メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「林九郎窯」検索結果。

林九郎窯の商品検索結果全18件中1~18件目

送料無料
酒杯 古伊万里絵変り5客揃 -林九郎窯【送料無料】【父の日プレゼント・ギフト2017】

器屋にしやま 和食器・ギフトの店

10,800

酒杯 古伊万里絵変り5客揃 -林九郎窯【送料無料】【父の日プレゼント・ギフト2017】

●スタッフのひと言コメント♪ 豪華絢爛、伝統的な金欄手の器。開店祝い・結婚引き出物などにオススメ。 ◆本体サイズ:[径5.8cm×高さ9.6cm] ◆材質:磁器 ◆箱仕様:化粧箱入 ◆プロダクト:有田焼 ◆のし・包装:無料対応いたします。 楽天国際配送対象商品(海外配送)詳細はこちらです。 Rakuten International Shipping Item Details click here 検索用キーワード 結婚祝い/引き出物/出産祝い/新築祝い/退職祝い/昇進祝い/お中元/お歳暮/お返し/叙勲祝い/内祝い/長寿祝い/還暦快気祝い/父の日/母の日/敬老の日/ギフト/プレゼント/↑この商品は5客セットのお値段です。↑ 古伊万里浪漫を追い求めて 17世紀に海を渡り、世界を魅了した古伊万里。古伊万里の技術は、元禄時代に頂点に達します。この時代、染付を施した素地に金箔や金泥で文様を描く金襴手がもてはやされ、日本独特の文様が器を飾り、世界の人々を魅了しました。林九郎窯ではその時代の古伊万里の美を追い求めて、古伊万里独特のデザインを現代に蘇らせました。 →「林九郎窯」一覧へ

波佐見焼 林九郎窯 「インディゴ(indigo)」そば猪口/フリーカップ【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】

神楽坂・陶柿園 楽天市場支店

1,080

波佐見焼 林九郎窯 「インディゴ(indigo)」そば猪口/フリーカップ【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】

サイズ・径約10.5cm・径約8.0cm・高さ約6.3cm・容量約200cc素 材磁器製/陶製ギフトについて ギフト対応について詳しくはコチラご注意画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合がございます。ご了承ください。表示の大きさは参考程度にお考え下さい。手描き商品につき、ひとつひとつ絵柄に若干の違いがありますのでご了承ください。(注)こちらの商品は全てご注文後の在庫確認となります。また当店実店舗に起きましても同時販売をしており、ご注文時に売り切れの場合、またお取り寄せ品もございます。何卒ご了承下さいませ。林九郎窯400年の伝統がある波佐見焼の産地で、昭和43年に産声をあげた窯元が林九郎窯です。林九郎窯は私たち石丸陶芸が起こしたオリジナル窯で、他社にない独自の作風と高品質なやきものを目指して作られました。飽きがこない深い味わいの“染付”、絢爛豪華な“古伊万里様式”、染付と赤絵の絶妙なバランスの“染錦”などを林九郎ならではの感性で作り続けています。最近では「和・洋」のニーズに合ったテーブルウェアをOEMにて承るなど、時代に合わせた創作活動も行っています。 「くらわんか」や「コンプラ瓶」の時代から現代に至ってもなお魅力的な大衆食器を作り続ける波佐見焼。林九郎もその波佐見にあって、さらに輝いた存在でありたいと思っています。—石丸陶芸パンフレットより—【インディゴ(indigo)】ジーンズの染付の様になぞらえた青色の器。和洋ともにつかえるカジュアルなデザイン。全品総手描きにもかかわらずリーズナブルな価格もオススメのポイントです。波佐見焼は長崎県の波佐見町という小さな焼きものの街でつくり出されています。人気の白山陶器も波佐見焼のひとつです。波佐見焼の開窯は、慶長3年(1598年)に大村藩主・大村喜前が朝鮮出兵の帰国の際に伴ってきた李祐慶兄...

こちらの関連商品はいかがですか?

波佐見焼 敏彩窯 煎茶 りんご園 (青)

Life Balance (ライフバランス)

1,728

波佐見焼 敏彩窯 煎茶 りんご園 (青)

SPECIFICATION Size φ9.5xH7cm Material 陶器 Finish 手描き Made in Japan Package この商品は化粧箱入りではございません。 COMMENT 長崎県波佐見町 敏彩窯の製品です。手描きの繊細さと大胆さと釉薬との調和が美しい♪ 煎茶のお湯呑。やさしいフォルムと藍色が有田焼らしさで飽きのこない出来上がりです。絵画のように繊細さと大胆さで思わず見入ってしまいます。 煎茶の絵柄はリンゴ園、藍花、花坊主の3デザインです。 手描きの絵が素敵な敏彩窯だからこそ、そのタッチの繊細さ、大胆さが器を引き立てます。 白い磁器ではなく、あえて鉄分の多い暗い色の土に濃い藍色を描いた作品は和を超えいろんなシーンで調和します。 有田と山ひとつ隣に面する波佐見町は昔から焼き物の産地として栄えてきました。業務用・美術品を中心の有田とは違い家庭で使う一般食器を製造する窯元が多く集まっています。 使ううちに愛着が湧き、末永くご愛用いただける器です。 【注意】画像に使用しています茶托は付属しておりません。 REMARKS Note 手描きの為、ひとつひとつ模様が若干異なります。手描きの魅力です。ご了承ください。 専用箱入りではございませんので、ラッピングはお受けできません。ご了承くださいませ。和専用にも一つは持っておきたいMY湯呑、こんな煎茶碗もオススメ♪      Entry:111024       長期にわたる在庫切れが予想される商品はラインナップからのリンクが表示されない場合があります。 その場合にはまことに恐れ入りますが、ブラウザの「戻る」でお戻りください。 有田焼のオススメ窯元ラインナップはこちらから合わせて選びたい茶托のラインナップはこちらから

送料無料
【懐石道具(会席道具) 酒器/酒杯】 ぐい呑み 上野焼 遠州七窯 熊谷保興作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

17,280

【懐石道具(会席道具) 酒器/酒杯】 ぐい呑み 上野焼 遠州七窯 熊谷保興作 【smtb-KD】

配送〇代金引換・カード決済の場合・・●11:00までのご注文で翌日お届け予定(九州〜関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ約直径5.9×高6cm 箱木箱 【コンビニ受取対応商品】◆【 熊谷 保興】上野焼 ※手にとって暖かく、使い甲斐の有る陶器の中に、独自性を求め研鑽に励む ★ 熊谷 保興 ◆16代【 熊谷 保興(やすおき)】上野焼 1940年年昭和15年 熊谷光峰の長男として生まれる 1962年昭和37年金沢美術工芸大学彫刻科卒 ※師:東京で辻清明氏に師事 1973年昭和48年日本工芸会正会員に推される 1975年昭和50年上野焼:熊谷本窯第16代を襲名 1981年昭和56年第16回西部工芸展審査員に ※1984年昭和59年国指定伝統工芸士に認定される ※ 平成02年とびうめ国体で天皇陛下に「茶入」を献上 【 父の光峰は上野焼第15代窯元熊谷紅陽の弟】 ◆【 熊谷 光甫】上野焼 1949年年昭和24年 熊谷光峰の次男として生まれる ※父の光峰は上野焼第15代窯元熊谷紅陽の弟 1972年昭和47年 八幡大学経済学部卒業 ※師: 父に師事する 1984年昭和59年 分窯・独立する 1985昭和60年 日本伝統工芸展入選 ※以後毎年入選 1988年昭和63年 日本伝統工芸会会員に推される 1998年平成10年 淡交ビエンナーレ茶道美術展入選 >・・・・・<世界大百科事典 第2版より>・・・・・ 【遠州七窯】とは、 ●江戸初期の大名茶人小堀遠州が指導し,またその好みの茶具を焼いたとされる七つの窯。 一、遠州七窯が説かれるようになるのは江戸時代後期かららしく、1854年(安政1)刊の《陶器考》では、瀬戸を除いた国焼に限り,志戸呂,上野(あがの),朝日,膳所(ぜぜ)、高取・古曾部・赤膚の諸窯をあげている。しかし...

西日本陶器 有田焼 陶悦窯 金銀刷毛 ペア陶酒杯(約350cc)TC-05-02/焼酎グッズ/酒器セット/ギフト/贈り物

Y-NETS

3,240

西日本陶器 有田焼 陶悦窯 金銀刷毛 ペア陶酒杯(約350cc)TC-05-02/焼酎グッズ/酒器セット/ギフト/贈り物

▽商品の説明 抑えた色に金銀を品よくあしらったゴージャスな逸品です。 シンプルな形が滑らかな刷毛のラインで一段と映えています ■陶悦窯は、十四代四百年の歴史の流れの中で育まれてきた伝統工芸品 ■誰もから好まれる技法を現代の暮らしのなかで愛される器として世に送り出した逸品 ■その重厚な味わいに込められた色彩の妙と美しいフォルムを大切な方々へのご贈答品として ■数十年、数百年先までも使い続けることのできる重厚な器には土の魂が宿る。 ※本商品のみご注文の場合はメーカーより直送いたしますので、代金引換のお支払方法がお選びいただけません。 ▼「西日本陶器」の商品一覧はこちらへ! ▼和食器一覧はこちらへ! ▼ギフト特集はこちらへ! ▽商品の仕様 商品サイズ 約φ7.9×12.2cm 容量 約350cc 重量 約0.63Kg 材質 陶磁器 海外配送について 楽天国際配送対象商品(海外配送) 詳細はこちらです。 Rakuten International Shipping Item Details click here西日本陶器 有田焼 陶悦窯 金銀刷毛 ペア陶酒杯TC-05-02 陶悦窯は、十四代四百年の歴史の流れの中で育まれてきた伝統工芸品 誰もから好まれる技法を現代の暮らしのなかで愛される器として世に送り出した逸品 その重厚な味わいに込められた色彩の妙と美しいフォルムを大切な方々へのご贈答品として 数十年、数百年先までも使い続けることのできる重厚な器には土の魂が宿る ◆「焼酎グッズ」一覧はこちらです!◆

波佐見焼 白柚子流し 湯呑 茶色 ブラウン 長十郎窯 はさみ焼 国内産 日本製 陶器 民芸 手仕事 飛びカンナ (有田焼としても流通) H.Craft 贈り物 来客用 スタッキング ナチュラル...

産地直送の波佐見焼 みくら

1,620

波佐見焼 白柚子流し 湯呑 茶色 ブラウン 長十郎窯 はさみ焼 国内産 日本製 陶器 民芸 手仕事 飛びカンナ (有田焼としても流通) H.Craft 贈り物 来客用 スタッキング ナチュラル...

商品詳細 サイズ(cm) 直径 8.5×高さ 8 容量(ml)※満水の状態 275 重量(g) 160 素材 陶器 生産地 波佐見 使用 レンジ使用×/オーブン×/食器洗浄機使用× 備考 ※重さは一つ一つ個体差があるため、目安としてご参考にご覧ください。※一つ一つ手作業で行っているため、色ムラ・形が微妙に異なる場合がございます。 ※ご覧のモニターによって、若干色が異なる場合がございます。※段ボール箱入りです。— 白柚子流し 湯呑(茶) — H.Craftの商品の一つです。 H.Craftとは、波佐見の手仕事のこと。 テーブルが賑わう、ゆるやかに楽しめるそんなほっこりとしたヒナタ心地をおとどけしたいという気持ちからうつわを創造しています。 こちらは釉薬(ゆうやく:うわぐすり)の味わいのある表情を愉しむことができる白柚子流し。「飛びカンナ」と呼ぶ、手仕事での削り技法を駆使して、ひとつひとつ丁寧につくられています。あたたかみのある陶器の質感と釉薬の模様が特別な雰囲気を醸し出してくれます。普段のお茶がさらにおいしく感じる愛着の湧く湯呑です。 関連商品 ¥1,500(税抜) ¥1,500(税抜) ¥1,500(税抜) ¥1,500(税抜) ¥1,600(税抜) ¥1,600(税抜) ¥1,500(税抜) ¥1,500(税抜)

炊きたて一膳(刷毛十草)【長崎県 波佐見焼】I91Z04【常温】

JR九州商事オンラインショップ

2,700

炊きたて一膳(刷毛十草)【長崎県 波佐見焼】I91Z04【常温】

いつでも炊きたてのごはんが食べられる魔法のお茶碗「炊きたて一膳」。電子レンジでお米と水を加熱するだけでひとり分のごはんが炊けます。 この商品は直送となりますので、他の商品(炊きたて一膳以外)との同梱はできません。 産 地 長崎県 商品説明 いつでも炊きたてのごはんが食べられる魔法のお茶碗「炊きたて一膳」。 電子レンジでお米と水を加熱するだけでひとり分のごはんが炊けます。 陶器なのでごはんもふっくら、蓋付きで保温もしっかり。1人暮らしや夜食、小腹がすいたときに便利です。 サ イ ズ 幅13cm×高11cm×重さ600g ご 注 意 *使用上のご注意* ・本製品は「電子レンジ」専用です。直火またはオーブンでは使用しないで下さい。 ・空炊きはしないで下さい。 ・破損、ヒビが入った状態で使用しないで下さい。 ・落としたりすると破損する場合があります。 ・テーブルを直接こするとキズをつける場合があります。 ・本製品以外の組合わせでは炊飯しないでください。 ・蓋の蒸気口が詰まった状態で使用しないで下さい。 ・電子レンジ、お米の種類によって加熱時間が多少異なる場合があります。 ・加熱状態によっては吹きこぼれる場合があります。 ・ご使用後はなるべく早く汚れを落とし、よく乾燥させて収納して下さい。 そ の 他 家庭用食器洗い・乾燥機対応 ◎普段はごはん茶碗としてお使いいただけます。いつでも炊きたてのごはんが食べられる魔法のお茶碗「炊きたて一膳」は、電子レンジでお米と水を加熱するだけでひとり分のごはんが炊けます。 陶器なのでごはんもふっくら、蓋付きで保温もしっかり!1人暮らしや夜食、小腹がすいたときに便利です。 ●ごはんの炊き方 1.100gの(本体内部の下の線)のお米をにごりがなくなるまで洗う。 2.洗ったお米を本体に入れ...

送料無料
備前焼 盃 杯 ぐい呑み 酒器 備前焼 柴岡信義作 酒杯(信義-03) 送料無料

器茶房 彩庵

10,800

備前焼 盃 杯 ぐい呑み 酒器 備前焼 柴岡信義作 酒杯(信義-03) 送料無料

酒杯 95×30 桐箱 備前焼 柴岡信義作窯変徳利31,500円 備前焼 柴岡信義作酒呑(窯変)16,800円 備前焼 柴岡信義作酒杯10,500円 備前焼 柴岡信義作麦酒呑10,500円 備前焼 柴岡信義作湯呑(大)12,600円 備前焼 柴岡信義作飯碗,300円 備前焼 柴岡信義作抹茶碗52,500円 備前焼 柴岡信義作鶴首花入21,000円 備前焼 柴岡信義作窯変面取花入126,000円柴岡 信義 プロファイル 1950年、備前市伊部生まれ。柴岡一海の長男。 1979年 日本工芸会正会員 日本工芸会中国支部展奨励賞 岡山県美術展岡山県県知事賞 日本伝統工芸展入選 酒器、食器、花器などを制作。面取りなどを施し、重量感のある作風を特徴とする。 用の美を大切に、土そのものの性質を自然に表現することを心がける。 備前焼とは 備前焼は、良質の陶土で一点づつ成形し、乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わ ずそのまま焼いたもので、土味がよく表れている焼き物です。 焼き味の景色は、胡麻・棧切り・緋襷・牡丹餅などの変化に富んでいますが、それらは作品の詰め方 や燃料である松割木の焚き方などの工夫と、千数百度の炎の力によって完成されたものです。 一点として同じ形も焼き味も同じものは無いと言えます。 幅約5メートル、全長54メートルの全国でも最大規模の伊部南大窯跡 備前焼の歴史 備前焼は、古墳時代の須恵器(すえき)の製法が次第に変化したもので、平安時代に熊山のふもとで 生活用器の碗・皿・盤や瓦などが生産されたのがその始まりといわれています。 鎌倉時代には、主に山土を主体とした粘土による壷・甕・擂鉢が多く作られましたが、この 頃から次第に現在の備前焼特有の赤褐色の焼肌のものが焼かれ始めました。 室町時代の終わり頃から、「ひよせ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク