メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「楽焼」検索結果。

楽焼の商品検索結果全131件中1~60件目

【茶道具 小茶碗】野点茶碗 黒楽 佐々木松楽作

茶道具専門店 芳香園

5,530

【茶道具 小茶碗】野点茶碗 黒楽 佐々木松楽作

野点用の小さな楽茶碗です。 茶籠におひとついかがですか。 ■ 商品名:野点茶碗 黒楽 ■ 作家: 佐々木松楽 ■ サイズ:9.5cm×6.2cm ■ 梱包:化粧箱 ※一つ一つ手作りのため、景色や形が多少変わります。 松楽作 野点茶碗 赤楽はこちら その他お茶碗一覧はこちら【茶道具 抹茶碗】 野点茶碗 黒楽 佐々木松楽作 商品詳細 ■ 商品名:野点茶碗 黒楽 ■ 作家: 佐々木松楽 ■ サイズ:9.5cm×6.2cm ■ 梱包:化粧箱 ※一つ一つ手作りのため、景色や形が多少変わります。 サイズは、おおよその目安としてお考えください。 小茶碗(こちゃわん) 通常より小さめサイズの抹茶碗で、野点茶碗ともいいます。 野点の時などに替茶碗として用います。 寸法が小さいですので、野点籠に仕組むことが出来ますし、小さなお子様用の抹茶碗としても最適です。 楽焼茶碗 (らくやきちゃわん) 楽焼は天正の初めごろから始まった焼物で、京都で生まれ、京都で育った唯一の焼物です。 釉色から、赤、黒、白色などがあります。 利休の精神が生かされ、轆轤(ろくろ)を使わず手捏ねで成形して箆(へら)で仕上げます。 一般の器とは異なり、お茶を喫する為に作られたまさに茶の湯のための茶碗といえます。 (鋏(ヤットコ)のはさみ跡) 千利休が指導し、長次郎に作らせた楽茶碗は、お茶を喫する為に作られた最初の和物茶碗と云われています。 また楽茶碗の中でも黒楽は、他の焼き物とは、窯及び、焼き方がまったく異なっています。 窯の中を120度近くの高温に保ちながら釉薬を施した茶碗を長いベンチのような鋏で、茶碗の縁を、はさんで窯の中に入れます。 3分から5分焼成後、真っ赤に釉薬が溶けたところで、再び茶碗の縁を鋏ではさんで窯より出します。 その時、溶けた茶碗の縁に『はさみ跡...

送料無料
楽焼の手触りのよい柔らかな感触を楽しむ 赤楽 抹茶碗

京もの専門店「みやび」

10,800

楽焼の手触りのよい柔らかな感触を楽しむ 赤楽 抹茶碗

ギフト対応 ■商品仕様 商品名 赤楽抹茶碗 品目 抹茶碗 柄/色/形 - 素材 陶器 実寸サイズ 直径12cm×高さ8cm お届け日について 在庫があれば一週間以内に発送します。 組合/事業者名 清水焼団地協同組合 特徴 800度程で焼かれる軟質陶器のため、色合いの変化と柔かな感触が魅力的です。 お手入れ方法・取り扱い注意事項 ・ご使用前に水あるいはぬるま湯に浸けて下さい。茶盌が汚れにくくなり破損を防ぎます。・吸水性、通気性が非常に高いため、ご使用後はきれいな水ですすいだ後、十分乾燥してから収納して下さい。水分とともに汚れを吸収したまま収納しますと、臭気が発生したりカビの原因となります。万一、茶盌に臭いが付いた場合は、その茶盌で一週間ほどお茶を点てると自然と臭いが取れてきます。 その他 ※ヤツトコのはさみ跡 楽茶盌、特に黒楽は、ヤツトコではさんだ跡が残る場合があります。高温の窯中よりヤツトコでつかみ出す事により残る跡で、利休・長次郎の時代により今日まで変わる事なく続く焼成方法によるものです。侘茶の風合としてお楽しみ頂ければ幸いです。うつわの豊かな表情とともに味わうお茶の時間 華やかで味わい深い色合いの抹茶碗です。 楽焼は、天正年間(1573~1592)京都の長次郎が 千利休の指導で創始したといわれています。 比較的低い火土で焼成し、800度程度で焼く軟質陶器 ですので、手触りの柔らかな感触が印象的です。 手捏(てづく)ねで成形していますので、胴回りの 緩やかな起伏や、腰の膨らみが味わい深く、手に しっくりと馴染みます。 また、釉薬の変化がみせる色合いが、豊かな表情を 生み出していますので、使って頂くほどに味わいと 風合いがでてきます。

送料無料
黒楽湯呑 川崎和楽

Amazon

7,998

黒楽湯呑 川崎和楽

京都の楽焼窯元川嵜(川崎)和楽作の黒楽の湯呑みです。 平成22年から完全無鉛になり、風合いが変わりました。 楽焼といえば、主に抹茶碗のイメージがありますが、 本作は楽焼の持つ保温性や吸水性を生かした茶の間で使う湯呑みの器です。 本品は黒楽の湯呑みにあたり、日常茶の間でつかうサイズと全く同じ物です。 胎土を厚めに仕上げ、どっしりと黒楽釉が厚めにかかっています。 特に強い個性が見られるわけではないですが、湯呑みとしても楽茶碗の造作が生かされています。 口作りの柔らかな丸みを帯びた姿は楽茶碗独特の手捏ねの過程で生まれる自然な姿です。 口作りは微妙に内側に入り込んでいるため、熱を逃しにくく、 京都の五山を表す凹凸には手作りの風合いがでています。 高台の景色です。抹茶碗のようにぼそぼそした楽土独特の土味がでています。 真ん中には和楽と名を押されています。 本来黒楽は賀茂川上流の賀茂川石を使っていますが現在では採取しにくくなっています。 楽焼ほど土の柔らかさを主張した焼き物はありません。 使う前にぬるめのお湯に湯通ししておくことでしっとりと水気を吸い込み、 湯の熱を包み込むように逃さず手に伝えてくれます。 ◆商品番号 748 黒楽湯のみ 和楽 平成22年から完全無鉛になり、風合いが変わりました。 ■寸法 約 直径7.5cm 高さ8.5cm 木箱付き ■手洗い ◎ 食洗機 × 電子レンジ × ※手作りですので形や色、大きさ、重さは1つ1つ異なります。 ピンホールと呼ばれる小さな穴や貫入や表面を削った時の筋もございます。 楽焼の性質状、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。 陶歴 楽焼窯元 七世和楽 文政年間祇園八坂神社門前茶屋短冊楼の主。 短冊屋七左衛門の始めた素焼の礎を二代目七兵衛より 「楽焼の短冊屋」として楽焼一筋に研鑽に勤め、 爾来...

赤楽湯呑 川崎和楽

Amazon

7,000

赤楽湯呑 川崎和楽

京都の楽焼窯元川嵜(川崎)和楽作の赤楽の湯呑みです。無鉛の釉薬を使ったものです。 写真は一例です。お渡しする物は微妙に色合いが異なります。 楽焼といえば、主に抹茶碗のイメージがありますが、 本作は楽焼の持つ保温性や吸水性を生かした茶の間で使う湯呑みの器です。 1つ1つ手仕事で作るため、同じように作られた湯呑みでもこれだけ違いが出ます。 腰の厚みや口の作りはカンナで削いでいるため、 また黒い部分は素焼きの際、炭の窯変による偶然性の高い技です。 口作りは微妙に内側に入り込んでいるため、熱を逃しにくく、 京都の五山を表す凹凸には手作りの風合いがでています。 高台の景色です。抹茶碗のようにぼそぼそした楽土独特の土味がでています。 真ん中には和楽と名を押されています。 釉の厚みと削り込みによって1つ1つ風格が違います。 あらゆる種類の焼き物が混在する京焼・清水焼にあって 楽焼だけは京都で生まれ、京都で育った唯一の焼き物です。 ◆商品番号 3869 赤楽湯呑 和楽 写真は一例です。お渡しする物は微妙に色合いが異なります。 ■寸法 直径7.5cm 高さ8.5cm 重さ170g 木箱付き ■食器洗浄機 電子レンジ 不可 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。

送料無料
茶道具 楽茶碗 菊小紋 和楽

千年の香り 千紀園

30,888

茶道具 楽茶碗 菊小紋 和楽

楽天国際配送対象商品(海外配送)詳細はこちらです。 Rakuten International Shipping ItemDetails click here茶道具 さどうぐ 茶道 さどう 道具 茶道道具 お茶道具 通販作家・作品名和楽・楽茶碗 菊小紋詳細 作家について 楽焼窯元 和楽来歴当窯初代が、楽焼窯元「短冊家」を開きましたのは、今から遡ること約百八十年、江戸時代末期文政年間でございます。名を七左衛門と申し、京都祇園八坂神社鳥居前茶屋「短冊楼」の主でございました。当窯二代となる七兵衛は、楽焼の研鑽に努め、「楽焼の短冊家」として名を馳せると共に、その後現在まで続く当窯の礎を築きました。大正七年秋、東郷平八郎元師ご入洛の際、当工房にご来遊賜り、「和楽」なる直筆の号を拝領いたしました。当窯四代川嵜庄七はこの栄誉をたいそう喜び、屋号を「和楽」と改名させていただきました。その後は「楽焼窯元和楽」として今日まで親しんでいただいております。当窯七代(先代)川嵜康男は、昭和四十四年より五十年近くその責を務めました。この間には「眞和楽」印を用いてお茶碗制作に精進するだけでなく、楽焼お茶碗を普及させることにも努め、多くの方々に楽焼お茶碗を身近に使って頂けることになりました。平成二十八年からは、当窯八代にあたる川嵜基生が当主を努めております。京都では楽家に次いで歴史ある窯元として、これからも楽焼の伝統を守り続けて参ります。八代 当主箱桐箱寸法---商品番号103271[stc010-020-31-和楽-024]注意●商品の質感・色は、お客様のご使用のモニターやブラウザなどの環境により、実物と異なる場合がございます。ご了承ください。 ●在庫の状況により、発送までお時間をいただく場合がございます。お急ぎの場合は事前にお問い合わせください。 ...

送料無料
茶道具 楽茶碗 椿 和楽

千年の香り 千紀園

30,888

茶道具 楽茶碗 椿 和楽

楽天国際配送対象商品(海外配送)詳細はこちらです。 Rakuten International Shipping ItemDetails click here茶道具 さどうぐ 茶道 さどう 道具 茶道道具 お茶道具 通販作家・作品名和楽・楽茶碗 椿詳細 作家について 楽焼窯元 和楽来歴当窯初代が、楽焼窯元「短冊家」を開きましたのは、今から遡ること約百八十年、江戸時代末期文政年間でございます。名を七左衛門と申し、京都祇園八坂神社鳥居前茶屋「短冊楼」の主でございました。当窯二代となる七兵衛は、楽焼の研鑽に努め、「楽焼の短冊家」として名を馳せると共に、その後現在まで続く当窯の礎を築きました。大正七年秋、東郷平八郎元師ご入洛の際、当工房にご来遊賜り、「和楽」なる直筆の号を拝領いたしました。当窯四代川嵜庄七はこの栄誉をたいそう喜び、屋号を「和楽」と改名させていただきました。その後は「楽焼窯元和楽」として今日まで親しんでいただいております。当窯七代(先代)川嵜康男は、昭和四十四年より五十年近くその責を務めました。この間には「眞和楽」印を用いてお茶碗制作に精進するだけでなく、楽焼お茶碗を普及させることにも努め、多くの方々に楽焼お茶碗を身近に使って頂けることになりました。平成二十八年からは、当窯八代にあたる川嵜基生が当主を努めております。京都では楽家に次いで歴史ある窯元として、これからも楽焼の伝統を守り続けて参ります。八代 当主箱桐箱寸法---商品番号103260[stc010-020-31-和楽-011]注意●商品の質感・色は、お客様のご使用のモニターやブラウザなどの環境により、実物と異なる場合がございます。ご了承ください。 ●在庫の状況により、発送までお時間をいただく場合がございます。お急ぎの場合は事前にお問い合わせください。 ●商品の在庫は...

送料無料
金盃 盃代添   和楽

Amazon

34,560

金盃 盃代添 和楽

楽焼窯元、川崎和楽作の珍しい金盃です。 黒楽の盃台がついており、目上のひとに差し上げるのにピッタリです。 金箔は焼き付けておりません。先の固い物で削ったり当てると剥がれます。 取扱にご注意ください 正月の嶋台をイメージして作られた絢爛豪華なおめでたい酒器です。 黒楽の盃代はやっとこの跡がついています。 艶やかな黒、 京都は賀茂川上流にある賀茂川石を1000度の高熱で溶かして引き出し、 水につけて急冷したことによる冴えです。 手に持つとずしりとした重厚感も楽の魅力のひとつです。 楽焼のぐいのみは茶道のわびさびの精神を伝えると同時に、 暖まった熱を逃がさない利点があります。 金箔を貼ることでお酒好きのかたへの御祝いにぴったり。 楽焼の酒盃の最上級品です。 ◆商品番号 9380 金盃 盃台付 金箔は焼き付けておりません。先の固い物で削ったり当てると剥がれます。 取扱にご注意ください。 ■寸法 約 盃 直径9cm×高さ4cm 台 直径12cm×高さ4cm 木箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 陶歴 楽焼窯元 七世和楽 文政年間祇園八坂神社門前茶屋短冊楼の主。 短冊屋七左衛門の始めた素焼の礎を二代目七兵衛より 「楽焼の短冊屋」として楽焼一筋に研鑽に勤め、 爾来、二百余年にわたり、その伝統を守り続けて参りました。 その間宮中よりご下命を賜る栄にも浴し、 各宮家にも珍重され、 又、大正七年初秋には東郷平八郎元帥御入洛の際、 当工房へ御来遊賜り、その節「和楽」なる直筆の号を拝領しましたので その後「和楽」の屋号にて、 茶道に適する楽焼の窯元として継承し、今日に至ったのでございます。

送料無料
dyu-14 陶芸作家 荒川明作 虹彩楽焼 湯のみ 木箱付き こだわりのギフト 還暦祝い などの贈り物に最適 【送料無料】 【無料ラッピング承ります】

荒川明の陶芸ギャラリー

12,960

dyu-14 陶芸作家 荒川明作 虹彩楽焼 湯のみ 木箱付き こだわりのギフト 還暦祝い などの贈り物に最適 【送料無料】 【無料ラッピング承ります】

荒川 明の陶房は浜松の山奥の引佐町奥山にあり、 その名前の通り、山奥となります。 そこには古い時代に使かわれた薪窯を荒川明が独自に 工夫をして窯を作りました。 自然の炎色、自然釉、灰かぶりの美しさの中に大胆な 景色の出る焼き物で同じ作品は2度と出来ません。 サイズ 直径7.5cm 高さ7.5cm 素材 陶器(木箱付き) 特長 これ以上ない程虹色が美しくできた湯呑 ※モニーターによって多少色具合が違う場合があります 陶芸作家の作品の値段はどうやって決めますか? 美術年鑑社の美術年鑑の本が出版がされており、毎年作家の評価額が発表されます。日本画、洋画、彫刻 工芸 書 古美術部門に分かれており、陶芸の場合は工芸の部門になります。 陶芸作家の評価は陶磁器(花瓶)21.2×21.2cmを基準とします。 荒川明の2015年の評価額が82万円となっております。 難易度、作品の焼き上がりが出にくい作品は+αになります。 お値段は評価額よりお安い金額を設定させて頂いております。 文部大臣奨励賞受賞 陶芸家 荒川 明作 虹彩楽 湯飲み 虹のように七色に光輝く【虹彩楽湯のみ】を 愛でながら、寛ぎと癒やしのひと時を 7色の虹は見つけたときって何か幸せを運んでくれる予感しませんか? 荒川明の虹彩楽 湯のみも見ているだけで幸せ あなたが幸せしあわせ気分になれますように ▲虹のような色彩の珍しい湯のみの正面  ▲正面の反対側も楽しめます ▲湯飲みの中のお茶が美しく映えます。 ▲高台 サインも記入                       贈って喜ばれるその秘密は 色(釉薬)は荒川明が独自で研究開発し...

送料無料
黒楽湯呑 総 和楽

Amazon

8,800

黒楽湯呑 総 和楽

京都の楽焼窯元川嵜(川崎)和楽作の黒楽の湯呑みです。 平成22年から完全無鉛になり、風合いが変わりました。 ひとつずつ窯から引き出したときにつくやっとこ(鋏の跡)がついています。 楽焼といえば、主に抹茶碗のイメージがありますが、 本作は楽焼の持つ保温性や吸水性を生かした茶の間で使う湯呑みの器です。 本品は黒楽の湯呑みにあたり、日常茶の間でつかうサイズと全く同じ物です。 胎土を厚めに仕上げ、どっしりと黒楽釉が厚めにかかっています。 特に強い個性が見られるわけではないですが、湯呑みとしても楽茶碗の造作が生かされています。 口作りの柔らかな丸みを帯びた姿は楽茶碗独特の手捏ねの過程で生まれる自然な姿です。 口作りは微妙に内側に入り込んでいるため、熱を逃しにくく、 京都の五山を表す凹凸には手作りの風合いがでています。 高台の景色です。こちらの黒楽湯のみは高台の中にまで施釉。 真ん中には和楽と名を押されています。 楽焼ほど土の柔らかさを主張した焼き物はありません。 湯の熱を包み込むように逃さず手に伝えてくれます。 ◆商品番号 4032 黒楽湯のみ 和楽 総釉 平成22年から完全無鉛になり、風合いが変わりました。 ■寸法 直径7.5~8cm 高さ7.5cm~8cm 重さ170g 木箱付き ■手洗い ◎ 食洗機 × 電子レンジ × ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク