メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「白磁マイセン」検索結果。

白磁マイセンの商品検索結果全187件中1~60件目

送料無料
マイセン ブルーオニオン カップ&ソーサー meissen-20

Amazon

37,800

マイセン ブルーオニオン カップ&ソーサー meissen-20

ご存知ドイツのマイセンは名実ともに西洋白磁の最高峰です。所有することに喜びを感じる逸品です。 ◆ マイセン(Meissen) [ドイツ製] ◆ 1709年、ヨーロッパで初めて白磁の製造に成功したのがマイセン窯です。 それまで磁器は東洋から輸入されたものばかりで、王侯貴族のみが手にできる大変な貴重品でした。 当時のザクセン(今のドイツ)侯であったアウグストの命令により9年の歳月をかけて研究された結果、白い磁器が誕生し、以来マイセンはヨーロッパ最古の窯として、世界的な名声を得ています。 「青い双剣」と呼ばれる剣のマークは、その秘法が外にもれないようにするという意味があるそうです。 今でも絵付けは誇り高き職人たちによってすべて手描きで行われており、その伝統に培われた美しさは広く人々の憧れとなっています。 ◆ ブルーオニオン ◆ 1739年より続くマイセンを代表するシリーズです。中国の染め付け技術を応用してつくられています。 白磁にコバルト色で描かれた模様は実はオニオン(タマネギ)ではなく、ザクロやモモを図案化したものです。 マイセンのマークである「青い双剣」が器の図柄の中に描かれているのも特徴のひとつ。 あまりの人気に類似品が多く出回ったため、本物であることを示すために1885年から入れられています。

マイセン(Meissen)歴代マイセンマーク コーヒーカップ&ソーサー 778509/00582

輸入ブランド洋食器専門店2本の剣

45,360

マイセン(Meissen)歴代マイセンマーク コーヒーカップ&ソーサー 778509/00582

◆商品仕様 素材 硬質磁器 (Porcelain) 生産国 ドイツ (Made in Germany) 口直径 8.8cm 高さ 6.5cm ソーサー直径 約14.5cm ソーサー高さ 3.5cm 容量 約200ml ブランドBOX 付属しておりません。 名実ともに陶磁器の最高峰 1720年当時のマイセンのロゴである、ヨーロッパ初の磁器を作らせたアウグスト強王のモノグラムから現在のロゴまで、歴代のマイセンのロゴをデザインとしてあしらった歴代マイセンマークシリーズ。 マイセンの歴史は、洋食器の歴史。 開窯当初から現在を思いつつ、優雅なティータイムを演出します。 マイセンファンにおすすめの一品です。 *** マイセンはドイツのマイセン地方で生産される磁器ブランドで名実ともに西洋白磁の頂点に君臨する名窯。 1710年、ドレスデンに王立ザクセン磁器工場が設立され、硬質磁器製造の独占権が与えられたことが、現在の“国立マイセン磁器製作所"の始まりです。 マイセンは陶磁器の最高峰と呼ばれ、一線を画す完成された造形を持ちます。 コーヒーカップの極上の口当たりは、すべてに勝るような、他のカップの遥か上を行く、マイセンだけが表現可能な最上の飲み心地を 堪能する事ができます。 マイセンの魅力 商品の裏面には一つ一つ双剣が描かれ、商品は全てがハンドペイント。 双剣ロゴは贋作防止のためのトレードマークとして1723年から用いられ、 もっとも古くからある歴史の歩みの一歩でもある。 一点一点、絵の位置・色・形等が異なり、 同商品であっても世界に二つと全く同じ物のない逸品。 個体差ではなく商品の個性としてあらかじめご了承くださいませ。

送料無料
リチャードジノリ ピスタチオ ペアマグカップ riginori-24

Amazon

21,168

リチャードジノリ ピスタチオ ペアマグカップ riginori-24

リチャードジノリ 1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵 (it:Carlo Ginori) が自領であるドッチア(フィレンツェ県、セスト・フィオレンティーノの一部)に磁器窯を開き創業しました。 当時マヨリカ陶器全盛のイタリアにおいて、マイセンやウィーン窯に対抗すべく、鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜したり、ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行い、イタリア初の白磁を完成させました。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていました。 1896年ミラノのリチャード製陶社と合併して、現在のリチャードジノリとなります。 1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、イタリア最大の陶磁器メーカーとなりました。 ジノリ最古の代表作である「ベッキオホワイト」は不変の定番として親しまれています。 1760年頃にトスカーナのとある貴族の為に造られた「イタリアンフルーツ」は現在でも新鮮さに満ちあふれ、不朽の名作として愛され続けています。 また「オリエントエクスプレス」はオリエント急行の車内で使用されている食器で、ブルーの車体と同じ色のデザインに「VSOE」のエンブレムがアレンジされています。 グッチ傘下へ 近年は多額の負債に加え金融危機で経営難に陥っており、2012年7月には陶磁器の製造を中止 2013年1月7日、イタリアのフィレンツェ裁判所は、リチャードジノリに対して破産宣告を行い身売り交渉を進めている最中でした。 2013年4月5日、グッチがリチャードジノリに対して、1300万ユーロ(約16億円)で買収を提案したと報道されました。 2013年4月29日、買収が承認され、現在はグッチの子会社GRG S.r.l.(グッチリチャードジノリ)となっております。 代表作には...

マイセン 【ヴァインリーフ・841501】 12cmプレート

輸入洋食器店アイン 楽天市場店

20,250

マイセン 【ヴァインリーフ・841501】 12cmプレート

サイズ:12cm 素材:陶磁器 ※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。 ピカピカの 新品です。 現品 即納 1817年 緑色の染付顔料 世界に先駆けて 発明により この 葡萄の葉文 が世に出る事になりました。 柄番号の先頭の8は 染付番号です。 3人の天才ヨハン-5 1人目はヨハン・フリードリヒ・ベトガー(欧州磁器の父)錬金術師にて ヨーロッパに 東洋の白磁を もたらした天才です。 2人目は ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト,天才絵付師です。 3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。 3人の偉業により マイセンは ヨーロッパ諸窯に そして世界に 多大の影響を 与えてき ました。創窯300年のマイセンは 偉大なマンネリズムを標榜し 3人の残した業績を 踏 襲し続けてきました。 伝統を受け継ぐ一方で 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げまし た。新グロッサー・アウシュニット型に ハインツ・ヴェルナー絵付けによる「アラビアンナ イト1001夜」や「ブルーオーキッド」等のヒット作が ここから生まれました。 1975年には 更に若い世代によるクンストラー・コレクティヴが立ち上げられ ヴェレンシュ ピール型「波の戯れ」や「青い花」を 生み出しております。 時の流れは 変われども (バロック,ロココ,ユーゲント・シュティル,ネオクラシック,エンパイア,ビーダーマイイヤ,ア ールヌーボー,アーツ&クラフツ,アールデコ) マイセンに対する 尊敬と その高い地位は 変わることが ありませんでした。 栄えあるマイセンに 3人は 今もなお 生き続けているのです。 18世紀、中国人により編み出された泥彩画技法が 1850年頃、ヨーロッパに伝わり 1860年代にマリク・ルイ...

送料無料
マイセン (Meissen) ホワイト ローズ モカポット 029510/00690

輸入ブランド洋食器専門店2本の剣

86,400

マイセン (Meissen) ホワイト ローズ モカポット 029510/00690

◆商品仕様 素材 硬質磁器 (Porcelain) 生産国 ドイツ (Made in Germany) 幅 10cm 高さ(蓋含む) 13cm ブランドBOX 付属しておりません。 名実ともに陶磁器の最高峰 上品で美しい白い薔薇が描かれたシリーズ。 薔薇の中央はピンク色に描かれており、可憐さが醸し出されます。 熟練したペインターによって写実的に描かれた、マイセン美術を感じることができる、プレミアムな逸品です。 マイセンはドイツのマイセン地方で生産される磁器ブランドで 名実ともに西洋白磁の頂点に君臨する名窯。 1710年、ドレスデンに王立ザクセン磁器工場が設立され、 硬質磁器製造の独占権が与えられたことが、 現在の“国立マイセン磁器製作所"の始まりである。 マイセンは陶磁器の最高峰と呼ばれ、 一線を画す完成された造形を持ちます。 コーヒーカップの極上の口当たりは、 すべてに勝るような、他のカップの遥か上を行く、 マイセンだけが表現可能な最上の飲み心地を 堪能する事ができます。 マイセンの魅力 商品の裏面には一つ一つ双剣が描かれ、商品は全てがハンドペイント。 双剣ロゴは贋作防止のためのトレードマークとして1723年から用いられ、 もっとも古くからある歴史の歩みの一歩でもある。 一点一点、絵の位置・色・形等が異なり、 同商品であっても世界に二つと全く同じ物のない逸品。 個体差ではなく商品の個性としてあらかじめご了承くださいませ。

送料無料
【送料無料】マイセン1999年メモリアルプレート「ランタン・ランタン」お茶のふじい・藤井茶舗

お茶のふじい

41,040

【送料無料】マイセン1999年メモリアルプレート「ランタン・ランタン」お茶のふじい・藤井茶舗

・箱付き サイズ:直径 18.5cm デコレーション/ペインターNo:23501 マイセン(Meissen) [ドイツ] 1709年、ヨーロッパで初めて白磁の製造に成功したのがマイセン窯です。 それまで磁器は東洋から輸入されたものばかりで、王侯貴族のみが手にできる大変な貴重品でした。 当時のザクセン(今のドイツ)侯であったアウグストの命令により9年の歳月をかけて研究された結果、白い磁器が誕生し、以来マイセンはヨーロッパ最古の窯として、世界的な名声を得ています。 「青い双剣」と呼ばれる剣のマークは、その秘法が外にもれないようにするという意味があるそうです。 今でも絵付けは誇り高き職人たちによってすべて手描きで行われており、その伝統に培われた美しさは広く人々の憧れとなっています。 ランタン・ランタン 「ランタン・ランタン 太陽と月と星と………… 光をともして、光をともして でも私のだいじなランタンはこがさないで。」 本向けに限定制作するマイセンメモリアルプレートの第5作目です。 ランタン・ランタンはドイツの「聖マルティンの祝日」又は「サン・マルタンの日」とも呼ばれる時の歌です。 すっかり日の落ちた冬の夕暮れに、ランタンを手に通りを練り歩く子供たち。 ランタンのやさしい光が足元を暖かく照らします。 そして部屋の中でケーキやチョコレート、小さな贈り物などを囲み子供も大人も幸せな時を過ごします。 19世紀に生まれたドイツの有名な童謡をモチーフとして、いまも人々に親しまれているこの曲をマイセンの女性絵付師、コルドラ・ヒエロニムスが描きました。 ヒエロニムス女史は1976年に国立マイセン磁器製作所の養成学校の入学。 現在はマイセン養成学校で教鞭をとり後進の指導にあたる傍ら、自身でも独創性溢れる創作活動を行っています。...

マイセン・アカシア染付・829089 コーヒー23ピースセット

輸入洋食器店アイン 楽天市場店

820,800

マイセン・アカシア染付・829089 コーヒー23ピースセット

コーヒーC/S・ケーキプレート 各6 ポット・シュガー・クリーマー 各1 素材:陶磁器 ※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。 1972年頃原作 2000年世界限定 50セット(コーヒーC/S・ケーキプレート 各6 ポット・シュガー・クリーマー 各1) アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。 磁器の起源は 中国は後漢の頃 紀元1~2世紀に 端を発します。 古磁器を経て 紀元6世紀 中国河北省で ほぼ今の磁器に 遜色なきものになり 11世紀宋代に至り 近くにカオリンシャンを擁する 景徳鎮が 1300度の高温で 美しい白磁を 完成しました。 13世紀 日本を 黄金の国 ジパングと呼んだ マルコポーロが 美しき海の寶貝 ポルツェラーナ(ポースレーンの語源。寶貝は 古代通貨でもありましたので 白い黄金にも通じました。)と 賞賛し イタリア・ヨーロッパに初めて紹介しました。 それまでにも アラブの玄関口であるイタリアには シルクロード経由で 先に入手していた アラブの王様から 自分の威光を 誇る 贈り物として 入ってきておりましたが 東洋からのものと 判明したのは マルコポーロによります。 この時 彼は 完品は高すぎて手が出ず 破片を 持ち来ったそうです。 ヨーロッパにおける 磁器の焼成は 16世紀の古きから アラビアと東洋の 玄関口であった ベネツィアで 先ず 試みられましたが 曇ったガラス球に終わりました。 同じ16世紀に フィレンツェ大公(富豪メディチ家)は 砂 ガラス水晶粉を 粘土と混ぜた見事な焼き物(軟質磁器)に成功するのですが やはり 東洋の秘法による白い黄金には とても及びませんでした。その後も 欧州各地で 白い黄金の焼成が...

送料無料
【送料無料】マイセン ブルーオニオンカップ&ソーサーお茶のふじい・藤井茶舗

お茶のふじい

37,800

【送料無料】マイセン ブルーオニオンカップ&ソーサーお茶のふじい・藤井茶舗

・箱にヨゴレありサイズ:カップ 口径9cm 高さ 6.5cm ソーサー 直径14cmご存知ドイツのマイセンは名実ともに西洋白磁の最高峰です。所有することに喜びを感じる逸品です。◆ マイセン(Meissen) [ドイツ製] ◆ 1709年、ヨーロッパで初めて白磁の製造に成功したのがマイセン窯です。それまで磁器は東洋から輸入されたものばかりで、王侯貴族のみが手にできる大変な貴重品でした。 当時のザクセン(今のドイツ)侯であったアウグストの命令により9年の歳月をかけて研究された結果、白い磁器が誕生し、以来マイセンはヨーロッパ最古の窯として、世界的な名声を得ています。 「青い双剣」と呼ばれる剣のマークは、その秘法が外にもれないようにするという意味があるそうです。 今でも絵付けは誇り高き職人たちによってすべて手描きで行われており、その伝統に培われた美しさは広く人々の憧れとなっています。 ◆ ブルーオニオン ◆ 1739年より続くマイセンを代表するシリーズです。中国の染め付け技術を応用してつくられています。 白磁にコバルト色で描かれた模様は実はオニオン(タマネギ)ではなく、ザクロやモモを図案化したものです。マイセンのマークである「青い双剣」が器の図柄の中に描かれているのも特徴のひとつ。あまりの人気に類似品が多く出回ったため、本物であることを示すために1885年から入れられています。

送料無料
リチャードジノリ ペアカップ&ソーサー riginori-17

Amazon

25,920

リチャードジノリ ペアカップ&ソーサー riginori-17

リチャードジノリ 1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵 (it:Carlo Ginori) が自領であるドッチア(フィレンツェ県、セスト・フィオレンティーノの一部)に磁器窯を開き創業しました。 当時マヨリカ陶器全盛のイタリアにおいて、マイセンやウィーン窯に対抗すべく、鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜したり、ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行い、イタリア初の白磁を完成させました。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていました。 1896年ミラノのリチャード製陶社と合併して、現在のリチャードジノリとなります。 1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、イタリア最大の陶磁器メーカーとなりました。 ジノリ最古の代表作である「ベッキオホワイト」は不変の定番として親しまれています。 1760年頃にトスカーナのとある貴族の為に造られた「イタリアンフルーツ」は現在でも新鮮さに満ちあふれ、不朽の名作として愛され続けています。 また「オリエントエクスプレス」はオリエント急行の車内で使用されている食器で、ブルーの車体と同じ色のデザインに「VSOE」のエンブレムがアレンジされています。 グッチ傘下へ 近年は多額の負債に加え金融危機で経営難に陥っており、2012年7月には陶磁器の製造を中止 2013年1月7日、イタリアのフィレンツェ裁判所は、リチャードジノリに対して破産宣告を行い身売り交渉を進めている最中でした。 2013年4月5日、グッチがリチャードジノリに対して、1300万ユーロ(約16億円)で買収を提案したと報道されました。 2013年4月29日、買収が承認され、現在はグッチの子会社GRG S.r.l.(グッチリチャードジノリ)となっております。 代表作には...

送料無料
リチャード・ジノリ イタリアンフルーツ ティーポット[S] 680cc 3678[並行輸入品]

Amazon

37,800

リチャード・ジノリ イタリアンフルーツ ティーポット[S] 680cc 3678[並行輸入品]

生産国 イタリア 幅 19.5cm 高さ 14cm 容量 680cc イタリアの老舗ブランド リチャードジノリ(Richard Ginori)はイタリア生まれの生粋の職人気質ブランド。 1735年にトスカーナ大公国のカルロ・ジノリ侯爵が、 自領であるドッチアに磁器窯を開き創業しました。 当時マジョリカ陶器全盛のイタリアにおいて、 「マイセンやウィーン窯」に対抗すべく、 鉱物学に造詣が深かったジノリ侯爵は自ら原料土を捜したり、 ペーストの生成や発色等の磁器の研究を行う事によって イタリア初の「白磁」を完成させた。 開窯当初はマイセンのような豪華で精緻な芸術作品に力が注がれていた。 1896年、ミラノのリチャード製陶社と合併して、 現在のリチャードジノリとなり、後の1956年ラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、 イタリア最大の陶磁器メーカーとなった。 リチャード・ジノリ代表作 ジノリ最古の代表作である「ベッキオホワイト」は 不変の定番として大人気です。 また、1760年頃にトスカーナの貴族の為に造られた、 「イタリアンフルーツ」は今となっても新鮮さに満ち溢れ、 不朽の名作として愛されています。

送料無料
【送料無料】マイセン/Meissen ティーカップ&ソーサー(ブルーオニオン)2客セット meissen-09お茶のふじい・藤井茶舗

お茶のふじい

73,440

【送料無料】マイセン/Meissen ティーカップ&ソーサー(ブルーオニオン)2客セット meissen-09お茶のふじい・藤井茶舗

ご存知ドイツのマイセンは名実ともに西洋白磁の最高峰です。所有することに喜びを感じる逸品です。日本の墨絵を思わせるような筆のタッチと藍色の濃淡で描かれた蘭はマイセンの熟練した職人達の心意気が感じられます。日本でも人気のシリーズです。◆ マイセン(Meissen) [ドイツ製] ◆ 1709年、ヨーロッパで初めて白磁の製造に成功したのがマイセン窯です。それまで磁器は東洋から輸入されたものばかりで、王侯貴族のみが手にできる大変な貴重品でした。 当時のザクセン(今のドイツ)侯であったアウグストの命令により9年の歳月をかけて研究された結果、白い磁器が誕生し、以来マイセンはヨーロッパ最古の窯として、世界的な名声を得ています。 「青い双剣」と呼ばれる剣のマークは、その秘法が外にもれないようにするという意味があるそうです。 今でも絵付けは誇り高き職人たちによってすべて手描きで行われており、その伝統に培われた美しさは広く人々の憧れとなっています。 ◆ ブルーオニオン ◆ 1739年より続くマイセンを代表するシリーズです。中国の染め付け技術を応用してつくられています。 白磁にコバルト色で描かれた模様は実はオニオン(タマネギ)ではなく、ザクロやモモを図案化したものです。マイセンのマークである「青い双剣」が器の図柄の中に描かれているのも特徴のひとつ。あまりの人気に類似品が多く出回ったため、本物であることを示すために1885年から入れられています。 中古品未使用。箱にはスリ傷、剥がれ箇所が若干あります サイズ(約):カップ口径8.7cm 高さ6.5cmソーサー径14cm 高さ3.5cm

スポンサーリンク
スポンサーリンク