メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「木のお弁当箱」検索結果。

木のお弁当箱の商品検索結果全5,597件中1~60件目

送料無料
沈金総菊彫り 五段重(85台付き) 黒内朱 1組

越中魚津漆器鷹休漆器店

1,620,000

沈金総菊彫り 五段重(85台付き) 黒内朱 1組

【商品スペック】 商品名 沈金総菊彫り 五段重(85台付き) 黒内朱 1組 サイズ 260mm×260mm×429mm 材質・製法 木、堅、漆、手 在庫について 商品につきましては、店頭在庫(実店舗)と共有している商品が御座います。「在庫有り」の表示があっても、御注文後に欠品が発生する場合があります。完売や欠品の場合は誠に御迷惑をおかけいたします。あらかじめ御了承ください。欠品の場合は、電話またはメールにて御連絡させていただきます。 手入れ方法 ➖商品を安全・快適・末永く使用いただける為には、下記の点に御注意して下さい➖ 1、製品本来の用途・使用目的に従って正しく使って下さい。 2、体質により、ごくまれに塗料や漆でかぶれる事があります。その場合には直ちに使用を中止して専門医に御相談下さい。 3、食器用中性洗剤以外では使用しないで下さい。(中性洗剤は規定濃度以内での使用し、漂白剤等は使用しないで下さい)洗う時は手洗いがベストですが、柔らかいスポンジ等の使用でも大丈夫です。ステンレス製たわし・磨き粉等は避けて下さい。 4、直火、電子レンジ、洗浄乾燥機、オーブン等では使用できません。(記載商品を除く) 5、割れ、欠け、ひび等の入った場合や、塗料・漆が剥離した場合には使用を中止して下さい。 6、過剰な重さや無理がかかる状態では使用しないで下さい。

送料無料
【送料無料】越前漆器 木製 8.5台付五段重 沈金菊総彫り 黒内朱 001-1334(最高級の重箱、日本製、国産の重箱、おしゃれ(モダン)な重箱、運動会に重箱、迎春(お正月)に重箱、お花見...

祭りのええもん

1,500,100

【送料無料】越前漆器 木製 8.5台付五段重 沈金菊総彫り 黒内朱 001-1334(最高級の重箱、日本製、国産の重箱、おしゃれ(モダン)な重箱、運動会に重箱、迎春(お正月)に重箱、お花見...

晴れの日の道具に欠かせないのが漆器であり、その主役はやはり重箱です。 お正月などは、おせち料理を盛り付け、お花見や運動会ではお弁当箱として行楽のお供としても大活躍です。 最高級の越前漆器のうるし塗の重箱です。 手塗りで仕上げた最高級品です。 総沈金技法(うるし塗の表面を彫って金を埋め込んむ技法)で描かれた文様は高級感を漂わせます。 表面はうるし塗(手塗り)できっちり仕上げていますので、お手入れも簡単です。 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。 材質;天然木、うるし塗 サイズは(五段重)約26×26×42.9cm、(重台)32×32×13.8cm ※この重箱をご注文の場合は、まず先に納期などをご確認お願いいたします。この重箱のお取引は銀行振込(振込確認後の配達)のみとさせていただきます。越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝い...

送料無料
【伝統工芸】輪島塗 多用三段重 黒無地に朱【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】

ブランド洋食器の店ル・ノーブル

378,000

【伝統工芸】輪島塗 多用三段重 黒無地に朱【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】

本来の漆の色である、黒と朱の塗分けで仕上げてあります。模様が無いため普段使いに最適です。重箱の一段一段に朱色の内仕切りが付けてあり、取り皿として、またお一人ずつに分けて松花堂弁当としてもお使いいだだけます。実際に手に持ったときの、軽さと漆の優しさに包まれるような感覚、ぜひ試していただきたいと思います。自然の素材である木と、天然樹脂である漆にこだわり、何人もの職人の手間と時間を惜しみなくつぎ込んで作られた器は、環境や身体にも優しく、使い込むほど味わいが増してきます。塗師:参州 材質:あての木。「ご購入に関するお願い」現品限りとなりますので、先着順となります。予めご了承くださいませ。「輪島塗 商品のご購入に関するお願い」1点1点手作りのため、HP上でご紹介しております商品とお届けする商品が、お色目・風合い・サイズ・模様等多少異なる場合がございます。予めご了承くださいませ。漆器のことを英語で「japan(ジャパン)」といいます。その漆器の中でも、堅牢優美を誇る「輪島塗」は、およそ120ともいわれる独自の工程があり、木地→下地→上塗り→加飾と工程が細分化・分業されています。この工程を経てはじめて「輪島塗」と冠することができるのです。職人から職人へと半製品が渡され、この間およそ7~8人の手を経て完成品が仕上げられるさまは、まるで輪島の街全体が、ひとつの工房であるかのよう。工程ごとに職人の技を最大限に引き出す分業体制と、すべてを管理する塗師(ぬし)が、販売までを手掛け行商するという信頼の輪は、今も受け継がれています。 ギフト対応 商品詳細ブランド輪島塗シリーズその他アイテム弁当箱サイズ19.5×19.5cm 高さ23.5cm金額詳細価格378,000円(税込)ブランドボックスはありません。※商品名にプレート立て付などの表記がない場合は...

送料無料
【京都 漆器 象彦】【漆塗り・木製】【送料無料】南天 三段重箱65【お正月】【各種御祝・御礼】【ご新築】【ビジネス】【海外ギフト】【楽ギフ 包装選択 のし宛書】

象彦 楽天市場店

183,600

【京都 漆器 象彦】【漆塗り・木製】【送料無料】南天 三段重箱65【お正月】【各種御祝・御礼】【ご新築】【ビジネス】【海外ギフト】【楽ギフ 包装選択 のし宛書】

南天 65寸 三段お重箱 『難(なん)を転(てん)ずる』 冬に真っ赤な果実をつける南天の木は「なんてん」の発音から、「難転(なんてん)」の字をあてる語呂合わせで、「難を転ずる」つまり、悪いことを追い払う厄除けの、縁起の良い木としてお正月の床に飾られてきました。 同じく、厄除け、魔除けの木としてお家の鬼門や、裏鬼門に植えられます。 「南天の木」はお重箱をはじめ、ハレの日をお祝いする漆器に数多く描かれてきた、伝統的な吉祥文様です。 南天を描いた三段お重箱。 お重箱は縦横ともに約19.5センチ、三段重ねた状態で高さが約19.0センチとなっております。 (※サイズは全て外寸となっております。) 昔から変わらない大きさで、4~5人家族でお使いいただくサイズです。 本漆塗りならではの光沢と 鮮やかな内朱の華やかさ。外は本漆を使った黒漆塗りの上に、南天の木を描き、内側はお料理が映えて、見た目にもお目出度い鮮やかな朱色となっております。 伝統的なおせち料理以外にも、自分好みの御祝のお料理を、また、お子様が喜ばれるようなお料理を盛られるなど、様々なアレンジでお正月の食卓を彩ってみませんか。 象彦のお重箱はすべて木製・本漆塗りです。木 製 天然の漆を使用 本金による蒔絵 蓋 上 左 正 面 右 本体裏面 木箱入 商 品 情 報 サイズ(cm) 19.5角 × 19 素 材 木 塗 漆塗り 箱 木箱

送料無料
【送料無料】 越前漆器 木製 6.5三段重箱 家紋入 黒内朱 重箱 001-1366 (漆器の重箱、日本製、国産の重箱、おしゃれ(モダン)な重箱、運動会に重箱、迎春(お正月)に重箱、お花見...

祭りのええもん

162,100

【送料無料】 越前漆器 木製 6.5三段重箱 家紋入 黒内朱 重箱 001-1366 (漆器の重箱、日本製、国産の重箱、おしゃれ(モダン)な重箱、運動会に重箱、迎春(お正月)に重箱、お花見...

晴れの日の道具に欠かせないのが漆器であり、その主役はやはり重箱です。 お正月などは、おせち料理を盛り付け、お花見や運動会ではお弁当箱として行楽のお供としても大活躍です。 最高級の越前漆器のうるし塗の重箱です。 家紋をご指定ください。写真の様に大1ヶ、中3ヶの家紋を金蒔絵でいれさせていただきます。 納期は約20日~一か月ですが、時期により異なってきますので、お問い合わせください。 家紋によって別途費用が必要な場合もありますのでご確認ください。 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。 材質;天然木、うるし塗 サイズは約24×24×22.5cm越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝いてきます。

送料無料
【送料無料】 越前漆器 木製 6.5三段重箱 家紋入 黒内朱 001-1366(越前漆器の重箱、日本製、国産の重箱、おしゃれ(モダン)な重箱、運動会に重箱、迎春(お正月)に重箱、お花見、行楽に重箱...

祭りのええもん

162,100

【送料無料】 越前漆器 木製 6.5三段重箱 家紋入 黒内朱 001-1366(越前漆器の重箱、日本製、国産の重箱、おしゃれ(モダン)な重箱、運動会に重箱、迎春(お正月)に重箱、お花見、行楽に重箱...

晴れの日の道具に欠かせないのが漆器であり、その主役はやはり重箱です。 お正月などは、おせち料理を盛り付け、お花見や運動会ではお弁当箱として行楽のお供としても大活躍です。 最高級の越前漆器のうるし塗の重箱です。 家紋をご指定ください。写真の様に大1ヶ、中3ヶの家紋を金蒔絵でいれさせていただきます。 納期は約20日~一か月ですが、時期により異なってきますので、お問い合わせください。 家紋によって別途費用が必要な場合もありますのでご確認ください。 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。 材質;天然木、うるし塗 サイズは約24×24×22.5cm越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝いてきます。

送料無料
【送料無料】越前漆器 木製 6.5三段重箱 扇面松竹梅 黒内朱 (日本製、国産の重箱、おしゃれ(モダン)な重箱、運動会に重箱、迎春(お正月)に重箱、お花見、行楽に重箱、ランチボックス、弁当箱...

祭りのええもん

151,300

【送料無料】越前漆器 木製 6.5三段重箱 扇面松竹梅 黒内朱 (日本製、国産の重箱、おしゃれ(モダン)な重箱、運動会に重箱、迎春(お正月)に重箱、お花見、行楽に重箱、ランチボックス、弁当箱...

晴れの日の道具に欠かせないのが漆器であり、その主役はやはり重箱です。 お正月などは、おせち料理を盛り付け、お花見や運動会ではお弁当箱として行楽のお供としても大活躍です。 最高級の越前漆器のうるし塗の重箱です。 手塗りで仕上げた最高級品です。 お正月らしい扇面松竹梅の絵柄は高級感漂う金蒔絵技法で描かれています。 表面はうるし塗(手塗り)できっちり仕上げていますので、お手入れも簡単です。 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。 材質;天然木、うるし塗 サイズは約19.7×19.7×18.3cm越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝いてきます。

送料無料
家紋入 65三段重(台付き) 黒内朱 1組

越中魚津漆器鷹休漆器店

151,200

家紋入 65三段重(台付き) 黒内朱 1組

【商品スペック】 商品名 家紋入 65三段重(台付き) 黒内朱 1組 ※ 家紋は御注文の際に御相談下さい。 サイズ 240mm×240mm×225mm 材質・製法 木、漆、手、木箱 在庫について 商品につきましては、店頭在庫(実店舗)と共有している商品が御座います。「在庫有り」の表示があっても、御注文後に欠品が発生する場合があります。完売や欠品の場合は誠に御迷惑をおかけいたします。あらかじめ御了承ください。欠品の場合は、電話またはメールにて御連絡させていただきます。 手入れ方法 ➖商品を安全・快適・末永く使用いただける為には、下記の点に御注意して下さい➖ 1、製品本来の用途・使用目的に従って正しく使って下さい。 2、体質により、ごくまれに塗料や漆でかぶれる事があります。その場合には直ちに使用を中止して専門医に御相談下さい。 3、食器用中性洗剤以外では使用しないで下さい。(中性洗剤は規定濃度以内での使用し、漂白剤等は使用しないで下さい)洗う時は手洗いがベストですが、柔らかいスポンジ等の使用でも大丈夫です。ステンレス製たわし・磨き粉等は避けて下さい。 4、直火、電子レンジ、洗浄乾燥機、オーブン等では使用できません。(記載商品を除く) 5、割れ、欠け、ひび等の入った場合や、塗料・漆が剥離した場合には使用を中止して下さい。 6、過剰な重さや無理がかかる状態では使用しないで下さい。

送料無料
【送料無料】越前漆器 木製 6.5三段重箱 松竹梅 黒内朱 001-1331(漆器の重箱、日本製、国産の重箱、おしゃれ(モダン)な重箱、運動会に重箱、迎春(お正月)に重箱、お花見、行楽に重箱...

祭りのええもん

140,500

【送料無料】越前漆器 木製 6.5三段重箱 松竹梅 黒内朱 001-1331(漆器の重箱、日本製、国産の重箱、おしゃれ(モダン)な重箱、運動会に重箱、迎春(お正月)に重箱、お花見、行楽に重箱...

晴れの日の道具に欠かせないのが漆器であり、その主役はやはり重箱です。 お正月などは、おせち料理を盛り付け、お花見や運動会ではお弁当箱として行楽のお供としても大活躍です。 最高級の越前漆器のうるし塗の重箱です。 手塗りで仕上げた最高級品です。 お正月らしい松竹梅の絵柄は高級感漂う金蒔絵技法で描かれています。正峰作です。 表面はうるし塗(手塗り)できっちり仕上げていますので、お手入れも簡単です。 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。正峰作です 材質;天然木、うるし塗 サイズは約19.8×19.8×19.3cm越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝いてきます。

送料無料
扇面松竹梅 65三段重 黒内朱 1組

越中魚津漆器鷹休漆器店

151,200

扇面松竹梅 65三段重 黒内朱 1組

【商品スペック】 商品名 扇面松竹梅 65三段重 黒内朱 1組 サイズ 198mm×198mm×198mm 材質・製法 木、漆、手、磨、木箱 在庫について 商品につきましては、店頭在庫(実店舗)と共有している商品が御座います。「在庫有り」の表示があっても、御注文後に欠品が発生する場合があります。完売や欠品の場合は誠に御迷惑をおかけいたします。あらかじめ御了承ください。欠品の場合は、電話またはメールにて御連絡させていただきます。 手入れ方法 ➖商品を安全・快適・末永く使用いただける為には、下記の点に御注意して下さい➖ 1、製品本来の用途・使用目的に従って正しく使って下さい。 2、体質により、ごくまれに塗料や漆でかぶれる事があります。その場合には直ちに使用を中止して専門医に御相談下さい。 3、食器用中性洗剤以外では使用しないで下さい。(中性洗剤は規定濃度以内での使用し、漂白剤等は使用しないで下さい)洗う時は手洗いがベストですが、柔らかいスポンジ等の使用でも大丈夫です。ステンレス製たわし・磨き粉等は避けて下さい。 4、直火、電子レンジ、洗浄乾燥機、オーブン等では使用できません。(記載商品を除く) 5、割れ、欠け、ひび等の入った場合や、塗料・漆が剥離した場合には使用を中止して下さい。 6、過剰な重さや無理がかかる状態では使用しないで下さい。

送料無料
松竹梅蒔絵 65三段重 黒内朱 1組

越中魚津漆器鷹休漆器店

140,400

松竹梅蒔絵 65三段重 黒内朱 1組

【商品スペック】 商品名 松竹梅蒔絵 65三段重 黒内朱 1組 正峰 作 サイズ 198mm×198mm×193mm 材質・製法 木、堅、漆、手、磨、木箱 在庫について 商品につきましては、店頭在庫(実店舗)と共有している商品が御座います。「在庫有り」の表示があっても、御注文後に欠品が発生する場合があります。完売や欠品の場合は誠に御迷惑をおかけいたします。あらかじめ御了承ください。欠品の場合は、電話またはメールにて御連絡させていただきます。 手入れ方法 ➖商品を安全・快適・末永く使用いただける為には、下記の点に御注意して下さい➖ 1、製品本来の用途・使用目的に従って正しく使って下さい。 2、体質により、ごくまれに塗料や漆でかぶれる事があります。その場合には直ちに使用を中止して専門医に御相談下さい。 3、食器用中性洗剤以外では使用しないで下さい。(中性洗剤は規定濃度以内での使用し、漂白剤等は使用しないで下さい)洗う時は手洗いがベストですが、柔らかいスポンジ等の使用でも大丈夫です。ステンレス製たわし・磨き粉等は避けて下さい。 4、直火、電子レンジ、洗浄乾燥機、オーブン等では使用できません。(記載商品を除く) 5、割れ、欠け、ひび等の入った場合や、塗料・漆が剥離した場合には使用を中止して下さい。 6、過剰な重さや無理がかかる状態では使用しないで下さい。

送料無料
【送料無料】 越前漆器 木製 6.5胴張三段重箱 波に飛鶴 黒内朱 001-1325(漆器の重箱、日本製、国産の重箱、おしゃれ(モダン)な重箱、運動会に重箱、迎春(お正月)に重箱、お花見、行楽に重箱...

祭りのええもん

129,700

【送料無料】 越前漆器 木製 6.5胴張三段重箱 波に飛鶴 黒内朱 001-1325(漆器の重箱、日本製、国産の重箱、おしゃれ(モダン)な重箱、運動会に重箱、迎春(お正月)に重箱、お花見、行楽に重箱...

晴れの日の道具に欠かせないのが漆器であり、その主役はやはり重箱です。 お正月などは、おせち料理を盛り付け、お花見や運動会ではお弁当箱として行楽のお供としても大活躍です。 最高級の越前漆器のうるし塗の重箱です。 手塗りで仕上げた最高級品です。 日展作家 冨田立山 作です。 表面はうるし塗(手塗り)できっちり仕上げていますので、お手入れも簡単です。 越前漆器は通産省より伝統工芸品の指定を受けています。 材質;天然木、うるし塗 サイズは約19.7×19.7×18.2cm越前漆器 歴史 起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。代26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗りの黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。 特徴 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。板物(角物)を含め、塗は花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗り重ねた光沢と優雅な作りには定評があります。別名、河和田塗としても知られています。 作り方 挽物では渋下地は、柿渋に地炭粉と松煙を混ぜ合わせ、繰り返し塗ります。板物では、地の粉下地は生漆に地の粉、米のりなどを混ぜ合わせ繰り返し塗ります。中塗、上塗は精製漆を用いて刷毛で塗り上げます。また、沈金、蒔絵等の加飾を施します。 職人から一言 漆器は使い込むほど味わいを増します。しっとりと肌になじむ心地よさを味わいながら使い続けるうちに漆器はますます美しく輝いてきます。

送料無料
『6.5寸胴張三段重箱 松竹梅蒔絵』【送料無料】【日本製】【越前塗】

松屋漆器店

129,600

『6.5寸胴張三段重箱 松竹梅蒔絵』【送料無料】【日本製】【越前塗】

ギフト対応 ■品名 漆塗 6寸5分胴張三段重箱 松竹梅磨き蒔絵 (漆器/越前塗/磨き蒔絵/伝統/匠/和風/お正月/迎春/おせち)【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】 ■仕様 木製漆塗 ■素地 底板・蓋=シナ合板 フチ=桂無垢材 ■サイズ(外寸) W198×D198×H182(mm) ■外装 木箱入 ■原産国 日本製 made in japan (福井県鯖江市) 松屋漆器店オリジナル商品 備考・注意 ※内側は華やかな朱色で塗ってあります。 ※食器洗浄機・乾燥機、電子レンジでの使用は不可。 松竹梅のイメージを手描き磨き蒔絵で仕上げました。◆お節料理・重箱について◆ おせち料理は重箱に詰めますが、神様に献上したご馳走の意味があるそうです。 昔は正月だけでなく、 五節句(1月7日・人日、3月3日・上巳、5月5日・端午、7月7日・七夕、9月9日・重陽) などの節句の日に神様へお供えし、 神事のあとの酒宴で一緒に食べたすべてのごちそうをおせちといっていました。 正月におせち料理を食べるのは、神にそなえたごちそうをみんなでいただくという意味と、 神様を迎える正月に台所仕事をしてさわがしくしないという意味と、 日ごろ忙しい主婦を「三が日」の間休ませるための保存食だといわれています。 * おせち料理の詰め方 一の重から与の重までの四段重ねが正式です。重箱の詰め方は地方により少しずつ違います。 一の重-----きんとん、かまぼこ、黒豆、だて巻など口取りをつめます。 二の重-----酢のもの 三の重-----焼きもの 与の重-----煮ものをつめるのが一般的です。 ※重箱が二段重ね、三段重ねの場合は工夫してつめます。品数が奇数になるようにするのが昔からのしきたりです。 数の子-----子孫繁栄の意味 黒豆 -----まめに働く こぶ巻き---...

送料無料
『6.5寸胴張三段重箱 扇面松竹梅蒔絵』【送料無料】【日本製】【越前塗】

松屋漆器店

129,600

『6.5寸胴張三段重箱 扇面松竹梅蒔絵』【送料無料】【日本製】【越前塗】

ギフト対応 ■品名 漆塗 6寸5分胴張三段重箱 扇面松竹梅磨き蒔絵 (漆器/越前塗/磨き蒔絵/伝統/匠/和風/お正月/迎春/おせち)【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】 ■仕様 木製漆塗 ■素地 底板・蓋=シナ合板 フチ=桂無垢材 ■サイズ(外寸) W198×D198×H182(mm) ■外装 木箱入 ■原産国 日本製 made in japan (福井県鯖江市) 松屋漆器店オリジナル商品 備考・注意 ※内側は華やかな朱色で塗ってあります。 ※食器洗浄機・乾燥機、電子レンジでの使用は不可。 扇面に松竹梅が描かれています。手描き磨き蒔絵で仕上げました。◆お節料理・重箱について◆ おせち料理は重箱に詰めますが、神様に献上したご馳走の意味があるそうです。 昔は正月だけでなく、 五節句(1月7日・人日、3月3日・上巳、5月5日・端午、7月7日・七夕、9月9日・重陽) などの節句の日に神様へお供えし、 神事のあとの酒宴で一緒に食べたすべてのごちそうをおせちといっていました。 正月におせち料理を食べるのは、神にそなえたごちそうをみんなでいただくという意味と、 神様を迎える正月に台所仕事をしてさわがしくしないという意味と、 日ごろ忙しい主婦を「三が日」の間休ませるための保存食だといわれています。 * おせち料理の詰め方 一の重から与の重までの四段重ねが正式です。重箱の詰め方は地方により少しずつ違います。 一の重-----きんとん、かまぼこ、黒豆、だて巻など口取りをつめます。 二の重-----酢のもの 三の重-----焼きもの 与の重-----煮ものをつめるのが一般的です。 ※重箱が二段重ね、三段重ねの場合は工夫してつめます。品数が奇数になるようにするのが昔からのしきたりです。 数の子-----子孫繁栄の意味 黒豆 -----まめに働く...

送料無料
【津軽塗 紋紗塗】 二段角重4.3寸紋紗 【IO-003】【送料無料】 青森県 弘前市 伝統工芸品 イシオカ工芸 天然木 漆器 お重 木製 津軽塗り ギフト プレゼント

おもしろ雑貨通販エランドショップ

108,000

【津軽塗 紋紗塗】 二段角重4.3寸紋紗 【IO-003】【送料無料】 青森県 弘前市 伝統工芸品 イシオカ工芸 天然木 漆器 お重 木製 津軽塗り ギフト プレゼント

津軽塗の特徴 津軽塗の特徴は、つくりが硬く大変丈夫で実用性に富んでいると同時に、非常に優美な外見を持つ、というところにあります。 津軽塗で用いられる「研ぎ出し変わり塗り」という技法は、幾重にも塗り重ねた漆を平滑に研ぎ出して模様を表す方法で、この繰り返しに数十回の工程、二か月以上の日数を費やし、複雑で美しい漆模様と、頑丈でしっかりした触感が得られています。 津軽塗とは 弘前市を中心に、青森県津軽地方で生産される伝統漆器です。 漆器としては、福島県の会津塗や石川県の輪島塗と並んで、全国で初めて経済産業大臣指定伝統的工芸品に選出されました(1975年)。 また、現在に至るまで青森県では唯一の同大臣指定伝統的工芸品でもあります。 まさに、青森県を代表する伝統工芸品であると言えるでしょう。 先人の伝統、三〇〇年以上の歴史を受け継ぐ「津軽塗」。 そんな津軽塗には現在、「唐塗」「ななこ塗」「紋紗塗」「錦塗」の四つの技法が遺され、今なお精巧で堅牢な器が、若い職人たちによって生み出されています。 東北の片隅にひっそりと、しかし力強く生き残ってきた「本物の漆器」の味わいを、ぜひ手にとってお確かめ下さい。 紋紗塗(もんしゃぬり) 黒漆の模様(多くは線描を主にした総模様)に紗(津軽地方ではもみ殻のことを紗と呼ぶ)の炭粉を蒔き、 研ぎ出して磨き仕上げされたものを紋紗塗と呼びます。 紋紗塗は研ぎ出し技法の中で最も独特なもので、津軽塗ならではの塗であると言えます。 商品の情報・詳細 商品名 二段角重4.3寸紋紗 素材 天然木 寸法(約) 135×135×135mm 種類 津軽塗 塗種類 紋紗塗 ●漆塗膜の特徴 ・適度な湿気を好む ・乾燥し過ぎると表面にヒビが入る場合がある ・直射日光/紫外線/摩擦/急激な温度変化などには弱い ...

送料無料
小判 二段重 根来 1組

越中魚津漆器鷹休漆器店

81,000

小判 二段重 根来 1組

【商品スペック】 商品名 小判 二段重 根来 1組 サイズ 282mm×175mm×131mm 材質・製法 木、漆、手 在庫について 商品につきましては、店頭在庫(実店舗)と共有している商品が御座います。「在庫有り」の表示があっても、御注文後に欠品が発生する場合があります。完売や欠品の場合は誠に御迷惑をおかけいたします。あらかじめ御了承ください。欠品の場合は、電話またはメールにて御連絡させていただきます。 手入れ方法 ➖商品を安全・快適・末永く使用いただける為には、下記の点に御注意して下さい➖ 1、製品本来の用途・使用目的に従って正しく使って下さい。 2、体質により、ごくまれに塗料や漆でかぶれる事があります。その場合には直ちに使用を中止して専門医に御相談下さい。 3、食器用中性洗剤以外では使用しないで下さい。(中性洗剤は規定濃度以内での使用し、漂白剤等は使用しないで下さい)洗う時は手洗いがベストですが、柔らかいスポンジ等の使用でも大丈夫です。ステンレス製たわし・磨き粉等は避けて下さい。 4、直火、電子レンジ、洗浄乾燥機、オーブン等では使用できません。(記載商品を除く) 5、割れ、欠け、ひび等の入った場合や、塗料・漆が剥離した場合には使用を中止して下さい。 6、過剰な重さや無理がかかる状態では使用しないで下さい。

送料無料
隅丸65三段重 溜内朱 1組

越中魚津漆器鷹休漆器店

64,800

隅丸65三段重 溜内朱 1組

【商品スペック】 商品名 隅丸65三段重 溜内朱 1組 サイズ 198mm×198mm×193mm 材質・製法 木、漆、手 在庫について 商品につきましては、店頭在庫(実店舗)と共有している商品が御座います。「在庫有り」の表示があっても、御注文後に欠品が発生する場合があります。完売や欠品の場合は誠に御迷惑をおかけいたします。あらかじめ御了承ください。欠品の場合は、電話またはメールにて御連絡させていただきます。 手入れ方法 ➖商品を安全・快適・末永く使用いただける為には、下記の点に御注意して下さい➖ 1、製品本来の用途・使用目的に従って正しく使って下さい。 2、体質により、ごくまれに塗料や漆でかぶれる事があります。その場合には直ちに使用を中止して専門医に御相談下さい。 3、食器用中性洗剤以外では使用しないで下さい。(中性洗剤は規定濃度以内での使用し、漂白剤等は使用しないで下さい)洗う時は手洗いがベストですが、柔らかいスポンジ等の使用でも大丈夫です。ステンレス製たわし・磨き粉等は避けて下さい。 4、直火、電子レンジ、洗浄乾燥機、オーブン等では使用できません。(記載商品を除く) 5、割れ、欠け、ひび等の入った場合や、塗料・漆が剥離した場合には使用を中止して下さい。 6、過剰な重さや無理がかかる状態では使用しないで下さい。

送料無料
『漆塗 6寸5分三段重箱 吟朱内黒』【送料無料】【日本製】【越前塗】

松屋漆器店

59,400

『漆塗 6寸5分三段重箱 吟朱内黒』【送料無料】【日本製】【越前塗】

ギフト対応 ■品名 漆塗 6寸5分三段重箱 吟朱内黒 (漆器/越前塗/伝統/匠/和風/お正月/迎春/おせち)【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】 ■仕様 木製漆塗 ■素地 底板・蓋=シナ合板 フチ=桂無垢材 ■サイズ(外寸) W198×D198×H198(mm) ■外装 木箱入 ■原産国 日本製 made in japan (福井県鯖江市) 松屋漆器店オリジナル商品 備考・注意 ※内側は黒色で塗ってあります。 ※食器洗浄機・乾燥機、電子レンジでの使用は不可。 ※落ち着いた色合いの吟朱漆で塗り上げた重箱です。◆お節料理・重箱について◆ おせち料理は重箱に詰めますが、神様に献上したご馳走の意味があるそうです。 昔は正月だけでなく、 五節句(1月7日・人日、3月3日・上巳、5月5日・端午、7月7日・七夕、9月9日・重陽) などの節句の日に神様へお供えし、 神事のあとの酒宴で一緒に食べたすべてのごちそうをおせちといっていました。 正月におせち料理を食べるのは、神にそなえたごちそうをみんなでいただくという意味と、 神様を迎える正月に台所仕事をしてさわがしくしないという意味と、 日ごろ忙しい主婦を「三が日」の間休ませるための保存食だといわれています。 * おせち料理の詰め方 一の重から与の重までの四段重ねが正式です。重箱の詰め方は地方により少しずつ違います。 一の重-----きんとん、かまぼこ、黒豆、だて巻など口取りをつめます。 二の重-----酢のもの 三の重-----焼きもの 与の重-----煮ものをつめるのが一般的です。 ※重箱が二段重ね、三段重ねの場合は工夫してつめます。品数が奇数になるようにするのが昔からのしきたりです。 数の子-----子孫繁栄の意味 黒豆 -----まめに働く こぶ巻き----よろこぶ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク