メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「油ひき」検索結果。

油ひきの商品検索結果全184件中1~60件目

シリコンオイルブラシ (シリコン製 油ひき) 【アーネスト】

生活便利雑貨店

1,522

シリコンオイルブラシ (シリコン製 油ひき) 【アーネスト】

商品名 少量の油で調理できてヘルシーに オイルがぬれるシリコンブラシ シンプルでオシャレなキッチンツール シリコン調理グッズ シリコンオイルブラシ 材質 ブラシ・ハンドル/ナイロン。ブラシ(刷毛)・パッキン/シリコーンゴム。本体ボトル/PS樹脂 サイズ(約) セット時/幅10×奥行7×高さ22cm。ブラシ(ハンドル・刷毛含む)/幅7×奥行7×高さ21cm。本体ボトル/幅10×奥行7×高さ12cm 耐熱温度(約) ブラシ(ハンドル)/110度。ブラシ(刷毛)/230度。本体ボトル/70度 重さ(約) セット時/200g。ブラシ(ハンドル・刷毛含む)/100g。本体ボトル/100g セット内容 ボトル/1個。ブラシ/1個 注意 ※本体ボトルは耐熱温度70℃です。食器洗い機・食器洗い乾燥機使用不可。 ※酒・アルコール類の保存や中濃ソースなどの純度の高い調味料には使用不可です。 生産国 中国製 メーカー アーネスト株式会社 文責 (株)オネスト 03-5825-2578 シリコン製 オイルブラシ フライパンやホットプレートで油を使うとき、できれば薄く、まんべんなく塗りたいものです。 シリコンオイルブラシはすこしのオイルでも薄く、ムラなく広げられるシリコン製ブラシです。 オイルを入れることができる容器もついたセットです。 ブラシはシリコン製なので、刷毛としても使い勝手がよく、シリコン独特の柔軟性が塗りやすいんです。 ご使用後もブラシ部分は外すことができるのでしっかり洗うことができます。 汚れが付きにくく、お手入れも簡単です。 オイルを入れることができる容器はハンドル付きで、四角いので直接油を注ぎやすいのも特長です。 容器のオイルの満水量は330mlですが、使い勝手を考えて、適正分量は150mlくらいまで。 ブラウンのシンプルなツールなので...

【アークランドサカモト】PRO SERIES 鉄フライパン 22cm

あきばお〜楽天市場支店

1,110

【アークランドサカモト】PRO SERIES 鉄フライパン 22cm

アークランドサカモト PRO SERIES 鉄フライパン 22cm 呼び寸法:22cm重量:684g底の厚さ:1.6mmサイズ(約):全長420mm×直径225mm×本体高さ45mm透明シリコン樹脂塗膜加工:本体に塗布している透明シリコン樹脂塗膜は、あくまでも使用開始になるまでの錆止めの目的ですので、そのままご使用になっても衛生上無害ですのでご安心ください。使い始めに本体の仕込みをする場合:鍋全体を煙が出なくなるまで熱してください。(煙が見えにくいことがありますが、表面が青色になれば十分です。)鍋が少し冷えたら、金属タワシを用いて塗膜を取り除いてください。鍋の内側に油をたっぷり塗り再び熱し油をしみこませて仕上げます。ご使用前に:食器用洗剤で、よく汚れを洗い落としてからご使用ください。油を本体にたっぷり塗り、火にかけます。油が熱くなってきたら、油を捨てペーパータオル等で軽く油を拭き取り、あらためて適量の油を入れて調理を始めます。鉄フライパンでの炒め物調理のコツ:十分に鍋をあたためておいてから、適量の油をひき、まんべんなく馴染ませます。鍋も油もあつくなり、煙が出たら材料を入れます。最初の火加減は強火にし手早く調理を進めます。ご使用後のお手入れ:ご使用後は、あたたかいうちにお湯をかけ、ササラなどですぐに表面の汚れを洗い落とし、乾いた布で水気を拭き取り、食用油を薄く塗ってから収納してください。せっかく表面にできた油脂を切り取らないようにしてください。長く使い込んだものは食器用洗剤につけてもかまいません。注意:極端な空だきは避けてください。とってに達するほど炎を長くして使用しないでください。本体の中に長時間料理を保存すると、鉄製のため、錆が生じますのですぐに料理を他の容器へ移してください。錆がでた場合には、きれいに落してからご使用ください...

スポンサーリンク
スポンサーリンク