メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「常滑焼壺」検索結果。

常滑焼壺の商品検索結果全9件中1~9件目

送料無料
【常滑焼】【送料無料】昭龍 黒天目えくぼ菊萩急須 【smtb-TD】【tohoku】

家具倶楽部

10,692

【常滑焼】【送料無料】昭龍 黒天目えくぼ菊萩急須 【smtb-TD】【tohoku】

サイズ 容量360ml 重量 160g 12×15.3×9.5cm 素材・原材料名・成分 陶器 原産国 日本 コメント 常滑焼の陶土は酸化鉄を多く含んでおり、お茶のタンニンと反応して、まろやかな味わいになると言われています。 天目の色合いと、菊萩の柄が、優しい雰囲気を醸し出す、上品な急須です。常滑焼の歴史「常滑焼」は、愛知県常滑市を中心に古くから作られている焼き物です。平安時代後期(1100年頃)には、常滑を中心に知多半島の丘陵地には3000基にも上る穴窯が築かれ壺や山茶碗、山皿などが焼かれ、この頃に作られたものは『古常滑』と呼ばれています。当時の主な窯場は、常滑・瀬戸・信楽・越前・丹波・備前で、“日本六古窯”と呼ばれており、常滑はその中でも最も大きい産地でした。中世の常滑窯は、特に大型の壺や甕を得意としており東北・関東・中部・関西・中国・九州地方まで日本全国に運ばれ使われていました。江戸時代に入ると、真焼けの陶芸品が加わり、江戸末期には土管や朱泥茶器などが作られるようになり、明治時代には西欧の技術が導入され機械化が始まり陶管、焼酎瓶、煉瓦タイル、衛生陶器などの生産がはじまり近代産業の仲間入りをしました。 その後、技術の飛躍的進歩を遂げ近代設備による大量生産がはじまり製品の種類や質、生産額も大きく伸び現在の産地となりました。常滑焼 昭龍陶園 梅原昭二作の軽量急須●昭龍 伝統産業優秀技術者、県知事表彰。長三賞陶業展 受賞・入選。産業振興展 経済産業大臣賞●軽さの極み、軽量急須。原料から珍味し、卓越したロクロ技術で、同じ大きさの急須と比べ強度はそのまま2~3割の軽くなった。手に取るだけで愉悦感の湧いてくる器

送料無料
【伝統工芸 常滑焼】昭龍 12号 天目長壺二色桜急須 【母の日】【父の日】【お中元】【お歳暮】【御贈答】

常滑焼のSUNWAY・JAPAN Direct

11,880

【伝統工芸 常滑焼】昭龍 12号 天目長壺二色桜急須 【母の日】【父の日】【お中元】【お歳暮】【御贈答】

※ギフト対応詳細について 箱なしの表記があるものは対応できません。 常滑焼作家 梅原昭二【昭龍陶園】の急須 常に新しい技法に挑戦する昭龍陶園。新たに天目釉に取り組みます。古来より天目釉に「宇宙(自然)」の広がりを愛でてきた日本人の心に響く器を「昭龍天目」としてお届けいたします。 モダンで和洋どちらにも合うように仕上げた、伝統工芸士が作り上げた一品です。 商 品 説 明 ■容量:12号(約220ml) ■対応人数目安:2〜3人 ※1人100mlでの計算です。 ■産地:日本製:常滑焼 ■茶漉し:セラメッシュ ■化粧箱が付属 精密陶製茶こし セラメッシュ ※写真はイメージです。 本体と同じ陶製茶こし“セラメッシュ”は約400〜500もの穴がビッシリ。 お茶の風味を損なわずに、葉の細い深蒸し茶なども、快適に注ぐことが出来ます。 ステンレス製の茶こしとは違い、本体と同じ陶製とすることで繊細なお茶の風味を損なうことがありません。そのため茶商やお茶通などが、「細(ささめ)」や「セラメッシュ」が取り付けられた急須を愛用されるのです。 ※「細(ささめ)」は高資陶苑の商標登録です。 ※お客様へ こちらの商品はご注文をいただいた後、指定業者に商品在庫を確認し、商品を引き取りに参ります。 (納期は2〜7日位となります。) 尚、業者に在庫がない場合がございます。 予めご了承くださいませ。 当店取扱の常滑焼製品は、すべて愛知県常滑市内指定業者より直接取り寄せており、常に品質の良いものをお届けするよう心がけておりますが、万一、不良品や配送による破損等が生じた場合は責任を持って対応させていただきます。 ※To the customer. A commodity here confirms the merchandise inventory to a...

こちらの関連商品はいかがですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク