メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「斉山窯」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 萩焼 松本窯 坂高麗左衛門作 (号:熊峰)【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

667,440

【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 萩焼 松本窯 坂高麗左衛門作 (号:熊峰)【smtb-KD】

サイズ約縦14.9×高7.9cm 作者萩焼松本窯:12代:坂 高麗左衛門(号:熊峰) 仕様井戸型茶碗御物袋入 箱木箱 (山目り) 【コンビニ受取対応商品】 ○【・・】【(萩焼松本窯)12代:坂高麗左衛門作 本名:達雄(号:熊峰)】 ●(昭和63年襲名)(平成06年:日本工芸会正会員) 作者陶歴 :。・・・・・ 井戸茶碗 萩焼松本窯 12代:坂高麗左衛門作【号:熊峰】 ・・・・ 参考資料 ・・・・ ●萩焼は、文禄・慶長の役後の江戸時代初期、毛利藩の保護のもとで、李敬(坂高麗左衛門)と李勺光(坂倉新兵衛)の、李朝の陶工達により現在の山口県萩市松本に開窯され、後に長門市深川等に伝えられる。萩茶碗は、日本人の侘び茶にかない、萩の七バケといわれ、茶人に愛された。主原料である山口県内防府市大道産の白色粘土との相性が良かった。※現在も松本萩(御用窯)・深川萩と伝承されています。・・・・・・・ ◆【松本萩焼(御用窯)】 坂家は松本御用窯(松本萩)の名門です・・ ・・・・・ ※1625(寛永2)年に李敬は2代藩主・毛利秀就より「高麗左衛門」の名前を賜りましたが、通称として「助八」を名乗りました。 ※初代以後も2代・5代・7代は「助八」、3代・4代・6代・8代は「新兵衛」と、助八か新兵衛の何れかを名乗りながら明治に至ります。 ※2代~8代までは「高麗左衛門」を使用せず、明治に入って9代以降が使用しています。・・・・・ 【初代 坂高麗左衛門(李敬)】1568年(永禄11)~1643年(寛永20) 【2代 坂助八(忠李)】1617年(元和3)~1668年(寛文8) 【3代 坂新兵衛(忠順)】1648年(慶安元)~1729年(享保14) 【4代 坂新兵衛(忠方)】1683年(天和3)~1748年(寛延元) 【5代 坂助八(忠達)】1722年(享保7)...

送料無料
【茶器/茶道具 抹茶茶碗 楽焼き】 嶋台茶碗(島台茶碗) 赤楽茶碗 金銀一双茶碗 小林太玄書付  佐々木昭楽作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

60,793

【茶器/茶道具 抹茶茶碗 楽焼き】 嶋台茶碗(島台茶碗) 赤楽茶碗 金銀一双茶碗 小林太玄書付 佐々木昭楽作 【smtb-KD】

配送●12:00までのご注文で翌日お届け予定(九州~関東まで)●午前中注文:当日発送対応は宅配便のみ(メール便不可) サイズ銀:約直径17.2×高8.3cm金:約直径15.2×高8cm 作者佐々木昭楽作 大徳寺黄梅院:小林太玄書付 箱木箱 (大・76000) 【コンビニ受取対応商品】3代 佐々木昭楽 小林太玄書付 ・・・ 河原書店の「茶道雑誌」2003年12月号より ・・・ 【嶋台茶碗について】 ●表千家では 〇七代目如心斎自身の手作りを、川上不白に与えたあと、写しを楽長入に作らせた 〇十代目吸江斎が南紀徳川家・徳川治宝(はるとみ)公に出仕し島台茶碗で お茶を点てたときに、幼い吸江斎の手に合うように、楽旦入に焼かせた ◆明治・大正時代になって 十二代惺斎が楽弘入に好みの島台を作らせた。 如心斎好みの島台の小の方を大として下にすえ、その上に新しく 小の碗を重ねたそうで、今日使われているものの寸法は惺斎好みを基本にする。 【佐々木昭楽窯】楽茶碗 ◆当昭楽は祖父の代よりこの楽焼に従事し、京都清水坂に築窯 ◆茶道具専門に製造販売せし処、昭和一九年亀岡矢田神社の畔に移住出口王仁三郎師 ◆大徳寺元管長 小田雪窓の知遇を得て再び開窯、現在に至る

送料無料
【茶器/茶道具 抹茶茶碗 利休忌】 単品木箱入 楽茶碗 利休七種茶碗(丸印) 長次郎写し 佐々木昭楽作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

16,146

【茶器/茶道具 抹茶茶碗 利休忌】 単品木箱入 楽茶碗 利休七種茶碗(丸印) 長次郎写し 佐々木昭楽作 【smtb-KD】

作者佐々木昭楽作(丸印) 箱木箱 注意楽焼の釉薬は酸に弱いことがあります。 楽焼の粘土は粗い目の素地を使用しています。 (申棒大・赤20196黒21168) 【コンビニ受取対応商品】 利休七種茶碗セットはこちらから【茶道名数】長次郎七種(ちょうじろうしちしゅ)とは ・楽長次郎作の茶碗から千利休が七種を選んだもの 赤楽(検校(けんぎょう)・早船(はやふね)・木守(きまもり)・臨済) 黒楽(大黒(おおぐろ)・東陽坊・鉢開(はちひらき)) 【佐々木昭楽】 祖父は京 清水坂に築用 1944年 京都府亀岡市生まれ。 1962年 3代 松楽を継承 出口王仁三郎師や大徳寺元11代管長(504世)小田雪窓師(1901~1966)の知遇を得て再び44年亀岡に開窯する。 2代 昭楽に師事現在にいたる 楽家の初代長次郎が千利休の創意を受けて造った茶碗で黒楽の釉・けずりで形を整えた!! 熱を伝えにくい土の美・お湯が冷めにくい性質と色彩的にも緑の写り具合が大変よく、まさにお茶のために作られた茶碗。 五山の口造りで幽玄の世界を表現 しています。 利休の命により、初代長次郎が作った理想の茶碗であり、二代目常慶が豊臣秀吉より楽の字の印を賜わる。楽家の脇窯の一つに金沢の大樋焼(飴楽)があります。現在多くの陶芸家による写し物の茶碗がある。 成形のぐあいを作行きといい、まず手にとって眺めて全体を見る、感じることが大切。 作者印のある高台は見どころの要です。土味は土の色合い。硬軟を知り陶工の手腕をあらためます。 井戸茶碗をはじめ高麗茶碗や唐津に多い竹節高台や三ヶ月高台や割高台がある。

送料無料
【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 白楽茶碗 宝尽し 川崎和楽作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

26,580

【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 白楽茶碗 宝尽し 川崎和楽作 【smtb-KD】

サイズ約直径11.3×高8.3cm 作者川崎和楽作 箱木箱 注意楽焼の釉薬は酸に弱いことがあります。 楽焼の粘土は粗い目の素地を使用しています。 (限定大)(・33264) 【コンビニ受取対応商品】【七世 川崎和楽】楽焼窯元 文政年間祇園八坂神社門前茶屋短冊楼の主が始まり。 短冊屋七左衛門の始めた素焼の礎を2代目七兵衛より「楽焼の短冊屋」として楽焼一筋約200年以上窯元として続く 1918年大正07年 東郷平八郎元帥より「和楽」の号を拝領する。 以後「和楽」の屋号で現在にいたる。 楽家の初代長次郎が千利休の創意を受けて造った茶碗で黒楽の釉・けずりで形を整えた!! 熱を伝えにくい土の美・お湯が冷めにくい性質と色彩的にも緑の写り具合が大変よく、まさにお茶のために作られた茶碗。 五山の口造りで幽玄の世界を表現 しています。 利休の命により、初代長次郎が作った理想の茶碗であり、二代目常慶が豊臣秀吉より楽の字の印を賜わる。楽家の脇窯の一つに金沢の大樋焼(飴楽)があります。現在多くの陶芸家による写し物の茶碗がある。 成形のぐあいを作行きといい、まず手にとって眺めて全体を見る、感じることが大切。 作者印のある高台は見どころの要です。土味は土の色合い。硬軟を知り陶工の手腕をあらためます。 井戸茶碗をはじめ高麗茶碗や唐津に多い竹節高台や三ヶ月高台や割高台がある。

送料無料
【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 粉引 森里陶楽作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

14,580

【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 粉引 森里陶楽作 【smtb-KD】

サイズ約直径12.6×高8cm 作者森里陶楽作 箱木箱 (・18360) 【コンビニ受取対応商品】3代 注意:景色(模様)・色は変わる場合があります。 当店にお任せください。 【初代 森里陶楽(森里留吉)】 明治生まれ~昭和33年没 三重県伊賀出身 大正末期に京焼陶工として上京。色絵仁清やいろいろな焼物を作陶。三島手も手がける 【2代 森里陶楽(本名 良三)】 国立陶磁器試験所で陶土の研究の後、先代のもと作陶生活に入る。 非常に繊細な三島手などに見られる抜群の技法には高い評価を得る 1926年大正15年生まれ、京都府出身 先代陶楽の三男として出生 師 初代の陶楽に師事 京展入選・陶芸家クラブ会展 市長賞など各賞受賞 京都府美術工芸作家協会 会員 京焼・清水焼の伝統工芸士認定 2005年平成17年 逝去 【3代 森里陶楽(本名 秀夫)】 京焼清水焼の伝統工芸品にて日本商工会議所会頭賞を受ける 1959年昭和34年 京都生 1977年昭和52年 京都市立日吉ヶ丘高校美術工芸コース日本画科卒 1981年昭和56年 京都府陶工高等専門学校卒 師:手塚玉堂や、父の2代 陶楽 1996年平成08年 3代 陶楽を襲名 2006年平成18年伝統的工芸品公募展 日本商工会議所会頭賞受賞 工学博士山本徳治氏の釉薬研究会所属:伝統工芸士 ・・・・・ 参考資料 ・・・・・ 【嘉祥窯 初代(本名森岡嘉助)】 ※1914年(大正3年)五条坂に工房を構え、嘉祥窯を創業 ・・茶道具商「野村昭嘉堂」の伏せ窯(嘉祥窯の作品を全部買い取る契約)として、唐物写し茶入や瀬戸釉茶入、京焼茶碗、伊賀花生けなどを焼く 【嘉祥窯 二代目(本名森岡正雄)】 ※1912年(明治45年)京都府亀岡市に生 ・...

送料無料
【茶道具・抹茶茶碗】 安南写 十徳 膳所焼陽炎園窯 岩崎新定作 【smtb-KD】

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

28,458

【茶道具・抹茶茶碗】 安南写 十徳 膳所焼陽炎園窯 岩崎新定作 【smtb-KD】

サイズ約直径12.7×高7.3cm 作者岩崎新定作 箱木箱 【コンビニ受取対応商品】【淡海・陽炎園(膳所焼き)】 ※現在遠州七窯の一つに数えられる陽炎園とは日本画家:山元春挙画伯が「東海道名所絵図」にも描かれた名勝「陽炎の池」が庭内にあることから命名された。 〇当時、小堀遠州は近江奉行であったことなどから、遠州の指導が考えられる。遠州好みの茶入として「大江山」「白雲」が有名。・・・・・ ◆二代【岩崎新定】 ・・・・・ 【淡海・陽炎園(膳所焼き)】 ※現在遠州七窯の一つに数えられる陽炎園とは日本画家:山元春挙画伯が「東海道名所絵図」にも描かれた名勝「陽炎の池」が庭内にあることから命名された。 〇当時、小堀遠州は近江奉行であったことなどから、遠州の指導が考えられる。遠州好みの茶入として「大江山」「白雲」が有名。 ◆【初代 岩崎健三:膳所の人】 ※・年明治・年生まれ初代:(膳所の人) 1919年大正08年山元春挙画伯とはかり再興 ◆【2代:岩崎新疋】初代健三の長男 1913年大正02年生まれ ※京都高等工芸学校陶磁器科卒 ◆1987年昭和62年膳所焼美術館を設定 1985年昭和60年滋賀県伝統的工芸品指定 1991年平成03年通産省より伝統産業功労者表彰 ◆2010年現在尼膳所焼で製陶中◆ ※現在、染付・赤絵等いろいろな物が製作される。代表作:茶入「大江山」

送料無料
【茶器 茶道具 抹茶茶碗】【長次郎写】【楽茶碗】茶碗 長次郎写 『木守』(特上)【昭楽】【送料無料】【宅配便配送】

日本茶・健康茶専門店 岡田園

31,212

【茶器 茶道具 抹茶茶碗】【長次郎写】【楽茶碗】茶碗 長次郎写 『木守』(特上)【昭楽】【送料無料】【宅配便配送】

茶道具,茶道,裏千家,表千家,抹茶,濃茶,薄茶,茶碗,茶杓,茶筅,棗,懐紙,懐紙入,三ツ折,帛紗,扇子,楊枝,風炉,炉,軸,釜,おけいこ,学校,お買得,通販,楽茶碗 長次郎写 昭楽 木守【茶器 茶道具・ 抹茶茶碗】 長次郎写 『木守』(特上) ◆商品説明 長次郎写 『木守』(特上)です。 この機会に是非ご検討下さいませ。 ◆作家 昭楽 こちらの商品は実店舗と共有しておりますので、ご注文確認後でも完売または品切れによって、ご注文を承れない場合や発送が遅れる場合がございます。 在庫数に変動が有った場合、その都度対応するよう心掛けておりますが、反映までに時間がかかってしまいますので、既に品切れの商品であっても「在庫あり」となっていることもございます。 万が一売り切れの場合は、申し訳ございませんが、あしからずご了承下さいませ。 できるだけ実際の商品に近づけるように努めておりますが、撮影条件やお客様がお使いのパソコンにより、色味や 質感が実物とは異なって見える場合があります。また、各製品ごとに色の濃淡や重量、サイズの誤差など、全ての 商品に個体差が生じます。あらかじめご了承下さい。 商品にご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

茶器/茶道具・抹茶茶碗/昭楽作 長次郎写 「木守(きまもり)」

Amazon

13,500

茶器/茶道具・抹茶茶碗/昭楽作 長次郎写 「木守(きまもり)」

商品説明:昭楽窯 三代目 佐々木昭楽作。 銘「木守」。 由来は、利休門下の大名に数個の長次郎茶碗を贈ったのだが、この茶碗だけ手許に留め置いた為、柿の木守に因んで呼ばれたという。伝来は、武者小路千家伝来―真伯宗守―高松侯松平讃岐守家―大正12年関東大地震に東京松平頼寿邸で焼失。その後、楽家が真っ二つに割れていた茶碗とその残片を組み上げ原型の復興に成功。名碗とされる。 長次郎七種(検校、大黒、臨済、早舟、鉢開、木守、東陽坊)とは楽家、初代長次郎の内の七種をいう。利休が選んだということから利休七種ともいう。 ※一点ずつ手作りですので、個体差が生じます。あらかじめご了承下さい。作家:佐々木昭楽略歴1944年 京都に生まれる1962年 父、二代松楽に師事赤楽、黒楽といった楽焼の伝統を守りながら、茶陶として雅味のある作品づくりに力を注ぐ。また観賞用ではなく、お茶席で楽しくお茶が飲める茶碗づくりをモットーに作陶にいそしむ。サイズ:(約)直径12cm×高さ7.9cm箱:共箱入、共布・しおり付入できるだけ実際の商品に近づけるように努めておりますが、 撮影条件やお客様がお使いのパソコンにより、色味や質感が 実物とは異なって見える場合があります。 また、各製品ごとに色の濃淡や重量、サイズの誤差など、全て の商品に個体差が生じます。あらかじめご了承下さい。

送料無料
【茶道具】【茶碗】幕釉黒楽茶碗園部玄哉作(共箱)

花器茶道具いとうや商店楽天市場店

66,000

【茶道具】【茶碗】幕釉黒楽茶碗園部玄哉作(共箱)

やや大振りですが重くなく、扱いやすいお茶碗です。全体に幕釉もきれいに出ています。黒楽は発色を良くするため、窯の中から真っ赤に焼けている茶碗をヤットコで挟んで引き出すため、はさみ跡と呼ばれる跡がついているのが特徴です。化粧箱入りサイズ口径12.2センチ×高さ8.4センチ 素材:陶器 作家略歴 園部玄哉(そのべげんや) 昭和26年 北海道生まれ。 昭和49年 東京理科大数学科中退の後名古屋にて楽焼修行。 昭和58年 瀬戸市湯之根町にて独立、東京デザイナー学院陶芸講師。 平成元年 第2回美濃国際陶芸展入選後、各地にて個展を開催する。 平成 2年 日産ギャラリー陶壁制作。ポルトガルにて楽焼のワークショップを開設するなど、国際的にも活躍する。楽茶碗の臭いについて 楽茶碗は空気を多く含んだ土でできているため、その中に微生物が繁殖して、「カビ臭い」「泥臭い」ような臭いを放つことがよくあります。これを取り除くための方法は、色々紹介されてはおりますが、必ず効くと言う方法はなさそうです。その中でも最大の共通ワードで拾ってみると、お湯を張る(煮沸する)よく乾かす(1週間くらいかけて)お茶を点てる(何度も何度も)これだけやって、臭くなくなるまで長くつきあう事だそうです。

【茶道具/茶碗】ガラス平茶碗 波紋に金魚(空色)

抹茶と茶道具 t4u 香月園

4,573

【茶道具/茶碗】ガラス平茶碗 波紋に金魚(空色)

ガラス平茶碗 波紋に金魚(空色) 広畑久仁彦作(化粧箱) ■取寄せ商品について ※ この商品は取寄せ商品です。欠品の場合もございますので、何卒ご了承ください。メーカーに在庫がある場合は、通常3日以内(土日祝除く)に発送いたします。メーカーに在庫がない場合、欠品もしくは次回入荷予定日のご連絡をいたします。 ■その他注意点 ※ 商品の色合いは、ご使用のモニターや環境によって多少異なる場合があります。また、茶道具全般に関して、ひとつひとつ手作業で仕上げる伝統工芸品の為、風合いや模様の出方が1点1点全て異なりますので、あらかじめご了承ください。 ※ 掲載商品の在庫は、常時チェックするよう努めていますが、すべて実店舗と共有しておりますので、まれに在庫切れにも関わらず、ご注文が完了してしまう場合があります。そのためご注文完了後、在庫切れのご連絡を入れさせて頂く場合があります。お客様にはご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。 ※ 取寄せ商品や納期の異なる商品と一緒にご注文いただいた場合、商品取寄せ後一緒に発送させていただきます。取寄せ品でお急ぎでのご入用の場合は、ご注文前に在庫の有無をお問い合わせください。 ※ 欠品、キャンセル等によりお買上金額が5,400円(税込み)を下回った場合は、送料600円(北海道・沖縄は1,000円)を頂戴いたします。ご了承ください。ガラス平茶碗 波紋に金魚(空色)

スポンサーリンク
スポンサーリンク