メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「砥部焼作家」検索結果。

砥部焼作家の商品検索結果全2件中1~2件目

砥部焼作家「スギウラ工房 杉浦綾」お茶碗(雲)

ぎゃらりー濱田

3,240

砥部焼作家「スギウラ工房 杉浦綾」お茶碗(雲)

サイズ 直径:10.6cm 高さ:7.0cm ご注意 作家による手作りの為、多少の色柄・形状の違いはご了承下さい。また、ご利用の環境によっては、色合いが実物と若干異なって見える場合がございます。こちらも併せてご理解お願いいたします。 ・人気の砥部焼「スギウラ工房」杉浦綾氏の作品。 ・砥部焼というとぽってり厚めが特徴ですが、杉浦氏の作品は、薄作りです。軽くて持ちやすい点がやはり嬉しいです。 ・内側は「ドット」で外側は「雲」他にも色々なパターンで展開してます。日本手ぬぐいにあるようなレトロな柄も。当店でもとっても人気があり、新作を待たれるお客様もいらっしゃいます。 ・大きさは、深みのある。たっぷりタイプ。コロンとした形がかわいいです。底の部分は四角になっています。これまた面白いですね。 ・底には作家名:杉浦綾氏の「aya」がしるされています。 ●柄違いはコチラから・・・ 【砥部焼】「スギウラ工房*杉浦綾」ご飯茶碗(麻の葉) 【砥部焼】「スギウラ工房*杉浦綾」ご飯茶碗(ライン) 【砥部焼】「スギウラ工房*杉浦綾」ご飯茶碗(丸) 【砥部焼】「スギウラ工房*杉浦綾」ご飯茶碗(ドット) ●ギフト包装●をご希望の方は、 有料ギフト包装(200円) を商品と一緒にお買い求め下さい。 ご希望の和紙の色をお選び下さい。 【ギフト対応】

砥部焼(龍泉窯)(作家もの・日展作家) 面取り鉢(大)(20000円)【婚礼・出産・お祝い・お返し・快気・仏事・ギフト】

Jギフト-引き出物&内祝いの店

21,600

砥部焼(龍泉窯)(作家もの・日展作家) 面取り鉢(大)(20000円)【婚礼・出産・お祝い・お返し・快気・仏事・ギフト】

龍泉窯製作特有ラインがのびやかに走る面取り鉢です。◆内容◆●サイズ:約310φ×H85mm●材質:磁器※この商品の高台には、日展作者の印を刻んでおります。 こちらの商品は専用の箱がないためのし・包装紙・命名札はお付けいたしかねます。あらかじめご了承の上、お買い求めくださいませ。 ポイント5倍/高級タオル/オーガニック/今治タオル/今治タオルバスタオル/通販/タオル/ギフト/バスローブ/オーガニックコットン/ポンチョ/写真入り命名札/出産内祝い/引き出物/カタログギフト割引/%OFF/セール/バレンタイン/初節句/母の日/父の日/入学内祝い/福袋/タオル/香典返し/志  砥部焼とは、愛媛県・砥部の里より産する陶石を原料に作られた磁器のこと。飾り気のない筆遣いや、しっかりとした手取りの重さ。なぜだかほっとしてしまうような不思議な力を持っています。今回ご紹介する『龍泉窯』で製作された磁器は、親しみさをさらに膨らませた味わいあるものばかりです。年代に関係なく、愛用いただけることと思います。ぜひとも、さまざまなギフトシーンにぜひご活用ください。 ・日展 入選(5回) ・日本現代工芸美術展 入選(15回) ・県展 特選(3回) ・県展 愛媛新聞奨励賞 受賞 ・日本現代工芸美術展 現代工芸賞 受賞

こちらの関連商品はいかがですか?

【梅山窯】砥部焼 茶碗 梅山窯 クラワンカ 小の小 カラー 白米:約101g (59454)

生活雑貨+1

2,267

【梅山窯】砥部焼 茶碗 梅山窯 クラワンカ 小の小 カラー 白米:約101g (59454)

本体サイズ(cm)約φ10×5.6cm本体重量(g)約170g素材・材質陶磁器原産国日本商品説明約230年の伝統を持ち、国の伝統的工芸品である愛媛県伊予郡砥部町で生産される磁器「砥部焼」砥部焼は、ほとんど手作り手書きで生産され、白磁の肌に溶け込んだ呉須絵、素地の白さに調和した色絵、やや厚手の飾り気のない形と材質の堅さに特色があり、厚みがあり丈夫な「砥部焼」は実用的な器として日常使いにぴったり昭和51年に通商産業省より「伝統的工芸品」として焼き物では6番目に指定されている毎日の食卓に、どこか懐かしさを感じさせる素朴で飾り気のないお茶碗ぼってりとした手ごたえの厚手の器には、保温効果があり、ごはんが冷めにくいのも嬉しい小ぶりのサイズで、3歳前後のお子さまや食事制限のある方におすすめ高台を大きくし、安定感のある形で、子供茶碗や飯椀としてはもちろん小鉢として使っても便利様々な色柄があるので、ご家族でお揃いにしたり、兄弟姉妹で使い分け。陶工がひとつひとつ心を込めて制作した手作りの器は、手仕事ならではの温かみを感じさせるお子様の誕生日プレゼントに、退院祝いや敬老の日の贈り物にも喜ばれる※オールハンドメイドの為、サイズ・柄・風合い等に若干の違いがあります[砥部焼最大の老舗窯元「梅山大登窯(梅野精陶所)」について梅山窯は砥部を象徴する障子山の麓の静かなたたずまいに明治15年(1882年)、梅野政五郎によって開窯して以来、百年あまりの永きに渡りその伝統を受け継ぎ、今日に及び、砥部の材質を生かして「用と美」の実用工芸品の製作につとめている[梅山窯の伝統柄]梅山窯の柄は、砥部焼を代表する唐草をはじめ、自然をモチーフとしたシンプルで動きのある柄が基本やわらかな白磁に溶け込む呉須(ごす)(薄い藍色の手書きの図案)が、砥部焼の素朴で飽きのこない伝統的な雰囲気を出し...

スポンサーリンク
スポンサーリンク