メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「益子焼」検索結果。

益子焼の商品検索結果全552件中1~60件目

カラフル益子焼 しのぎ スープマグカップ エメラルドグリーン

世界の民芸「ディッセンバー3」

1,512

カラフル益子焼 しのぎ スープマグカップ エメラルドグリーン

素材 色 直径 高さ 持ち手 陶器 ブラウン 12.3cm 6.1cm 3.5×1.2cm *サイズ計測の多少の誤差はご了承下さい made in JAPAN *割れ物のため、定形外郵便の利用はできません。西濃運輸での発送となります。 *左の写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。 *写真はできるだけ実物の色に近いものを使用していますが、 人によっては若干の違いを感じる場合もございますので予め ご了承下さい。益子焼 粉引きしのぎ スープマグカップ エメラルドグリーン 無骨なイメージの益子焼を現代風にアレンジして作られたカラフルなシリーズです。 マグカップのような持ち手が付いたスープカップは口あたりもよく手ごろなサイズです。 シンプルでモダンなデザインなので、使いやすい器になると思います。 エメラルドグリーンはやさしい色合いです。 粉引とは風合いを大切にするため荒めの土を使用した焼物です。 細かい泥ヒビやピンホールなども見られますが、 そこから水漏れなどが生じたりすることは 一切ありませんので、安心してご使用下さい。 しのぎとは縦方向に入れたドレープ模様のことで、すべて手仕事で行われています。 デザイン的にもアクセントになりますし、 彫りを入れることで指が滑りにくく持ちやすいようなにした職人の心遣いです。 ※一つ一つが職人の手作りのため、色合いや寸法が若干異なることもございます。 あらかじめご了承下さい。 ※電子レンジ・オーブン・食器乾燥機に対応しておりますが、 直火での使用は、破損・怪我の原因になりますので、絶対になさらないで下さい。 * 割れ物のため、定形外郵便の利用はできません。西濃運輸での発送となります。

カラフル益子焼 しのぎ スープマグカップ ブルー

世界の民芸「ディッセンバー3」

1,512

カラフル益子焼 しのぎ スープマグカップ ブルー

素材 色 直径 高さ 持ち手 陶器 ブラウン 12.3cm 6.1cm 3.5×1.2cm *サイズ計測の多少の誤差はご了承下さい made in JAPAN *割れ物のため、定形外郵便の利用はできません。西濃運輸での発送となります。 *左の写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。 *写真はできるだけ実物の色に近いものを使用していますが、 人によっては若干の違いを感じる場合もございますので予め ご了承下さい。益子焼 粉引きしのぎ スープマグカップ ブルー 無骨なイメージの益子焼を現代風にアレンジして作られたカラフルなシリーズです。 マグカップのような持ち手が付いたスープカップは口あたりもよく手ごろなサイズです。 シンプルでモダンなデザインなので、使いやすい器になると思います。 ブルーはカップルへのプレゼントに人気です。 粉引とは風合いを大切にするため荒めの土を使用した焼物です。 細かい泥ヒビやピンホールなども見られますが、 そこから水漏れなどが生じたりすることは 一切ありませんので、安心してご使用下さい。 しのぎとは縦方向に入れたドレープ模様のことで、すべて手仕事で行われています。 デザイン的にもアクセントになりますし、 彫りを入れることで指が滑りにくく持ちやすいようなにした職人の心遣いです。 ※一つ一つが職人の手作りのため、色合いや寸法が若干異なることもございます。 あらかじめご了承下さい。 ※電子レンジ・オーブン・食器乾燥機に対応しておりますが、 直火での使用は、破損・怪我の原因になりますので、絶対になさらないで下さい。 * 割れ物のため、定形外郵便の利用はできません。西濃運輸での発送となります。

リサラーソン 益子の皿5.5寸(約17.3cm陶器製益子焼) ねこ/青 北欧

モットズット

2,592

リサラーソン 益子の皿5.5寸(約17.3cm陶器製益子焼) ねこ/青 北欧

益子焼の素朴な味わいに北欧モダンをプラス♪リサ・ラーソンはスウェーデン生まれの陶芸家。ユーモアとモダンが同居した独特の存在感で、とりこになる人ぐんぐん増殖中♪ これは、そんなリサ・ラーソンと益子焼のコラボレーションです。ん?なぜ益子焼?それは1950年代のリサ・ラーソンと濱田庄司氏の出会いにさかのぼります。濱田庄司氏は人間国宝認定の益子焼を世にひろめた人物。彼と出会い、日本の陶芸について学び、日本の文化に強い興味を持つつともに、益子焼での作品作りを永くながく心に温めていたのです。リサ・ラーソンと日本の伝統技術のコラボレーションがとっても相性よく感じられるのも自然なことなのですね。益子焼らしいぽってり適度な厚みが素朴で温かみを感じさせてくれます。一つ一つ手作りのため発色具合も異なりますが、それが風合いであり、味わいとなっています。刷毛の跡、塗り跡がよく見えますが、それも含めてリサ・ラーソンが愛した益子焼の魅力として、リサのキャラクターとともに愛してください。食器洗浄機、電子レンジでの使用もOKです。ブランド:リサラーソン/Lisa Larsonサイズ:5.5寸皿 約直径173mm×高さ20mm重量:280g素材:陶器(益子焼)※食器洗浄機、電子レンジでの使用もOKです生産国:日本※一つ、一つ、手作りで作られておりますので個々に、サイズや形状、色味や、濃淡が異なる場合があります※施釉の工程で最初に透明の釉を施しその後フチに鉄を刷毛で巻きます。最初に施した透明釉の厚みの差が焼きあがった時点で色むらになります。工程上避けられない部分でありますことをご了承ください※陶器の製法上、釉薬をかける際に、手作業で刷毛を使用しております。その為に釉薬の色が薄くなっていたり、塗り跡がある場合がございます※つけ置き洗いは、陶器が水分を含み...

【益子焼 くくシリーズ】益子焼 コーヒーカップ&ソーサー(皿)益子焼 つかもと モダン 和食器 カップ&ソーサー 食器 皿 和食器 【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】

和居tea.KOBE

1,890

【益子焼 くくシリーズ】益子焼 コーヒーカップ&ソーサー(皿)益子焼 つかもと モダン 和食器 カップ&ソーサー 食器 皿 和食器 【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】

益子焼 利平 コーヒーカップ&ソーサー(皿) つかもとオリジナル益子焼 ブランド 『利平』 「利平」は、つかもと創業者「塚本利平」 の名を冠としたつかもとオリジナルの益子焼ブランドです。 1864年の創業以来、益子で培ってきた 伝統的な技法や釉薬を用いつつ、現代のライフスタイルに 合わせたデザインを融合した商品となります。 「私たちは、全てのお客さまに器の楽しみを提供し、 ゆたかさを体感していただくことを目指します。」 をコンセプトにした益子焼づくりをしています。 益子の伝統釉とオリジナル釉で6色カラーシリーズ。 名 称 【益子焼 つかもと 利平】 コーヒーカップ&ソーサー(皿) カラー ・飴釉(Caramel) ・益子青磁釉(Mashiko Celadon) ・糠白釉(White) ・呉須釉(Gosu) ・並白釉(Namijiro) ・皮鯨釉(Dark Brown) サイズ 約:コーヒーカップ :直径8.5×高さ6.4cm 約150cc ソーサー:直径15.6×高さ2.6cm 素材 陶器 生産国 日本( 栃木県益子) ブランド 益子焼 利平 注意 ※陶器製品は、焼成の関係上、表記のサイズや雰囲気に若干の誤差が生じることがございます。予めご了承ください。 ※1つ1つ手作りのため、実際の商品の色や柄は画像と少々異なることがありますが、あらかじめご了承ください。

益子焼 粉引きしのぎ コーヒーカップ&ソーサー ホワイト

世界の民芸「ディッセンバー3」

2,700

益子焼 粉引きしのぎ コーヒーカップ&ソーサー ホワイト

カップ 幅(取っ手含) 奥行き 高さ ソーサー 直径 高さ 12.5cm 9.2cm 6.5cm 15cm 2.5cm *サイズ計測の多少の誤差はご了承下さい made in JAPAN *割れ物のため、定形外郵便の利用はできません。西濃運輸での発送となります。 *左の写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。 *写真はできるだけ実物の色に近いものを使用していますが、 人によっては若干の違いを感じる場合もございますので予め ご了承下さい。益子焼 粉引きしのぎ コーヒーカップ&ソーサー ホワイト 無骨なイメージの益子焼を現代風にモダンアレンジして作られたシリーズです。 シンプルで使いやすいデザインのカップと、お菓子をのせるのにも役立ちそうなソーサーです。 ブラウンの縁取りがアクセントになっていて、 コーヒーなどがおいしく見えカフェでもよく使われている人気商品です。 粉引という独特の風合いを出すため荒めの土を使用しております。 細かい泥ヒビやピンホールなども見られますが、 そこから水漏れなどが生じたりすることは 一切ありませんので、安心してご使用下さい。 しのぎとは縦に入れたドレープ模様のことで、すべて手仕事で行われています。 彫りを入れることで指が滑りにくく持ちやすいようなにした職人の心遣いです。 ※一つ一つが職人の手作りのため、色合いや寸法が若干異なることもございます。あらかじめご了承下さい。 ※電子レンジ・オーブン・食器乾燥機に対応しておりますが、 直火での使用は、破損・怪我の原因になりますので、絶対になさらないで下さい。 * 割れ物のため、定形外郵便の利用はできません。西濃運輸での発送となります。

益子焼 夫婦湯呑

Amazon

9,180

益子焼 夫婦湯呑

<歴史> 江戸時代末期、嘉永年間に常陸国笠間藩(現笠間市)で修行した大塚啓三郎が益子に窯を築いたことにより始まったとされます。 量は豊富にあるものの、粗く精巧な器を作るには向かない陶土だったため、当初は水がめ・火鉢・壺などの日用品が主に製作されていましたが、1927年より創作活動を開始した濱田庄司によって花器・茶器などの民芸品が作られるようになり、日本全国に知られることとなります。 その後、1959年に加守田章二が開いた窯により、民芸一辺倒だった益子の作陶に現代的な独創性が加わりました。 1979年には通商産業省(現、経済産業省)より、伝統的工芸品に指定された。また、イギリスの陶芸家バーナード・リーチなどの普及活動がある。 <特徴> 砂気の多いゴツゴツとした土の質感をもち、材料の性質上割れやすく、重いという欠点もある。 益子焼の最も基本的な釉薬(ゆうやく)は漆黒(しっこく)や「柿」と呼ばれる赤茶色、飴色(あめいろ)を出す鉄釉(てつゆ)です。石材粉や古鉄粉を釉薬にし、犬毛筆で色づけを行う為、重厚な色合いとぼってりとした肌触りに特徴があり、こうした昔ながらの施釉は土鍋や土瓶、片口といった、肉厚な陶器に使われています。 民芸運動以来、濱田が得意とした杓掛け・流し掛け・掻き落としの技法を使った紋様を施した鉢や皿などが有名となり、他にも信楽焼流の絵付けを施した山水土瓶や、呉須(コバルト顔料)を使った陶器も多いのが特徴です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク