メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「砥部焼大皿」検索結果。

砥部焼大皿の商品検索結果全17件中1~17件目

【砥部焼 スギウラ工房】はりあわせ楕円皿(白水玉)

砥部焼の和食器 【砥部工房 唐草】

8,424

【砥部焼 スギウラ工房】はりあわせ楕円皿(白水玉)

はりあわせ楕円皿(白水玉) キュートな絵付けが魅力の手づくりらしい楕円皿。メインに大皿料理に大活躍。 スギウラ工房すぎうらこうぼう 杉浦綾さんが得意とする「貼り合わせ」という手法の29cmサイズの大きめ楕円皿。まるでパッチワークのような作品です。ふちはまっすぐではなく手仕事らしい曲線が生かされています。深みある形ですので、汁気のあるお料理を盛ってもこぼれにくく使いやすい。きちんとした円ではなく手づくり感ある形。絵柄は柔らかいタッチで大人っぽいキュートさが魅力。「白水玉・雲・ドット」とパーツごとに紋様を変えて貼り合わせの特徴を生かしています。裏から見たところ。作る際の工程上、裏側は少し釉薬(ゆうやく)が削れている部分がある場合がございます。底には「aya」のサイン。 1枚1枚形に違いがあるためぴったりと重ならない場合もありますが、2枚重ねると6.5cmぐらいの高さです。これくらいの大きさ。はがきと比べて。【サイズにつきまして】ひとつひとつお皿の大きさ・高さに違いがあります。特に高さにつきましては2cmの差がある場合がございます。(数枚お買い求めの際は、出来る限りサイズを合わせさせていただきます)。 カレーを盛っても良く似合います♪いつものオムライスもお洒落に♪炒め物やマリネなどの大皿料理の際にも大活躍。白磁に藍色の染付で、爽やかな雰囲気もあるお皿なのでサラダを盛っても似合います。和食から洋食まで、幅広い料理に♪絵柄違いの「はりあわせ楕円皿(ダミストライプ)」。絵柄違いでコーディネートしても素敵です♪3枚の土板を張り合わせて作られています。貼り合わせた部分に段差ができ、手づくりらしい楽しさを感じます。藍色の濃淡だけで、表現された紋様は手描きらしい味わいがあります♪ 手描きですので、ひとつひとつ手描きらしい違いがあります。...

こちらの関連商品はいかがですか?

【砥部焼 陶房遊】ブルーリーフの楕円小皿

砥部焼の和食器 【砥部工房 唐草】

1,134

【砥部焼 陶房遊】ブルーリーフの楕円小皿

ブルーリーフの楕円小皿 北欧の雰囲気も漂うお洒落な絵付け。いろいろな使い方を。 陶房遊とうぼうゆう 手づくりらしいフォルムが魅力の約12.5cm×11cmの深みある楕円の小皿。陶房遊さんの新作「ブルーリーフ」。木の葉をモチーフにデザインされた絵付けがお洒落です。きれいな楕円皿ではなく歪みある形が特徴。高さは、高い部分で2.7cmくらい、低い部分で2.3cmくらいとなります。底の平らな部分は5.5cm×4.5cmくらいとなります。小皿の大きさの割には底の面積が小さなつくりです。和食器でありながら北欧の雰囲気も漂う素敵な絵柄です。底の部分は釉薬が掛かっていないので、ザラリとしています。底の平らな部分は10cm×8cmくらいです。底には陶房遊さんの「とべ 遊」の窯印。これくらいいの大きさ。はがきと比べて 少し大きめなので餃子などの酢醤油の小皿としてもこぼれにくく使いやすい形です。深みある小皿なので小鉢感覚で和え物を盛ったり、サラダを盛ったり・・と多用途に活躍してくれます。絵柄違いで揃えても楽しい♪フルーツも良く似合います。バケットを盛ったり、和菓子や洋菓子を盛っても素敵。カットしたレモンを入れたり、薬味を入れたり・・と個性的な形の楕円皿だから1枚でも楽しい使い方がいろいろ。ひとつひとつ微妙に形が違うので、ぴったりとは重なりませんが、3個重ねると約5cmくらいの高さとなります。 味わいある藍色の濃淡。シンプルな絵柄ですがあたたかみを感じるのは、手描きだからこそ。 葉のかたちや藍色の濃さ色合い、器の大きさ・形などひとつひとつ手仕事らしい違いがあります。 商品の詳細につきまして 商品名 ブルーリーフの楕円小皿 商品番号 T095 サイズ 約 12.5cm×11.8cm×高さ2.3cm?2.7cm窯出し時期などによって多少の違いがございます...

送料無料
【九谷焼】中皿(楕円皿)セット 古九谷花鳥 東司峰(和食器 取り皿)

和座 和風空間創造工房

21,600

【九谷焼】中皿(楕円皿)セット 古九谷花鳥 東司峰(和食器 取り皿)

こんな時にお薦めです 記念品/引き出物/結婚祝い/誕生日プレゼント/金婚御祝い/退職記念/開店祝/内祝い/快気祝い/父の日/母の日/敬老の日/結婚記念日などの贈り物に最適【無料】のし ラッピング ギフトカード 配送日指定店舗内移動ナビ トップページ >> 九谷焼 皿一覧 >> 九谷焼 中皿一覧 使い勝手の良い取り皿。食卓に必ずと言っていいほど欠かせない食器です。九谷焼の皿は、陶磁器をキャンパスに色とりどりに彩色する華やかなデザインやシンプルを極めるものまで多種多様なバリエーションがあり、毎日の食卓をデコレートする器としてとても重宝致します。伝統的な画風の作品を洋風なお料理で、またモダンなデザインの作品を和食と合わせて、 テーブルの上で様々な色合いの組み合わせをお楽しみ頂けましたら幸いです。お料理と器をゆっくりと楽しむ、そんな贅沢な時間を九谷焼とともにお過ごし頂ければと思います。 九谷焼の一般的なイメージは「派手な焼物」と言われる事が多い。まさにその通りだと思います。三百五十年以上も前に、この石川県の地で焼物が作られたが鉄分を多く含む陶石を使っていたことからその性質上、真白な色の焼物にならず見栄えを良くする為に絵が描かれた事が九谷焼のルーツだと伝えられています。九谷焼は彩色することにより焼物に価値を見出したのです。以降、加賀百万石、前田家の豪放華麗な文化の中で、その加飾技術は磨き上げられ今日の絢爛豪華な作品の数々が生み出されました。そして明治期に輸出用の作品として贅沢に金を用い描かれた作品が現代の九谷焼の「派手」なイメージの基になっていることは間違いありません。もちろん九谷焼の中にも染付(藍と白)で描かれたシンプルな作品も多々あります。しかし最近になり感じるのは九谷焼の派手過ぎるくらいの彩色が持つデザインの強さ、近年...

【砥部焼 山中窯】くねくねラインの角皿(5寸)

砥部焼の和食器 【砥部工房 唐草】

1,080

【砥部焼 山中窯】くねくねラインの角皿(5寸)

くねくねラインの角皿(5寸) 陶器の風合いも楽しめる手づくりらしい角皿。素朴な味わいが素敵。 山中窯やまなかがま 山中窯さんらしい素朴な味わいが魅力の15cm×15cmの角皿。陶器と磁器の良さを合わせもった半磁器だから、ざらりとした肌合いが特徴。陶器とは違って丈夫だから、気兼ねなく使えます。毎日の食卓で大活躍♪高さcmくらい。深みあるお皿ではありませんが、縁がなだらかに立ちあがっているので少々汁気のあるお料理にもご利用いただけます。手づくりですので完全に底をフラットにすることは難しいため、手で押さえると多少カタカタとする場合もございますくねくねとしたシンプルな線ですが「象嵌(ぞうがん)」といわれる、彫った線に呉須(ゴス)を埋め込み削る、とても手間のかかる手法で表現されています。お皿の裏側。テーブルに当たる部分は釉薬(ゆうやく)が掛かっていないのでザラザラとした質感。裏には山中窯さんの窯印。これくらいの大きさ。はがきと比べて。大きめの『くねくねラインの角皿(7寸)』もあります。 取皿にもおすすめ。角皿は数種類の料理を盛りやすい形です。また、丸皿とは違ったお洒落な雰囲気を楽しむことができます。素朴な和食器ですが、洋食も良く似合います♪ケーキや和菓子、フルーツなどのデザート皿としても素敵です。いろいろなオードブルを盛ってテーブルに並べても楽しい♪素地は真っ白ではなくほんのりグレー掛かったのやわらかな色合いです。ところどころに、こげ茶色の小さな鉄点があります。釉薬が掛っているので表面に光沢があります手作りなので、淡い藍色のラインの色合いは青味掛かったり、茶色掛かったり・・と一枚一枚違いがあります。手仕事ならではの楽しさ。1枚1枚手づくりならではの違いがありますので、ぴったりとは重なりませんが、3枚重ねると約4cmくらいです。...

スポンサーリンク
スポンサーリンク