メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「抹茶茶碗」検索結果。

抹茶茶碗の商品検索結果全1,827件中1~60件目

【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 小茶碗 黒楽茶碗又は赤楽茶碗 佐々木松楽作

いまや茶の湯日本茶・今屋静香園

5,011

【茶器/茶道具 抹茶茶碗】 小茶碗 黒楽茶碗又は赤楽茶碗 佐々木松楽作

サイズ約直径9.9×高6.3cm 作者佐々木松楽作 箱紙箱 注意楽焼の釉薬は酸に弱いことがあります。 楽焼の粘土は粗い目の素地を使用しています。 (大・山野山黒6912・輪申輪赤5850) 【コンビニ受取対応商品】【3代 佐々木松楽】 祖父は京 清水坂に築用 1944年 京都府亀岡市生まれ。 1962年 3代 松楽を継承 出口王仁三郎師や大徳寺元11代管長(504世)小田雪窓師(1901~1966)の知遇を得て再び44年亀岡に開窯する。 2代 昭楽に師事現在にいたる 楽家の初代長次郎が千利休の創意を受けて造った茶碗で黒楽の釉・けずりで形を整えた!! 熱を伝えにくい土の美・お湯が冷めにくい性質と色彩的にも緑の写り具合が大変よく、まさにお茶のために作られた茶碗。 五山の口造りで幽玄の世界を表現 しています。 利休の命により、初代長次郎が作った理想の茶碗であり、二代目常慶が豊臣秀吉より楽の字の印を賜わる。楽家の脇窯の一つに金沢の大樋焼(飴楽)があります。現在多くの陶芸家による写し物の茶碗がある。 成形のぐあいを作行きといい、まず手にとって眺めて全体を見る、感じることが大切。 作者印のある高台は見どころの要です。土味は土の色合い。硬軟を知り陶工の手腕をあらためます。 井戸茶碗をはじめ高麗茶碗や唐津に多い竹節高台や三ヶ月高台や割高台がある。

【茶道具 楽茶碗】黒楽茶碗 佐々木松楽作

茶道具専門店 芳香園

7,620

【茶道具 楽茶碗】黒楽茶碗 佐々木松楽作

■ 商品名:黒楽茶碗 ■ 作家:佐々木松楽(京都) ■ 寸法:直径12.0cm×8.8cm ■ 梱包:化粧箱【茶道具 抹茶碗】 黒楽茶碗 佐々木松楽作 商品詳細 ■ 商品名:黒楽茶碗 ■ 作家:佐々木松楽(京都) ■ 寸法:直径12.0cm×8.8cm ■ 梱包:化粧箱 ※一つ一つ手作りのため、景色や形が多少変わります。 サイズは、おおよその目安としてお考えください。 楽焼茶碗 (らくやきちゃわん) 楽焼は天正の初めごろから始まった焼物で、京都で生まれ、京都で育った唯一の焼物です。 釉色から、赤、黒、白色などがあります。 利休の精神が生かされ、轆轤(ろくろ)を使わず手捏ねで成形して箆(へら)で仕上げます。 一般の器とは異なり、お茶を喫する為に作られたまさに茶の湯のための茶碗といえます。 (鋏(ヤットコ)のはさみ跡) 千利休が指導し、長次郎に作らせた楽茶碗は、お茶を喫する為に作られた最初の和物茶碗と云われています。 また楽茶碗の中でも黒楽は、他の焼き物とは、窯及び、焼き方がまったく異なっています。 窯の中を120度近くの高温に保ちながら釉薬を施した茶碗を長いベンチのような鋏で、茶碗の縁を、はさんで窯の中に入れます。 3分から5分焼成後、真っ赤に釉薬が溶けたところで、再び茶碗の縁を鋏ではさんで窯より出します。 その時、溶けた茶碗の縁に『はさみ跡』と言われる凹みが出来ます。 釉薬の溶けた茶碗が外気に触れることにより釉薬の温度が急激に下がります。 この温度の変化が釉薬を黒く発色させます。 楽家歴代では、代々使う鋏を変えていると云われています。 ですから、古く茶人の間では、溶けた釉薬をはさみ出す、はさみ跡を景色と見立て、また作者の特徴をあらわす印として『はさみ跡』は、興味深く見られています。

送料無料
京焼 清水焼 いちご抹茶茶碗 如山

京焼清水焼専門店 松韻堂

10,800

京焼 清水焼 いちご抹茶茶碗 如山

ギフト対応 清水焼京焼の如山作 抹茶茶碗 いちごです。京焼の巨匠、野々村仁清の鮮やかで煌びやかな色絵を現代感覚のイチゴで描いた抹茶碗です。 ◆当店の京焼清水焼はご自分用だけでなく、 贈り物やお返し、プレゼントに大変喜んで頂いております。 【贈答用】母の日 父の日 敬老の日 バレンタイン ホワイトデー 誕生日プレゼント 【季節の贈答品】 御歳暮 御中元 暑中見舞 寒中見舞 【祝い事・お返し】 御礼 引出物 結婚祝 内祝 御祝 出産祝 新築祝い 【家族の御祝】節句祝 還暦祝 古希祝 喜寿祝 傘寿祝 米寿祝 卒寿祝 白寿祝 【外国への土産】外国の方へのお土産、プレゼント 【記念品】景品 記念品 開店記念 開業記念 配り物 他に人生の節目や、粗供養などにもご利用ください。楽天国際配送対象商品(海外配送)詳細はこちらです。 Rakuten International Shipping ItemDetails click here京焼き清水焼の如山窯の吉祥の抹茶碗、いちごです。 イチゴの可憐な白い花の花言葉は「愛情」「幸福な家庭」。 イチゴの木は蔓で増えることから、子孫繁栄に縁起がよいことから 贈り物にぴったり。 特に引越し祝いや新居祝いなどに、花言葉を添えて送るのがおすすめです。 縁の形状がイチゴの形になった凝りようです。 日本の春、可愛いイチゴの画を盛り込んだ新年や婚礼にふさわしい意匠です。 豪華な配色ながら清々しいを感じる抹茶茶碗です。 金の霞から見え隠れするイチゴの苗。花と実を内外で一幅の画を見ているような遠近感があります。 日本の「いちご」を描いた縁起の良い茶碗です。 引き出物に、結婚祝いの品に喜ばれます。 ◆商品番号 8589 いちご抹茶碗 如山 ■食器洗浄機 不可 電子レンジ 不可 ◆寸法 直径11.5cm 高さ7.5cm...

送料無料
美濃焼手描きいっぷく碗皿 5柄組[美濃焼きの茶器の5点セット おしゃれな碗と皿の5客のセット 和モダンの茶碗・湯呑み お茶と茶菓子が出せる湯呑み茶碗セット 抹茶碗にもなる湯呑み茶碗]

キレイスポット

8,640

美濃焼手描きいっぷく碗皿 5柄組[美濃焼きの茶器の5点セット おしゃれな碗と皿の5客のセット 和モダンの茶碗・湯呑み お茶と茶菓子が出せる湯呑み茶碗セット 抹茶碗にもなる湯呑み茶碗]

美濃焼手描きいっぷく碗皿 5柄組の解説和心を満たす素敵な器との出会いがくつろぎの時間を奏でます。 碗と皿を別々に使って、お茶とお菓子の組み合わせに。 大きめの碗は、ミニサイズの抹茶碗(野点として一般的に使われているサイズ)だから茶碗を使って抹茶も点てられます。 和モダン柄だから珈琲、紅茶、ハーブティなどオシャレに使えます。 種類は花緑青、水玉粉引、茶十草、紫椿、鉄さび松葉の5点セットです。 美濃焼手描きいっぷく碗皿 5柄組の詳細 商品名: 美濃焼手描きいっぷく碗皿 5柄組 説明: 美濃焼きの茶器の5点セット おしゃれな碗と皿の5客のセット 和モダンの茶碗・湯呑み お茶と茶菓子が出せる湯呑み茶碗セット 抹茶碗にもなる湯呑み茶碗商品名 美濃焼手描きいっぷく碗皿 5柄組 サイズ(約) 碗:口径9.7×高さ7.2cm 皿:13.5×14.3×高さ2.6cm 重量(約) 470g(1客) 材質 陶器 生産国 日本 注意 ※一つ一つ手描きの為、写真と実物が多少、異なる場合があります。 ※ディスプレイの環境上、実際のカラーが再現できない場合がございます。 ※貫入(釉と素地の収縮率の差により、焼成後の冷却時に生じた釉のひび模様のこと)が入っておりますが、割れ(ひびや傷)とは異なります。貫入の入り方には個体差がございますが不具合ではございませんので、あらかじめご了承下さいませ。 ▼ご注文前に必ずご確認下さい。詳細はアイコンをクリック!

送料無料
送料無料T【茶道具 野点セット】野点篭セット 御幸篭 亀甲紋(278-11) 【宅配便配送】 野点籠 野点籠セット のだて ピクニック

茶道具・抹茶・備前焼のほんぢ園

14,408

送料無料T【茶道具 野点セット】野点篭セット 御幸篭 亀甲紋(278-11) 【宅配便配送】 野点籠 野点籠セット のだて ピクニック

同梱おすすめ商品5,400円以上のお買い上げで送料無料!下の商品と同梱されても送料は1件分でOK!抹茶無添加・無着色にこだわった山政小山園の抹茶です。濃茶・薄茶・加工用抹茶がございます。抹茶ぶるいブリキの抹茶ぶるいです。抹茶のツブができたら使用をお勧めします。建水(けんすい)俗に「こぼし」といい、茶碗をすすいだ湯や水を捨てる器物です。懐紙(かいし)お菓子をのせる時に使い、使い終わったら折りたたんで持って帰ります。男性用と女性用とではサイズが異なります。【茶器 茶道具・野点籠】野点篭セット 御幸篭 亀甲紋 ●商品説明 お出かけ先で一服、旅先で一服。心休まるひと時を演出する野点籠セット。茶碗が2ヶついています。風呂敷の柄は時季によって変わります。 ●箱 化粧箱入 セット内容 野点籠 亀甲紋籠…約 直径13×高さ9.5cm箐竺作化粧箱入 ※詳しい画像は画像をクリックしてください。仁清写利休茶碗 約 直径11.5cm×11.6×高さ6.7cm 京焼 粉引茶碗 約 直径10.5cm×高さ7.3cm茶筅筒約 直径4cm×高さ13cm野点用茶筅・折りたたみ式茶杓を収める筒です。 茶筒の開け方が分らない方はこちらをご覧ください。茶筅 約 直径4×高さ10cm茶碗に入れた抹茶と注いだお湯を泡立てるための竹製の道具です。 野点用の小さなサイズです。 茶筅筒の中に入っています。 折りたたみ茶杓 約 9cm(閉じた時)→15.8cm(開いた時)抹茶をすくう匙のことです。 折りたたみ式です。 茶筅筒の中の茶筅の中に入っています。 茶巾 約 11.7×29.7cm点前中に茶碗を拭き清めたりする白い麻布です。 寸八棗 約 直径5.7cm×高さ5.3cmプラスチック製 薄茶を入れる代表的な茶器です。 中蓋が付いているので抹茶がこぼれる心配がありません...

送料無料
萩焼抹茶茶碗(白釉井戸)

日本橋ギャラリー紫苑

48,600

萩焼抹茶茶碗(白釉井戸)

全て手作りのため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、荒土のため石はぜや、焼成中炎などの作用により斑(窯変)になったりするものがございますが、不良品ではございません。表面のヒビは貫入と言われ、胎土と上薬の収縮比率の違いにより入るもので傷ではありません。また萩焼は、水が染み出す場合がございますが、使い込むうち自然に止まり、茶慣れが味わいとなり愛着が湧くのでございます。 サイズ 径 約14.5cm 高さ 約9cm 付属品 真田紐付桐共箱、しおり 商品の状態 新品(新作) 注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。 限定入荷・現品限り萩焼の由来 萩焼は、わが国の陶器の中でも特に古来より「一楽二萩三唐津」と称せられ、その軟らかく口当たりの良い土味で古くから茶器としてお茶人の間に広く賞用されて参りました。 慶長の昔、毛利藩主輝元公が、朝鮮の陶工、李勺光、李敬兄弟を連れてきたり藩の御用窯として開窯したのを始めとし、以来400余年の間伝統を守り、歴代陶工のたゆまぬ精進と愛好家のご支援の下、今日の名声を戴くに至っております。 萩焼はご使用と共に、次第に色及び光沢に古雅にして素朴な風趣変化を見せ、世人は「萩の七化け」と賛え非常に珍重されております。 郷川窯 永岡定夫 陶歴 本窯元は この萩焼の真価をいよいよ発揮し 江湖お茶人のご愛顧におこたえいたすよう不断の努力をいたしております。 昭和31年 7月生れ 昭和50年 第24回萩市美術展初入選以後4回 第29回山口県美術展初入選以後4回 昭和51年 第73回九州、山口、陶磁展初入選以後2回 第15回現代工芸美術中国部会展初入選以後10回 日本芸術院会員吉賀大眉先生に師事 昭和53年...

【茶器・茶道具/抹茶茶碗】中古 抹茶茶碗 寿光庵

高砂 宇治園

2,700

【茶器・茶道具/抹茶茶碗】中古 抹茶茶碗 寿光庵

説明 抹茶茶碗 地色と刷毛目風の文様が力強い雰囲気を醸して出しています。 仕様 サイズ 標準 径11〜14cm前後 高さ8〜9cm前後の標準サイズの茶碗。 その他 箱なし 箱をご希望の場合別途有料にて承ります。( 紙箱で500円前後 ) 中古品のため、使用感や多少の傷等はございます。ご使用に支障のあるような状態のものはありませんのでご安心くださいませ。商品により状態が異なりますので、詳しくは画像等を参考にしてください。 補足説明 釉薬とは(ゆうやく、うわぐすり)とは、焼物の上からかけるガラス質の部分です。 釉薬で覆うことにより、水を吸収することを防いだり、焼物の強度を上げることができます。 お茶碗は一度水分を吸収すると、水分を吸った部分だけ色ムラができます。 乾くとムラは消えていきますのでご安心くださいませ。 陶器の茶碗を手にされた際は、最初一定期間お湯に浸け置きしてからご使用ください。貫入とよばれる、陶器に見られる釉薬の表面のヒビから水が入り土全体に水分を染み込ませることにより、土を詰まらせることができます。直接、抹茶を入れてしまうとカビや匂い、シミの原因になりますのでお気をつけください。 貫入とは、陶器を焼く際に、素地と釉薬では温度による収縮が異なります。そのため、表面の釉薬がヒビが生じます。 一見、欠点のように思われる貫入ですが、独特の肌合いが陶器の自然な美しさを映し出します。貫入は陶器を鑑賞する歳の重要な見所となります。 お茶碗の正面につきましては、正解はございません。どこを正面と捉えるかにより異なります。写真では明らかに正面だと思える場合以外は、作風の雰囲気で撮影する箇所を捉えています。お客様のそれぞれのご判断でお決め頂ければ幸いです。

送料無料
九谷焼 抹茶茶碗 金彩山茶花 古田弘毅 茶道具

和座 和風空間創造工房

16,200

九谷焼 抹茶茶碗 金彩山茶花 古田弘毅 茶道具

こんな時にお薦めです 記念品/誕生日プレゼント/退職記念/母の日/敬老の日/結婚記念日などの贈り物に最適【無料】のし ラッピング ギフトカード 配送日指定店舗内移動ナビ トップページ >> 九谷焼 抹茶茶碗一覧 抹茶茶碗、和食器の中でも特別な器のひとつです。和食器の種類の中でも特別な格付けで取り扱いが行われる器が2つあります。一つは、ぐい呑・盃の酒器、そしてこの抹茶茶碗です。先の酒器も抹茶茶碗も器のサイズ的には他の食器に比べ大きいわけでもなく、また頻繁に使う用途がある器でもありません。しかしながら和食器のカテゴリーにおいては頂点に君臨し、格式高い器の代表として取り扱いが行われます。酒器、抹茶茶碗に共通して言えることは古来より宝物的な接し方により扱われて経緯から実用性よりも美術的価値のある器として存在してきたことが今日の扱われ方の由来だと思われます。現代においても、そのコレクション性の高さから多くの方々に愛される酒器・抹茶茶碗、こと抹茶茶碗に関しましては九谷焼の器は「わびさび」の部分ではなく華やかな茶会の華として場の雰囲気や茶人の会話の種として使われることが多いようです。土の素朴な風合いの器と相対する九谷の抹茶茶碗、この作風もまた茶席の大切なアイテムなのかもしれません。場所や季節によりお道具、設えを整える茶席において揃えておいて頂ければ幸いな器の一つであって欲しいと願います。 「加飾(過色)の文化」九谷焼の一般的なイメージは「派手な焼物」と言われる事が多い。まさにその通りだと思います。三百五十年以上も前に、この石川県の地で焼物が作られたが鉄分を多く含む陶石を使っていたことからその性質上、真白な色の焼物にならず見栄えを良くする為に絵が描かれた事が九谷焼のルーツだと伝えられています。九谷焼は彩色することにより焼物に価値を見出した...

スポンサーリンク
スポンサーリンク