく、和物茶碗のような削り跡の揺らぎは許さず精巧を極めています。 土色から生地がとても細かく、硬質に焼きしまっているのがわかります。 油滴天目こそが人為と自然作用の織りなす陶芸の絶技であります。 ◆商品番号 9321 油滴天目茶碗 定一 覆輪銀塗仕上げ 寸法 直径13cm 高さ6.8cm 重さ270g 木箱付 覆輪は銀彩で塗り仕上げしたものです。 ■食器洗浄機 電子レンジ オーブン不可 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 桶谷 定一/定一窯 大正末期に東山区今熊野蛇ヶ谷の現在地で 父定一が開窯、帝文、日展に出品、各展で受賞。 天目釉を得意とした。父に製陶を習い、自身も日展、 各展に出品、受賞。二代を継ぎ美術陶芸品を作る。 なお、純出品作品には本名の銘を使う。 本名 桶谷 洋 昭和10年 京都東山の窯業地に生まれる 昭和30年 京都伏見高校陶磁器科卒業 日展陶芸家...

送料無料
燿変紫光天目抹茶茶碗 鎌田幸二

Amazon

648,000

燿変紫光天目抹茶茶碗 鎌田幸二

京焼清水焼の名工、鎌田幸二先生の最高峰。 燿変紫光天目抹茶茶碗です。 一点物、お買い求め頂いた場合、写真の現物をお渡し致します。 真円に小さな油滴の粒。燿変紫光は 二度焼きすることで生まれる手間閑のかかった茶碗です。 縁だけ茶味がかり、大小流れるような銀油滴が綺麗に見こみ一杯広がっています。 見込みに抹茶が入ることで虹彩はさらに艶を帯びます。 ちいさな輪高台。脇にも控えめな幸二のサイン。 鎌田幸二先生の天目のなかで最も芸術性の高い燿変紫光天目の抹茶茶碗です。 ◆商品番号 9704 燿変紫光天目抹茶茶碗 鎌田幸二 一点物、お買い求め頂いた場合、写真の現物をお渡し致します。 ■寸法 約 直径13cm×高さ7cm 木箱付 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 鎌田幸二 1948年 京都に生まれる 1966年 京都府立桃山高等学校卒業 1967年 作陶を志し、五条坂清水正氏の指導を受ける 1971年 京都府立陶工訓練校専攻科終了 同校指導員(京都府技師)となる 五条坂共同登窯「鐘鋳窯」にて天目の研究を始める 1972年 第二回日本工芸会近畿支部展初入選 第二十回日本伝統芸展初入選 1976年 日本工芸会正会員に推さる 1977年 京都府立陶工訓練校指導員を辞し作陶に専念する 1978年 セントラル・ギャラリー(大阪)にて初個展 1979年 五条坂共同登窯休止の為、自宅にガス窯を築窯 1987年 第十六回日本工芸会近畿支部展にて京都府教育委員会委員長賞受賞 1988年 重要無形文化財「鉄釉陶器」伝承者養成研修会にて清水卯一氏の 薫陶を受ける(以降 「栩卯会」として研修会に参加 1994年 高島屋(京都店・岐阜店)にて「作陶二十五年記念展」 京都文化博物館「京都創作陶芸のながれ展」に出品 1997年...

送料無料
茶道具天目茶碗 油滴(ゆてき) 特上品京都 桶谷定一作

佐藤大観堂

32,000

茶道具天目茶碗 油滴(ゆてき) 特上品京都 桶谷定一作

■在庫のない場合、新作仕入れの為、お申し込後、納品迄、 1~2週間程お待ち頂く場合があります。 ■作品は、それぞれ手作り逸品物のため、 仕上がりが多少異なる場合があります、予めご了承下さい。 ------------------------------------------------------------- ■当作品の覆輪は、筆で塗った見立ての覆輪です。 ※覆輪(ふくりん):茶碗の口縁部を覆う細い金属製の輪です。 ------------------------------------------------------------- ■茶道具 天目茶碗 油滴 (ゆてき)、 特上品 分類 茶道具 cw-tenmoku-yuteki-teiiti-o-s7----------------------------------------------【 天目茶碗 (てんもくぢゃわん) 】天目というのは、中国浙江省の天目山という知名から来たもので、天目釉と呼ばれる鉄釉をかけて、この地域で焼かれた黒っぽい焼き物をさす。主に抹茶茶碗などが多く、曜変天目(七色の光彩を放つといわれる)をはじめとして、油滴天目(水の中に浮いた油のような斑点模様がある)、禾目天目(稲の穂先にある毛のような釉の流れた縞模様)、木の葉天目(葉っぱの形が釉に浮き出ている)のほか、建盞(けんさん)、灰被り、黄天目、烏盞(うさん)、玳玻盞(たいひさん)などがある。----------------------------------------------【 油滴天目 】釉面にある班点が,水に浮く油のように見えることから付いた名前。金の油滴と銀の油滴が有り、酸化炎だと金に、還元炎だと銀になるといわれている。油滴天目茶碗は、南宋の陶工が皇帝や知識人の為に作り残したものと伝え...

スポンサーリンク
スポンサーリンク