メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「江戸硝子」検索結果。

江戸硝子の商品検索結果全657件中1~60件目

KIKI STRIPE(柾目) ショットグラス 黒の江戸切子グラス[木本硝子]

ディノス

19,440

KIKI STRIPE(柾目) ショットグラス 黒の江戸切子グラス[木本硝子]

江戸時代から続く伝統工芸品の新しい世界観を作り上げました。漆黒の色と和モダンのデザインが現代のライフスタイルを素敵に演出します。【ブランドコンセプト】ミクロン単位の厚さで漆黒を表現する匠の技、それがこの「KIKI Japanesque Modern」 ##>です。伝統的な手作り硝子に江戸時代から続く切子の技法を使い、熟練の職人達がひとつひとつ心を込めて作り上げていく...これは、そんな職人達の熱い思いから生まれたこだわりの逸品です。デザイナー木下真一郎は、この日本の伝統技術を生かし、最も作るのが難しいとされる黒硝子と、モダンなデザインを融合させることにより、今までに無い新しいグラスの世界を創り出しました。ミクロン単位の厚さながら不透明な漆黒、それを削ぎ落とした隙間から見える透明な世界は、まるで万華鏡のように、見る角度によって様々に変化します。⇒KIKI JAPANESQUE MODERN[キキ ジャパネスク モダン]特集⇒ガラス製品特集【デザイナープロフィール】木下真一郎デザイン事務所代表 (デザイナー・イラストレーター)イラストレーター、グラフィックデザイナーとして雑誌や大手企業の仕事に従事するとともに各種展覧会に出展。また商品プロデュースも手がけ、豊かな発想と斬新なアイデアで伝統産業の活性にも尽力している。【商品説明】KIKI STRIPE (柾目)木は年輪の目を直角に切り出すとその表面は真っ直ぐな柾目になります。この柾目は原木の中心部からしか取ることのできない高級品です。このグラスはその柾目をイメージし、等間隔なストライプとしてデザインしています。ショットグラスの特徴:ショットグラスとは小さいグラスの事を指し、ストレートグラスとも言われています。日本酒を飲む時に使うお猪口のようなものを想像すると良いと思います...

KIKI RING(年輪) ミニオールド 黒の江戸切子グラス[木本硝子]

ディノス

19,440

KIKI RING(年輪) ミニオールド 黒の江戸切子グラス[木本硝子]

江戸時代から続く伝統工芸品の新しい世界観を作り上げました。漆黒の色と和モダンのデザインが現代のライフスタイルを素敵に演出します。【ブランドコンセプト】ミクロン単位の厚さで漆黒を表現する匠の技、それがこの「KIKI Japanesque Modern」 ##>です。伝統的な手作り硝子に江戸時代から続く切子の技法を使い、熟練の職人達がひとつひとつ心を込めて作り上げていく...これは、そんな職人達の熱い思いから生まれたこだわりの逸品です。デザイナー木下真一郎は、この日本の伝統技術を生かし、最も作るのが難しいとされる黒硝子と、モダンなデザインを融合させることにより、今までに無い新しいグラスの世界を創り出しました。ミクロン単位の厚さながら不透明な漆黒、それを削ぎ落とした隙間から見える透明な世界は、まるで万華鏡のように、見る角度によって様々に変化します。⇒KIKI JAPANESQUE MODERN[キキ ジャパネスク モダン]特集⇒ガラス製品特集【デザイナープロフィール】木下真一郎デザイン事務所代表 (デザイナー・イラストレーター)イラストレーター、グラフィックデザイナーとして雑誌や大手企業の仕事に従事するとともに各種展覧会に出展。また商品プロデュースも手がけ、豊かな発想と斬新なアイデアで伝統産業の活性にも尽力している。【商品説明】KIKI RING(年輪)ひとつひとつのリングは木の年輪を表しています。等間隔で並ぶリングは毎年静かに、しかし確実に成長していく生命の象徴です。ミニオールドファッションの特徴:口が広く背の低いタンブラーで、ミニはさらに小さいサイズにしています。ウィスキーやラム等の酒類をオン・ザ・ロックスタイルで飲む際に適しています。【素材の特性】「KIKI Japanesque Modern」...

KIKI TAMA-ICHIMATSU(玉市松) タンブラー 黒の江戸切子グラス[木本硝子]

ディノス

37,800

KIKI TAMA-ICHIMATSU(玉市松) タンブラー 黒の江戸切子グラス[木本硝子]

江戸時代から続く伝統工芸品の新しい世界観を作り上げました。漆黒の色と和モダンのデザインが現代のライフスタイルを素敵に演出します。【ブランドコンセプト】ミクロン単位の厚さで漆黒を表現する匠の技、それがこの「KIKI Japanesque Modern」 ##>です。伝統的な手作り硝子に江戸時代から続く切子の技法を使い、熟練の職人達がひとつひとつ心を込めて作り上げていく...これは、そんな職人達の熱い思いから生まれたこだわりの逸品です。デザイナー木下真一郎は、この日本の伝統技術を生かし、最も作るのが難しいとされる黒硝子と、モダンなデザインを融合させることにより、今までに無い新しいグラスの世界を創り出しました。ミクロン単位の厚さながら不透明な漆黒、それを削ぎ落とした隙間から見える透明な世界は、まるで万華鏡のように、見る角度によって様々に変化します。⇒KIKI JAPANESQUE MODERN[キキ ジャパネスク モダン]特集⇒ガラス製品特集【デザイナープロフィール】木下真一郎デザイン事務所代表 (デザイナー・イラストレーター)イラストレーター、グラフィックデザイナーとして雑誌や大手企業の仕事に従事するとともに各種展覧会に出展。また商品プロデュースも手がけ、豊かな発想と斬新なアイデアで伝統産業の活性にも尽力している。【商品説明】KIKI TAMA-ICHIMATSU(玉市松)植物の細胞を拡大するとそこには市松模様のように規則的に並んだ不思議な世界を見ることができます。そして、その細胞ひとつひとつには球状の核があり、それはまさに市松模様の中にある磨き玉のようです。タンブラーの特徴:ハイボールグラスとも呼ばれる。ソフトドリンクやロングカクテルを飲むのに適しています。ポピュラーな形状でガラスのコップといわれて最初にイメージするのがこのタンブラーグ...

うすはり 松徳硝子 SIWAオールドS タンブラー・ロックグラス

高岡銅器・漆器の雅覧堂

1,512

うすはり 松徳硝子 SIWAオールドS タンブラー・ロックグラス

商品説明 飲み物をより美味しく、そして美しく楽しむ事のできる松徳硝子「うすはり」のご紹介です。「うすはり」はその薄さから、グラスが唇に触れた時の異物感が限りなく少なく、お酒の繊細な味わいを楽しめます。松徳硝子は、大正11年から電球用ガラスの生産工場として創業しました。時代の流れに伴い、主要製造を電球用ガラスからガラス器へと移し、中でも電球製造で培った薄吹きの製法に磨きをかけ開発した「一口ビールグラス」は江戸硝子として料亭や割烹で広く愛用されてきました。「うすはり」シリーズはこの「一口ビールグラス」や、松徳硝子の原点である電球、そしてこれまでのガラス器製造のノウハウを元に長期間の研究開発を重ね完成しました。以来、お酒を繊細に、より美味しく、美しく楽しめるグラスとして多くの方から高い評価を頂いており、飲み物をありのままに美しく表現するグラスとして数多くのCMにも採用されています。手仕事により細部まで美しく仕上げられたグラスで飲む焼酎・ウイスキーは格別の味わいですよ。 製品仕様 ◇ サイズ 約 6.5φ×7.5H (cm) ◇ 容量 約 150ml ◇ 材質 無鉛クリスタルガラス ※ 商品に箱はついておりません ※画像の色はブラウザや設定により、実物とは異なる場合があります。予めご了承下さい。       

松徳硝子  日本製【うすはり 葡萄酒器 ブルゴーニュ ペアセット 2921010 】ワイングラス ご贈答 ギフト プレゼント ペア 母の日 父の日

こーま 楽天市場支店

4,212

松徳硝子 日本製【うすはり 葡萄酒器 ブルゴーニュ ペアセット 2921010 】ワイングラス ご贈答 ギフト プレゼント ペア 母の日 父の日

ステム(ワイングラスの脚)を取り除き、気軽に美味しくワインを楽しむ為に作られたグラスです。足をよく割ってしまうという方には最適!! 広がりのある口元により、フルーティーで、軽やかなタイプのワインにおすすめのグラスです。感激の薄さです! ご結婚のお祝いや内祝いには、ペアーの商品がよく選ばれています。 *とても薄くて繊細な商品なので、食洗機にはかけないで下さい。 *洗うときは、柔らかな布かスポンジで洗って下さい。 【松徳硝子について】 大正11年、電球用ガラスの生産工場として創業しました。 その後、時代の変化のため、電球も職人による手吹きから、機械による製造にとって代わり、主要製造品目をガラス器へ移行しました。 職人による手仕事にこだわり、数千種類にも及ぶ手作りガラス器を製造しています。 中でも、電球製造で培った薄吹きの製法に磨きをかけ造りだした「一口ビールグラス」は、江戸硝子として古くから料亭や割烹で広く愛用され続けています。 平成元年、遂に理想とするグラス「うすはり」が誕生しました。 【サイズ】 直径 6.6cm 高さ 9.0cm 重さ 約50g 容量(満水時)350ml 【素材】 ソーダーガラス 手作りの為、記載のサイズ・容量と比べて、多少の誤差が生じることがあるかもしれません。 また、製造の過程で微細な泡が混入することもあります。ご了承のうえお買い上げください。 【紙袋について】 ※紙袋は有料となります。当楽天ページから購入していただければ商品とともに発送いたします。 こーま紙袋S こーま紙袋L

送料無料
九谷焼ワイングラス 青粒鉄仙【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】

文政五年創業九谷焼窯元 鏑木商舗

8,100

九谷焼ワイングラス 青粒鉄仙【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】

ギフト対応 九谷和グラス このワイングラスは、石川県が誇る伝統工芸「九谷焼」と東京に古くから伝わる地場産業「江戸硝子」を融合させてできました。 なんと言っても人気のヒミツは手作りならではの温かみと、和食器特有の柔らかな雰囲気。これは九谷焼磁器で出来た足部分の絵付けは全て手描きにこだわり、グラス部分の硝子も全て手作りの吹き硝子のみを使用しているから。 また、九谷焼と硝子の接合部は、その強度が高く評価され、2006年度グッドデザイン賞(新領域デザイン部門)を受賞しているのも安心ポイント。 ワイングラスなのに和の食卓にも合う、そんなうれしいグラスです。 結婚のお祝いやワイン好きなお友達へのプレゼントにぴったりですし、カジュアル使いのマイグラスとしても活躍してくれるはずです。 ※ペア用のお箱もございますので、ご希望の場合はご注文の際にお知らせください。 九谷色絵の美しさ 加賀の地で育まれ、約350年の歴史と伝統を有する九谷焼。"九谷五彩"と呼ばれるように、その長い歴史の中で美しい色彩と多彩な色絵技法を生み出しました。美しさだけではない、その独特の風格と味わいが魅力です。 「青粒」とは?品の良い重厚感がある人気の「青粒(あおちぶ)」は、大正時代に始まった絵付け技法です。青色の点を盛るように打っていく手法で、点の大きさや間隔の均一さが要求されるとても緻密な技なのです。青の他に「白粒」もあります。 ※絵付けは全て手描きのため、写真とは色合い風合いなどが若干異なる場合がございます。 江戸硝子の味わい 江戸硝子は、下町情緒を残す東京・墨田に古くから地場産業として根付く手工芸品です。 ところどころにサイダーの泡のような気泡が見られ、工業硝子にはない味わいと風情が感じられるのが特長です。 この少しぷくっとした、柔らかな素材感がいいですね。 サイズ...

江戸切子 グラス amber old 緑【haku硝子】

THE COVER NIPPON

28,080

江戸切子 グラス amber old 緑【haku硝子】

ギフトラッピングについて 【楽ギフ_包装】 【楽ギフ_のし】 【楽ギフ_のし宛書】haku硝子 江戸切子 amber old 緑 伝統の中にも、現代の感覚が感じられるように、デザインの配分に工夫を凝らしたひと品。磨きの作業まで全て手作業で丁寧に作り上げこまれた江戸切子。ガラスの持つ輝きが最大限にまで引き出されています。 上部の複雑で繊細なキラキラした細やかな輝きと、四角く大きく大胆にカットされた意匠の組み合わせが印象的なグラスです。エメラルドブルーから琥珀色までのグラデーション、上から覗くとくっきりと菊の花が姿を現します。繊細さと大胆さ、まさに江戸の粋な文化を体現したかのようなグラスです。素材はクリスタルガラスで、手にした時のちょうどよい重さと大きさが手に馴染みます。きらめく光を存分にお楽しみください。 「江戸切子」とは 1834年(天保5年)、江戸大伝馬町のびーどろ屋 加賀屋久兵衛がガラス器に彫刻を施したのが初めと言われており、明治時代にその技法が確立され伝承されている、日本の誇る伝統工芸品です。ペリー来航時にも江戸切子が献上され、その美しさに大変驚いたという逸話が残っています。成熟した町人文化から生まれた江戸切子には、10種類の代表的なカットパターンがあり、当時の趣を今に伝えています。 江戸切子職人 三田村 義広 2001年より江戸切子制作に携わる。 2009年に独立、haku硝子として、自身の作品作りを開始。 ※「haku硝子」とは 「haku」とは「余白(=space)」の意。伝統を重んじつつ、変化していく今のライフスタイルにあったモノづくりを目指して、ひとつずつ愚直なまでに丁寧に製作。硝子の特徴でもある透明感、ツヤ、清涼感を引き出す磨きの技術、真っ直ぐに引かれる線は真っ直ぐに、交差する線は正確に合わせる...

送料無料
【手づくり江戸硝子】 ビールを注ぐと富士山が現れる! 田島硝子 江戸切子 富士山 宝永グラス さくら色 ビールグラス 木箱付

Amazon

3,988

【手づくり江戸硝子】 ビールを注ぐと富士山が現れる! 田島硝子 江戸切子 富士山 宝永グラス さくら色 ビールグラス 木箱付

味わい深い「宝永火口」のくぼみと「富士さくら」の切子を施したグラス。日本の象徴 富士山をよりリアルに仕上げております。 戸時代中期1707年(宝永4年)の大噴火で誕生した宝永山。その大きな火口-宝永火口-を摸したくぼみをこしらえました。くぼみはグラスを持ちやすいように親指がちょうど収まるようにデザインしております。 富士桜(別名:マメサクラ)は、富士山やその山麓に自生する品種で、花弁は五枚一重になっております。富士山と同じく日本の象徴ともいえる富士桜を一枚ずつ丁寧に切子で仕上げました。切子はグラスを持つ際に滑り止めにもなります。 1956年(昭和31年)に田嶌松太郎氏が東京都江東区に硝子食器製造工場として創業した「田島硝子株式会社」。1962年(昭和37年)に現在の江戸川区松江に自社工場を設立し、業務用のタンブラーやワイングラス等を作り始めて以降、半世紀にわたり時代に合ったガラス製品を一つ一つ熟練した職人の手づくりで丁寧につくり続けている江戸切子メーカーです。長年培われてきた製品開発力や技術力を礎に、 日本の手づくりガラスの魅力と文化を未来に継承されています。 デザイナーや他工房への硝子生地の供給を含め、様々なものづくりに貢献しており、第三回東京都チャレンジ大賞も受賞しました。 硝子素材を熟知したメーカーならではの技をどうぞお楽しみください。

送料無料
【手づくり江戸硝子】 ビールを注ぐと富士山が現れる! 田島硝子 江戸切子 富士山 宝永グラス クリア ビールグラス 木箱付

Amazon

3,988

【手づくり江戸硝子】 ビールを注ぐと富士山が現れる! 田島硝子 江戸切子 富士山 宝永グラス クリア ビールグラス 木箱付

味わい深い「宝永火口」のくぼみと「富士さくら」の切子を施したグラス♪日本の象徴 富士山をよりリアルに仕上げております。 戸時代中期1707年(宝永4年)の大噴火で誕生した宝永山。その大きな火口-宝永火口-を摸したくぼみをこしらえました。くぼみはグラスを持ちやすいように親指がちょうど収まるようにデザインしております。 富士桜(別名:マメサクラ)は、富士山やその山麓に自生する品種で、花弁は五枚一重になっております。富士山と同じく日本の象徴ともいえる富士桜を一枚ずつ丁寧に切子で仕上げました。切子はグラスを持つ際に滑り止めにもなります。 1956年(昭和31年)に田嶌松太郎氏が東京都江東区に硝子食器製造工場として創業した「田島硝子株式会社」。 1962年(昭和37年)に現在の江戸川区松江に自社工場を設立し、業務用のタンブラーやワイングラス等を作り始めて以降、半世紀にわたり時代に合ったガラス製品を一つ一つ熟練した職人の手づくりで丁寧につくり続けている江戸切子メーカーです。 長年培われてきた製品開発力や技術力を礎に、 日本の手づくりガラスの魅力と文化を未来に継承されています。 デザイナーや他工房への硝子生地の供給を含め、様々なものづくりに貢献しており、第三回東京都チャレンジ大賞も受賞しました。 硝子素材を熟知したメーカーならではの技をどうぞお楽しみください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク