メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「木米」検索結果。

木米の商品検索結果全88件中61~88件目

送料無料
杯 盃 九谷焼 ぐい呑 麒麟 山近泰 桐箱紐通し

器茶房 彩庵

21,600

杯 盃 九谷焼 ぐい呑 麒麟 山近泰 桐箱紐通し

※こちらの商品はご注文時の在庫確認となります。 桐箱紐通し 径7.8×高さ6.7cm世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、 江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、 領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。 その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、 原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています 多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、 再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、 金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、 九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、 以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし、所々に金彩を加えてあります...

楽天イーグルス応援
醤油差 しょうゆ差 調味料入 九谷焼 汁次 鉄仙 ap4-0403

器茶房 彩庵

3,024

醤油差 しょうゆ差 調味料入 九谷焼 汁次 鉄仙 ap4-0403

紙箱入 径7×高さ12cm 容量190cc ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ その他の和皿はこちらから⇒世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き...

楽天イーグルス応援
九谷焼 箸置 水玉 ap4-0412

器茶房 彩庵

3,240

九谷焼 箸置 水玉 ap4-0412

化粧箱入 ※こちらの商品はご注文後の在庫確認となります。 その他の九谷焼はこちらから⇒ その他の和皿はこちらから⇒世界の色絵磁器 九谷焼 源流は古九谷 九谷焼の歴史は、江戸時代初期の1655(明暦元)年ごろにさかのぼります。加賀の支藩だった大聖寺藩の初代藩主・前田利治(まえだ・としはる)が、領内の九谷(現在の石川県山中町九谷)の金山で磁鉱が発見されたのに着目し、金山で錬金の役を務めていた後藤才次郎に命じて肥前有田で製陶を学ばせました。その技術を導入し、九谷に窯を築いたのが始まりとされています。 九谷の窯は1730(享保15)年ごろに突然、閉じられてしまいましたが、原因はいまだに定かではありません。この間に焼かれたものが後世、古九谷(こくたに)と呼ばれ、日本の色絵磁器の代表として独特の力強い様式美が高く評価されています多彩な作風 古九谷の廃窯から約80年後、加賀藩営で金沢に春日山(かすがやま)窯が開かれ、再興九谷の時代に入りました。春日山窯の木米(もくべい)風、古九谷の再興を目指した吉田屋窯、赤絵細描画の宮本窯、金襴手の永楽(えいらく)窯など数多くの窯が出現し、それぞれに素晴らしい画風を作り出してきました。 明治時代に入ってからは、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。 古九谷(約350年)狩野派の名匠・久隅守景の指導を受けたといわれるもので、青(緑)・黄・赤・紫・紺青の五彩を使い、絵画的に完成された表現力で大胆な構図、のびのびとした自由な線書き、豪快で深い味わいが魅力となっています。 飯田屋(約170年前)赤により綿密に人物を描き、その周りを小紋などで埋め尽くし...

楽天イーグルス応援
食卓揃 紺釉金箔ちらし N60-03B (177-7)【ギフト/内祝い/出産内祝い/結婚内祝い/引き出物/お歳暮/ハロウィン/香典返し/粗供養/お供え/法事/プレゼント/快気祝い/快気内祝い/誕生日...

ギフトハウス AGコンシェル

5,400

食卓揃 紺釉金箔ちらし N60-03B (177-7)【ギフト/内祝い/出産内祝い/結婚内祝い/引き出物/お歳暮/ハロウィン/香典返し/粗供養/お供え/法事/プレゼント/快気祝い/快気内祝い/誕生日...

ギフト対応 ●商品内容・サイズ・材質:飯碗(直径11.7×高さ6.3cm)、湯呑(直径7.5×高さ9cm、容量約200ml)×各1九谷焼●箱サイズ:140×240×95mm●生産国:日本製九谷焼の発祥は、今からおよそ360年前、現在の石川県山中町の山あい、雪深い九谷の里。丹精込めて描き込まれる華麗な色彩が見るもの、手に取るものを楽しませてくれます。作風により、古九谷・木米(もくべい)・吉田屋・飯田屋・庄三・永楽などがあります。 ご来店ありがとうございます。 当店はギフト専門店です。 出産内祝・結婚内祝・引出物・快気祝・全快祝・新築内祝・成人内祝・入学内祝・初節句内祝等各種内祝をはじめ、就職祝い・敬老祝い・還暦祝い・退職祝い・退職記念等記念品や各種お祝い、香典返し、満中陰志、一周忌、三回忌・七回忌のお返し、母の日・早割 早期割引・クリスマス・お誕生日祝い・バレンタイン等のプレゼントギフト・お中元・お歳暮の季節の贈り物、・ゴルフコンペやボーリング大会の賞品や企業の販促品等様々なご用途のギフトをご用意しお待ちしております。 ギフト対応について こちらの商品はのし紙、ラッピング、メッセージカードをご指定いただけます。

楽天イーグルス応援
送料無料
黄交趾蘭ノ絵煎茶器揃 昭阿弥

Amazon

38,000

黄交趾蘭ノ絵煎茶器揃 昭阿弥

京都は清水焼の昭阿弥窯、黄交趾の蘭を描いた煎茶器揃です。 お急須一個、湯冷まし一個、煎茶碗五個、一セットの価格です。 香りを楽しむ煎茶道にはつきものの蘭の花の絵柄。白い蘭の花が清らかです。 碗ひとつのさいずが直径にして6cmです。光りが透けるほど薄手です。 青木木米の時代から、煎茶道具には交趾焼きは好んで使われてきました。 セットの宝瓶急須。 持ち手がついてないのは玉露などの高級茶はぬるめのお湯のため急須が熱くならず不要だからです。 内側はお茶の色がよく見えるように真っ白。 細かい茶漉しの穴、烏口とも燕口ともよばれる注ぎ口は逆さまむけて 最後の一滴まで使い切るので尻漏りを注意する必要がありません。 湯冷ましです。 側面にも煎茶碗と同様の画が。裏も同じ。急須、煎茶碗、湯さましと絵柄はほぼ統一されています。 熱いお湯を直接急須に注ぐと、茶葉が痛んで良いお茶が出ません。 ワンクッションおき、ぬるめにさましてから急須へ注いで下さい。 四君子にもたたえられる蘭の花は自然の植物でもっとも高貴な花。 黄交趾蘭ノ図には人の自然に対する畏敬の念が込められています。 ◆商品番号 3622 黄交趾蘭ノ絵煎茶器揃 昭阿弥 お急須一個、湯冷まし一個、煎茶碗五個、一セットの価格です。 ■食器洗浄機 OK 電子レンジ OK 寸法 急須 縦11cm×横9cm×高さ7cm 重さ170g 容量100cc 茶碗 直径6cm×高さ4.5cm 重さ50g 湯さまし 縦7cm×横9cm×高さ4.8cm 重さ70g 木箱 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。

送料無料
黄交趾宝尽宝瓶 昭阿弥

Amazon

12,000

黄交趾宝尽宝瓶 昭阿弥

京焼・清水焼の窯元昭阿弥作の黄交趾宝尽し宝瓶急須です。 中国から伝わった交趾の技法、京焼では青木木米というひとりの名工のもとに端を発しています。 このお急須も得意とした絵柄の写しのひとつです。 絵柄は交趾につきものの宝尽し。 宝尽しとは 宝珠、宝鑰、宝巻・巻軸に筒守、打出の小槌、隠れ蓑や隠れ笠、分銅、金嚢、丁字、熨斗、珊瑚など、 とにかく縁起の良い宝物で埋め尽くした文様。 吉祥のかぎりを尽くして、 福徳招来の願いが込められています。 主にぬるめのお湯を使う玉露などの煎茶用の急須ですので 持ち手が省略されたものを云います。 お急須の歴史で云うとすすり茶碗の次にできた急須だそうで、 横手、後ろ手のものよりも原始的なんだそうです。 緑茶の緑が冴えるように内側は白。 烏口とも燕口ともよぶ急須の口は微妙に歪で、水切れがいいように作り込まれています。 この窯の交趾はいつ見てもその色合いが非常に濃く感じます。 白さがお茶の色を引き立てる磁器の急須です。 ◆商品番号 2754 黄交趾宝尽し宝瓶急須 ■寸法 縦11cm×横9cm×高さ7cm 重さ170g 容量100cc 化粧箱付 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。 ■午後3時までのご注文で翌日到着可能です。■ ※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。 陶歴 高野昭阿弥 昭和5年創業の初代昭阿弥の許で仕事を覚える 平成5年2代目昭阿弥となる 主に磁器による抹茶、煎茶道具の染付、祥瑞、色絵、交趾などを作る 昭和55年初代と共に50周年記念展を催す 黄檗陶匠 工房は京都市東山京都市生まれ

スポンサーリンク
スポンサーリンク