メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「湯呑」検索結果。

湯呑の商品検索結果全5,174件中1~60件目

送料無料
窯変鼠志野湯呑

日本橋ギャラリー紫苑

11,880

窯変鼠志野湯呑

サイズ 径 約 8.6cm 高さ 約 9.4cm 付属品 袋真田紐付桐共箱、、共布、しおり 原産地 日本製(岐阜県) 商品の特徴 新品(最新作)、手造り全て手作り(手捻り)のため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、焼成中、炎などの作用により斑(窯変)になったりするものがございますが、不良品ではございません。また、表面のヒビは貫入と言われ、胎土と上薬の収縮比率の違いにより入るもので傷ではありません。使い込むうち味わいとなり、愛着が湧くのでございます。 数 量 こちらの商品は現品限りでございます。 ギフト対応 可(包装、のし、二重包装でお届け) 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。加藤 健 作 窯変鼠志野湯呑 加藤 健 陶歴 昭和22年 岐阜県土岐市の窯元に生れる 昭和42年 多治見工業窯業専攻科修了 昭和46年 京都 内田邦夫先生に師事 昭和48年 美濃肥田にて築窯 志野・織部等を研究・作陶に入る 昭和58年 穴窯築窯 新宿「小田急百貨店」「伊勢丹」・銀座「松屋」・名古屋「三越」・梅田「阪神」・京都「高島屋」「大丸」・横浜「そごう」 町田「小田急」・新潟「大和」・松本「井上」・長野「東急」・小倉「玉屋」・水戸「京成」他個展多数 日本の古陶磁の中で、名陶といわれる桃山時代の志野・織部の特異な美しさに深く心をひかれ、祖先の残した伝統に、新しい息吹をあたえようと日夜研究作陶に励んでいるという加藤 健先生。こだわりの穴窯焼成、美濃焼人気作家の窯変鼠志野湯呑です。百貨店等の個展でしか入手困難な先生の窯変鼠志野湯呑をぜひ、この機会にご愛蔵下さい。

送料無料
赤志野湯呑

日本橋ギャラリー紫苑

11,880

赤志野湯呑

サイズ 径 約 8.8cm 高さ 約 9.4cm 付属品 袋真田紐付桐共箱、、共布、しおり 原産地 日本製(岐阜県) 商品の特徴 新品(最新作)、手造り全て手作り(手捻り)のため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、焼成中、炎などの作用により斑(窯変)になったりするものがございますが、不良品ではございません。また、表面のヒビは貫入と言われ、胎土と上薬の収縮比率の違いにより入るもので傷ではありません。使い込むうち味わいとなり、愛着が湧くのでございます。 数 量 こちらの商品は現品限りでございます。 ギフト対応 可(包装、のし、二重包装でお届け) 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。加藤 健 作 赤志野湯呑 加藤 健 陶歴 昭和22年 岐阜県土岐市の窯元に生れる 昭和42年 多治見工業窯業専攻科修了 昭和46年 京都 内田邦夫先生に師事 昭和48年 美濃肥田にて築窯 志野・織部等を研究・作陶に入る 昭和58年 穴窯築窯 新宿「小田急百貨店」「伊勢丹」・銀座「松屋」・名古屋「三越」・梅田「阪神」・京都「高島屋」「大丸」・横浜「そごう」 町田「小田急」・新潟「大和」・松本「井上」・長野「東急」・小倉「玉屋」・水戸「京成」他個展多数 日本の古陶磁の中で、名陶といわれる桃山時代の志野・織部の特異な美しさに深く心をひかれ、祖先の残した伝統に、新しい息吹をあたえようと日夜研究作陶に励んでいるという加藤 健先生。こだわりの穴窯焼成、美濃焼人気作家の赤志野湯呑です。百貨店等の個展でしか入手困難な先生の赤志野湯呑をぜひ、この機会にご愛蔵下さい。

送料無料
備前窯変面取湯呑

日本橋ギャラリー紫苑

19,440

備前窯変面取湯呑

サイズ 幅 約 8cm 奥行 約 7.5cm 高さ 約 10.5cm 付属品 袋真田紐付桐共箱、共布、しおり 原産地 日本製 (岡山県) 商品の特徴 新品(在庫品)全て手作り(手捻り)のため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、焼成中、炎などの作用により斑(窯変)になったり、灰(灰被り)が付いたりするものがございますが、不良品ではございません。使い込むうち味わいとなり、愛着が湧くのでございます。 数 量 現品限り ギフト対応 可(包装、のし、二重包装でお届け) 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。日本工芸会正会員 黒田儀男 備前窯変面取湯呑 日本の古陶磁の中で、名陶といわれる桃山時代の備前の美しさに深く心をひかれ、祖先の残した伝統に、新しい息吹をあたえようと日夜研究作陶に励んでいるという黒田儀男先生。こだわりの登り窯焼成、備前焼人気作家の備前片口(向付)です。沖縄で陶芸家として修行後、備前焼窯元山麓窯にて備前焼の陶技を習得。大物も得意とするが、食器なども精力的に作陶する。紐造りで成形後六角に面取りし、釉薬などを使わず焼成した作品です。力強い造形と大胆な面取り、しっかりした手取りの湯呑です。登り窯焼成による希少なコロガシ窯変が見事です。百貨店等の個展でしか入手困難な先生の備前窯変面取湯呑をぜひ、この機会にご愛蔵下さい。 備前長船 黒田窯 黒田儀男 1949年 北海道生れ 1981年 備前焼窯元山麓窯に入る 1982年 岡山県展入選(以降3回入選) 1986年 中日国際陶芸展入選 1992年 長船市磯上に築窯する 1993年 第3回陶芸ビエンナーレ入選 第31回朝日陶芸展入選 1994年 第2回焼き締め陶展入選 1995年...

送料無料
黒楽湯呑 川崎和楽

Amazon

7,998

黒楽湯呑 川崎和楽

京都の楽焼窯元川嵜(川崎)和楽作の黒楽の湯呑みです。 平成22年から完全無鉛になり、風合いが変わりました。 楽焼といえば、主に抹茶碗のイメージがありますが、 本作は楽焼の持つ保温性や吸水性を生かした茶の間で使う湯呑みの器です。 本品は黒楽の湯呑みにあたり、日常茶の間でつかうサイズと全く同じ物です。 胎土を厚めに仕上げ、どっしりと黒楽釉が厚めにかかっています。 特に強い個性が見られるわけではないですが、湯呑みとしても楽茶碗の造作が生かされています。 口作りの柔らかな丸みを帯びた姿は楽茶碗独特の手捏ねの過程で生まれる自然な姿です。 口作りは微妙に内側に入り込んでいるため、熱を逃しにくく、 京都の五山を表す凹凸には手作りの風合いがでています。 高台の景色です。抹茶碗のようにぼそぼそした楽土独特の土味がでています。 真ん中には和楽と名を押されています。 本来黒楽は賀茂川上流の賀茂川石を使っていますが現在では採取しにくくなっています。 楽焼ほど土の柔らかさを主張した焼き物はありません。 使う前にぬるめのお湯に湯通ししておくことでしっとりと水気を吸い込み、 湯の熱を包み込むように逃さず手に伝えてくれます。 ◆商品番号 748 黒楽湯のみ 和楽 平成22年から完全無鉛になり、風合いが変わりました。 ■寸法 約 直径7.5cm 高さ8.5cm 木箱付き ■手洗い ◎ 食洗機 × 電子レンジ × ※手作りですので形や色、大きさ、重さは1つ1つ異なります。 ピンホールと呼ばれる小さな穴や貫入や表面を削った時の筋もございます。 楽焼の性質状、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。 陶歴 楽焼窯元 七世和楽 文政年間祇園八坂神社門前茶屋短冊楼の主。 短冊屋七左衛門の始めた素焼の礎を二代目七兵衛より 「楽焼の短冊屋」として楽焼一筋に研鑽に勤め、 爾来...

たち吉 和草 夫婦茶碗・夫婦湯呑 何れか

ふれあいGift 楽天市場店

2,448

たち吉 和草 夫婦茶碗・夫婦湯呑 何れか

メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載しています。 ≪夫婦湯呑≫商品サイズ:湯呑大約7.5φ×9.5cm(240ml)・湯呑小約7φ×9cm(210ml)、ハコサイズ:約17.5×11.5×9cm(桐箱入り)、重量:約570g、磁器、【日本製】、 ≪夫婦茶碗≫商品サイズ:茶碗大約12φ×6cm・茶碗小約11φ×5.5cm、ハコサイズ:約26×13.5×5.5cm(桐箱入り)、重量:約650g、磁器、【日本製】、 美味しさと美しさ、巡る季節を感じる暮らし。伝統の美意識を受け継ぐ「たち吉」の器は、季節を味わい、愛でることの豊かさを大切な方にお届けします、料理する人の創作心を魅了します。 ↓≪陶器の老舗「たち吉」の器≫↓陶器の老舗「たち吉」の器 日本には四季があります。私たち日本人は、四季折々の風情を暮らしに取り入れて毎日の生活を送っています。そして、日本の暮らしの道具には、長い歴史の中で培われてきた伝統が息づいています。「たち吉」が提案する商品は、四季を暮らしに取り入れ、伝統の技術や使い方の工夫を生かし現代生活にマッチさせることを絶えず意識しています。その優美なかたち、使うほどに味わいがわく器、それが「たち吉」ならではのオリジナリティーでありたいと考えています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク