メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「急須常滑」検索結果。

急須常滑の商品検索結果全879件中1~60件目

常滑焼急須 玉龍作 茶っ切り急須

THE COVER NIPPON

5,400

常滑焼急須 玉龍作 茶っ切り急須

常滑焼急須 玉龍作 茶っ切り急須 使いやすさ抜群! お茶の時間が楽しくなる朱泥の急須 最大の特徴は、急須口の先端を三角形に作り上げたことでお茶の出方の良い、尻もれしない急須になりました。陶器製の常滑焼は、酸化鉄を多く含んだ土で作るため、お茶を入れたときにお茶のタンニンと反応し苦さが取れ、味がまろやかになるといわれています。 内側の網は陶器製のセラメッシュであるため、金属の茶こしでは表現できないお茶の持つ本来の旨みや味わいを最大限に楽しむことができます。 釉薬をかけずに固く焼き締めたオレンジ色の朱泥(しゅでい)の急須は、常滑焼を代表する一品です。 陶器製であることにより給水率が高く、長く使うと急須自体の色つやが良くなり、独特の味も出てきます。 使い続けることにより、その人とともに生きていく急須をぜひお手元にいかがでしょうか? 常滑焼とは 愛知県常滑焼は、およそ1,000年の歴史を持ち日本六古窯(常滑・瀬戸・信楽・備前・越前・丹波)のひとつとして長い歴史を持っています。その中でも常滑焼を代表する「急須」は、江戸時代末期から明治時代にかけて製作が始まり、現在も変わらず職人の手による「究極の常滑急須」作りが続いています。 常滑急須は常滑焼の歴史、技術に裏付けられた代表的な製品ではありますが、明治時代になると土管やタイル、洗面器など多様な焼き物の産地となり、陶磁器を通じて国民生活のインフラ整備の一端を担いました。 良質な陶土と長きにわたって培われてきた技術を生かして、芸術作品から土木建築まで、驚くほど幅広く多様な焼き物を産出しています。 常滑焼の急須のポイント 急須の産地としての伝統をベースに、使いやすい急須作り磨きをかけ、繊細な茶こし(セラメッシュ・陶製茶こしなど)や、お茶切れの良い注ぎ口、蓋と本体の摺り合わせの密着性の高さ...

割れない急須ブルー330cc

想茶マルシェ

2,376

割れない急須ブルー330cc

割れない急須 割れにくく、軽い急須なので高齢の方、一人暮らしの方、デイサービスやグループホームの方々におすすめのきゅうすです。敬老の日やプレゼントにおすすめ 割れない急須の詳細 内容量 330CC サイズ L143×W160×H85 材質 耐熱プラスチックポリカーボネイト赤ちゃんの哺乳瓶に使わるものと同じ素材です。カメ型急須350cc 1,800円 急須 440cc 1,500円 蘭模様 440cc 2,000円 常滑焼 朱泥急須570cc 2,000円 常滑焼 朱泥急須大 1000cc 2,000円 水玉柄 430cc土瓶 2,200円 唐草柄 430cc 2,400円 急須 300cc 2,800円 どくだみの小花柄 570cc 3,400円 松皮唐草柄 300cc 5,600円 白色急須 430cc 2,840円 藍色急須 430cc 2,840円 縞柄急須 430cc 2,840円 チェック柄急須 430cc 2,840円 緑白の急須 340cc 3,000円 さくらの急須 4,200円 こでまり柄の急須 4,200円 いぬたで 430cc 4,200円 ひょう柄急須 280cc 4,000円 洋風ティーポット 280cc 4,000円 割れない急須 透明 520cc 2,400円 割れない急須 緑 330cc 2,200円 割れない急須 透明小 330cc 2,200円 割れない急須 茶色 小 330cc 2,200円 割れない急須ブルー 330cc 2,200円 フタなし急須 380cc 1,800円 白色ふたなし急須 430cc 2,200円 桜柄ふたなし急須 430cc 2,800円 ローズ柄ふたなし急須 430cc 2,800円 ピンク桜柄 帯アミ 3,500円 黒泥線筋 長三郎...

送料無料
焼締急須 小 煎茶碗2個付   雅楽

Amazon

5,800

焼締急須 小 煎茶碗2個付 雅楽

京焼,清水焼の窯元、高田雅楽作、焼締急須の小のサイズ。 煎茶碗が二個ついた急須セットです。 常滑、備前、万古、中国茶の茶壺など、美味しいお茶を飲むには 決まって赤土の焼締の急須が良いとされています。 京都の伝統工芸士、ベテランのロクロ職人が作りましたので、 軽く、注ぎ口や摘みなどの細部まで丁寧にロクロで作り込まれています。 さすがに京焼清水焼ですと軽く仕上がっています。 こちらがセットの煎茶碗。 口の反りや握り具合は、茶器としても申し分ありません。 オーソドックスな横に平たい急須。 急須の中で横に茶葉が動いて広がるので、お茶が美味しく出ます。 焼締特有の表面のざらざら感は使用後、次第に消えてしまい、 つるつるに、茶渋で色合いも黒っぽく変化します。 内側まで施釉されず、金網が付いていない土の茶漉しの急須は お茶がまろやかになり美味しいと言われています。 容量は250cc。 小さい急須で絞りきって飲むほど、お茶は美味しいと言われています。 鉄分を含んだ赤土を焼き締めただけのシンプルな急須セット。 材料。自然の土100%。 何も余分なものが含まれないので、体にも良いと言われています。◆商品番号 2499 焼締急須 小 煎茶碗2個付 ■食器洗浄機 電子レンジ OK 寸法 急須 縦16cm 横13.5cm 高さ8cm 重さ270g 容量250cc 化粧箱付 煎茶碗 直径6.5cm 高さ4cm 重さ50g 化粧箱付 ※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。

常滑焼 玉龍黒ビリ朱線茶っ切急須【ヤマキイカイ】

THE COVER NIPPON

5,616

常滑焼 玉龍黒ビリ朱線茶っ切急須【ヤマキイカイ】

ギフトラッピングについて 【楽ギフ_包装】 【楽ギフ_のし】 【楽ギフ_のし宛書】常滑焼 玉龍黒ビリ朱線茶っ切急須【ヤマキイカイ】 陶器製の常滑焼は、酸化鉄を多く含んだ土で作るため、お茶を入れたときにお茶のタンニンと反応し苦さが取れ、味がまろやかになるといわれています。中でも焼き締めの土で作った急須は、お茶に含まれる余分な苦味・渋みを和らげてくれます。さらに、陶器製であることにより給水率が高く、長く使うと急須自体の色つやが良くなり、独特の味が出てきます。 茶っ切急須の最大の特徴は、急須口の先端を三角に仕上げていること。三角に作り上げることでお茶の出方が良く、尻漏れ知らずでお茶切れが最高です。また、セラメッシュと呼ばれる精巧な穴がたくさん空いている茶漉しで、深蒸し茶のような目の細かいお茶も目詰まりしません。 常滑焼の急須は持ちやすく、注ぎ具合が違います。ベテラン卸問屋番頭たちが選んだ、職人の伝統とこだわりの詰まった特別な急須です。 常滑焼とは 愛知県常滑焼は、およそ1,000年の歴史を持ち日本六古窯(常滑・瀬戸・信楽・備前・越前・丹波)のひとつとして長い歴史を持っています。その中でも常滑焼を代表する「急須」は、江戸時代末期から明治時代にかけて製作が始まり、現在も変わらず職人の手による「究極の常滑急須」作りが続いています。 常滑急須は常滑焼の歴史、技術に裏付けられた代表的な製品ではありますが、明治時代になると土管やタイル、洗面器など多様な焼き物の産地となり、陶磁器を通じて国民生活のインフラ整備の一端を担いました。 良質な陶土と長きにわたって培われてきた技術を生かして、芸術作品から土木建築まで、驚くほど幅広く多様な焼き物を産出しています。 常滑焼の急須のポイント 急須の産地としての伝統をベースに、使いやすい急須作り磨きをかけ、繊細な茶こし...

スポンサーリンク
スポンサーリンク