メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「染付食器」検索結果。

染付食器の商品検索結果全2,311件中1~60件目

【瀬戸染付】秋草多用丼

せともの市場

1,382

【瀬戸染付】秋草多用丼

凛とした白さが魅力の白磁 かたく焼き締まった磁器質の白磁。通常の磁器に比べ、より白く透光性のあるものをいいます。白磁の白は土そのものの白さで、原料を吟味し、不純物の少ないものを使うことでより白い製品となります。 「せともの」は壊れやすいけど水に強い。物にはそれぞれのよさがあります♪ こちらの多用丼。丼はもちろん鯛茶漬けやミニうどんなどちょっと小腹が空いたときに重宝しそうな感じです。また育ち盛りのお子様のいるご家庭では、ご飯茶碗(大盛)としても使えます。 作家紹介磁祖民吉により生み出され、多くの職人たちにより受け継がれた瀬戸染付。 三国山の山ふところの小さな町「しなの」で、里山と田んぼに囲まれ、手仕事のぬくもりが伝わる...そんなものづくりを心がけています。 サイズ/直径13cm 高さ7cm 材質/磁器(白磁) 重さ/270g 通産大臣指定伝統的工芸品【瀬戸染付焼】 7~8世紀頃、猿投窯にはじまった瀬戸のやきものは、9世紀に我が国初となる人工灰釉をかけた白瓷(しらし)の誕生をみます。以降、中国などから技術をダイナミックに取り入れ、瀬戸特有のやきものを完成させます。そして19世紀はじめ、津金文左衛門(熱田奉行)、加藤唐左衛門(庄屋・焼物取締役)、加藤民吉(陶工)等の手により、この地方特有のやわらかな味わいをもった磁器が完成、瀬戸染付焼の誕生です。全国から絵師が集まり、ウィーンやパリの万国博覧会において高い評価を受け、アール・ヌーヴォー(19世紀末の起こった芸術活動)にも影響を与えました。その後、技術は現在に受け継がれています。

ブラックフライデー
染付け蕎麦猪口 墨呉須寿字文

TABLE & STYLE

3,780

染付け蕎麦猪口 墨呉須寿字文

手描きの染付文様の美しも秀逸な九谷焼染付蕎麦猪口。昔から愛される古典文様は、 時代を経て、モダンな印象となって現代のテーブルを彩ります。 蕎麦猪口としてはもちろんの事ながら、 季節の花を挿したり、スープやお茶を淹れたり、先付けや小鉢の代わりに使ったり。 アイディア次第で、いかようにもその存在感を変化させます。 好きな絵柄をじっくりひとつづつ選んで、コレクションを増やしていくこともまた、蕎麦猪口の魅力です。 ※注意 手描きで描かれているため、染付模様には若干の個体差があります。予め、ご理解ご容赦下さいませ。【産地】 石川県 和陶房 【サイズ】 Φ8 H6.5cm 【素材】 磁器蕎麦猪口 百花繚乱 手描きの染付文様の美しも秀逸な九谷焼染付蕎麦猪口。昔から愛される古典文様は、 時代を経て、モダンな印象となって現代のテーブルを彩ります。 蕎麦猪口としてはもちろんの事ながら、 季節の花を挿したり、スープやお茶を淹れたり、先付けや小鉢の代わりに使ったり。 アイディア次第で、いかようにもその存在感を変化させます。 好きな絵柄をじっくりひとつづつ選んで、コレクションを増やしていくこともまた、蕎麦猪口の魅力です。

ブラックフライデー
染付け蕎麦猪口 胴線瓔珞文

TABLE & STYLE

3,240

染付け蕎麦猪口 胴線瓔珞文

手描きの染付文様の美しも秀逸な九谷焼染付蕎麦猪口。昔から愛される古典文様は、 時代を経て、モダンな印象となって現代のテーブルを彩ります。 蕎麦猪口としてはもちろんの事ながら、 季節の花を挿したり、スープやお茶を淹れたり、先付けや小鉢の代わりに使ったり。 アイディア次第で、いかようにもその存在感を変化させます。 好きな絵柄をじっくりひとつづつ選んで、コレクションを増やしていくこともまた、蕎麦猪口の魅力です。 ※注意 手描きで描かれているため、染付模様には若干の個体差があります。予め、ご理解ご容赦下さいませ。【産地】 石川県 和陶房 【サイズ】 Φ8 H6.5cm 【素材】 磁器蕎麦猪口 百花繚乱 手描きの染付文様の美しも秀逸な九谷焼染付蕎麦猪口。昔から愛される古典文様は、 時代を経て、モダンな印象となって現代のテーブルを彩ります。 蕎麦猪口としてはもちろんの事ながら、 季節の花を挿したり、スープやお茶を淹れたり、先付けや小鉢の代わりに使ったり。 アイディア次第で、いかようにもその存在感を変化させます。 好きな絵柄をじっくりひとつづつ選んで、コレクションを増やしていくこともまた、蕎麦猪口の魅力です。

ブラックフライデー
MOOMIN×amabro SOMETSUKE 有田焼丸皿1枚[amabro/アマブロ]

ディノス

1,620

MOOMIN×amabro SOMETSUKE 有田焼丸皿1枚[amabro/アマブロ]

1945年の刊行以来、北欧だけでなく世界中のファンを魅了する「ムーミン」とamabroがコラボレーションしたSOMETUKE(染付)シリーズ【商品説明】有田焼などの磁器に多く用いられてきた呉須による染付の中で「ムーミン」の世界観を表現。どこか懐かしく、それでいて新鮮な雰囲気の絵柄ができあがりました。「ムーミン」のファンタスティックな世界と日本伝統の絵付けの味わいを共にお楽しみください。200年前に国内で唯一許されていた伊万里港よりヨーロッパへ輸出されていたmaide in japanの食器達。北欧で産まれたムーミンを日本で製作することによりデザインを通して輪に繋がる??当時は、日本人が輸出用にヨッローパをイメージして製作していたが、北欧のムーミンをイメージして日本人が製作するとこうなるという商品にしたかった。【ブランドプロフィール】2006年 アーティスト村上周がプロデュースするブランドとして始動。コンセプトは表現の再構築。既に存在しているさまざまなジャンルの創造物を見つめ直し、amabroが考えるアートの視点から作品を企画し生産するプロジェクト。現在の生活に即したプロダクトとアートの橋渡しが出来るように、多方面とコラボレーションも精力的に展開。【ブランドコンセプト】日本人が四季を大切にするように、手作りで家族の心を潤すように、デザインとアートを生活の一部として接している文化があります。かたちは違えど、生活を豊かにするという共に通じる想いを私たちamabroは提案します。アートを日々の生活の中に。◆amabro/アマブロのすべての商品はこちらからご覧いただけます。◆amabro/アマブロの特集記事はこちら。##>【バイヤーコメント】「数あるムーミンのライセンス商品とは一味も二味も違うSOMETUKEシリーズ...

MOOMIN×amabro SOMETSUKE 有田焼手塩皿1枚[amabro/アマブロ]

ディノス

1,080

MOOMIN×amabro SOMETSUKE 有田焼手塩皿1枚[amabro/アマブロ]

1945年の刊行以来、北欧だけでなく世界中のファンを魅了する「ムーミン」とamabroがコラボレーションしたSOMETUKE(染付)シリーズ【商品説明】染付の器に多用される地文をあしらった豆皿。縁をぐるりと囲う文様は、それぞれのキャラクターの性格にちなんだ柄になっています。200年前に国内で唯一許されていた伊万里港よりヨーロッパへ輸出されていたmaide in japanの食器達。北欧で産まれたムーミンを日本で製作することによりデザインを通して輪に繋がる??当時は、日本人が輸出用にヨッローパをイメージして製作していたが、北欧のムーミンをイメージして日本人が製作するとこうなるという商品にしたかった。【メーカープロフィール】2006年 アーティスト村上周がプロデュースするブランドとして始動。コンセプトは表現の再構築。既に存在しているさまざまなジャンルの創造物を見つめ直し、amabroが考えるアートの視点から作品を企画し生産するプロジェクト。現在の生活に即したプロダクトとアートの橋渡しが出来るように、多方面とコラボレーションも精力的に展開。【ブランドコンセプト】日本人が四季を大切にするように、手作りで家族の心を潤すように、デザインとアートを生活の一部として接している文化があります。かたちは違えど、生活を豊かにするという共に通じる想いを私たちamabroは提案します。アートを日々の生活の中に。◆amabro/アマブロのすべての商品はこちらからご覧いただけます。◆amabro/アマブロの特集記事はこちら。##>【バイヤーコメント】「数あるムーミンのライセンス商品とは一味も二味も違うSOMETUKEシリーズ。私自身キャラクターライセンス商品開発にも関わりがあるから、わかるのですが、これだけ世界中でメジャーなキャラクターを和の伝統柄と組み合わせて版...

青花 パイプ異人舟型中皿

有田焼 伊万里焼 唐津焼の店 貴陶

2,430

青花 パイプ異人舟型中皿

写真左上の商品、1客売りでのお値段です (径約20×15 高3cm)モダンテイスト溢れる器 異人の図柄でおなじみの青花は、有田のしん窯という窯元から生まれました。丈夫な素地に、全て手描きで表現された藍と白の染付の色合い、そして使いやすい器の形は多くのファンを惹きつけています。そして青花の代表的な文様である「異人」は青花のイメージとして認知されています。 青花ブランドの確立 しん窯は1830年、天保年間に鍋島藩の指導のもと築かれました。長い歴史と由緒ある窯元ですが、1976年に「青花」ブランドを発表しました。青花とは藍色と白の染付の器を意味します。青花の作品は、「形状のおおらかさ」「絵柄の楽しさ・ユニークさ」「呉須の味わい」「釉薬のぬくもり」「暖かくひかえめで飽きのこない暮らしの器」などをテーマとして、皆様の身近で活躍する食器としての役割を担っています。手作り手描きで作られた器作りの姿勢を頑固なまでに守りながら、これからも普段使いの器、暮らしの器を皆様に提供していく窯です。 しん窯 青花の商品は現在入手可能なものは全て特価にてご注文頂けます。当店取扱のしん窯 青花作品の一覧はコチラです→商品ページに掲載されていない作品をご所望のお客様、是非、お気軽に ec@takatoh.comまでお問い合わせ下さいませ。青花の作品は注文数などを制限しておりません。基本的にはご注文をお受けしてからメーカーに在庫確認を致します。メーカーに在庫の無い場合は製作に1?2ヶ月のお時間を頂戴しております。・唐草異人・草花異人・濃唐草帆船・丸紋つなぎ・麺とパスタ・長崎紋・間取異人・渕濃帆船・大航海・牡丹帆船・江戸紋・紅毛人・オランダ万才・二人異人・グラス異人・飯碗・湯呑・コーヒー碗皿・アイテム・インテリア・小物・パーソナルギフト・急須・青花のタジン鍋

ブラックフライデー
伊万里焼 青木 薬味皿

有田焼や心器

1,680

伊万里焼 青木 薬味皿

産地:伊万里焼 窯元:魯山窯 サイズ:径8.3×高さ2cm[青木 薬味入] 美しい白磁に、色鍋島様式の特色である染付の線書きと、赤、黄、緑で上絵付けした、優美で格調高い伝統美香る薬味皿です。 魯山窯の青木蕎麦猪口に合う形状で、蕎麦猪口の上に載せることができます。 【商品情報】 産地:伊万里 窯元:魯山窯 サイズ:径8.3×高さ2cm 【窯元紹介:魯山窯】 魯山窯は、鍋島藩窯の流れを引き継ぎ、廃藩置県で藩窯が廃止された後は、民窯として独立し、一貫して色鍋島の伝統技法を守り続けられている窯元です。絵付けの顔料、手描きによる入念な絵付け、また藩窯時代から伝わる上釉(うわぐすり)を使用するなど、こだわりに限りありません。 【伊万里焼・魯山窯について】 魯山窯は伊万里市大川内にあるため現在、伊万里焼と呼ばれます。明治以前は、大川内は有田の代官が管轄していましたが明治の行政区画で現在の伊万里市に組み込まれました。 また古伊万里といわれるのは江戸時代有田で作られていたものが伊万里港から出荷されため、有田焼を(コ)イマリと呼んだようです。 現在では、伊万里で作られたものを伊万里焼、有田で作られたものを有田焼と地域で一般的には分けて呼ばれているようです。 【色鍋島について】 色鍋島は、江戸時代、肥前鍋島藩主鍋島家が、将軍家等への献上品或いは城内の用度品とする目的で、直営の窯を設け、有田の名工を集めて、採算を度外視した組織運営方式で作り上げた色絵磁器です。 特色は細く力強い染付の線描をし、赤、緑、黄の三色を巧みに配色し和風文様の絵付けをしています。

ブラックフライデー
青花 大航海小判焼皿

有田焼 伊万里焼 唐津焼の店 貴陶

3,402

青花 大航海小判焼皿

写真右下、1枚売りのお値段です (約24.7×12.5 高3cm) 5枚ご注文の場合は化粧箱にお入れします。モダンテイスト溢れる器 異人の図柄でおなじみの青花は、有田のしん窯という窯元から生まれました。丈夫な素地に、全て手描きで表現された藍と白の染付の色合い、そして使いやすい器の形は多くのファンを惹きつけています。そして青花の代表的な文様である「異人」は青花のイメージとして認知されています。 青花ブランドの確立 しん窯は1830年、天保年間に鍋島藩の指導のもと築かれました。長い歴史と由緒ある窯元ですが、1976年に「青花」ブランドを発表しました。青花とは藍色と白の染付の器を意味します。青花の作品は、「形状のおおらかさ」「絵柄の楽しさ・ユニークさ」「呉須の味わい」「釉薬のぬくもり」「暖かくひかえめで飽きのこない暮らしの器」などをテーマとして、皆様の身近で活躍する食器としての役割を担っています。手作り手描きで作られた器作りの姿勢を頑固なまでに守りながら、これからも普段使いの器、暮らしの器を皆様に提供していく窯です。 しん窯 青花の商品は現在入手可能なものは全て特価にてご注文頂けます。当店取扱のしん窯 青花作品の一覧はコチラです→商品ページに掲載されていない作品をご所望のお客様、是非、お気軽に ec@takatoh.comまでお問い合わせ下さいませ。青花の作品は注文数などを制限しておりません。基本的にはご注文をお受けしてからメーカーに在庫確認を致します。メーカーに在庫の無い場合は製作に1?2ヶ月のお時間を頂戴しております。・唐草異人・草花異人・濃唐草帆船・丸紋つなぎ・麺とパスタ・長崎紋・間取異人・渕濃帆船・大航海・牡丹帆船・江戸紋・紅毛人・オランダ万才・二人異人・グラス異人・飯碗・湯呑・コーヒー碗皿・アイテム・インテリア・小物...

ブラックフライデー
送料無料
源右衛門窯 染錦柊絵皿

有田焼 伊万里焼 唐津焼の店 貴陶

27,000

源右衛門窯 染錦柊絵皿

源右衛門窯の大皿・和皿・洋皿←クリック 数量 サイズ 5枚 径 約18cm 関連商品 染付梅地紋マグカップ 赤絵梅花丸紋濃小マグカップ 電子レンジ ○ 食器洗浄機 △ その他 上絵付けをしておりますので研磨性の高いもので洗わないで下さい ○ 大丈夫です △ 非推奨、細かい事を気になさらなければ… × 不可、問題が生じます やきものは色の濃さや線描き、焼成時の収縮による多少の大きさの違いなどひとつひとつに違いがございます、手仕事の味わいとしてご了承下さいませ。 ご注文後に在庫を確認致します なお、こちらの作品は注文数などを制限しておりません、基本的にご注文をお受けしてから在庫確認致します。メーカーにも在庫の無い場合は製作に2-3ヶ月のお時間を頂戴する場合がございますので在庫確認後に納期をお知らせしております。 現在の在庫状況についてはメールでお尋ね頂ければお調べ致します。温故知新そして優しさを備えた器 柿右衛門窯、今右衛門窯とならべて有田の三右衛門の一つといわれている源右衛門窯は、日本はもちろんのこと世界でもその名を知られる存在です。ローマ法王が来日した際の晩餐会では、ティファニーとのコラボレーションによる器が使用されました。このように日本の外交シーン等での調度品や献上品としても選ばれています。伝統と気品、ぬくもりとおおらかさを兼ね備えた器は国内外で高く評価されています。 今も生きる窯の職人技 作陶に対するこだわりは土もみに始まり、カンナ、ろくろ成形、下絵付け、窯焚き、そして上絵付けという一連の作業は、手間を惜しまぬ昔ながらの職人の技によって代々受け継がれてきました。源右衛門窯の作品はそれぞれの職人が受け持つ手技が隅々まで生きている器とも言えます。 炎を知り尽くした窯焚き師の技 今では有田焼きもガス窯が主流となりましたが...

ブラックフライデー
MOOMIN×amabro SOMETSUKE 有田焼猪口1個[amabro/アマブロ]

ディノス

2,160

MOOMIN×amabro SOMETSUKE 有田焼猪口1個[amabro/アマブロ]

1945年の刊行以来、北欧だけでなく世界中のファンを魅了する「ムーミン」とamabroがコラボレーションしたSOMETUKE(染付)シリーズ【商品説明】日本古来の吉祥モチーフをベースにしたそば猪口。下絵の柄とキャラクターが織り成す不思議なストーリーをお楽しみください。湯呑としてもおすすめです。200年前に国内で唯一許されていた伊万里港よりヨーロッパへ輸出されていたmaide in japanの食器達。北欧で産まれたムーミンを日本で製作することによりデザインを通して輪に繋がる??当時は、日本人が輸出用にヨッローパをイメージして製作していたが、北欧のムーミンをイメージして日本人が製作するとこうなるという商品にしたかった。【ブランドプロフィール】2006年 アーティスト村上周がプロデュースするブランドとして始動。コンセプトは表現の再構築。既に存在しているさまざまなジャンルの創造物を見つめ直し、amabroが考えるアートの視点から作品を企画し生産するプロジェクト。現在の生活に即したプロダクトとアートの橋渡しが出来るように、多方面とコラボレーションも精力的に展開。【ブランドコンセプト】日本人が四季を大切にするように、手作りで家族の心を潤すように、デザインとアートを生活の一部として接している文化があります。かたちは違えど、生活を豊かにするという共に通じる想いを私たちamabroは提案します。アートを日々の生活の中に。◆amabro/アマブロのすべての商品はこちらからご覧いただけます。◆amabro/アマブロの特集記事はこちら。##>【バイヤーコメント】「数あるムーミンのライセンス商品とは一味も二味も違うSOMETUKEシリーズ。私自身キャラクターライセンス商品開発にも関わりがあるから、わかるのですが、これだけ世界中でメジャーなキャラクターを和の伝...

青花 二人異人輪花ポット

有田焼 伊万里焼 唐津焼の店 貴陶

4,374

青花 二人異人輪花ポット

1ヶのお値段です   数量 サイズ 1ヶ 径 約300cc 色合い 手ざわり等 磁器 青みがかった白で抑えめのつやがあります 箱 化粧箱 バラ売り 1ヶ売りです 電子レンジ ○ 食器洗浄機 ○ その他 一般的な磁器ですので特別な扱いはいりません ○ 大丈夫です △ 非推奨、細かい事を気になさらなければ… × 不可、問題が生じます やきものは色の濃さや線描き、焼成時の収縮による多少の大きさの違いなどひとつひとつに違いがございます、手仕事の味わいとしてご了承下さいませ。モダンテイスト溢れる器 異人の図柄でおなじみの青花は、有田のしん窯という窯元から生まれました。丈夫な素地に、全て手描きで表現された藍と白の染付の色合い、そして使いやすい器の形は多くのファンを惹きつけています。そして青花の代表的な文様である「異人」は青花のイメージとして認知されています。 青花ブランドの確立 しん窯は1830年、天保年間に鍋島藩の指導のもと築かれました。長い歴史と由緒ある窯元ですが、1976年に「青花」ブランドを発表しました。青花とは藍色と白の染付の器を意味します。青花の作品は、「形状のおおらかさ」「絵柄の楽しさ・ユニークさ」「呉須の味わい」「釉薬のぬくもり」「暖かくひかえめで飽きのこない暮らしの器」などをテーマとして、皆様の身近で活躍する食器としての役割を担っています。手作り手描きで作られた器作りの姿勢を頑固なまでに守りながら、これからも普段使いの器、暮らしの器を皆様に提供していく窯です。 しん窯 青花の商品は現在入手可能なものは全て特価にてご注文頂けます。当店取扱のしん窯 青花作品の一覧はコチラです→商品ページに掲載されていない作品をご所望のお客様、是非、お気軽に ec@takatoh.comまでお問い合わせ下さいませ...

ブラックフライデー
倉敷意匠 計画室 猫の陽刻 豆皿(染付)

Amazon

1,620

倉敷意匠 計画室 猫の陽刻 豆皿(染付)

古道具の店を見て回りながら感じるのは、とにかく日本には、小さなうつわの数量が、欧米と比べて圧倒的に多いということです。 西欧でナイフとフォークが一般的に使われるようになるのは十八世紀以降のことなのだそうで、それまでは大皿の上で切り分けられた料理を手でつかんで食べていました。 遠い昔より箸を使う日本とのうつわ事情の違いは、このことが一番大きな要素ではあるのでしょうが、そればかりではないような気もします。 日本では古来より、食事をするという行為の一部として、料理と器の取り合わせを意識し、実際に器が料理の味そのものも左右するスパイスとしての役割までを果たすことを、ことのほか強く感じていたと思うのです。 多くの人々の暮らしに、じゅうぶんな余裕があったわけではないと思われる江戸時代に、茶碗とか、そば猪口とか、小皿とか庶民の食生活に使われた雑器が、何千何万と地方の隅々にまで溢れていたことは確かで、料理を楽しむことと同じように、小さくも可憐なそれらを眺め、手に取り、味わう気持ちが心を慰めていただろうことが想像されるのです。 そんなわけで、いったいどれほどの種類があるのか想像もつかない江戸期の小皿ですが、単に絵付けのバリエーションだけでなく、皿そのものの形に工夫をこらしたものも多く見つかります。つまり、ボディ自体が魚であったり、千鳥であったり、瓜であったりするのです。 写真のふくら雀の豆皿は、愛知県の瀬戸地方や美濃地方で明治の初め頃まで作られていたかたちを写したものです。 羽毛を陽刻で表現した型ものですが、当時は、石膏の型ではなく素焼きの型を使用するため、技術的に大きなものを作ることができず、型ものと言えば必然的に小さくて可憐なデザインの小皿が生み出される結果となったようです。 ふくら雀は寒雀の異称で、寒さをしのぐために羽をふくらましている状態の雀の...

送料無料
浜陶 染付松葉 組飯碗 15-02 / 42050

ゼブランド

3,880

浜陶 染付松葉 組飯碗 15-02 / 42050

商品名浜陶 染付松葉 組飯碗 15-02ブランド浜陶メーカー型番42050JAN4965814216398商品仕様サイズ:大/直径12×高さ5.5cm 小/直径11.5×高さ5cm 本体重量:200g 素材・材質:磁器 原産国:日本 セット内容:飯碗大×1個 飯椀小×1個 ※ お一人様3個まで※ 他ネットショップでも併売しているため、ご注文後に在庫切れとなる場合がございます。予めご了承ください。※ 品薄または希少等の理由により、参考価格よりも高い価格で販売されている場合があります。ご注文の際には必ず販売価格をご確認ください。※ 沖縄県の場合、別途送料をご負担いただきます。予めご了承のうえご注文ください。※ 離島・一部地域の場合、別途追加送料のご負担をお願いする場合がございます。※ お使いのモニタにより写真の色が実際の商品の色と異なる場合や、イメージに差異が生じることがあります。あらかじめご了承ください。※ 商品の詳細(カラー・数量・サイズ 等)については、ページ内の商品説明欄をご確認のうえ、ご注文ください。浜陶浜陶 染付松葉 組飯碗 15-02飯碗●器の中や外に踊るワンポイントの松葉●伝統の絵柄を赤、藍でスタイリッシュに文様化した

ブラックフライデー
スポンサーリンク
スポンサーリンク