メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「焼き締め」検索結果。

焼き締めの商品検索結果全209件中1~60件目

焼き締めぐいのみ ぐいのみ 酒器 陶器 父の日プレゼント [笠間焼/夢現窯 尾崎高行]

美術工芸備前

5,400

焼き締めぐいのみ ぐいのみ 酒器 陶器 父の日プレゼント [笠間焼/夢現窯 尾崎高行]

商品詳細商品説明焼き締めぐいのみ「現品限り」 130ccとタップリとしたぐいのみです。良く焼しめられており、土味・景色共に良い作品に仕上がっています。 様々なシチュエーションでお使いください!!サイズ径7.5cm 高さ5.8cm 130cc 100g(箱は付属しません)窯元/作家*笠間焼 夢現窯/尾崎高行*プロフィール ・昭和48年 東京に生まれる ・小学校4年生の時に陶芸と出会う ・小学校6年生に自宅に築窯 ・独学で陶芸を始める ・平成19年年 桜の里陶芸展 奨励賞 ・茨城県鉾田市に穴窯を築窯 現在、笠間焼協同組合員 *主な作品 信楽・織部・粉引・志野 発送について・12時までのご注文は当日発送 ・12時以降のご注文は翌日発送 *欠品の場合はお取り寄せいたします。(5日~60日) 笠間焼とは笠間焼 夢現窯の誕生と言えば、江戸時代の安永年間(1772~1781年)。箱田村(現在の笠間市箱田)の久野半右衛門が、信楽の陶工・長石衛門の指導で焼き物を始め築窯したこととされています。伝統を受け継ぎながらも作家の個性をより重じる方向へ作風を転換した笠間焼 夢現窯。いま、自由闊達な空気のなかで多くの陶芸家たちかその感性を磨きつづけています。ozaki23 焼き締めぐいのみ 笠間焼 夢現窯 尾崎高行 5400円「現品限り」 伝統にとらわれない自由な作品、 斬新なデザインのオブジェまで多種多様、それが笠間焼 夢現窯・・ 豪快でありながら繊細な尾崎高行さんの 作品はたいへん魅力的です、今回は織部のツギハギを中心にご紹介します。 130ccとタップリとしたぐいのみです 良く焼しめられており、土味・景色共に良い作品に仕上がっています 様々なシチュエーションでお使いください!! *プロフィール 昭和48年 東京に生まれる...

常滑焼急須 玉龍作 茶っ切り急須

THE COVER NIPPON

5,400

常滑焼急須 玉龍作 茶っ切り急須

常滑焼急須 玉龍作 茶っ切り急須 使いやすさ抜群! お茶の時間が楽しくなる朱泥の急須 最大の特徴は、急須口の先端を三角形に作り上げたことでお茶の出方の良い、尻もれしない急須になりました。陶器製の常滑焼は、酸化鉄を多く含んだ土で作るため、お茶を入れたときにお茶のタンニンと反応し苦さが取れ、味がまろやかになるといわれています。 内側の網は陶器製のセラメッシュであるため、金属の茶こしでは表現できないお茶の持つ本来の旨みや味わいを最大限に楽しむことができます。 釉薬をかけずに固く焼き締めたオレンジ色の朱泥(しゅでい)の急須は、常滑焼を代表する一品です。 陶器製であることにより給水率が高く、長く使うと急須自体の色つやが良くなり、独特の味も出てきます。 使い続けることにより、その人とともに生きていく急須をぜひお手元にいかがでしょうか? 常滑焼とは 愛知県常滑焼は、およそ1,000年の歴史を持ち日本六古窯(常滑・瀬戸・信楽・備前・越前・丹波)のひとつとして長い歴史を持っています。その中でも常滑焼を代表する「急須」は、江戸時代末期から明治時代にかけて製作が始まり、現在も変わらず職人の手による「究極の常滑急須」作りが続いています。 常滑急須は常滑焼の歴史、技術に裏付けられた代表的な製品ではありますが、明治時代になると土管やタイル、洗面器など多様な焼き物の産地となり、陶磁器を通じて国民生活のインフラ整備の一端を担いました。 良質な陶土と長きにわたって培われてきた技術を生かして、芸術作品から土木建築まで、驚くほど幅広く多様な焼き物を産出しています。 常滑焼の急須のポイント 急須の産地としての伝統をベースに、使いやすい急須作り磨きをかけ、繊細な茶こし(セラメッシュ・陶製茶こしなど)や、お茶切れの良い注ぎ口、蓋と本体の摺り合わせの密着性の高さ...

【締め焼き】黒備前風 盛鉢 φ19cm 煮物鉢/大鉢/多用鉢/めん鉢/浅鉢/そば鉢/日本製/美濃焼/在庫限り 業務用食器

キッチングッズ Bell

1,620

【締め焼き】黒備前風 盛鉢 φ19cm 煮物鉢/大鉢/多用鉢/めん鉢/浅鉢/そば鉢/日本製/美濃焼/在庫限り 業務用食器

商品詳細情報 「和」空間を演出する渋い色合い盛鉢です。 生地は土の風合いを生かした、焼き締め特有のざらざらとした手触りです。 煮物鉢に和の料理など、幅広く活躍してくれます! 夏のめん鉢としても素敵です。 仕上げは生地の表面を職人さんが手で削りふち波型は指で押して作っています。 【焼き締め】 陶土を形成し後、釉薬を掛けずに焼成した陶器を"焼き締め"と呼びます 焼き締めは最初少しざらざらした手触りですが、使い込むとツヤか出て、とても良い色になります。 使用前には、充分に水に浸して置くと雰囲気が変わり焼締めの持つ美しさがより奥深いものになります。 小鉢 茶碗 中鉢 盛鉢 内容 鉢×1個(簡易梱包) サイズ φ19XH6cm・重量約:480g 素材 陶器・日本製(美濃焼) 商品説明 手洗いをお勧め致します 簡易梱包となります ラッピングご希望の方は⇒こちら(有料) その他※商品の色やイメージはお使いの環境により、実際と異なる場合がございます。 ※陶器の性質上、色の濃淡や面の凹凸、柄の出かた、重量、釉薬のかかり具合、サイズの誤差など全てに個体差が 生じます、あらかじめご了承下さい。 登録:201407-1 Y「和」空間を演出する渋い色合い! 焼き締め陶は使うほどに色、艶、手触りが良くなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク