メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「桜皮茶筒」検索結果。

桜皮茶筒の商品検索結果全120件中1~60件目

送料無料
【送料無料】茶筒 桜皮 総皮茶筒 霜降皮 平 藤木伝四郎商店

高岡銅器・漆器の雅覧堂

9,720

【送料無料】茶筒 桜皮 総皮茶筒 霜降皮 平 藤木伝四郎商店

商品説明 天然の桜皮を素材にした伝統工芸「樺細工」の茶筒のご紹介です。 樺細工は今から二百数十年前、武士の手内職として発達し、その業は豊かな風土の中で発展をつづけてきました。 天然の山桜の樹皮は、通気性・通湿性そして実用的な堅さをもっていますので、その茶筒に入っている茶葉はいつも最適な状態で保存する事ができます。 霜降皮と呼ばるこの茶筒は、山桜の樹皮の表情をそのまま生かしデザインされています。手にとってみると、桜皮の落ち着いた風合いがあり、天然素材ならではの美しさがあります。また日々手に触れることによってさらに深みを増し、当初より濃い色合いに変化していきます。 フタを閉めるときのしっくりとしたフィット感に職人の手仕事の精密さを感じることが出来ると思います。 モダンで美しいデザインのこの茶筒は、お客様の前でお茶を用意されるときにもいいですし、贈り物やプレゼントにも喜ばれますよ。 製品仕様 ◇ サイズ 約 8.3φ×9.3H (cm ) ◇ 材質 桜皮 ◇ 重さ 約 100 g ◇ 内容量 約 100 g(煎茶の場合) ◇ 化粧箱入 ※画像の色はブラウザや設定により、実物とは異なる場合があります。予めご了承下さい。

送料無料
【送料無料】茶筒 桜皮 総皮茶筒 霜降皮 中長 藤木伝四郎商店

高岡銅器・漆器の雅覧堂

9,720

【送料無料】茶筒 桜皮 総皮茶筒 霜降皮 中長 藤木伝四郎商店

商品説明 天然の桜皮を素材にした伝統工芸「樺細工」の茶筒のご紹介です。 樺細工は今から二百数十年前、武士の手内職として発達し、その業は豊かな風土の中で発展をつづけてきました。 天然の山桜の樹皮は、通気性・通湿性そして実用的な堅さをもっていますので、その茶筒に入っている茶葉はいつも最適な状態で保存する事ができます。 霜降皮と呼ばるこの茶筒は、山桜の樹皮の表情をそのまま生かしデザインされています。手にとってみると、桜皮の落ち着いた風合いがあり、天然素材ならではの美しさがあります。また日々手に触れることによってさらに深みを増し、当初より濃い色合いに変化していきます。 フタを閉めるときのしっくりとしたフィット感に職人の手仕事の精密さを感じることが出来ると思います。 モダンで美しいデザインのこの茶筒は、お客様の前でお茶を用意されるときにもいいですし、贈り物やプレゼントにも喜ばれますよ。 製品仕様 ◇ サイズ 約 7.2φ×11.1H (cm ) ◇ 材質 桜皮 ◇ 重さ 約 100 g ◇ 内容量 約 80 g(煎茶の場合) ◇ 化粧箱入 ※画像の色はブラウザや設定により、実物とは異なる場合があります。予めご了承下さい。

桜皮細工 御茶筒 総桜皮

Amazon

12,960

桜皮細工 御茶筒 総桜皮

<樺細工由来> 命名の由来は諸説あり、定説があるわけではなく、古代にはヤマザクラを樺や樺桜と呼ばれるようなことがあったためという説や、樺の名前は家を建てるための木材である白樺からきており、樺は実際の工芸ではなく職人の種類を示すために使われていると言う説が有あります。 秋田の角館の佐竹北家によって秋田県北部の阿仁地方から角館に技法が伝えられたとされ、藩政時代は下級武士の副収入源となっていました。18世紀末から始まっており伝統は200年を超えるとされます。これが、地域の職人の工房を通じて現代まで伝わり武士の町であった角館工芸協同組合の美術館は樺細工の工芸品を常設展示しています。 <工法> 主に型ものと木地ものの2種類で桜の皮は剥ぎ取られた後、乾燥された後に汚れを落とされ、小型の滑らかで均一になるように処理されます。型ものの場合、仕上たい型に桜皮をあわせ、膠で貼り付けて固めた後に中に入れていた型を取り外して作られます。木地ものは利用する形に切られた木に、膠を使って再度加工した桜の皮が貼り付けられ、貼り付け工程では火で熱せられた小さな金ゴテが使われます。すべての面で別々の形の樹皮が必要とされるため、非常に手間のかかる作業です。 現在では特定の用途だけではなく様々なものに対して使われて、時には大型の木工アートワークとして利用され、時計、小箱、筆、刀の鞘などが生産されております。 <利用> 伝統的な樺細工は一般的に小さなものが多く、印籠や胴乱といったものに使われることが多かったのです。現在では茶筒や煙草入れなどに使われて、樺細工にはこれらの乾燥した物の湿度を一定に保ち、外部からの変化から守る特徴があります。色は元となる樹皮や膠により、一般的に暗い赤色をしております。

桜皮 総皮茶筒(大)桜花 桐箱入

Amazon

10,500

桜皮 総皮茶筒(大)桜花 桐箱入

秋田角館樺細工 箱サイズ12.5×18.5×10cm材質経木 竹 天然加工のため、寸法の表示と違いが生じる場合がございます。手工品ですので品切れ時には納品に時間をいただく場合がございます。注文時にご確認ください。自分用としてはもちろん、ギフト・贈り物としてもご安心ください。のし・包装はもちろん、メッセージカードなどもお付け致します。 桜皮細工は天明年間に角館の武士の手内職として発達し、美しく豊かな風土と伝統に支えられ、磨き抜かれて今日に至っています。天然の山桜の樹皮を素材に茶筒や文箱などに代表される桜皮細工は、実用的な堅牢さを生かした素朴さがあり、山桜の樹皮特有の光沢を生かした渋くて地味な色合いが愛されています。積み重ねた手技の経験と冴えたカンを駆使し、真心を込めて作り上げた桜皮細工は、名実ともに伝統工芸品として広く内外にご愛用いただいております。茶筒は、湿気を防ぎ殺菌作用があると言われています。 お茶の葉だけでなく紅茶やコーヒーなどの保存にもご使用いただけます。お手入れにつきましてはあまり水洗いはしないでください。樹皮に沿って乾拭きしていただくだけで色艶が永く保てます。樹皮そのものの水分を失わないよう、直射日光やストーブ等の熱源の近くに長時間置かないでください。また、湿気の強い場所もお避けください。歪み、ひび割れの原因となります。

桜皮 総皮茶筒(中平)桜花 桐箱入

Amazon

9,450

桜皮 総皮茶筒(中平)桜花 桐箱入

秋田角館樺細工 箱サイズ12.5×18.5×10cm材質経木 竹 天然加工のため、寸法の表示と違いが生じる場合がございます。手工品ですので品切れ時には納品に時間をいただく場合がございます。注文時にご確認ください。桜皮細工は天明年間に角館の武士の手内職として発達し、美しく豊かな風土と伝統に支えられ、磨き抜かれて今日に至っています。 天然の山桜の樹皮を素材に茶筒や文箱などに代表される桜皮細工は、実用的な堅牢さを生かした素朴さがあり、山桜の樹皮特有の光沢を生かした渋くて地味な色合いが愛されています。積み重ねた手技の経験と冴えたカンを駆使し、真心を込めて作り上げた桜皮細工は、名実ともに伝統工芸品として広く内外にご愛用いただいております。茶筒は、湿気を防ぎ殺菌作用があると言われています。また、お茶の葉だけでなく紅茶やコーヒーなどの保存にもご使用いただけます。お手入れにつきましてはあまり水洗いはしないでください。樹皮に沿って乾拭きしていただくだけで色艶が永く保てます。樹皮そのものの水分を失わないよう、直射日光やストーブ等の熱源の近くに長時間置かないでください。また、湿気の強い場所もお避けください。歪み、ひび割れの原因となります。

会津漆器 茶筒 桜皮 (大) 天然木製 漆塗り 18-111-13

Amazon

5,900

会津漆器 茶筒 桜皮 (大) 天然木製 漆塗り 18-111-13

天然木製 漆塗り(会津漆器) 化粧箱入 梱包サイズ:9×9×12.5cm 実寸:φ8×12cm 【会津漆器の特徴・利用場面】 【会津漆器の特徴】 会津漆器は会津地方に伝わる伝統技術です。 会津藩政時代には技術革新に熱心に取り組み、中国やオランダなどへも輸出されるほど素晴らしい技術に発展しました。 現在では国の伝統工芸の指定を受け、螺鈿・漆絵・乾漆・蒔絵・花塗など多彩な技法の漆器を生み出しています。 食器洗浄機対応の器をはじめとした伝統の中にも現代の暮らしに求められる機能を盛り込んだ漆器の開発に取り組んでいます。 蒔絵・・・漆器の表面に漆や塗料で花や模様などを描き、その上に金粉や色粉を蒔きつけて絵柄を表現する方法。 金虫喰塗・・・黒漆を塗り、乾く前に大麦または籾殻を全面に蒔き、乾燥後大麦を取り除くことにより作られる。その後、銀粉を蒔き乾燥後炭で磨き、 完成する。 花塗・・・油を加え、光沢を持たせた漆で上塗りをして仕上げる技法であり、ハケの跡やムラを残さず塗りあげる高度な技術で作られる。 【会津漆器の利用場面】 お祝い 内祝 引き出物 引出物 結婚式 プレゼント お祝い返し 記念 記念日 御返し お礼 御礼 挨拶 あいさつ 餞別 披露宴 出産祝い 命名祝い 入園祝い 卒園祝い 入学祝い 卒業祝い 就職祝い 引越し祝い お見舞い 快気祝い 開店祝い 節句祝い 七五三 成人式 新築祝い 卒寿祝い 白寿祝い 長寿祝い 米寿祝い 喜寿祝い 結婚記念日 カタログ ギフト 贈答品 記念日 誕生日父の日 母の日敬老の日 受賞 景品 賞品 香典 お中元 お歳暮 お年始

会津漆器 茶筒 桜皮 (小) 天然木製 漆塗り 18-111-12

Amazon

5,300

会津漆器 茶筒 桜皮 (小) 天然木製 漆塗り 18-111-12

天然木製 漆塗り(会津漆器) 化粧箱入 梱包サイズ:11×8.5×8cm 実寸:7.3×10cm 【会津漆器の特徴・利用場面】 【会津漆器の特徴】 会津漆器は会津地方に伝わる伝統技術です。 会津藩政時代には技術革新に熱心に取り組み、中国やオランダなどへも輸出されるほど素晴らしい技術に発展しました。 現在では国の伝統工芸の指定を受け、螺鈿・漆絵・乾漆・蒔絵・花塗など多彩な技法の漆器を生み出しています。 食器洗浄機対応の器をはじめとした伝統の中にも現代の暮らしに求められる機能を盛り込んだ漆器の開発に取り組んでいます。 蒔絵・・・漆器の表面に漆や塗料で花や模様などを描き、その上に金粉や色粉を蒔きつけて絵柄を表現する方法。 金虫喰塗・・・黒漆を塗り、乾く前に大麦または籾殻を全面に蒔き、乾燥後大麦を取り除くことにより作られる。その後、銀粉を蒔き乾燥後炭で磨き、 完成する。 花塗・・・油を加え、光沢を持たせた漆で上塗りをして仕上げる技法であり、ハケの跡やムラを残さず塗りあげる高度な技術で作られる。 【会津漆器の利用場面】 お祝い 内祝 引き出物 引出物 結婚式 プレゼント お祝い返し 記念 記念日 御返し お礼 御礼 挨拶 あいさつ 餞別 披露宴 出産祝い 命名祝い 入園祝い 卒園祝い 入学祝い 卒業祝い 就職祝い 引越し祝い お見舞い 快気祝い 開店祝い 節句祝い 七五三 成人式 新築祝い 卒寿祝い 白寿祝い 長寿祝い 米寿祝い 喜寿祝い 結婚記念日 カタログ ギフト 贈答品 記念日 誕生日父の日 母の日敬老の日 受賞 景品 賞品 香典 お中元 お歳暮 お年始

送料無料
【送料無料】茶筒 桜皮 輪筒 さくら 藤木伝四郎商店

高岡銅器・漆器の雅覧堂

16,200

【送料無料】茶筒 桜皮 輪筒 さくら 藤木伝四郎商店

商品説明 天然の桜皮を素材にした伝統工芸「樺細工」の茶筒のご紹介です。 樺細工は今から二百数十年前、武士の手内職として発達し、その業は豊かな風土の中で発展をつづけてきました。 外側の筒[外芯]を輪切りにして内側の筒[内芯]にかぶせてあり、外芯と内芯で作られる型もの技法の特性を活かし、桜皮とくるみさくら、かえでの彩りを楽しめる新しい茶筒です。 天然の山桜の樹皮は、通気性・通湿性そして実用的な堅さをもっていますので、その茶筒に入っている茶葉はいつも最適な状態で保存する事ができます。 手にもってみると、桜皮の落ち着いた風合いがあり、天然素材ならではの美しさがあります。フタを閉めるときのしっくりとしたフィット感に職人の手仕事の精密さを感じることが出来ると思います。 モダンで美しいデザインのこの茶筒は、お客様の前でお茶を用意されるときにもいいですし、贈り物やプレゼントにも喜ばれますよ。 製品仕様 ◇ サイズ 約 8.1φ×12.2H (cm ) ◇ 材質 桜皮、くるみ、さくら、かえで(ウレタン仕上げ) ◇ 重さ 約 110 g ◇ 内容量 約 150 g(煎茶の場合) ◇ 化粧箱入 ※画像の色はブラウザや設定により、実物とは異なる場合があります。予めご了承下さい。

桜皮 総皮茶筒(大)窓 桜 桐箱入

Amazon

13,650

桜皮 総皮茶筒(大)窓 桜 桐箱入

箱サイズ径8.2×11.5cm 材質 経木 竹天然加工のため、寸法の表示と違いが生じる場合がございます。手工品ですので品切れ時には納品に時間をいただく場合がございます。注文時にご確認ください。桜皮細工は天明年間に角館の武士の手内職として発達し、美しく豊かな風土と伝統に支えられ、磨き抜かれて今日に至っています。天然の山桜の樹皮を素材に茶筒や文箱などに代表される桜皮細工は、実用的な堅牢さを生かした素朴さがあり、山桜の樹皮特有の光沢を生かした渋くて地味な色合いが愛されています。積み重ねた手技の経験と冴えたカンを駆使し、真心を込めて作り上げた桜皮細工は、名実ともに伝統工芸品として広く内外にご愛用いただいております。茶筒は、湿気を防ぎ殺菌作用があると言われています。また、お茶の葉だけでなく紅茶やコーヒーなどの保存にもご使用いただけます。お手入れにつきましてはあまり水洗いはしないでください。樹皮に沿って乾拭きしていただくだけで色艶が永く保てます。樹皮そのものの水分を失わないよう、直射日光やストーブ等の熱源の近くに長時間置かないでください。また、湿気の強い場所もお避けください。歪み、ひび割れの原因となります。

桜皮 総皮茶筒(中平)桜花 桐箱入 樺細工

Amazon

9,450

桜皮 総皮茶筒(中平)桜花 桐箱入 樺細工

箱サイズ12.5×18.5×10cm 材質 経木 竹天然加工のため、寸法の表示と違いが生じる場合がございます。手工品ですので品切れ時には納品に時間をいただく場合がございます。注文時にご確認ください。桜皮細工は天明年間に角館の武士の手内職として発達し、美しく豊かな風土と伝統に支えられ、磨き抜かれて今日に至っています。天然の山桜の樹皮を素材に茶筒や文箱などに代表される桜皮細工は、実用的な堅牢さを生かした素朴さがあり、山桜の樹皮特有の光沢を生かした渋くて地味な色合いが愛されています。積み重ねた手技の経験と冴えたカンを駆使し、真心を込めて作り上げた桜皮細工は、名実ともに伝統工芸品として広く内外にご愛用いただいております。茶筒は、湿気を防ぎ殺菌作用があると言われています。また、お茶の葉だけでなく紅茶やコーヒーなどの保存にもご使用いただけます。お手入れにつきましてはあまり水洗いはしないでください。樹皮に沿って乾拭きしていただくだけで色艶が永く保てます。樹皮そのものの水分を失わないよう、直射日光やストーブ等の熱源の近くに長時間置かないでください。また、湿気の強い場所もお避けください。歪み、ひび割れの原因となります。

【茶筒・ 茶葉ストッカー】【桜皮貼〜約100g用(φ66mm×H103mm)】【桜皮貼りブリキ素材缶】

杉山園楽天市場店

2,900

【茶筒・ 茶葉ストッカー】【桜皮貼〜約100g用(φ66mm×H103mm)】【桜皮貼りブリキ素材缶】

ギフト包装不可  商品説明   桜皮貼 ~さくらかわばり~ 天然素材の桜皮 今から約200年前の天明年間に武士の手内職として、 始められたのが桜皮細工です。 江戸時代には薬を入れる印籠に、 大正・昭和には、くざみ煙草入れに、 現在は茶筒に、桜皮が生かされています。 特に茶筒は、防湿・防乾燥性に優れ、 お茶入れの最良の容器として 益々需要が多くなっています。 山桜の樹皮は剥がしても、もう一度再生する 環境に優しい素材です。 再生した皮は「二度皮」と呼ばれ、 桜皮細工に使う事も出来ます。 桜皮の茶筒は、密封性に良く、 湿気を遮断する性質があるため、 日本茶(煎茶・番茶・ほうじ茶)や紅茶の保存に 適しています。 ※天然木の特性状、 「色や柄が画像と異なる場合」がありますが、 予めご了承下さい。 ※水拭き洗いは絶対にしないで下さい。 時々、柔らかい布で拭いていただくと、 特有のツヤが保たれ永くお使い頂けます。 ※こちらの商品はブリキ缶に桜皮を貼り付けた ものになります。 名称  桜皮貼 内容量 約100g サイズ  φ66mm×H103mm  材質 桜皮 販売者 杉山園茶舗

桜皮細工 御茶筒揃 木地 本欅八角茶筒揃

Amazon

12,960

桜皮細工 御茶筒揃 木地 本欅八角茶筒揃

<樺細工由来> 命名の由来は諸説あり、定説があるわけではなく、古代にはヤマザクラを樺や樺桜と呼ばれるようなことがあったためという説や、樺の名前は家を建てるための木材である白樺からきており、樺は実際の工芸ではなく職人の種類を示すために使われていると言う説が有あります。 秋田の角館の佐竹北家によって秋田県北部の阿仁地方から角館に技法が伝えられたとされ、藩政時代は下級武士の副収入源となっていました。18世紀末から始まっており伝統は200年を超えるとされます。これが、地域の職人の工房を通じて現代まで伝わり武士の町であった角館工芸協同組合の美術館は樺細工の工芸品を常設展示しています。 <工法> 主に型ものと木地ものの2種類で桜の皮は剥ぎ取られた後、乾燥された後に汚れを落とされ、小型の滑らかで均一になるように処理されます。型ものの場合、仕上たい型に桜皮をあわせ、膠で貼り付けて固めた後に中に入れていた型を取り外して作られます。木地ものは利用する形に切られた木に、膠を使って再度加工した桜の皮が貼り付けられ、貼り付け工程では火で熱せられた小さな金ゴテが使われます。すべての面で別々の形の樹皮が必要とされるため、非常に手間のかかる作業です。 現在では特定の用途だけではなく様々なものに対して使われて、時には大型の木工アートワークとして利用され、時計、小箱、筆、刀の鞘などが生産されております。 <利用> 伝統的な樺細工は一般的に小さなものが多く、印籠や胴乱といったものに使われることが多かったのです。現在では茶筒や煙草入れなどに使われて、樺細工にはこれらの乾燥した物の湿度を一定に保ち、外部からの変化から守る特徴があります。色は元となる樹皮や膠により、一般的に暗い赤色をしております。

秋田角館樺細工茶筒 中長 散花【藤木伝四郎商店】

THE COVER NIPPON

10,800

秋田角館樺細工茶筒 中長 散花【藤木伝四郎商店】

ギフトラッピングについて 【楽ギフ_包装】 【楽ギフ_のし】 【楽ギフ_のし宛書】角館樺細工 茶筒 中長 散花 風雪に耐え、しなやかに育つ角館の山桜。その樹皮を木材に貼り合わせ、強度と美しさを生み出した桜皮細工は、秋田県角館町を代表する伝統工芸品です。美しい光沢は、使い込むほどに味わいを増していきます。 茶筒は、樺細工の特徴である防湿・防乾が最もよく活きる実用品。桜皮は通気性・通湿性のある、「呼吸」する素材なので、茶葉の保存に最適です。 特に、内外にすべて桜皮を貼ったこの総皮茶筒は、中蓋まで山桜を使った丁寧な仕上げ。その密閉性も高く、中の茶葉の美味しさを保ってくれます。 上蓋から胴体にかけて舞い散る桜は、日常の中にとけこむ商品を得意とする藤木伝四郎商店ならではのもの。樺の素材感を生かしたデザインと、一点一点手作りされた丁寧な細工も見事です。 ※画像は「細型」のものです。 ※画像は「細型」のものです。 株式会社藤木伝四郎商店 江戸時代末期の創業当初は地場産品問屋として始まり、現在は総合樺細工メーカーとして高品質の商品を作り続けている藤木伝四郎商店は、現社長で6代目。 樺の素材感を生かしながら、日常の中にとけこむ商品開発を得意としています。世界に1つしかない樺細工のリーディングメーカーとして、業界随一と評価される品質に加え、デザインを重視する事によって、より完成度の高いモダンな商品をつくる事を可能にしています。 箱根寄木細工 角盆 小 ¥6,300 山形鋳物 ティポット ヒキメS黒 ¥8,400 美濃焼 FUDOH 織部 湯呑 ¥2,940 商品名 角館樺細工 茶筒 中長 散花 サイズ 直径75×高さ110(mm)、重量90g 生産地 秋田県 生産メーカー 株式会社藤木伝四郎商店 原材料 桜、天然木※芯は経木(サワグルミの木)...

スポンサーリンク
スポンサーリンク