メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「海茶」検索結果。

海茶の商品検索結果全321件中1~60件目

中国茶器セット・維多利亜的秘密(耐熱ガラス茶器セット 茶壺・茶海・茶杯)

天香茶行

3,500

中国茶器セット・維多利亜的秘密(耐熱ガラス茶器セット 茶壺・茶海・茶杯)

●商品説明   サイズ 茶壺 直径91mm×口~手143mm×高92mm 茶海 直径91mm×口~手135mm×高96mm 杯 直径65mm×高43mm 容量 茶壺250ml、茶海350ml、杯50ml×6 材質 耐熱ガラス 色 透明容量 茶壺250ml、茶海350ml、杯50ml×6 サイズ 茶壺 直径91mm ×口~手143mm ×高92mm 茶海 直径91mm ×口~手135mm ×高96mm 杯 直径65mm×高43mm 製造地 中国 中国茶入門、プレゼントとしても 色彩豊かで茶葉の形など見て楽しむことのできる中国茶はガラスの茶器がおすすめ。茶壺(急須)と茶海、2層式の杯が6個セットになっていますので、すぐに中国茶を淹れてお楽しみいただけます。 二層式のガラスコップは熱くなりませんし、見た目にもおしゃれです。 箱入りで、ギフトとしてもお使いいただけます。 ※茶壺・茶海には前面・底面に白いロゴがあります。   中国茶をあまり知らない方のため、当店で商品をお買い上げの方すべてに中国式のお茶の淹れ方や茶器を紹介したリーフレットを同封しています。はじめての方や贈り物にされる方もご安心ください。 茶器は宅配便での発送となります。送料は500円ですが、4000円以上お買い上げいただくと1箇所送料が無料となります。  

中国茶器セット(純白玉磁器)

フルーティヤフーズ

4,442

中国茶器セット(純白玉磁器)

商品説明 磁器で有名な中国徳化県で生産された茶器セット(磁器)です。※画像の茶盤は付属していません 柄の無いシンプルな白色のセットです。 台湾茶・中国茶を入れる際にお使い頂くと雰囲気も良くお茶も入れやすくなります。 ※画像については実物と多少色具合が異なって見える場合がございますので予めご了承願います。 [茶器セット(純白玉磁器)] 蓋碗×1(縦9cm×横9cm×高さ8cm 口径9cm 165g)※皿含む 茶海×1(縦8.3cm×横12cm×高さ4.2cm 口径4.5cm 98g) 茶杯×6(縦6.2cm×横6.2cm×高さ3.2cm 口径6cm 30g) ※おおよそのサイズ・重さとなりますので多少の差異はご容赦願います [茶器説明] 蓋碗・・・茶葉を入れる容器です 茶海・・・茶壷や蓋碗で出したお茶を茶梅に入れ味を均一化します 茶杯・・・茶梅に入れたお茶を茶杯に移しお茶を飲みます お茶の出し方 3g程度の茶葉を蓋碗に入れます。 ↓ 洗茶のためにお湯を蓋碗に入れ、すぐお湯を捨てます。 ↓ 再度お湯を蓋碗に入れます。 ↓ 2分経ったら蓋碗からお茶を茶梅に移します ↓ 茶梅で均一化したお茶を茶杯に移しお茶を飲みます。 ※1人でお茶を楽しむ場合は茶海を使わずや蓋碗から直接茶杯へ移しても良いです ※蓋碗は日本には馴染みのない茶具ですので初めは難しいかもしれませんが 慣れると茶葉を捨てたり洗ったりしやすいので便利な茶器です ※箱・ケースに傷や汚れがある場合がございます。予めご了承願います。 検査について 検査済商品です。カドミウム・鉛は検出されておりません 茶器の検査書はこちら ※試験品5-3・5-5が茶器セット(純白玉磁器)の検査結果です

送料無料
茶器セット 白磁

中国茶王国「彩香」

7,600

茶器セット 白磁

※茶杯のプリントデザインが変わりました。文字ではなく、風清堂のロゴになります。 こちらは台湾の茶器の高級ブランド「風清堂」の茶器です。洗練されたデザインが特徴的なんです。シンプルな白を基調とした、全体的に丸々っとした可愛いフォルムの白磁の茶器セットです。 【生産地】 台湾 【セット内容】 茶壷 1個 茶海 1個 茶杯 2個 聞香杯 2個 【茶器のサイズ】 茶壷 最大長12cm 口径4cm 高さ7cm 容量100ml 茶海 最大長8cm 直径7cm 高さ7.5cm 容量200ml 茶杯 直径6.4cm 高さ3cm 容量30ml 聞香杯 直径3.9cm 高さ5.3cm 容量30ml [磁器] 茶壷セット【白磁】 柔らかく優しい白。毎日のお茶が10倍楽しくなる茶器セット   中国茶を知るにつれて欲しくなってくるのが、自分専用の茶器セットですよね!茶壷や聞香杯が一式揃った茶器セットがあれば、お茶をもっとおいしく、もっと楽しく飲むことができます。お茶の魅力を最大限に伝えてくれる、それが専用茶器の魅力なんです!なんてったって彩香という店名には、中国茶の持つ「彩りの香り」を最大限に愉しんで頂きたい、という想いが込められていますから!こちらは台湾の茶器の高級ブランド「風清堂」の茶器です。洗練されたデザインが特徴的なんです。シンプルな白を基調とした、全体的に丸々っとした可愛いフォルムの白磁の茶器セットです。【セット内容】茶壷 手の平に載る丁度良い大きさで、ちょっと丸みフォルムが可愛らしい♪お茶もとっても淹れやすいですよ!茶海ピッチャーのような役割を果たすのがコレ!茶壷で淹れたお茶を一旦茶海に移せば味わいが均一に。蓋碗で淹れたお茶を杯に分ける際に使ってもOK!聞香杯お茶の香りを十分楽しみたいならコチラ!一度お茶を聞香杯に注ぎ...

東屋 茶海 白磁湯冷し 小

Amazon

2,484

東屋 茶海 白磁湯冷し 小

「茶海」は「急須」と「湯呑み」の間をうまく取り持ってくれる仲人さんみたいなもの。「急須」から直接「湯呑み」に注ぐより、まずは「茶海」に満たす。その一手間こそ、お茶がますますおいしくなっていく貴重な時間なのです。入れる人のちょっとしたゆとりが、ちゃーんとお茶にも伝わるのです。お茶の味は、「急須」から出し始めて「最後の一滴」を迎えるまでにも刻々と変化し続けています。これをまずはひとまとめにして旨味を均等にしてあげる。後はゆっくりと「茶海」を傾け「湯呑み」に注ぎ分けてあげてください。「急須」を何度も揺らしながら複数の「湯呑み」に注いでしまうと、「茶葉」のふくらみを壊して旨味を逃してしまう原因にもなります。「急須」から「茶海」へ。お茶をおいしく淹れる秘訣です。長崎県波佐見焼は、地元の天草陶石だけで白磁製品をこしらえる今では数少ない産地。光玉陶苑はその中でも特に質の高さを誇る窯元のひとつに数えられています。磁器ならではの透明感ある白。それは、茶海が緑茶の色を最初に見る大切な茶器であることを物語っています。商品サイズ: 幅 11.0cm 奥行 7.0cm 高さ 7.8cm 容量 200ml長崎県波佐見焼・光玉陶苑製造(日本製)

東屋 茶海(白磁湯冷し)中

Amazon

2,700

東屋 茶海(白磁湯冷し)中

「茶海」は「急須」と「湯呑み」の間をうまく取り持ってくれる仲人さんみたいなもの。「急須」から直接「湯呑み」に注ぐより、まずは「茶海」に満たす。その一手間こそ、お茶がますますおいしくなっていく貴重な時間なのです。 入れる人のちょっとしたゆとりが、ちゃーんとお茶にも伝わるのです。お茶の味は、「急須」から出し始めて「最後の一滴」を迎えるまでにも刻々と変化し続けています。これをまずはひとまとめにして旨味を均等にしてあげる。 後はゆっくりと「茶海」を傾け「湯呑み」に注ぎ分けてあげてください。「急須」を何度も揺らしながら複数の「湯呑み」に注いでしまうと、「茶葉」のふくらみを壊して旨味を逃してしまう原因にもなります。 「急須」から「茶海」へ。 お茶をおいしく淹れる秘訣です。 長崎県波佐見焼は、地元の天草陶石だけで白磁製品をこしらえる今では数少ない産地。 光玉陶苑はその中でも特に質の高さを誇る窯元のひとつに数えられています。 磁器ならではの透明感ある白。それは、茶海が緑茶の色を最初に見る大切な茶器であることを物語っています。 商品サイズ: 幅 13.0cm 奥行 8.2cm 高さ 9.0cm 容量 290ml 長崎県波佐見焼・光玉陶苑製造(日本製)

龍泉青磁・茶海・小公杯(弟窯粉青)130ml

Amazon

1,500

龍泉青磁・茶海・小公杯(弟窯粉青)130ml

色彩が美しい世界遺産・龍泉青磁龍泉の青磁は今から1500年ほど前の南北朝時代に始まると言われ、中国陶磁器史上もっとも長く焼かれ規模としても最大級の生産地でした。伝説になりますが、宋の時代には章という姓の名高い陶匠の兄弟がおり、優れた作品を生み出しました。哥(兄)窯は宋代の五大窯に数えられる名窯で、釉薬に網の目状に入った亀裂が特徴。弟窯は玉のように透き通る純粋な色で知られています。青磁の里として発展を遂げますが、明代には青花磁器の隆盛と、倭寇などの影響から海外貿易が厳しく制限されたため生産量が減少、質も以前の輝きを失いました。時が流れて1957年、周恩来総理の指示により、8名の専門家からなる復古グループにより新たな火がともり、現在では新たな発展の時代を迎えています。2009年には「龍泉青磁の伝統工芸技術」が無形文化遺産として世界遺産に登録されました。 薄いブルーが美しい弟窯粉青龍泉の青磁には様々な色がありますが、こちらは代表的な粉青という薄いブルーが美しい弟窯にならったものです。もともとの胎は白色で釉薬の薄いところは白に濃いところは水色になり微妙なグラデーションが生み出されています。薄さを良しとする磁器とは違い、厚くしっかりした重みがあります。 130ccとこぶりの茶海茶壺(急須)から杯に注ぐ前に茶海にお湯を注ぎ1.茶壺の湯を手早く切る2.茶の濃度をならすために使われますが、実は1の茶壺の湯を手早く切るというのは中国共通の理解ではありません。工夫茶という淹れ方が盛んな南方、福建や広東では烏龍茶を使い淹れる時間にこだわるため手早く切る必要がありますが、杭州・上海あたりなど茶生産の中心地では緑茶が中心。蓋碗で飲む場合には半分飲んだらお湯を足すという形でしたので、お湯を切らなければならないという感覚が少ないようです。茶海は公道杯(公平杯...

龍泉青磁・大茶海(弟窯粉青)250ml

Amazon

1,900

龍泉青磁・大茶海(弟窯粉青)250ml

色彩が美しい世界遺産・龍泉青磁龍泉の青磁は今から1500年ほど前の南北朝時代に始まると言われ、中国陶磁器史上もっとも長く焼かれ規模としても最大級の生産地でした。伝説になりますが、宋の時代には章という姓の名高い陶匠の兄弟がおり、優れた作品を生み出しました。哥(兄)窯は宋代の五大窯に数えられる名窯で、釉薬に網の目状に入った亀裂が特徴。弟窯は玉のように透き通る純粋な色で知られています。青磁の里として発展を遂げますが、明代には青花磁器の隆盛と、倭寇などの影響から海外貿易が厳しく制限されたため生産量が減少、質も以前の輝きを失いました。時が流れて1957年、周恩来総理の指示により、8名の専門家からなる復古グループにより新たな火がともり、現在では新たな発展の時代を迎えています。2009年には「龍泉青磁の伝統工芸技術」が無形文化遺産として世界遺産に登録されました。 薄いブルーが美しい弟窯粉青龍泉の青磁には様々な色がありますが、こちらは代表的な粉青という薄いブルーが美しい弟窯にならったものです。もともとの胎は白色で釉薬の薄いところは白に濃いところは水色になり微妙なグラデーションが生み出されています。薄さを良しとする磁器とは違い、厚くしっかりした重みがあります。250ccと龍泉では大きめの茶海茶壺(急須)から杯に注ぐ前に茶海にお湯を注ぎ1.茶壺の湯を手早く切る2.茶の濃度をならすために使われますが、実は1の茶壺の湯を手早く切るというのは中国共通の理解ではありません。工夫茶という淹れ方が盛んな南方、福建や広東では烏龍茶を使い淹れる時間にこだわるため手早く切る必要がありますが、杭州・上海あたりなど茶生産の中心地では緑茶が中心。蓋碗で飲む場合には半分飲んだらお湯を足すという形でしたので、お湯を切らなければならないという感覚が少ないようです。茶海は公道杯...

宜興紫砂 円茶海(濃茶)300ml

Amazon

3,500

宜興紫砂 円茶海(濃茶)300ml

●宜興紫砂中国に行ってお茶屋さんにいけば北京でも上海でもすぐに見つかる紫砂の茶器。中国で最も有名な陶器です。その歴史は宋代に遡り、明代には宜興窯の名は広く知られるようになります。その特長は主に、1.雑味を吸着し、茶の味を引き立てる2.保温性が高く、湯を入れて触っても熱くない3.長く使うと味が出る。養壺という言葉がありますが、長く使うと表面に独特の光沢が出て美しい姿となります。また、内側も茶の成分を吸収し茶の香りを強める。などが挙げられます。●宜興では少ない茶海茶壺(急須)から杯に注ぐ前に一度茶海に注ぐことで、それぞれの杯に注ぐ茶の濃度を均一にすることができ、また茶壺の茶を一度に注ぎ切れば茶葉がお湯につかっている時間を調整しやすくなります。茶海という呼び名は台湾で多く、中国では公道杯と呼ぶことが多いようです。宜興では茶壺を作るのこそ作家という風潮がありますので、しっかりした作りの茶海はあまりみかけません。こちらは原鉱紫砂泥を使った300ccと大きめな茶海、大きめな割にシンプルでゆるい感じのデザインです。※容量や形など多少の誤差があります。※中国茶早わかり中国茶をあまり知らない方のため、当店で商品をお買い上げの方すべてに中国式のお茶の淹れ方や茶器を紹介したリーフレットを同封しています。はじめての方や贈り物にされる方もご安心ください。容 量 300mlサイズ 径93×手~口120×高80mm材質 原鉱紫砂製造地 中国江蘇省宜興市

龍泉青磁・歓声茶海(弟窯粉青)200ml

Amazon

1,800

龍泉青磁・歓声茶海(弟窯粉青)200ml

色彩が美しい世界遺産・龍泉青磁龍泉の青磁は今から1500年ほど前の南北朝時代に始まると言われ、中国陶磁器史上もっとも長く焼かれ規模としても最大級の生産地でした。伝説になりますが、宋の時代には章という姓の名高い陶匠の兄弟がおり、優れた作品を生み出しました。哥(兄)窯は宋代の五大窯に数えられる名窯で、釉薬に網の目状に入った亀裂が特徴。弟窯は玉のように透き通る純粋な色で知られています。青磁の里として発展を遂げますが、明代には青花磁器の隆盛と、倭寇などの影響から海外貿易が厳しく制限されたため生産量が減少、質も以前の輝きを失いました。時が流れて1957年、周恩来総理の指示により、8名の専門家からなる復古グループにより新たな火がともり、現在では新たな発展の時代を迎えています。2009年には「龍泉青磁の伝統工芸技術」が無形文化遺産として世界遺産に登録されました。 薄いブルーが美しい弟窯粉青龍泉の青磁には様々な色がありますが、こちらは代表的な粉青という薄いブルーが美しい弟窯にならったものです。もともとの胎は白色で釉薬の薄いところは白に濃いところは水色になり微妙なグラデーションが生み出されています。薄さを良しとする磁器とは違い、厚くしっかりした重みがあります。 200ccと茶壺に合わせた容量茶壺(急須)から杯に注ぐ前に茶海にお湯を注ぎ1.茶壺の湯を手早く切る2.茶の濃度をならすために使われますが、実は1の茶壺の湯を手早く切るというのは中国共通の理解ではありません。工夫茶という淹れ方が盛んな南方、福建や広東では烏龍茶を使い淹れる時間にこだわるため手早く切る必要がありますが、杭州・上海あたりなど茶生産の中心地では緑茶が中心。蓋碗で飲む場合には半分飲んだらお湯を足すという形でしたので、お湯を切らなければならないという感覚が少ないようです。茶海は公道杯...

キッチン雑貨のランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク